yearningltd さん プロフィール

  •  
yearningltdさん: 明日の健康のために
ハンドル名yearningltd さん
ブログタイトル明日の健康のために
ブログURLhttps://ameblo.jp/yearningltd/
サイト紹介文2016年、水素の次世代商品としての水素サプリメントをご紹介!
自由文2015年は水素水が大人気でした。
特にフィットネスジム、TVコマーシャルで使用され、有名芸能人、スポーツ選手等で人気を得ました。

2016年、水素の次世代商品として水素サプリメントが注目されています。
この水素サプリメントをご紹介!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2016/09/08 17:10

yearningltd さんのブログ記事

  • 水素とは?
  • 水素とは?宇宙で一番小さく、また最も多く存在する原子が『水素』です。人体を構成する元素の約63%が水素で、その大きさは0.1nano [ナノ](100億分の1メートル)とにかく小さいため広範囲渡り活動ができ、それは高い抗酸化を持っていることわ意味します。とくに、水素原子に電子を1個付加してできるマイナス水素イオンは、老化や生活習慣病の原因とされる活性酸素を中和し、体外に排出する抗酸化作用があるとして注目されています [続きを読む]
  • 水素と脂質異常症(高脂血症)
  • 水素と脂質異常症(高脂血症) 脂質異常症(高脂血症)とは、血液中の脂質(脂肪)、特にコレステロールと中性脂肪が増えた状態のことをいいます。脂質異常症は全く自覚症状がありません。この脂質異常症を放置しておくと、心臓や脳の動脈硬化が進み、突然、脳梗塞のような脳動脈疾患や狭心症、心筋梗塞などの冠動脈 疾患を引き起こします。動脈硬化を引き起こす主な要因は、コレステロールの内の「悪玉コレステロール(LDL)」が活性酸素 [続きを読む]
  • 活性酸素の発生原因 食品添加物
  • 活性酸素の発生原因 食品添加物食品衛生法において、「食品の製造の過程において又は食品の加工若(も)しくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によつて使用する物」(4条2項)と定義されています。食品添加物は、保存料、甘味料、着色料、香料、防腐剤などで、食品の製造時や食品の加工・保存の目的で使用されるもので、厚生労働省が決めています。食品添加物は自然の食品ではなく、人工的に作られた化学物質なの [続きを読む]
  • 活性酸素の発生原因 排気ガス
  • 活性酸素の発生原因 排気ガス有害物質が体内に入ると大量の活性酸素が発生します。自動車の排気ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)が体内に入ると、脂肪を酸化して過酸化脂質を作り出し、さらに大量の活性酸素が発生します。窒素酸化物はディーゼル車の排気ガスに多く含まれますが、ガソリン車からも排出されます。さらに排気ガス中の粒子状物質(PM)も活性酸素の発生に関わってることがわかっています。過酸化脂質や活性酸素により [続きを読む]
  • 水素とアトピー性皮膚炎
  • 水素とアトピー性皮膚炎アトピー性皮膚炎は皮膚の免疫機能が正常に働かなり、自分の細胞を攻撃し炎症やかゆみなどが起きるアレルギー症状です。アレルギー症状が起こるとそこに大量の活性酸素が発生します。この活性酸素は炎症をさらに悪化させます。この悪循環によりどんどん症状が悪化していきます。<アトピー性皮膚炎の悪循環>免疫機能がアレルゲン(アレルギーの原因となる抗原物質)に過剰反応しアトピー性皮膚炎発症↓活性酸 [続きを読む]
  • 活性酸素の発生原因 医薬品
  • 活性酸素の発生原因 医薬品薬(医薬品)のほとんどは化学物質です。化学物質を身体の中に入れるとその異物を撃退するために活性酸素が大量に発生します。なぜなら活性酸素の持っている強い酸化力により細菌やウィルス、有害な化学物質などを排出する役割があるからです。ですがこの活性酸素が強い酸化力により正常な細胞やDNAまでも攻撃してしまいます。すなわち副作用が起きるのです。薬は病気に対しては身体の味方ですが、正常 [続きを読む]
  • 活性酸素の発生原因 激しい運動
  • 活性酸素の発生原因 激しい運動一流のアスリートや若い頃から激しいスポーツを続けている人の多くは60代くらいで亡くなる人が多いそうです。 日本人の平均寿命に比べ明らかに短命です。その原因の多くは活性酸素にあるとも言われています。活性酸素は、呼吸により体内に取り込んだ酸素から作られます。激しい運動をすると大量の酸素を取り込むため、その分活性酸素も大量に発生します。その上、屋外スポーツになると多くの紫外線を [続きを読む]
  • 活性酸素の発生原因 紫外線
  • <活性酸素の発生原因 紫外線>活性酸素は本来、身体の細胞を外部(細菌、ウイルス、紫外線等)攻撃から守るために作られます。紫外線には、人体にとって有害な物質が数多く含まれているので、その害から身体を守るために大量の活性酸素が発生します。活性酸素が増えすぎると、今度は逆に細胞にまで悪影響を与えてしまいます。その活性酸素攻撃された細胞がシミやしわになっていきます。更に皮膚の老化を促進させます。この状態が続 [続きを読む]
  • 活性酸素の発生原因 ストレス
  • 活性酸素の発生原因 ストレスストレスは様々な体の不調の原因になります。この原因に活性酸素も関わっています。ストレスを受けると、身体はそれに対抗するために「副腎皮質ホルモン」が分泌され、その際に一緒に活性酸素も大量に発生します。そのストレスと活性酸素を抑えるために、抗酸化作用のあるビタミンCが使われます。強いストレスは、副腎皮質ホルモンやビタミンCを不足させ、そのストレスを消化できず大量の活性酸素を身 [続きを読む]
  • なぜ水素?
  • なぜ水素?世間では水素自動車、水素エンジン、水素燃料、水素サプリメント、水素水等が話題になっております。なぜ今水素が注目されているのか?それは、最終的に環境や体にやさしい水になるからです。水素自動車のマフラーから出てくるのは水ですし、水素サプリメントや水素水は体に入って悪玉活性酸素と結合して水になります。 水素吸入器をご購入のお客様からの声 *** BLOG読者の方へ *** 水素サプリメント、水素 [続きを読む]
  • 水素サプリメントと水素水
  • 水素サプリメントと水素水2016年、水素の次世代商品として水素サプリメントが注目されています。なぜサプリメントなのか?それは水素の量が水素水と比べ全く違います。(サプリメント1錠で水素水5L以上の水素を発生させます)1日4〜6錠服用すると、水素水を20〜30L飲むのと同じ量の水素を身体に取り入れることができます。更にサプリメントですので、いつでもどこでも気軽に服用できます。 水素水で効果が見えない方、水 [続きを読む]
  • 水素サプリメントと副作用
  • 水素サプリメントと副作用薬やサプリメントを摂取する際には必ず「副作用」を考えなければなりません。通常摂取量や組み合わせによっては、頭痛や腹痛が起こる等の色々な副作用が出てくる事が予想されます。水素サプリメントを服用後、体内で発生した水素は、身体中にある活性酸素と結びつき無害な水に還元させます。活性酸素と結びつかなかった水素は、皮膚から体外に放出されます。さらに水素を放出した後のサンゴカルシウムは、 [続きを読む]
  • 水素と飲酒
  • <アルコールが分解される流れ>飲酒により体内に入ったアルコールは胃で約30%、小腸上部で約70%が吸収されます。血液中に入ったりアルコールは肝臓に運ばれ肝臓細胞のミトコンドリア内で酵素により反応し代謝します。体内に入ったアルコールをアルコール脱水素酵素がアセトアルデヒドという物質に変え、次にアセトアルデヒド脱水素酵素がアセトアルデヒドを酢酸に変えます。最終的に酢酸は脂肪、二酸化炭素、水に分解されます。< [続きを読む]
  • 水素とガン
  • ガンは不治の病ではない?現在わが国は長寿大国でありながらガン大国といわれています。毎年約60万人がガンにかかり約30万人がガンで亡くなっています。どんな病気でも早期発見・早期治療が原則ですが、わが国ではガン治療技術の進歩は目覚ましく、現在ではその半数が治療できるようになりました。ガン発症の原因の一つに「活性酸素説」があります。最近よく聞く「活性酸素」は私達の生活習慣とどう関わっているのでしょうか?私 [続きを読む]
  • 水素と更年期障害
  • 水素と更年期障害 女性は、40代に入ると女性ホルモン(エストロゲン)が減少していきます。この女性ホルモンの減少により身体的・精神的な症状が発生する疾患がおきます。これが更年期障害と呼ばれるものです。女性ホルモン(エストロゲン)は抗酸化力があるホルモンです。抗酸化力が落ちることにより活性酸素(細胞やDNAを酸化(サビ)させ破壊する作用がある)を増加させます。この活性酸素の増加により更年期障害をさらに悪化させます [続きを読む]
  • 水素と動脈硬化
  • 水素と動脈硬化 動脈硬化の原因は、過剰なコレステロールによるものとされていました。このコレステロールには全身の動脈に余ったコレステロールを回収して肝臓に集める善玉コレステロールと肝臓から全身にコレステロールを運ぶ悪玉コレステロールがあります。この悪玉コレステロールが血管に張り付き溜まることにより動脈硬化が発生するとされていました。実は単純にこの悪玉コレステロールではなく、体内に発生した活性酸素によ [続きを読む]
  • 水素と糖尿病
  • 水素と糖尿病 糖尿病は、ホルモンの一種であるインスリンの分泌量が低下することで発症します。インスリンは血糖値を下げる働きをしますが、インスリンの分泌量が不十分だと、血糖値の調整が行われず、血糖値が高いままの状態(糖尿病)となってしまいます。このインスリンは、すい臓のβ細胞で生成され、血液中に分泌されます。このすい臓のβ細胞は活性酸素に非常に弱いため、活性酸素の増加するとすい臓のβ細胞の機能低下を引き [続きを読む]
  • 水素と生活習慣病
  • 水素と生活習慣病 生活習慣病の原因は、活性酸素による体内の酸化が大きな要因とされています。体内にはこの活性酸素を除去するためにSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)を代表とする抗酸化酵素がありますが、40歳代ぐらいからその生成能力が急速に落ち抗酸化力が衰えてきます。これが老化です。その酸化が、ストレス、紫外線、喫煙、暴飲暴食、食品添加物、大気汚染、激しい運動などにより急激に進行することがあります。急 [続きを読む]
  • 活性酸素
  • 活性酸素 人間が生きるために酸素は欠かせませんが、呼吸をして得た酸素の約2%が活性酸素となります。この活性酸素はウイルスや細菌から細胞を守る役割を果たしてくれます。適量だと問題はありませんが、ストレス、紫外線、喫煙、暴飲暴食、食品添加物、大気汚染、激しい運動などにより過剰に発生します。過剰に発生した活性酸素は、細胞やDNAを酸化させ破壊します。活性酸素は万病の元と言われ、色々な病気の原因になっています [続きを読む]
  • 水素とうつ病
  • 水素とうつ病 現在日本のうつ病患者の数は約100万人になっています。人口の約0.8%の方がこのうつ病で悩んでおられます。潜在的なうつ病の方を入れると、さらに多くの方がうつ病になっていることになります。 9年前はうつ病患者が約43万人でした。この9年間で2倍以上に跳ね上がっています。発病の要因は、ストレスや体の病気、環境の変化、思考力や集中力の低下、意欲の低下など生活の中のこのような要因が重なって発病すると考え [続きを読む]
  • 水素とダイビング
  • 水素とダイビング ダイバーの健康を脅かす最大の敵は、活性酸素だそうです。例えば、紫外線による日焼けは、皮膚に活性酸素を発生させ、 シミやしわが多くできるだけでなく、皮膚ガンになる危険性が高くなります。また高い水圧の中で運動しながら高濃度の空気を取り入れるため、それに比例して体内で活性酸素が多く発生します。さらに減圧症(潜水病)といって、異なる気圧の場所を移動することで、体内の窒素ガスなどが気泡化す [続きを読む]
  • 水素と高血圧
  • 水素と高血圧 高血圧は、生活習慣の乱れ(塩分・油分の摂りすぎ、肥満、過剰なストレス、大量のアルコール摂取、喫煙、運動不足等)により引き起こされます。この生活習慣の乱れにより体内の活性酸素が増加していきます。増加した活性酸素と体内の不飽和脂肪酸が結びつくと過酸化脂質へと変化します。この過酸化脂質が血管内部にこびりつき、血液の流れを悪くし高血圧を発症させます。この高血圧の状態が続くと動脈が硬化していき [続きを読む]
  • 水素と肩こり・冷え性・腰痛
  • <肩こり・冷え性の原因>肩こりや冷え性の症状が起こる原因の1つに、血管のサビつき(酸化)による血行不良があります。血管のサビ(酸化)というのは、活性酸素によって体内の脂肪が酸化して変性したもの(過酸化脂質)のことです。活性酸素は過剰に増えすぎると身体に悪影響を与えます。この活性酸素が肩に過剰に溜まった場合に肩こりを引き起こします。更に長時間同じ姿勢を保ち続けていると、肩にどんどん活性酸素が溜まり、更に [続きを読む]
  • 水素と認知症
  • 水素と認知症 2015年1月厚生労働省により、2025年の認知症患者は、現状の約1.5倍となる700万人を超えるとの推計が発表されました。これに軽度認知障害(MCI)患者数を加えると約1,300万人となり、65歳以上の3人に1人が認知症患者とその予備軍といえることになります。 現在50代以上の方は、認知症にならないために今から対策が必要です。その為には、血管の老化を防ぎ脳を活性化しストレスを与えないことです。血管の老化、脳の [続きを読む]
  • 水素と美肌
  • 水素と美肌 シミやシワといった肌の老化には活性酸素が深く関わっています。活性酸素はストレス、紫外線、激しい運動、毎日のメイク等で過剰に発生しています。この過剰に発生した活性酸素により身体の細胞やDNAが酸化し損傷されることにより、肌にシミやシワを作ります。元々人間には細胞の修復能力が備わっていますが、加齢とともにこの修復能力が低下していきます。これが肌の老化です。活性酸素を取り除き細胞を元気にするこ [続きを読む]