baku さん プロフィール

  •  
bakuさん: ヤマセミ・カワセミ撮影日記
ハンドル名baku さん
ブログタイトルヤマセミ・カワセミ撮影日記
ブログURLhttp://yamakawanikki.blog.fc2.com/
サイト紹介文北部九州でほぼ毎日、ヤマセミやカワセミを中心に撮影しています
自由文カワセミの青い閃光を目にしカワセミ撮影に入り、その延長にヤマセミがいました。絶滅危惧種のヤマセミで、幻の鳥とさえ聞きますが、ほぼ毎日出会っています。動きの面白さ、美しさとともに、彼らの生態にも興味を持ってきているところです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供351回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2016/09/07 17:50

baku さんのブログ記事

  • ヤマセミ抱卵中 ♂♀の交代
  • ヤマセミは抱卵中に♂♀の交代をどう行うのか ・ 一日に何回、何時ごろ? ・交代の合図は?これを知りたくて、巣の前30mに無人ビデオをおいて撮影時々、ドジな♂の場面も、なにやってんだあ〜  デス4月18日の動画この動画の前半は、交代相手の♀がいないのに♂が出てしまい、また巣へ戻る後半は、巣の中に♀がいるのに♂が入ってしまい、お尻から出るスマホなどで埋め込み動画が見れない場合はこちらで ⇒⇒  でユー [続きを読む]
  • カマツカ調理中
  • 直近UPの「給餌へ」の前のシーン捉えたカマツカを叩いている。いつもよりも丁寧なような。5:35 でSSが上がらず、ブレブレですが、これも面白いかと。カマツカはコイ科に属する淡水魚で、体つきは同科のズナガニゴイに似た感じもする。体は細長くて円筒形に近いが、前部が縦扁し後部は側扁している。頭は長く、口は腹面についていて、くちびるには小さな乳頭状の突起物が多数あり、吸盤状になっている。また、口には一対の短い [続きを読む]
  • 北風期待  撮影日:05月14日
  • 朝は南寄りの風、微風。これが昼前から北寄りの風2・3mになるという予想これを信じてそれと、前回は遅く着いて、カメラポジションがないほど三脚が並んでいたので、今日(5/14)も多いと思い、朝8時には着いたが、現地車中泊のお二人だけ。我慢すること3時間、予報通り昼前から北風が吹きだした期待どおり・・・・いや、期待通りとはいかなかったが、ポツポツと飛来し、結局30ぐらい。中には数回、穏やかな風に乗ってゆっく [続きを読む]
  • ヤマセミ採餌  撮影日:05月13日
  • 今日(5/13)は7時ぐらいから雨の予報。ならば、ヤマセミ朝一だけのポイントへ頭上笹のその上、右側の枝に♀、左に♂がいる気配(見えないのです)。どちらにでも対応できるように、カメラは正面に向けて待つ左で、派手にドボン。いきなり!しかも近い!近くてピンがあるものは、大トリミングが面白い  是非、大きな画像でご覧ください ( 画像 で、ピクセル等倍になります )今日はこのシーンです。 [続きを読む]
  • ヤマセミ 巣穴 観察2 ♂♀ともに巣穴に?? 撮影日:04月08日
  • 一月ほど前、ヤマセミは朝のパトロールも一羽行動が多くなった。たまに、早朝、2羽いても、すぐに♀が♂を激しく追い回す。これまでの経験で、抱卵を始めたと推測した。* 当初、撮影日を明示していなかったが、証拠としての写真には撮影日必須と思って明示したそこで、巣穴を観察(谷を挟んで100mの茂みにあけた観察ポイントから)まずは、複数ある穴のどれを使うかである。16:11 ケキャッキャッキャの鳴き声の後、一羽が巣 [続きを読む]
  • ハヤブサ 新緑の先は食糧庫?  撮影日:05月03日
  • 今日は子どもの日ですね。鳥の子どもたちも健やかに成長しているでしょうね。5月3日、ハヤブサの営巣地にご機嫌伺いに行ってきました。♂は餌運びに忙しそうでしたし、♀も時々巣から出ていました。それに、キュッキュッキュッキュッと鳴き声も。順調に成長しているのでしょうね。♀でしょうか、餌を抱えて巣棚から飛び出しました。抱えているのは、鳥の足のように見えます。3月ごろのむき出しの岩場が、緑に覆われいい感じになっ [続きを読む]
  • ダイブ
  • 突然のダイブなんとか収まりました。今日はこの時のことです。 [続きを読む]
  • ヤマセミ 巣穴 観察1
  • ヤマセミの水絡み、採餌シーンなどに惹かれて写真を撮っているが、だんだんと生態にも関心が向かっている去年、一昨年と、ヤマセミが山に消える方向が気になり歩き回ったが何にも見つけることができなかった。今季、3月31日に、漁場からかなり離れたところで見つけた。この場所で、カメラを向けるのは間違いなく私一人であり、個体保護には私自身の節度ある行動が必要と自覚して観察していきたい。複数の穴、ヤマセミの巣穴に間違 [続きを読む]