Yukki26 さん プロフィール

  •  
Yukki26さん: はなちゃんとともに
ハンドル名Yukki26 さん
ブログタイトルはなちゃんとともに
ブログURLhttps://ameblo.jp/yukki20160530/
サイト紹介文心疾患をもって生まれ、84日間生き抜いた次女のブログです。確かに生きた証として。
自由文出生前診断で心疾患があることがわかり、肺動脈閉鎖・僧帽弁狭窄・大血管転位・辛抱中核欠損をもって生まれてきました。
84日という短い生涯の記録を、そして同じような疾患をお持ちの方の参考になればと・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/09/09 13:46

Yukki26 さんのブログ記事

  • 色々重なります
  • この記事を読んで、色々思い出して、重なった。悲しみは「乗り越える」もの?68日間生きた娘を亡くした夫婦の思い 識者「聞こえいいがリスキーな言葉」(withnews) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000001-withnews-soci @YahooNewsTopics一番は、”いなかったことにされるようで、辛かった”こと。心絆が、この世に産まれてきてくれて、短い間だけど一緒に生きた。だから、忘れる事は絶対にな [続きを読む]
  • カテーテル手術後②
  • 前回のブログから2か月以上も経ってしまっていました。 仕事が忙しかったり勉強していたりと色々あったのですが、ちょっと心絆の経過を思い出すのがつらかったのが本音です。 でも。もう少しで一回忌です。そこまでになんとか間に合わせたい!という気持ちがあってまた頑張ってみようと思います。 7月7日。 この日は主人が長女をお迎えにいってくれたので、夜までついていてあげることが出来ました。 呼吸器が外れたものの、呼 [続きを読む]
  • 心絆ちゃんが生まれて1年
  • 2017年5月30日。心絆ちゃんの1歳の誕生日でした。 1年前のあの日。今でもはっきりと覚えています。 出産したあの瞬間。心絆の「オギャー!!!!」という大きな大きな声。その声にどんなに安心したか。 そして、1年後には「仕事復帰はしてなくて、最後の手術をしているであろう」そう思っていました。 なんの根拠もないのに、はなちゃんなら絶対に大丈夫。すべてを乗り切って普通に過ごせるようになる。そう思っていまし [続きを読む]
  • ★自分の中の後悔
  • 手術して数日は人工呼吸器が外れても呼吸が少し苦しそうでした。当時は、尿管が外れて、人工呼吸器が外れてと一歩一歩前に進んでいる気がしていました。 でも、今動画や写真を見ているとやっぱり普通の赤ちゃんに比べると苦しそうに見えます。 手術が終わって数日後の7月10日。半年前から取れていたライブがあり、行くか行かないかギリギリまで悩んでいました。 でも、色々あったけど無事に手術も済んで安定しつつあったのでラ [続きを読む]
  • 月命日6回目
  • 先日、2月22日は月命日の6回目でした。あの日からもう半年・・・・・・ あっという間でした。 生きていればもう離乳食も進んで、復職とか保育園とか考えていたかもしれません。 そんなことを考えると、他人の赤ちゃんと一緒に長い時間過ごすのはまだまだしんどいです。 ※パッとみるだけなら、なんとか自分を保っていられるようになりました。 6回目ともなると、節目として連絡をくれていた人も減ってきました。少し悲しいで [続きを読む]
  • 執刀してくださった先生
  • 昨日、なんとなくTVをつけたら心絆ちゃんの手術を執刀してくださった先生が出ていました。あるドラマの監修をされているメンバーの一員とか。そして、監修している風景も流れました。最初は、あ!知ってる人がTV出てる。と思ったのですが、次の瞬間からは・・・・心絆ちゃんの最期の瞬間の、あの時がフラッシュバックしました。まぁ、ドラマの宣伝の一部ということもあるのでしょうが、ネットで検索するとその先生がいかに凄い方な [続きを読む]
  • まさかの免許更新で。
  • 本日、免許の更新へ行ってまいりました。初のゴールドで警察署へ。早いですね、警察署は。トータル1時間で免許がもらえました。その更新手続きの中で、講習があってその内容に気持ちがズドーンです。講習で見たDVD の中で交通事故ってこんなに怖いんだよ、運転気を付けなよ的な事を言いたいかのような所があったのですが、、、、その事故例として、6歳のコが横断歩道で青になったから渡っていたらトラックが突っ込んできて亡くなっ [続きを読む]
  • 5回目の月命日
  • 気づけば昨日は5回目の月命日でした。 今回は特別に何かすることはなく、ただ家族の中でちらほら「今日は月命日だもんね」なんて話をしていました。 以前の私だったら5か月という期間は「あー5か月かぁ。としとるの早いなぁ」なんてことくらいにしか思っていなかったと思います。 5か月。赤ちゃんにとってのこの5か月ってすごく成長する時期ですよね。この5か月、天国で心絆ちゃんは何を感じているのだろうか。 私にとっての [続きを読む]
  • ★カテーテル手術後
  • 7月5日。 カテーテル手術が良かったのか、サチュレーションは安定している。といっても80代中盤。健康な心臓の子は100だから、心臓に病気があるはなちゃんにとっては、ですが・・・。 人工呼吸器をしているものの、意識はあって面会に行くと気づている感じです。相変わらず痰がうまく処理できるオエオエしていました。 カテーテル手術自体はうまくいきましたが、6月にしたシャント手術で作った人工血管が曲げていたらしく [続きを読む]
  • ★カテーテル手術
  • 7月2日。 まだ人工呼吸器も外れないままで、長女の面会もできない状態でしたが、みんなで心絆の病院へ行きました。 パパと交代で面会をしてきました。 まだ痰がたくさん出ていて、オエッと何回もして辛そうです。痰がうまく出せないのは、肺が良くない可能性があると先生からお話がありました。せ手術はうまくいったけれど、、、、前途多難です。ただ、顔色は少し良くなっている気がしました。 気になるのは、サチュレーション。 [続きを読む]
  • 3回目の月命日とハーフバースディ
  • 遅くなってしまいましたが、11月22日は3回目の月命日、30日はハーフバースディでした。 3回目の月命日ということは、この世で生きた期間よりも、天使になってからのほうが長い時間になってしまったということです。 思えば、出産してからあの日まで長かったような短かったような気がします。どっちなんだろう・・・ 普通に育児をしていると、ふと過去を思い返すと「あっという間だったなぁ」と思う時間かもしれません。 で [続きを読む]
  • ★バイパス手術の術後経過②
  • 2016年6月29日。 バイパス手術翌々日。 実は前日の夜パパが友人と飲みに行って帰ってきませんでした。長女が産まれて以来初のこと。 私は、心絆ちゃんのことで不安でたまらない中、3時間おきに搾乳をしながら帰ってこないなぁと、色んな事が一気に押し寄せてきていたことを覚えています。 そんな時にICUにる心絆ちゃんに面会に行きました。心絆ちゃんの前では、喧嘩するのやめようと思って、パパに会 [続きを読む]
  • 自分の中の後悔
  • 先日夢を見ました。GCUの中で、心絆ちゃんを抱っこしてる夢。抱っこして、ギューッってしてました。そして、たくさんたくさん「ごめんね」って言いました。起きたら少し気持ちがスッとしてて。うすうす気づいてたけど、自分の中での後悔がすごくあるのです。なんでもっと面会に行かなかったんだろう。なんでもっと抱きしめてあげなかったんだろう。って。2人目の余裕?とか思ってた自分が情けないです。退院して自宅に戻らない事な [続きを読む]
  • 生後5ヶ月
  • 生きていれば今日で生後5ヶ月でした。生後5ヶ月といえば、離乳食を始める時期だったかなぁと、離乳食を用意してみました。生きていれば、もう首が据わっていたかなぁ。寝返りは出来ていたかなぁ。などなど考えてしまいます。でも、心絆ちゃんは3ヶ月弱の写真から大きくはなりません。それを思うと正直苦しいです。ただただ普通に成長する事だけを望んでいたのに。たった3ヶ月弱しか生きられなかった心絆ちゃん。きっと、本当はもっ [続きを読む]
  • なんだかダメな感じ
  • なんだか、ここ最近ダメな感じです。少しずつ普通の生活を取り戻していけてるような気がししていましたが、また私自身の気持ちがドーンと下向いてます月命日だったからでしょうか。祭壇からお仏壇へ引越ししたからでしょうか。とにかく原因はわからないです。でも、心絆ちゃんの呼吸が止まったあの瞬間。亡くなってから初めて出来た沐浴。まだあたたかった、あの時。だんだんと冷たく固くなっていく中抱っこしていたあの瞬間など、 [続きを読む]
  • 2回目の月命日
  • 明日は2回目の月命日です。早かったのか、長かったのか。あっという間だった気もするけれど、2ヶ月以上の時間を過ごした感じのほうが強いかもしれません。うちでは22日は、心絆の日と呼んでいますが、特に何かするというコトはしていません。ただ、私的には22日が近づいてくると、気持ちがどよーんってします。多分先月も思ったのだと思いますが、本当に心絆ちゃんはここにいないの?心絆ちゃんはどこにいるの??もっともっとたく [続きを読む]
  • 4歳児へ「死」の伝え方
  • はなちゃんがおそらへ行ったときに、長女へどう話すかとても迷いました。 特に長女は感受性豊かなところがあり、アニメを見ていても別れのシーンなどでは主人公の気持ちになって泣いてしまったりするのです。 長女にこの事実を話して理解できるのか?もし理解したとして受け止めきれるのか? とても心配しましたが、長女も同じ家族。もしかしたら受け止めきれないかもしれないけれど、一緒にお見送りをさせてあげた [続きを読む]
  • ★バイパス手術の術後経過①
  • 初のバイパス手術の記事からだいぶたってしましました・・・月命日や、生きていれば生後4カ月、四十九日などの節目を迎えて、少し進んだ気でいたのが、また不毛な思考回路へと戻ってしまい、なかなかブログを書くということに手をつけられずにいました。 まだそこから抜け出せずにいるのですが、記憶が薄れてしまうと余計悲しいのとしっかりと心絆ちゃんの事を思いたいので、今日はがんばる事にしました 2016年6月 [続きを読む]
  • お子さんは何人?という質問
  • 新しく知り合った方と話していると、必ず子供の話になり、「お子さんは何人?」って必ず聞かれます。私は、はなちゃんのことをなかったコトにしたくないので、「2人ですけど、下の子は病気で亡くなりました」と正直に答えるようにしています。そうすると、重たい雰囲気になるし、相手の気まずそうな顔をされるし、なによりまだはなちゃんの話をするのは辛いのです。なので、どう答えるのが正解なのか今のところよくわかりませんた [続きを読む]
  • ★バイパス手術当日
  • 2016年6月27日 朝6:00に実家の父母が来て、長女を託して私とパパは病院へ。いよいよこの日がやってきた・・・ あんな小さな身体にメスを入れて大丈夫なんだろうか。まだ1カ月にもならないのに。今このタイミングで手術をするという選択は間違っていないのだろうか。こんな大きな手術にはなちゃんの心臓は耐えられるのだろうか。そんな不安ばかりが頭の中をぐるぐる。 NICUへ行く直前に病院の休憩室で朝ごはん [続きを読む]
  • はじめての月命日
  • はなちゃんがおそらへ行ってから1カ月。初めての月命日を迎えました。 月命日が近かったからか、ここ数日ははなちゃんが急変した日のことや、最期を迎えた集中治療室で見たはなちゃんの姿、おそらへ行ってから初めて一緒に帰宅したときのあの車の中のことなどが、頭から離れなかったのです。 今日もやっぱり1か月前の、ただただ手術の成功を信じて、祈っていたあの日。一度は先生から「手術成功しました」と説明を受け [続きを読む]
  • 母の身体のケアと断乳
  • はなちゃんがおそらへ行っても母乳は出続ける。断乳と同じように、おっぱいが張っても我慢して我慢して、あまり搾乳しないようにしなければならない。 あんなに頑張って3時間おきに搾乳してたおっぱい。今度は出ないようにまた痛い思いしなきゃいけないなんて。 はなちゃんが入院中は助産師さんが色々とアドバイスをくれてたけど、今はアドバイスくれる人なんて誰もいない。自分でなんとかしなきゃなんだ。 まずは3 [続きを読む]
  • ★バイパス手術直前
  • 2016年6月24日 手術の準備で太ももに大きな点滴が刺されていた。 6月22日に看護師さんへいつから手術の準備に入るか聞いたら「6月25日から」と言われていたので、23日は面会をお休みして、24日に行った。・・・そしたら、すでに手術の準備したって!!大きな点滴が入ってるから、ベッドから動かす事が出来ないと。 ん?25日からって言いましたよね?24日は母乳をあげられると思ったから、23日面会お休みしたんだけ [続きを読む]
  • 色んな手続きが辛い
  • 2016年9月13日はなちゃんの健康保険喪失手続きなどへ行ってまいりました。翌々日から復職で、なかなか役所に行く時間が取れなくなるので。本当はまだまだそんな手続きしたくなかったけど。保険証と乳児医療証の返却。本当にはなちゃんはこの世からいないという事を思い知らされるような感覚で辛い。そして手続きを対応してくれる方が必ず生年月日などを驚いて見返す。「えっ?平成28年?」って。どーか、お願いだから手続きされる [続きを読む]
  • 復職しよう
  • 2016年9月8日 はなちゃんとのお別れ後、通常の生活へ戻った。パパは仕事、長女は保育園。 私は家の片づけをしまくって日々を過ごした。けれど、やっぱりふと一息ついた瞬間にはなちゃんの遺影と御骨の前に座ると元気だったころのはなちゃん、最期の瞬間を迎えた時のはなちゃん、冷たくなって自宅へ戻ってきたときのはなちゃんを思い出して泣いてしまう。 時間が解決してくれるってよく言うけど、全然そんなことない [続きを読む]