みも さん プロフィール

  •  
みもさん: アトリエみも
ハンドル名みも さん
ブログタイトルアトリエみも
ブログURLhttp://www.ateliermimo.jp/
サイト紹介文鉢植えバラと季節のお花を極小庭とベランダで育てています。写真で綴る花の育レポ。時々ネコさん登場。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/09/09 16:33

みも さんのブログ記事

  • クロードモネの夏【バラ】
  • 「クロードモネ」【フランスデルバール】クロードモネの夏今ウチで一番咲いている。今期2回目開花。8号の鉢植え。南向きの場所にいる。数々の我が家のバラが、暑さでチリチリになる中、モネは見かけによらず平気なのに驚かされた。しかも花持ちも、なかなかよいのだ。明るめの葉色、剛健そうな枝に咲く絞りの大輪花はとても華やかで、「見て見て!」と言わんばかりに真っ直ぐ上を向いて咲く。コンパクトにまとまると言わ [続きを読む]
  • サマーソングの夏休み
  • サマーソング【イングリッシュローズ】(写真は6月初めの2番花)夏の名前がついているバラ。なのに、夏場は不評なバラ。「カタログ落ちするのではないか」と噂されているバラ。広くても狭くても、地上にあたる夏の日差しは同じ。日本の夏は、「サマーソング」にとって暑すぎるのだ。連日の猛暑、葉が暑さで反りかえり、春の頃の半分の大きさしかなく、色が淡くなった見るからにやる気がない花。こんな状態でも繰り返し咲き、 [続きを読む]
  • 夏のあいだにバサバサッと枝整理
  • ベランダガーデンの日々草 以前からやろうやろうとおもっていたけれど、なかなか実行できなかったモッコウバラの剪定がやっとできた。花後の5月に少し切り戻していたのだが、新しい枝がずいぶんと伸びているので整理がてらやってみる。モッコウバラはそもそも剪定しなくても咲くのだが、狭い庭ではそれなりの大きさで沢山咲いてほしいのでウチではこの時期剪定する。8月頃に来年の春に咲く花芽をつけるので、いまの [続きを読む]
  • やや不調ですが
  • 「グリーンアイス」 ミニバラ 2番花。丈夫なバラといわれている。今まで病気らしい病気にかかったことが無いバラ。だが今期はやや不調。うどんこ病がやっと治ったら、黒点少々発生。どうした、グリーンアイス。半日陰で療養中。にほんブログ村人気ブログランキング [続きを読む]
  • 台風の日、バラは
  • 台風の一日。強風、雨も続いていますね。暴風雨の中、すごいタイミングで咲いていた「セプタード・アイル」目次 植木鉢対策 開花バラ対策こういう天候の日は、本気で台風対策考えないといけないとおもう。バラはトゲがあるので、こんな風の強い日は凶器になる可能性もある。ましてやセルフ作業のフェンスが吹っ飛ぶかもしれない・・・。わが家は住宅密集エリア、悪天候に備えたバラ園芸が要求されるのだ。植木鉢 [続きを読む]
  • 和風でしょ
  • 「花山吹」(Hanayamabuki) という名の、日本作出のバラです。大きな葉っぱと,大きな花と,強めの香り。イングリッシュローズとかフレンチローズに囲まれて2年目。違和感なくお庭にいるが、よ~く見ると・・和風でしょ!にほんブログ村人気ブログランキング [続きを読む]
  • プリンセスのお目覚め
  • すでに梅雨明けをした関東は、茹だる暑さ。晴れ間が続き35℃平均。連続熱帯夜。少し遅れて咲いたバラの2番花たちは、酷暑で見る影もない。暑いのが苦手なのである。予定外の梅雨明けと真夏日で、わが家の植物たち少々戸惑い気味。ああそういえば、育て主が今回すっかり戸惑っていたバラが、とうとうお目覚めした。「クラウン・プリンセス・マルガリータ」(イングリッシュローズ)このバラ、なんと!「バラの5月」に咲かなか [続きを読む]
  • 朝摘みボスコベル
  • 今日も暑いですね。36℃。風も強いまま続いている。わが家のボスコベル、今朝咲く。このままにしておくと、炎天下と強風のため戻るころにはシオシオになり、開ききった花は散っているかもしれない・・・と予想。わが家、鉢植えのバラが多いためこの時期咲いたイングリッシュローズは、暑さでバサッと散るのがとても早い。それなので朝一の水やりの時にお花摘み。そしてジョウロに移動した。「ただいま」よかった。咲いたまま [続きを読む]
  • エンジェルの災難
  • 連日、蒸し暑い日続いています。目次 半分しかなかった花 レッチフィールド・エンジェル データ わが家の最近の育レポ半分しかなかった花1週間ほど前から災難に遭っていた「レッチフィールドエンジェル」 【イングリッシュローズ】遅咲きのバラだ。やっと2番花の蕾がついたとおもったら、こんな悲惨な姿になっていた。半分以上は、食べられている。いったい誰が・・・隣のアプリコット色のつぼみも食べられ [続きを読む]
  • エマちゃん
  • わが家の今期の新しいバラたち、3株。篠宮バラ園さんから大苗で、4月にやって来た。左から「クロード・モネ」【フレンチローズ】大輪の絞りの2番花はすでに終わり、3番目の小さなつぼみを早速つけている。コンパクトではない・・・。すでに70cmほどに成長している。中央「レディ・エマ・ハミルトン」【イングリッシュローズ】マイペースでぽつぽつ、ポツポツ咲いている。あまり大きくなっていない。成長はゆっくりなかんじ [続きを読む]
  • 鉢植えグラハム・トーマス
  • グラハム・トーマスが咲き始めた。シブ〜い紅茶の香りが相変わらず心地よい。癒される香り。今期は2回目の開花。つぼみは5月に比べると半分ほどかな。現在、12号鉢植えで、約1.8mほどまで成長。今までウドンコなし、黒点少々。今日のような暑い日は、葉っぱの明るいグリーンが爽やかだ。5月の開花画像↓中輪、落ち着いた山吹色だ。まだ2年目なのに花付きは結構よく育てやすいバラだとおもう。ただし、我が家は鉢植えなの [続きを読む]
  • ミルラ香の確信
  • わが家ではちょっと遅咲き「セプタードアイル」2番花。同じイングリッシュローズの早咲き「オリビア・ローズ・オースチン」の花が終わるころに咲き始めるのでわが家のフロント担当。二つとも10号の鉢植えなので、置き場所の交代も簡単だ。「しべ」が見えるのがこのバラの特徴。だがもっともな特徴はこの強烈な「ミルラ香」である。ミルラ香というと、その昔ミイラを保存するための殺菌作用が強い「没薬の香り」でおな [続きを読む]
  • よく蕾をつけるセザンヌ
  • ポール・セザンヌの2番花が、ぼちぼち。現在8号の鉢植えバラ。よく咲いている、蕾も多いほうだとおもう。花が終わると結構大胆に剪定しているので、コンパクト。樹高は50cmほど。今のところまででウドンコ少々、黒点はまだ発症せず。花持ちはよい。色味は前回より黄色が濃いような気がする。南西向きの場所にいて、太陽の光をたくさん浴びているせいかな。今日はレモンのような香りがした。シトロンローズだ。 [続きを読む]
  • 梅雨の晴れ間
  • 梅雨、真最中。ジメジメ、シトシト。いっときの晴れの太陽に気づいたかのように咲きだす我が家のバラたち。5月のバラから1か月すぎたころ、四季咲きバラや繰り返し咲くバラは咲き出す。このところ雨つづきで傘を持っての撮影が増えた。一瞬の植物の変化を、気軽に軽いカメラで撮りたい。コンデジの出番が多くなった。片手で撮れて軽快だ。ここ最近お気に入り。FUJIFILMのカメラは初めて、まだ使い勝手がままならないが・・・ [続きを読む]
  • 2番花ぽつぽつ その2
  • 梅雨、どんより天気が続いていてます。でもバラは咲く。いつのまにか増えつつある、わが家のバラの2番花の続き。ペッシュ・ボンボン 【FR】若いフレッシュな桃の香りがする。ビブレ バカンス! 【FR】花持ちよし、繰り返し咲く。ポール・セザンヌ【FR】以外に病気に強い? つぼみたくさん。グレイス【ER】爽やかティーの香り。四季咲き性抜群。オレンジ、アプリコット系のバラが増えたな。わが [続きを読む]
  • うどんこ病がつづいている
  • わが家の「マチルダ」が、うどんこ病にまだやられてる。6号の鉢植え。2年目、まだ若い。ベランダガーデンにいた。5月のはじめごろ、うどんこ病にまみれながらけなげに咲いていた。もう葉っぱが白すぎ。この後、全体的に剪定。でも若芽には、まだちょこちょこ発症する。他のバラにうつるので、みんながいない場所に移動。10日ほど前、かなりうどんこ病はおさまったが、時折白い箇所がまだ出る。つぼみをつけていた。 [続きを読む]
  • 2番花ぽつぽつ
  • わが家のバラ、2番花がぽつぽつ咲いている。オリビア・ローズ・オースチン 【ER】元気。サニーノックアウト 【FR】いつもどおり、マイペース。エグランタイン 【ER】春の頃と同じ花付き、ぽつぽつ。ボレロ 【FR】去年の秋きたばかり。花はフワフワ。フルーツ系が香しい。サマーソング 【ER】この独特なバーネットオレンジは、やはり魅力的。バナナの香りが?ホントにする。雨?(ベランダガ [続きを読む]
  • バランスが。グリーンアイス【バラ】
  • 目次 5月のグリーンアイス わが家の育レポ 仕立ての必要性について ネコさん(11才)5月のグリーンアイスミニバラ「グリーンアイス」咲き揃ってきて、もうこぼれんばかり。やぁ、いつもたくさん咲いてくれてありがたい。わが家の小さなベランダガーデンが随分とにぎやかになっている。小さなグリーンアイスと小さな紫のブラキカム、そして小さな白ウサギのやさしい空間がそこにある。小さなスペースのちょ [続きを読む]
  • 結果オーライ、ポールセザンヌ【バラ】
  • 目次 ひょんなことから我が家に ポール・セザンヌ データひょんなことから我が家にここのところ毎日バラで朝から心がワクワク。いつになく天気予報をチェック。風や湿度や・・バラを囲む環境がいつもより気になっているバラのお世話人。遅咲き種のバラも咲き揃い、ほぼ我が家の、リアルバラたちには会えたようだ。実際会うと写真とはかなり違う。色、大きさ、薄さ、濃さ、雰囲気、そして香り。個々のポテンシャルや [続きを読む]
  • 復活そして変身、シャトードゥシュベルニー【バラ】
  • 今年はほんとに天候が不安定。雨、風、夏日・・・の繰り返しで爽やかなバラの季節を過ごせないシーズンになりそうだ。目次 シュベルニーの変身 シャトードゥシュベルニーデータシュベルニーの変身『シャトー・ドゥ・シュベルニー』は黄色のバラ。去年の秋、大苗で購入した。オベリスクにしてみたい黄色いバラを探していた。樹勢が素直で仕立てやすいと聞いたので選んでみた。ところがそのシュベルニー、そ [続きを読む]
  • 我ながら上出来かな・・・【グレイス】
  • グレイスが咲いた。今年の冬(1月)に会っていたので、あまり久しぶりな感じはしない。そして5月開花、ほんとによく咲いてくれるバラだとおもう。しかも今回は樹形のバランスがなかなかよいとおもった。グレイスは10号の鉢植えだ。我ながら上出来・・・と言わせてほしい。いやいやグレイスがポテンシャルを発揮したと言うべきなのかな・・・5月に入って咲きはじめたグレイスは小ぶりな明るめの葉の上にちょこんと咲くアプ [続きを読む]
  • ポイントカラーなベンジャミン・ブリテン
  • 雨が続き短いバラウィークが過ぎ去ってゆく。いやはや、こんな天候なのにドンドン咲く。うれしいけれど、雨でバラはシンナリ・・だ。ベンジャミン・ブリテンが次々咲いてくれている。オレンジ系のレッドカラー。やぁ〜なんともいえない不思議な色なのだ。更に咲き進むと魅惑的なローズレッドになってゆく。濃い緑の葉の上に咲く姿は中輪(7cmくらい)ながらとても華やかで主役級。このベンジャミン・ブリテン、イングリッ [続きを読む]
  • 咲いたけど風【オリビア・ローズ・オースチン】
  • 昨日の朝、一斉に咲いたバラたち。初めて会ったバラもいて、感激。無事に咲いている。ところで我が家的には花数も多く現在は満開状態なオリビア・ローズ・オースチン。去年の秋も花をつけ、健康そのものだった。勢いがある強いバラなのでわが家のフロントに置いている。日当たり最高だが、風当たりも最高なため春の風に随分としてやられ葉っぱがところどころボロボロに。そしてすべての枝につぼみをつけたが、風の日 [続きを読む]