tetora さん プロフィール

  •  
tetoraさん: Collect.Stamps
ハンドル名tetora さん
ブログタイトルCollect.Stamps
ブログURLhttp://readonly.secret.jp/sb/
サイト紹介文貝やカワイイ切手、ネコ切手などこれまで集めた外国切手を載せています。他に貝や切手の本なども。
自由文貝殻集めが高じて切手収集にまったり走り中。
外国切手のトピカル…貝・魚・船・鳥・動物・ネコなどなど、独断でかわいい切手を載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/09/12 16:31

tetora さんのブログ記事

  • 工芸切手・ソビエト.210
  • 【CCCP】ソビエト 1957かつて目にしたことのある…と言えばそんなような、このCCCPという略語はロシア語のСоюз Советских Социалистических Республик、ソビエト社会主義共和国連邦の略なんだそうです(→と今知る)。そんなソビエト時代に出されたやや古い頃の切手。1950年代の切手というのは個人的にはそう持っていませんで…モザンビークの魚切手1951年っていうのが持ってる中では一番古 [続きを読む]
  • 工芸切手・ウクライナ.209
  • 【UKRAINA】ウクライナ 1997ウクライナのこちらの切手は4枚のバラを最初にget。それで一応完結の枚数なのですが、なんとシートも見つけちゃったんで…しかもこれがなんともカワイイ笑)から再度get!切手もかわいいながらこの枠の模様vこれぞまさしくfolk柄って感じ?!すごーくかわいいと思う、なので少々アップしてみました。刺繍やステッチのパターン模様みたいなのもあれば、花や鳥のデザインにはブルガリアなど東欧のそれにも似 [続きを読む]
  • ネコ切手・タンザニア.208
  • 【TANZANIA】タンザニア 1998タンザニアからネコの切手。タンザニアからはネコの切手わりと出ている印象ありますが、例えばこれ、ドムフィルのネコ切手カタログには載っていない模様。ちょうど前述したネコ切手のサイズと酷似してる点といい…疑わしい切手なのかと思うも(笑;;)実際はよくわかりません。そんなんでよくわからないのでありますが、描きの素朴なネコちゃん切手だったのでチョイス。こんな風情の切手って実は好きだ [続きを読む]
  • ネコ切手・コンゴ.207
  • 【Republique Democratique du CONGO】コンゴ民主共和国 1998威嚇するネコの姿が載る切手というのは珍しい~。小型シートの絵柄も、ネズミの狩りを教える母ネコといった雰囲気で面白いし変わってます。と…このまま別に疑問なく笑)まさに絵柄に魅かれて集めるワタシ…典型をいっちゃってますがこの切手に関し、あとから興味深い記述を見つけましたので引用してみます。“many are very attractive, but they are completely bogus [続きを読む]
  • 工芸切手・ルーマニア.206
  • 【ROMANIA】ルーマニア 1982ルーマニア、80年代の切手にもこんな素朴な雰囲気ありvそれなりの枚数で思わず集めたくなります^^)器や焼き物には興味あるので切手でも…こちらはそんな日常的な食器、キッチン用具を集めたものと見受けられ。素朴な、ちょっと昔の切手~~という風情が良く…絵柄はどこか伝統的な、いわゆる古き良きヨーロッパ(という言い方に頼ってしまうも)を感じさせる日用品でしょうか。お皿や壺なども載っています [続きを読む]
  • 番外・キューバ未来の宇宙.205
  • 【CUBA】キューバ 1975宇宙探査な切手はたくさん出ているというイメージ。あまり詳しく眺めたことはないですが、だいたい60年代から70年代くらいがピークの一つでしょか。宇宙開発競争だった頃を思わせる切手の図柄は、見てて楽しめると想像します。そしてたぶん今でもけっこう発行されていそうな宇宙ジャンルな切手。そんな中で、この70年代くらいまでに出ている切手はどこか懐かしいような、古き良きレトロ感が出ているものも多 [続きを読む]
  • 気球切手・キルギスタン.204
  • 【KYRGYZSTAN】キルギスタン 2000キルギスタンは中央アジアに位置する旧ソビエト連邦の共和制国家で、現在はキルギス共和国という名称とのこと。切手に表記のКыргызстанはロシア語だそう。全切手の発行すら不明なエリア、と自分の中ではイメージあるのですが、個人的にはとてもステキな気球の切手いってると思います。当時の版画資料を集めたような感じで、これらの出所を知りたい気もしますが、集めてきた気球切手の中 [続きを読む]
  • 気球切手・マダガスカル.203
  • 【REPOBLIKAN'I MADAGASIKARA】マダガスカル 1998いかにも最近っぽい感じのカラー、シートでこんなふうに出される切手はいかにもアフリカあたりから出ていそうな雰囲気といいカラーリングといい。パッと見でも、華やかな切手になっています。このカラーリング、色のつけ方はちょっと独特というか、私見る限り、わりと最近に近い頃のアフリカ諸国から見かける気がする…。これだけでなく動物、ネコ、貝の切手でも見かけますねぇ。描 [続きを読む]
  • 気球切手・レドンダ.202
  • 【REDONDA】レドンダ 1983レドンダ??と読めるこの場所はどこなんでしょ…?“レドンダ島(英: Redonda)はカリブ海にある無人の岩礁。アンティグア・バーブーダに属する。出典元:「レドンダ島」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。最終更新 2017年6月24日 (土) 09:29 UTC、URL:http://ja.wikipedia.org/”“無人島であるにもかかわらず郵便切手が発行されている。しかし2015年現在、全世界の切手を網羅するスコットカタ [続きを読む]
  • 気球切手・リビア.201
  • 【LIBYA】リビア 1983ちょっと久しぶりな気球の切手、興味のあるトピカルは集中して集めたがる性分にあったりしますが…;こちらはリビアからの気球+飛行船な切手、6枚がつながったタイプ。アラブ諸国からの切手はトピカルによっては集めやすいのもあるかもしれませんが、気球だとけっこう難しい…いや気球自体がありそうでない笑;)見るとけっこうにぎやかな切手なのです。メインの気球柄の他にももちろん国名あり、この切手を説明 [続きを読む]
  • 番外・リヒテンシュタインの星座切手.200
  • 【LIECHTENSTEIN】リヒテンシュタイン 1976,1978星座の切手というのも世界にはわりとある様子。中には星座と十二支がいっしょくたに出てきたりもしますが、そんな中で同じ国つながりで眺めてみるこの切手…やはり、どこか変わってる笑)というかデザインがなかなかステキvこんなトコまで個性的…と思ってしまうのですけど、このモザイクのようなデザインとか、やっぱグラフィックがアートだよこれ^^)他の星座切手だと個性的にして [続きを読む]
  • 番外・リヒテンシュタインの花切手.199
  • 【LIECHTENSTEIN】リヒテンシュタイン 1970こちらは花の切手。花の切手というのも膨大にありそうで、まだザッとしか眺めていないのですが、そんな中でもパッと見で目立ち、そしてちょっと変わってるデザインのこちら…。そうか…花の切手でも少し変わってるよ~などと思いながら見てたのですが、ややベタな色合い、1970年ということでちょっと古臭さを覚えるといえばそんなような…でもそんなこと知らないで見た私の印象は、それで [続きを読む]
  • 建築切手・リヒテンシュタイン.198
  • 【LIECHTENSTEIN】リヒテンシュタイン 2008~2010リヒテンシュタインの切手は、ヨーロッパ切手の中でも特に注目してたわけじゃないんですが、調べてみると意外と個性的なデザインのが多かったりします。他のどの地域でも似ないようなカラーだったりデザインだったり…。私などは名前くらいしか聞いたことのない地味~に知らない国だったりしますが;;切手はけっこう面白いと思うvそんな中でこちらは建物な切手。切手サイトで知ったの [続きを読む]
  • ネコの切手カタログ
  • DOMFIL THEMATIC STAMPS CATALOGUEGATOS CATS(2nd Edition 2004年)ネコ切手のカタログってないのかな~?と思ってると、出てることを知る(^^;)ドムフィルって読むんですかね…ここでは他にも気になるテーマカタログがあったりしますが、なんか手軽に見てみたいと思う(この性格)なのに意外と手軽じゃない海外のカタログ;;発行は2004年の2nd Edition。前年の2003年にも出ているそうで、こんな立て続けに出てる?!とは思っちゃうので [続きを読む]
  • ネコ切手・アンティグア&バーブーダ.197
  • 【ANTIGUA & BARBUDA】アンティグア&バーブーダ 1999とことんカワイイ猫尽くしシート入手できました!1999年の“World Stamp EXPO”に発行されたと思われる、アンティグアのもう1種類(ネコ切手・アンティグア&バーブーダ.183)のと同じシリーズだと思います。絵柄違いだけどもちろんこっちもカワイイvv横に長いシートの、左半分と右半分という感じで載せてます。切手もさることながらその枠!反則なくらい笑)かわいい図柄になっと [続きを読む]
  • ネコ切手・トーゴ.196
  • 【Republique Togolaise】トーゴ 2001トーゴのこちらの切手はネコしか集めてないのですが、シリーズには犬切手もあるようです。同じように背景が建物絵画のようなバックに切手がデザインされており…最初はそんなところに注目がいったのでget。見るようで見ない背景が面白く、というより普通多く見られがちなネコ切手にはなさげ~と思い。他、シリーズにはバラでイヌとネコが3枚ずつ、それでセットかと思われます。左上には“CHIENS [続きを読む]
  • 番外・チェコスロバキア.195
  • 【CESKOSLOVENSKO】チェコスロバキア 1975これはバイクシリーズ。チェコのこの頃なシリーズ切手はだいたい70年代か80年代くらいまで味わいなのがありますが、確か自転車シリーズってのもあったと思います。オートバイの歴史も語ってるような…といって詳しくない私ですけど、切手の題材としては特に珍しくないものだと思う。けれど味わいのチェコ切手vこのなんといっても牧歌的な抜け感がたまらなくツボ!!であって、それがこれらの [続きを読む]
  • 番外・チェコスロバキア.194
  • 【CESKOSLOVENSKO】チェコスロバキア 1974これですねぇ、個人的にはけっこう好きなノリっていうか、こんなの切手であまり見ないかと思うんだけどだから面白いつーか笑)そんなチェコの味わい切手だと思います。シューティングシールド、にしてはなんだか殺伐とした風情でないところが楽しいというか、だからそこんところの味わいチェコの魅力なんですかねぇ。的にこんな絵が書いてあるvってところが日本からすると面白いというか、 [続きを読む]
  • 番外・チェコスロバキア.193
  • 【CESKOSLOVENSKO】チェコスロバキア 1978これはチェコの橋シリーズでしょか。たぶん歴史的にもデザイン的にも有名な、ステキな橋をデザインにしたものと想像。私が知らないだけで汗;)そう私が知らないだけで、PRAGAとあるのでプラハにかかる橋、それぞれに名称が載ってるように見える。この切手面白いと思うのはそれぞれに橋のデザインだけでなく、なにか象徴すると思われるオブジェをデザインしてあるところですねぇー(意味を [続きを読む]
  • 番外・チェコスロバキア.192
  • 【CESKOSLOVENSKO】チェコスロバキア 1967都市や街並みをデザインしたものながら、アングルがわりと面白いと思い。チェコの切手にはこんなふうに空中からのアングルを切手にしたものが少しある様子。この頃にそういうのが切手のデザインにされるってところがまた興味深いです。挙がっている街はパリやアムステルダム、ウィーン、イスタンブールなど…“PRAGA”ハンガリー語でプラハも載ってます。自慢の美しい祖国もここに載り、そ [続きを読む]
  • 建築切手・チェコスロバキア.191
  • 【CESKOSLOVENSKO】チェコスロバキア 1971〜チェコの切手は特にジャンルを問わず、いいなぁ~と思ったのを集めてしまいますね。こちらもそんな一つ。建築、建物な切手っていうのも友人に影響されてポツポツ興味を…これは…木造の家屋でしょか、そしてわりと枚数発行されてるのです。全部でいくつありますか、少し集めてみました。伝統家屋か歴史的建物なのか?ほとんどわからないで挙げてますけど、ヨーロッパでも大聖堂など大きな [続きを読む]
  • ネコ切手・タークス&カイコス.190
  • 【TURKS & CAICOS ISLANDS】タークス&カイコス諸島 1995これは描いてあるネコ…といやそうなんですが、デザイン画家かイラストレーターみたいな人が描いた?!って感じのネコになってて、個人的にはお気に入りな一つ。小型シートまで含めてわりと枚数あります。最初はあまり注目してなかったのですが、なんかネコ切手の中では個性的だ~vって思うようになり^^)けど集めるのはちと大変だったかも…あまり見ないので。かなり個性を感じ [続きを読む]
  • ネコ切手・ガイアナ.189
  • 【GUYANA】ガイアナ 2006ガイアナからけっこう出てるネコちゃんの切手。こちらは縁取り線、国名に塗られるクレヨンタッチなところが気に入ってget(理由それだけ?;)見るようで見ないさりげない工夫…とまで言えるかどうかわからないですけど^^;)ネコ切手には合ってると思う。そんなトコに魅かれた約1名ここにおりますvって感じで。 [続きを読む]
  • 貝切手・ギニア.123
  • 【REPUBLIQUE DE GUINEE】ギニア 2016写真のように見え?リアルに描きと合わせてあるシート。こういうシートはよくアフリカ諸国から出される様子。ちょうど持ってる好きな貝が載っているので思わず注目v枠の一番上に横たわってるのはハシナガソデガイ。前のベニンで挙げたソデガイ科の仲間に入るのでサソリガイ、クモガイなどともお仲間なんですねぇ。どー見ても同じようには見えない?気がするも、口の部分のキザキザが…語ってるん [続きを読む]
  • 貝切手・ベナン.122
  • 【Republique du Benin】ベナン 2014少々地味な色合いのシートですが、載ってる貝が面白いというか変わってて選んでみました。左上 Aporrhais Pesgallinae ハリナガモミジソデ右下 Angaria Sphaerula キナノカタベ左はソデガイの仲間に入ってるそうで、前に載せたことのあるサソリガイなどもそのお仲間。言われてみると、トゲを伸ばした形などが似てるといや仲間…なかなかに個性的な形状の一つかと。そしてここまでトゲが長いと… [続きを読む]