びーくる さん プロフィール

  •  
びーくるさん: 7L4WVU 自作アマチュア無線局
ハンドル名びーくる さん
ブログタイトル7L4WVU 自作アマチュア無線局
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yah_8877
サイト紹介文自作無線機のみで1.8メガから430メガまで運用しています。日々の実験、製作状況を記載しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供234回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2016/09/09 07:50

びーくる さんのブログ記事

  • TS700 ジャンクを購入…
  • 何気なくヤフオクを眺めていたら、144MHzの無線機が殆ど買い手がついていないことに気がつきました。特に古いオールモードの固定機は人気がないようです。トリオのTS700 デジタル表示のなしジャンク品も1000円で誰も応札しないので、落札してしまいました。欲しかったのは、この二段減速ダイアルメカです。これを使って真空管の受信機を作ってみようと思ったのです物はすぐ届き、開けてみたら意外と綺麗なのでちょっと驚きました。 [続きを読む]
  • サテライト通信受信コンバーター
  • 435MHzの受信コンバーターを作ってみました。実験なのでローカル発振はSGで、親機は古い短波受信機を使います。こんなもので、FO29を受信できますでしょうか。まずは受信アンプです。こんな簡単な回路でも15dB位の利得は取れました。変換はダイオードのDBMです。こんなものでもなんとか聞こえました。https://youtu.be/JzkJ7vsK0wM[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html にほんブログ村 アマチュア無線] [続きを読む]
  • 短波ラジオの製作: 受信部はほぼ完成
  • 昨夜は雨で涼しくなりましたので、工作が捗りました。受信感度不足は、IFにTA7069を追加。利得が高すぎるように思いますが、余っているので。大体30dBアップですので、十分な感度となりました。受信フィルターは今回は広帯域としました。中波の回り込みは阻止したかったのでHPFで3メガ以下をカット、LPFで上限は25メガとしました。こんな特性です。全体ブロック図です。発振周波数は、PLLで、受信周波数+13メガとなります。受信動 [続きを読む]
  • ハムフェア2018 自作品コンテスト結果
  • 今月末に開催されるハムフェアの自作品コンテストで賞を頂くことになりましたのでお知らせします。今年の初めに、規定部門の防災関連装置を作ろうとEWS受信の実験とかしていたのですが、時間切れ。3月くらいから急遽カセットケースに入るトランシーバーを作り始めた訳なのですが、技術的に難しいところがあり、かなり苦労して作ったものです。製作過程は、このブログの3月くらいから書いてますのでご覧頂けましたら幸いです。(応募 [続きを読む]
  • サテライト通信実験 … 失敗です
  • 145, 435MHzの両方のダウンリンク信号を自作装置で受信できるようになったので送信テストをしてみました。今回は、2台のトランスバーターがありますので親機ももう一台必要になります。今回、昨年までのメイン装置を使ってみました。この装置も50MHZ仕様でインタフェースも同じなので、そのまま使用可能です。送信テストをしてみました。見事に回り込みます(笑)145と435を入れ替えてもダメ。あちこちに送信信号が聞こえてしまい [続きを読む]
  • サテライト通信 435MHz受信
  • 145MHzの衛星ダウンリンクは、問題なく受信できるようになったのですが、435MHzは何度もチャレンジしても全く受信できません。受信アンプも発振しているような気がするので、受信初段アンプをj310からft7GHz NF1.1dBの2SC5064に変更してみました。さらにもう一段MC5156のアンプを追加、-130dBmのキャリアは聞こえる状態となっています。これで、今朝、FO29を聴いてみたら、ようやくビーコンが弱く聞こえました。さらに上にダイアル [続きを読む]
  • 2mトランスバーター Si5351局発の製作
  • 2mトランスバーターは50MHzから持ち上げてます。局発は、水晶発振で逓倍をして94MHz。144MHz帯のみでしたらこれでよかったのですが、衛星通信では145MHzの上の方が使われていますので、局発も95MHzのものが必要になりました。1波追加なので水晶を頼むのもありなのですが、いつものsi5351を使ってみました。2波以上だと低コストで作れますのでお勧めです。回路や方法は、VK5TMさんのwebページにありますので、ご参照願います。前回 [続きを読む]
  • FT8 移動用トランシーバーの製作 4: WSJTx Portableで交信
  • ラズパイと3.5インチ液晶でWSJTx Portableがようやく動作しました。当初、画面タッチでマウスは考えてなかったのですが、画面が小さいので指ではうまく できません。マウスは必要ですね。あと、数局と交信してみましたが、応答があったあとの自動シーケンスが何故か動いていません。しかし、これでパソコンなしで軽量化ができますので、このままSOTA移動でも持っていけそうです。しかし、毎日暑いですね。工作室はエアコン [続きを読む]
  • 衛星通信 初受信!
  • 先週の関西ハムフェアで衛星通信入門講座を聴いてきたので、早速、定番の計算ソフトCALSAT32をダウンロード。しかし、このソフト、よくできてますね。これまで435メガのダウンリンク受信をトライして全く聞こえなかったので、今回は145メガでトライしてみました。衛星は、中国のCAS-4A でした。ちょうどアンテナが向いている西から来る軌道です。最初全く聞こえず、また、失敗かと思いましたが、かすかにSSBの音声が聞こえました。 [続きを読む]
  • FT8 移動用トランシーバーの製作: 3 FT8 送受信テスト
  • ラズパイで液晶でオーディオアダプタをつけてFT8受信までできました。KD8CECさんの説明ではHDMIモニターを使って、送信ができるまでセットアップすることが書かれていますので、秋月のUSBシリアル制御アダプタを繋いで試して見ました。認識するか心配でしたが問題ありませんでした。こうなるとWindowsパソコンとあまり変わりませんね。ラズパイは起動も早いしデジタルモードで使うのは最高です。そういうことで、トランシーバーの [続きを読む]
  • FT8 移動用トランシーバーの製作: 2 液晶のセットアップ
  • 今朝は、昨日セットアップしたディスクのバックアップから行いましたが、使おうと思っていたマイクロUSBがクラッシュして時間を使ってしまいました。パソコンやカメラでいろいろフォーマットしてみましたがNG。こういうメモリカード破損は初めてで、結局、あきらめて他のカードを使ってバックアップを取ることができました。さて、ようやくタッチスクリーンのセットアップ…昨年のgqrxでスペクトラムスコープを作っていた時に3.5イ [続きを読む]
  • FT8 移動用トランシーバーの製作: 1
  • SOTAで使える移動用のFT8トランシーバーを考えています。これまでカセトラでFT8運用ができるところまできましたが、パソコンが山登りの移動には重量的に苦しいところです。最近はラズパイでFT8ができるということなので、ラズパイと3.5インチ液晶を組み込んだ小型で電池内蔵のトランシーバーが楽しそうです。まずは、ラズパイで動かすところから。昨年、SDRでラズパイのセットアップとか散々勉強したはずなのに、頭の中は真っ白( [続きを読む]
  • ジャンク 2mリニアの修理
  • 関西ハムフェアで1kで購入したHL82Vを簡単にチェックしてみました。まずは受信アンプは動作OK、送信は予想通り出力が出ません。バイアスと、コレクタ電源の配線を外して、テスターでみるとベースもコレクタもオープンになっていました。室温34度という猛暑で汗を流しながら、トランジスタを外します。いつもながら、この作業は大変です。とりあえず手持ちのTRを入れておきました。[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html に [続きを読む]
  • 関西ハムフェア 2日目
  • 2日目も強烈な暑さでした。10時にQRPクラブのブースに現着、まずはニジェールから5U7Mで出られてたUPMさんとアイボール。青年海外協力隊OBの仲間とこういうところで会えるのは嬉しいです。昼から、衛星通信入門講座に参加しました。現時点で使える衛星が知りたかったので…衛星リストも頂いたので、まずは受信から挑戦しようと思います。しかし、仰角ローターが欲しいのですが、需要もないせいか、なか なか安いのが無いですね。 [続きを読む]
  • 関ハムに初参加しました。
  • 今年、23回めを迎える関西ハムフェアですが、今まで一度も行ったことがありませんでした。今年は、仕事も少し落ち着いていましたので、自作機を持って参加しました。朝、10時前に会場に到着。朝なのに、猛烈な暑さです。アンテナを眺めていると、いきなりカリブ海(笑)、JA2PLTさんから声をかけられEBできました。開場後にまずはQRPクラブで自作無線機を展示して、会場を一回り。人が多すぎて身動きが取れない状態でしたが、お友 [続きを読む]
  • 6m & downコンテスト
  • 久しぶりに144と430に出れるようになったのでコンテストにちょっとだけでてみました。本当は、アンテナもタワーにあげようと思っていたのですが、調整が上手くいかず時間切れ。ベランダの西向け固定ビームになってしまいました。土曜は外出していたので、でれたのは日曜の午前中、数時間でした。最初430SSBを聴いたら全く聞こえず、無線機が壊れたのかと思いましたが、CWではそこそこ聴こえましたので交信開始。2W程度のパワーです [続きを読む]
  • 430MHz アンテナ実験用ダイポール
  • 430MHzのLFAは小型なのとベランダで実験もできそうなので、測定用ダイポールを二本作ってみました。材料は園芸用の針金でガンママッチで給電します。一本を庭にSGをつないで電波を出し、ベランダでLFAとダイポールを比較してみる予定です。[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html ブログ村 アマチュア無線] [続きを読む]
  • 430MHz トランスバーター 6: 終段トランジスタ交換
  • トランスバーターの2Wパワーアンプは、昔のタクシー無線機のものを改造して使ってましたが、調整中に何故かファイナルが破損してしまいました。写真の真ん中あたりのものです。元のトランジスタは、放熱器に取り付けるタイプで今ではなかなか入手できないものなので、ちょっと無理かと思いましたが、手持ちのRD15HVFを使ってみることにしました。カタログでは、175MHzのデーターしかありませんが、UHFという表記はありますので。ト [続きを読む]
  • 144MHz 3エレ八木の製作
  • 衛星通信用のアンテナを作ってみました。材料は、先日の430MHz LFAと同じ園芸パイプと100円ショップのジョイント部品です。給電部は直接半田付けですラジエータの長さを変えて調整できるように半田付け前にパイプを潰しておきます。全ての部材ベランダにあげてラジエータの長さを調整します。VSWRは簡単に調整できました今週末の6m & down コンテストでまずは試してみたいです。[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html ブロ [続きを読む]
  • FT8 DXペディションモードで交信
  • 今週から運用が始まったBaker島 KH1/KH7Z。2002年に交信したK1Bのカードをみると7-50メガまでコンファーム済みでした。そのため、特に交信する必要はないのですが、ちょっと気になったのがFT8のDXペディションモード。説明書をみると専用ソフトを使って同時に最大5局と同時交信、500局/時間と交信できるらしい。これが本当ならば、数日の運用で呼ぶ局はいなくなるくらいインパクトがあり、これまでロケが悪いことで諦めていた未交 [続きを読む]
  • 430MHz トランスバーター 5: 局発実験
  • 親機が50MHzなので、局発は380MHzが必要になります。今は、入手が容易な38MHzの水晶を使って逓倍しています。38MHzの水晶は、通常12.666MHzの3倍のオーバートーンなので、これを5逓倍して、63.333MHzを作り出し、そこから3逓倍、2逓倍して380MHzを得てます。今回、380から390MHzの1MHzステップの信号が必要なので水晶はコスト面で厳しく、PLLの出番となります。このくらいの周波数であれば割と簡単に組めますが、最近すっかりおな [続きを読む]
  • 430MHz SWRメーターを作ってみました
  • 現用のSWR計は150MHzまでしかつかえないので430MHz 用のものを作ってみました。これからアンテナもいろいろ作っていくので、アンテナ直下で見れるように小型軽量とデザイン重視して。中身は20年くらい前に作った基板です。ケースは、捨てずにとってあったアルバの腕時計のプラスチックケースを廃品利用してみました。手持ちのゴミが生き返るとなんとなく嬉しくなりますね。[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html にほんブ [続きを読む]
  • 430MHz LFA YAGIの製作
  • 144, 430MHz とトランスバーターが揃ってきたので、これから衛星通信、EMEまで自作機でチャレンジしていきたいと思ってます。まずは、アンテナを実験する必要がありますが、最近、ネットでもよくみるLFAを作ってみました。データーは、G0KSCさんのEME用20エレメントの後ろ7エレメント分です(笑)http://www.g0ksc.co.uk/20el-432mhz-lfa-yagi.htmlブームは、手持ち1mのアルミ角材。さて、エレメントとエレメントブラケットですがU [続きを読む]
  • 430MHz トランスバーター 4: バンド切替
  • トランスバーターは完成しましたが、バンド切替でケーブルのつなぎ変えは、やはり面倒です。スペースもありますので、背面にコネクタを追加して、フロントスイッチでバンド切替ができるようにしてみました。このスイッチでHF、50メガ、144メガ、430メガがアンテナ切替含めてできるようになりました。[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html ブログ村 アマチュア無線] [続きを読む]