ケンケン さん プロフィール

  •  
ケンケンさん: 蹇蹇ログ
ハンドル名ケンケン さん
ブログタイトル蹇蹇ログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/amuroray0093/
サイト紹介文色々と書評を載せつつ、司法試験や法律学習についても論じるブログ。
自由文歴史や政治・経済等に関する書評を書くのがメインです。
 また、所謂保守・右寄りの立場で司法試験に合格した者として、法学や司法試験について論じたりもします。勉強が好きなので、合格後も法律学習を続けて気付いたことについても書こうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/09/09 23:28

ケンケン さんのブログ記事

  • 試験時間に丁度良い精神状態にする方法
  • 答案用紙に氏名や受験番号を書いてから、試験開始までの約10分間に、リラックスしつつ、程良い緊張感を保てる精神状態にスイッチを切り替える手法を紹介します。 ・椅子に座り姿勢を良くして、肘を曲げ、両掌面を腰の高さで上に向けた状態で、・目一杯深く息を吸い、吐き切るのを20回繰り返す これをやると副交感神経が良い感じになり、本番モードに切り替わってケアレスミスを減らせます(ミスがゼロになるというわけではあり [続きを読む]
  • もうすぐ司法試験
  • あと一週間もしないうちに、司法試験が始まります。 ゴールデンウイークに一通りの復習をしていたでしょうから、もう大丈夫な状態だとは思います。 ただ、仕事をしながらだと、ゴールデンウイークが明けて仕事をする一週間を挟んで次の週に試験ですから、なかなかペース配分が難しいかと思います。 試験初日前日の5月15日(火)に有給休暇を取得できない限り、次の土日である5月12日と13日のどちらかには、選択科目の論証を全て書き [続きを読む]
  • 弁護士を辞めて、国公立医学部医学科に入るといいよ
  •  国公立大学前期入試の合格発表が済んだ時期ですが、同じ大学の友人が弁護士を廃業して、とある国立大学の医学部以学科に合格したとの報が届きました。 法科大学院を修了して新司法試験に合格した友人ですが、司法試験合格時から、弁護士業界の将来に不安を感じていたようで、弁護士生活をスタートしてから、身の振り方を悩んでいました。 国公立医学部を受けるかもしれないということは聞いていましたので、私としては、彼が [続きを読む]
  • ガンダム風に司法試験を語る
  • 文科省が、増えすぎた司法試験受験人口を法科大学院に誘導する司法制度改革が始まって、数年。日本各地には立派なロー・スクールが70以上設立され、教授達はそこを司法試験予備校に代わる勉強の場とした。その法学徒の第二の故郷で、ロー生は、授業の予習に疲弊し、学者の自慰講義を受け、大量の三振者が生まれていった。 平成23年、法科大学院から最も遠い法務省は、予備試験を実施し、法科大学院による受験資格独占体制に挑んで [続きを読む]
  • 不能犯
  •  司法試験・予備試験の受験生からすれば、不能犯というのは未遂犯か不能犯かという論点で誰でも知っている論点を含むものです。  もう放映終了となった映画館も多くありますが、映画「不能犯」を見てきました。 主演の松坂桃李が好きで、彼の出演作品は必ず見るようにしていますが、今回も良い出来でした。テンポが良く、続編を作る余地のある終わり方だったのも嬉しいです。  ドラマ「僕たちがやりました」の主要キャストが [続きを読む]
  • 小島毅「儒教が支えた明治維新」(晶文社)
  •  明治維新のために働いた人々の思想資源には儒教があるという指摘はその通りだと思うので、買ってみたのだが、全くもって羊頭狗肉であった。  儒教と明治維新の関係を大展開して論じてくれるかと思いきや、全体の3分の1程度で、それとて雑誌連載や講演を少し手直しして収録しているだけである。 「なぜ日本は近代化に成功したのか。」という帯も、全然論じられていない。おそらく、明治維新に肯定的な立場の読者を取り込もう [続きを読む]
  • ちょっとずつ減っていく司法試験業界のパイ
  • 久々に法務省が予備試験出願者数を2月1日速報値として発表していましたので、出願者数グラフを更新しました。 司法試験と予備試験の出願者数合計で昨年比1.7%減です。予備試験で566人増えたものの、司法試験で905人減って、法曹志望者のパイは人口減以上のペースで漸減しているというところでしょうか。 このまま、ハイレベルな法律学習を志す層が薄ーくなっていくのでしょうか。 大学時代に旧司法試験の問題を解いて [続きを読む]
  • 法科大学院改革のニュース
  •  法科大学院と法学部の関係を見直す改革案とやらが真剣に検討されているようです。なお、ヤフーニュースでも取り上げられていました。 https://www.bengo4.com/other/n_7388/  さて、弁護士になる旨味・魅力が大幅に低減してしまった以上、こういうことをしても意味はないでしょう。いい加減、法科大学院の存続を前提にするのをやめないと、5年後にはマジで司法試験の倍率が2倍を下回ることだって十分あり得るのですが。 21世 [続きを読む]
  • 来年は司法試験の出願者数が5000人を切るのではないか
  •  平成30年司法試験の出願者数が発表されました。その数、たったの5811人。ここ3年、出願者数に対する受験者数は約9割ですから、平成30年の受験者数が5000人を下回ることはないようです。 とはいえ、近年の出願者数は、・平成27年:9072人・平成28年:7730人・平成29年:6716人・平成30年:5811人と推移していますので、平成31年は5000人を切る確率は高く、このまま合格者数を1500人で維持していくと、選抜機能が著しく低下するの [続きを読む]
  • 年末年始以後の過ごし方
  • 過去の記事を振り返ると、年末から年明けにかけての司法試験受験生の過ごし方を書いていませんでした。 1.とりあえず最新の過去問を解いてみる 予備試験に受かった2015年の年末は、準備が間に合わない選択科目は置いといて、実家で、必須7科目の平成27年司法試験の過去問を実家で本番の時間帯で解いてみました。夜に地元の高校の友人と飲み会をするのは本試験本番と比較するとイレギュラーですが。 幸い、地元関西で弁護士 [続きを読む]
  • 辻善之助「田沼時代」(岩波文庫)
  •  江戸時代の主だった治世として、享保・寛政・天保の三大改革を思い浮かべる人が多いでしょうし、新井白石の正徳の治も出てくるでしょう。幕末だと、名称自体はマイナーながら参勤交代を大幅に緩和した文久の改革もありますが、これに比べて田沼意次の治世は「改革」でも「治」でもありません。単に田沼時代といいます。どんだけ評価が低いのでしょう。  紀州の足軽が徳川吉宗の将軍就任に伴って江戸に出てきて生まれた男が、将 [続きを読む]
  • 今年のセンター試験
  •  大阪大学のこの教授、要は法科大学院の教授です。 高邁な理想を掲げてロースクールが始まったのも、13年も前ですね。 まぁ、だから何だという話ですが。 【大阪】阪大教授 センター試験監督中にいびきで処分 大学入試センター試験を監督中だった大阪大学の40代の教授が居眠りし、いびきをかいたとし、訓告処分を受けました。 大阪大学大学院高等司法研究科の40代の教授は、今月13日、大学入試センター試験の監督中に [続きを読む]
  • 飯田洋介「ビスマルク ドイツ帝国を築いた政治外交術」
  •  久々の書評。2015年発売なので、予備試験対策中で読めなかったのを今更になって読んだ。  鉄血宰相ビスマルクは高校の地歴科目で世界史選択でなくても義務教育の社会科・歴史で用語として名前を覚えるし、高校世界史では19世紀後半のドイツ史で彼の活躍を習うので、大概の人は知っているであろう。 ただ、ビスマルクは3度の戦争でドイツ統一を成し遂げたせいもあってか、何となく好戦的なイメージがこびり付いてしまっており [続きを読む]
  • ドラマ「正義は勝つ」
  •  予備試験・司法試験対策からは脱線しますが、弁護士がカッコ良く、それでいて精神的に相当しんどい仕事だと私に刷り込ませたドラマ、それが「正義は勝つ」(1995年10月〜12月期、水曜21時、フジテレビ系)です。  実は私、織田裕二の熱狂的なファンでして(実は公式ファンクラブに加入していたりする)、1994年放送の「お金がない!」で織田裕二のファンになり、母が織田裕二ファンだったこともあって1995年の「正義は勝つ」も [続きを読む]
  • 今年は444人が予備試験に合格!
  •  平成29年予備試験口述式試験の合格発表がありました。合格者444人の皆様、おめでとうございます。 いずれ最終合格者が500人に届くのも現実的になってきました。 1.口述式試験の不合格率が下がっている  合格者数の増加と逆に、不合格者数の25人というのは、私の受験時よりも少ないように思い、過去7年の不合格率を調べると以下のようになっていました。 ・平成23年:4.9%・平成24年:6.0%・平成2 [続きを読む]
  • 予備校の短答オリジナル問題集の復刊
  •  予備試験口述式試験を受けた方、お疲れ様でした。  さて、司法試験や予備試験の短答対策は過去問を何回も解くという方が多数派であり、王道のようです。費用の点でも、過去問の問題集を買い揃える方が、予備校作成の短答問題の答練よりも安いですし、多くの方がそうなるでしょう。  ただ、毎年の短答式試験の出題は、過去問の問題集に載っていない知識が必要なものもあるのは否定できませんし、余裕をもって合格するには、そ [続きを読む]
  • 失火責任法
  •  私は高校時代から漫画雑誌の立ち読みを日課としております。木曜は講談社の「モーニング」を読むのですが、「カバチ!!!−カバチタレ3−」を惰性で読んでおります。  毎回「非弁だろ!」とツッコミを入れたくなるのはさておき、現在の連載で失火責任法の適用が問題となる展開であったところ、主人公が行政書士でありながら、重過失の場合に免責しないことを規定していることを全く知らないようであったのは、あまりに酷いの [続きを読む]
  • いよいよ予備試験口述式試験!
  •  早いもので、今週土曜は予備試験口述式試験です。 下らないでしょうけど、試験会場に行かないと体験できないネタを。心の準備にでもなればと。 ・受験まで待たされる会場は体育館。 スリッパは不要。靴の上から、ビニールカバーを履かされます。パイプ椅子なので疲れます。 ・受験生は何号室の何番という札を渡される。なお、受験時は、「m号室n番です」と名乗る。 なお、旧司法試験時代から言われている有名な話ですが、 [続きを読む]