naka さん プロフィール

  •  
nakaさん: お父さん必読!少年野球の指導にきっと役立つブログ
ハンドル名naka さん
ブログタイトルお父さん必読!少年野球の指導にきっと役立つブログ
ブログURLhttp://base-ball.boy.jp/
サイト紹介文野球の上達に欠かせない練習方法や上達方法をお伝えします。少年野球を頑張る子ども達を応援します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2016/09/09 11:53

naka さんのブログ記事

  • ボールの抜けは“地面への投げ込み”で改善する!?
  • 高めに浮くボールをリリースで修正する方法今回は、高めに浮くボールをリリースで修正する方法についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。ピッチャーにとって、最も悔しいミスの1つは球が浮いたときに長打を打たれることです。あえて高めに投げるなら、全く問題ないのですが、高く抜けてしまっているなら、ぜひ修正してあげましょう。高いボールは捉えられやすく、失点に繋がったり、 [続きを読む]
  • 鋭い打球は“踏み込み”と●●●で作れるって知ってましたか?
  • 鋭い打球を放つための母指球の使い方今回は、鋭い打球を放つための母指球の使い方についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。下半身について話す機会が多くなりがちですが、甘くみてはいけませんよ。一口に下半身といっても、非常に深い内容ですし、本当に重要な技術ですからね。野球少年に多い問題として、「スイングに振り回され、フラフラしてしまう」ということがあります。逆に言 [続きを読む]
  • 突っ込みをなくして球速向上!安定したフォームの身に付け方とは?
  • 突っ込みを直してワンランク上のピッチャーになる方法今回は、突っ込みを直してワンランク上のピッチャーになる方法についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。軸足の股関節に体重を乗せられるようになれば、フォームが安定しますので、球速、コントロールの両面でより良いピッチングができるようになります。ワンランク上のピッチャーになりたいという方は必見ですよ。それでは早速解 [続きを読む]
  • “絶対に外せない”バッティングの基本とは?
  • 絶対に外せないバッティングの基本今回は、絶対に外せないバッティングの基本についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。さて、今回はバッティングの基本、【どっしりとした構え】【身体を大きく使ったスイング】ことについてお話をします。【どっしりとした構えを作る】まず、構えのポイントは、○肘を後ろに引くこと○踵を上げて母指球に体重を乗せることスポンサーリンク という2 [続きを読む]
  • “軽い球と重い球の違い”あなたは分かりますか?
  • 軽い球と重い球の違い今回は、軽い球と重い球の違いについてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。『軽い』『重い』というのはボールの重量という意味ではなく打者がバットに当てた際に感じる体感的なボールの重さの話です。実際に打席に立つと、「あの投手は重い球を投げるな」と感じられることがあると思います。ズシッと感じたり思ったほど打った打球が伸びないときですね。非常に感覚 [続きを読む]
  • ヘッドが走る“手首を使わない”リストターンの2つのコツとは?
  • リストターンを強くしヘッドスピードを上げる身体の使い方今回は、リストターンを強くしヘッドスピードを上げる身体の使い方についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。リストターンが速くなれば、当然ではありますが、ボールが遠くまで飛びます。振り遅れも少なくなるので、打率も上がります。良いことづくめなので、ぜひ会得して下さいね。さて、リストターンのポイントとしては2つ [続きを読む]
  • こんな時どうすればいいの?状況別バッティングのコツとは?
  • 特殊な状況でのバッティングの仕方今回は、特殊な状況でのバッティングの仕方についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。・左投手の打ち方・遅い球の打ち方・外野フライの打ち方など、状況別の打ち方を解説していきましょう。中々、細かい技術については、お伝えする機会はありませんからね、ぜひ覚えておいて下さい。【1.左投手の打ち方】バッティングの基本として、“ボールの軌道 [続きを読む]
  • コントロール改善!センス不要の黄金練習パターンとは?
  • コントロールをつけられる効率的な練習パターン今回は、コントロールをつけられる効率的な練習パターンについてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。野球少年でしたら、誰でも一度はピッチャーにあこがれるもの。チームの人数が少なければ、意外と出番は回ってきます。「もし試合に出たら、ストライクくらいは入れたい」今回はそんな方におすすめです。まず、コントロールをつけながら球 [続きを読む]
  • あなたは大丈夫?指導者が間違う走塁指導トップ3とは?
  • 盗塁で間違いがちなポイント今回は、盗塁で間違いがちなポイントについてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。走塁は『走・攻・守』と、重要な要素といわれるにも関わらず、練習をする機会が少ない技術です。必然的に指導者の知識も少なく、正しく走塁ができるだけでも、トップクラスに入ることが可能になってきます。いくつか紹介していきますが、1つでも間違っていれば、ぜひ直してみ [続きを読む]
  • “強そうな”構え方がお子さんを強打者にするワケとは?
  • トップの適切な深さと懐が深い構え方のコツ今回は、トップの適切な深さと懐が深い構え方のコツについてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。さて、野球少年に指導するときの基本としては、『トップの深さはなるべく深くする』という意識で全く構いません。トップを深くすることができれば、○スイングスピードの向上○インパクトの強化など、打球を強くするために、大きな効果があります [続きを読む]
  • インコースを強く引っ張る●●ステップとは?
  • インコースの上手な捌き方今回は、インコースの上手な捌き方についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。アウトステップしてインコースを打つのは悪いことではありません。結果的に『ヒットを打つ』ということがバッターの仕事です。なので、極論を言えば結果さえ出せればどのようなバッティングでも問題ないとも言えます。ただし、重要なのは、“基本のバッティング”を理解した上で行 [続きを読む]
  • 四球を防止する練習の仕方と対処法とは?
  • フォアボールを出さずにストライクを入れるポイント今回は、フォアボールを出さずにストライクを入れるポイントについてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。まずは、試合で崩れてしまうのは、一度コントロールが乱れると、「外してはいけない」というプレッシャーからその後の制球が乱れてしまっているのだと思われます。そのようなお子さんがより頼れる投手に成長するために大切なこと [続きを読む]
  • 球速が遅くても三振をとれる“3つのコツ”とは?
  • 緩急を使ってバッターを打ち取る方法今回は、緩急を使ってバッターを打ち取る方法についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。球速が速くなくても三振をとりたい。そんなお子さんには緩急がおすすめです。しかし、ただの遅いボールだと打たれてしまいますので、緩急を武器にするためのコツをお伝えします。変化球に頼らないので、小学生でも使えますし、バッターとの“間”をずらす技術 [続きを読む]
  • 相手のクセが丸わかり!盗塁を成功させる実践テクとは?
  • ピッチャーのクセの盗み方今回は、ピッチャーのクセの盗み方についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。足が遅くても盗塁を決められる、という選手はクセに合わせて走るのが非常に上手です。少年野球ですと、対戦回数が少ないので、クセを見抜くことは難しいと感じられるかもしれません。確かに、経験も重要になりますので小学生、中学生では難易度が高い技術だといえます。しかし、一 [続きを読む]
  • “キレと制球を伸ばす体重移動”のポイントとは?
  • 踏み込み足を安定させるピッチングの体重移動今回は、踏み込み足を安定させるピッチングの体重移動についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。ピッチングのバランスが悪いと、●コントロールが安定しない●体重がボールに乗らない●背中が反ってしまい余計な負担がかかるなどの問題がおきますので、早めに直していきましょう!まず、フォームが崩れていないか、確認して頂きたいことは [続きを読む]
  • 強打を作るテークバックと○○素振りの方法とは?
  • 鋭いスイングに不可欠なテークバックの作り方今回は、鋭いスイングに不可欠なテークバックの作り方についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。さて、早速結論から言うと、『意識としては、ボール1個分から1個半、テークバックを深くする』というのが力強いスイングのコツです。少年野球に限らず、バッティングにはありがちですが、当てようという意識が強すぎて、テークバックが十分 [続きを読む]
  • 小学生でも簡単に“タメ”を習得するコツとは?
  • 下半身とリズムの関係性と適切なフォームの作り方今回は、下半身とリズムの関係性と適切なフォームの作り方についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。タイミングが取れない理由は人それぞれなのですが、『スイングのリズム』が影響している子が多いように感じています。それでは早速、問題点からご紹介していきます。一生懸命振ろうとしているからか、慌ただしくなってしまって、トッ [続きを読む]
  • 簡単に肘がしなるフォームにする練習法とは?
  • ムチのようにしなったフォームを作るポイント今回は、簡単に肘がしなるフォームにする練習法についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。全身が連動したフォームで腕をしっかりとしならせれば、球速が上がるだけでなく、様々な利点が出てきます。しかしながら、小学校低学年はもちろん、高学年になってきても、“腕をしならせる”といったことは、分かりづらいでしょう。そこで、今回は [続きを読む]
  • 下半身の力をバットに伝えるコツとは?
  • 下半身の力をバッティングに乗せるコツ今回は、下半身の力をバッティングに乗せるコツについてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。野球少年に良く見受けられるのが“バットに振られてフラフラしてしまっている”というものです。体格的にはもっと強くスイングできるはずだ、と考えて無理やり振ろうとしてしまうと、逆に身体がバラバラになって、バットに力が乗らなくなります。そこで、 [続きを読む]
  • 球速が速くなる組み合わせとは?
  • 球速を上げるために意識するべきポイント今回は、球速を上げるために意識するべきポイントについてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。さて、結論から言いますと、球速を上げるために重要なのは“腕の振りの速度”になります。賛否はあるかもしれませんが、私の答えはこれです。もちろん、・下半身を鍛える・体幹を整えるスポンサーリンク といったアプローチも入ってはきます。しかし [続きを読む]
  • 梅雨でも効果の高い練習法とは?
  • 室内でもできる正しいシャトル打ち今回は、室内でもできる正しいシャトル打ちについてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。さて、もう少しすると、梅雨の時期になりますね。モチベーションが高いのに、外での練習ができないと非常にもったいないです。そこで今回は、練習量を増やすためにもぜひ、実践してほしい『室内でもできる正しいシャトル打ち』の方法を解説します。シャトル打ちは [続きを読む]
  • 間違ったフォームが自然に治る驚きの修正法とは?
  • 間違った投球フォームの矯正法今回は、間違った投球フォームの矯正法についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。お子さんが小学校低学年の場合は、特に重要な内容になりますので、ぜひご確認下さい。さて、お伝えしていくのは、手だけで投げてしまっているいわゆる「ダーツ投げ」の修正です。こちらの問題は、身体全体を使えていないという点にあります。手だけで投げてしまったり、近 [続きを読む]
  • 試合で力を発揮!苦手なコースを得意に変えるコツとは?
  • 実践で力を発揮するためのバッティング練習のコツ今回は、実践で力を発揮するためのバッティング練習のコツについてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。正直、基礎ができていないと、逆に調子を落とす可能性もあるので、よく現在の状態を踏まえて実践してみて下さいね。さて、「試合で思うようにバッティングができません」「同じような場面で失敗してしまいます」というお悩みがありま [続きを読む]
  • 外野手必見!正確な遠投=ピッチングになる秘訣とは?
  • 外野手が送球を正確にコントロールする方法今回は、外野手が送球を正確にコントロールする方法についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。肩が強い子であっても、正しいコントロールがなければ、それを活かすことはできません。野球少年であれば、一度は覚えておいて損はないので、遠投のコントロールはぜひ、身につけて頂きたいところですね。さて、送球のコントロールを改善していく [続きを読む]
  • 試合で100%の力を出し切るスイングの作り方とは?
  • 素振りを改善して打撃を上達させる方法今回は、素振りを改善して打撃を上達させる方法についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。素振りの段階から100%の力を出し切るために“素振りをする意識”“ステップの踏み出し方”という2点について、解説を行っていきます。ぜひご覧になって、練習から意識して下さいね。まず、基本ではありますが、“実際にボールを打つように身体の張り [続きを読む]