2006taicho さん プロフィール

  •  
2006taichoさん: 隊長ブログ
ハンドル名2006taicho さん
ブログタイトル隊長ブログ
ブログURLhttps://taicho2006.exblog.jp/
サイト紹介文料理や写真や旅行や散歩もいいけど、知っておくべきことを書いていきたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供604回 / 365日(平均11.6回/週) - 参加 2016/09/07 09:18

2006taicho さんのブログ記事

  • 良識が行方不明
  • 各社が報道した。韓米中の外交努力で、北朝鮮が核実験・ICBM発射実験を中止し、核実験場廃棄を表明。アベさんにとっては一番イヤなニュースだろうね。ミサイルを打ってくれないと軍事費を増やす口実がなくなってしまう。北朝鮮の脅威を口実に、憲法改正で自衛隊をキチンと憲法に明記する目論見が外れてしまう。三菱をはじめ軍事企業からの献金・裏金も心配しなくてはならない。金がないと誰... [続きを読む]
  • 新聞労連の声明とテレ朝の深夜会見
  • 久しぶりに立派な文章を読んだ。財務省事務次官のセクハラ疑惑に対する新聞労連の声明。女性記者に対する財務省・福田淳一事務次官のセクシャルハラスメント疑惑に関し、麻生太郎財務相や同省の一連の対応は、セクハラが人権侵害だとの認識が欠如していると言わざるを得ない。セクハラは、圧倒的な力関係の差がある状況で起きることを理解しているとも思えない。新聞労連は同省の対応に強く... [続きを読む]
  • 釣行三日目 
  • 従姉妹から電話。両親の23回忌と17回忌を来月やるので出席してほしいとのこと。「もうみんなと歳だからこれが最後になるかもしれないし」なんて言われると、自分たちの年齢を実感する。父の兄の子供たち、四人いるけど全員女性。母の姉の子供たち、四人いるけど三人が女性で男は一人。父母の子供は四人で三人が女性、男は私一人。つまり、12人いて女性10人、男性はたったの二人。... [続きを読む]
  • 使用済み核燃料
  • 差し迫った重大な問題。首相案件、忖度、公文書偽造、改ざん、文書の隠蔽、虚偽答弁、職員の自殺、セクハラ問題と政治家と高級官僚が毎日いろんな話題を提供してくれる。こちらは国民全員の生死に関わるから一番重大なニュース。東京新聞の調査報道。<使用済み核燃料> 原発は通常、13カ月間運転するといったん定期検査に入り、4分の1〜3分の1程度の核燃料を使用済みとして交換する。使... [続きを読む]
  • 隠蔽と強弁
  • 明後日また記者会見を開くという、この人は今日はなにを言いたかったのか。数日、時間をくださいという、この人は記者会見まで開いてなにを言いたかったのだろうか。このおじさんは「名乗り出なければ判断のしようがない」だと。財務省は女性記者に協力してくれ、財務省の雇った弁護士に連絡してくれだと。野田聖子はさすがに「財務省のやりかたには違和感がある」と言った。違和感で済むはなしではない。記... [続きを読む]
  • 山本太郎の追及
  • 4/10のブログで取り上げた内容を山本太郎氏がしっかり追及してくれていた。面白いのは議場が静寂なこと。野次も咳払いもない。大臣たちの答弁も無駄がない。山本議員が正しいことを言っている証拠。不誠実なのは東電側の回答のしかた。(内容ではない)「ご質問ありがとうございます」なんていうのはまったく必要ない。質問があるから呼ばれたのにこんな言い方。この一言だけで東電側の... [続きを読む]
  • 2018釣行 初日
  • 去年の夏以来の釣り。午後10時過ぎ、というより夜10時過ぎ、と書いたほうがわかりやすい気がする。最近、情報誌を作っているせいかこういうことを気にするようになった。そんなことはともかく、約2時間半ほどでヤリイカが三杯。ヤリイカは刺し身が美味い。どうしよう、東京の姉たちへ送るには数が足りない。とりあえず冷凍庫にしまってもう少し数を増やそう。今夜の岡田港桟橋は数人しかいなかった。と... [続きを読む]
  • 4.14国会前抗議デモ
  • 4月14日 田中龍作ジャーナル =全文=「安倍辞めろ」デモ 過剰警備のなか国会前決壊弁護士は、バリケードから飛び出しただけで身柄拘束された男性を、必死に抱きかかえたが、警察にはがされた。男性は警察署に連行されて行った。=14日、午後3時40分頃 国会議事堂前 撮影:田中龍作= 安倍首相の最も嫌がる光景が国会前で再現された― 「こちらは混雑しています。通れません」。... [続きを読む]
  • うれしいのとお疲れ様と
  • 野菜作りの一番の楽しみは植えたタネから芽がでること。種を植えてから二週間。竹やぶの中に蒔いたスイカのタネから芽がでてきた。「芽が出る」というのはこういうこと。霞が関の官僚ふうに言うと「出芽」。味気ない言い方。さて、島の情報誌voice №2こちらは無事印刷が終わり、宅配便で届いた。目的は「人口減少をなんと... [続きを読む]
  • たった一人の社会正義
  • 4月10日田中龍作ジャーナル =全文=「本件は首相案件」 安倍総理の虚偽答弁明らかに「文書のない行政はないんだよ。早く出して下さい」。森ゆうこ議員(自由)は机を叩いて官僚に迫った。今治市職員の官邸訪問を昨年6月、国会で爆弾質問した。=10日、野党合同ヒアリング 衆院第16控室 撮影:筆者= 加計学園獣医学部の誘致をめぐって2015年4月2日、今治市職員、愛媛県職員、学園幹... [続きを読む]
  • 過労死無視
  • 4月10日田中龍作ジャーナル =全文=「過労死公表してもいい」遺族の意志 閣議決定までひた隠しにした厚労省 土屋喜久・大臣官房審議官。FAXの送り主が遺族であることを認めた。野党議員が「では野村不動産で過労死があったことを認めるのか?」と聞くと、それは認めなかった。=9日夕、野党合同ヒアリング 衆院第16控室 撮影:筆者= 裁量労働制の違法適用で野村不動産の社員が過労... [続きを読む]
  • 原子力村の人たちの考え
  • 東京新聞の記事から、読みやすく書いてみました。「東電 他社原発を支援」東海第二原発再稼働を目指す日本原子力発電(原電)。5日 原子力規制委員会の会合で、1,740億円を東電と東北電力から資金援助を受けると報告。東電が他社の資金援助?なにを考えているんだ東電は。だって、東電は利用者の電気代、国からの支援がなければ、福島の廃炉や賠償費用を賄えない立場。他社... [続きを読む]
  • 西野 亮廣は興味深い
  • 村田沙耶香 文藝春秋 2016年現代の実存を問い、正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。内容(「BOOK」データベースより)36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠り... [続きを読む]
  • 任意団体の口座開設
  • 情報誌を発行するが、一回にかかる費用は4から5万円。現在は数人程度の人たちからの寄付と私費だ。印刷代以外にも、現在立ち上げたHPの維持費がかかるけど、こちらは年に2,000円もしない。今後継続させて発行していくとバカにならない費用が積み上がる。そこで相談して寄付を求めることにした。友人によると「最近は銀行も口座開設はうるさいよ」とのこと。振り込め詐欺防止対... [続きを読む]
  • SNSより
  • 昭恵夫人の写真は使うなとか、相当細かいところまで官邸からNHKに指示が来ているらしい。それでも確かに最近のNHKの報道は以前よりはアベ批判的ではある。公共放送の使命を無視して忖度して地位を得ようとする勢力と社会正義の抵抗勢力、NHK内部で大いにもめてほしい。NHKには「その証拠となるメールや音声や映像を記録しておいてくれよ」と言いたい。大阪の女性特捜部... [続きを読む]
  • 気温20度という魔法の温度
  • 防衛省の文書14,000ページが見つかっただって。14,000ページなんて膨大過ぎて読みたくないくらいの量。そんなニュースを観ても、もうみんな驚かない体質になってしまいそう。財務省と防衛省。この2つの省の隠蔽工作は国民にとって一番恐ろしいことに繋がる。金と武器だからだ。実はこの文書はことしの1月には見つかっていたという報道だった。しかし今夜のニュースでは去年の今頃... [続きを読む]
  • 隠蔽と印象操作と
  • 3月22日田中龍作ジャーナル =全文=「改ざん履歴確認させろ」財務省に乗り込む野党議員 監視役果たさぬ記者クラブ「私たちを欺いていなければ、PCにある文書も国会議員に配ったのも同じ内容のはず。見せて下さい」。森ゆうこ議員らは財務省に乗り込んだ。=30日夕方、財務省 撮影:筆者= 「これが全てです」と言いながら次から次へと出てくる財務省の改ざん公文書 ― 真実は改ざ... [続きを読む]
  • 春便り
  • 自宅では今年もこんな感じ。例年と違うのはスイカを家の隣の空き地に。周囲はこういう状態なのになんという無鉄砲さ。こういう状態を竹やぶと呼ぶ。そんな場所でスイカをやろうという変人。畑での親友。これは恐らくオヤジの代から何十年も使われている名品?だと思う。電池の持ちが異常にいい。昔の家電メーカーの良心を感じるね。こちらは世界的企業の便利?な商品。別に拡販する気は... [続きを読む]
  • 日本の民主主義は絶滅寸前だ
  • 一言の反論もない。3月27日 東洋経済 =全文=外国人からみて日本の民主主義は絶滅寸前だ森友スキャンダルが映す日本の本当の闇森友問題が映し出す日本が抱える本当の問題とは?(写真:Toru Hanai/ロイター)日本のメディアはここのところ、森友学園スキャンダルが世界における日本のイメージに影響を与えるのではないかと懸念している。テレビの政治番組では... [続きを読む]
  • TV局とは
  • テレビ報道が激変するかという緊急事態なのにニュースで伝えないテレビ各局3月15日(木)、テレビやラジオの民放局やNHKなどの様々な職場はひとつの配信記事で騒然としていました。記事を読む [続きを読む]
  • 東京版治安維持法
  • ついにここまで来た。小池&アベの連携。民進党も賛成していることを覚えておきたい。3月22日田中龍作ジャーナル =全文=「安倍辞めろ」で逮捕も 東京版治安維持法、都議会で委員会可決高島なおき都議(自民=後ろ姿・衛視の前)は、委員会閉会後、採決に抗議した都民に対して「傍聴人がどういうことだっ!?」と暴言を吐いた。田中が「あなた今『傍聴人が』と言いましたね」と質... [続きを読む]
  • 野党議員が政治囚に接見
  • このニュースはTV報道ではほんのちょっとしか伝えません。でもこういう記事を読むとなんとなく現場の様子が伺われる。こういうのを取材というのだ。3月23日田中龍作ジャーナル =全文=大阪発バスティーユ大阪拘置所 野党議員が政治囚に接見手続きを終えて大阪拘置所に入り、籠池前理事長との接見に向かう野党議員たち。=23日、大阪市 撮影:筆者= 異例の長期勾留... [続きを読む]
  • 農業日誌
  • 椿の花がきれいに咲いていて、ちょっと不安になる。というのは、例年だとメジロなどが花の蜜を啄み、椿の花の中心はすぐに汚れて、きれいに咲いているのを見つけるのが大変なのが普通だからだ。ことしの花はみんなきれいだ。鳥たちの出足が遅いのか、もう少し様子を見よう。明日は24時間勤務、あさっては朝顔やなでしこ、庭の花のタネを蒔きたい。 [続きを読む]