久留米じいじ さん プロフィール

  •  
久留米じいじさん: 御年77歳夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。
ハンドル名久留米じいじ さん
ブログタイトル御年77歳夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。
ブログURLhttp://noritomi294.hatenablog.jp/
サイト紹介文野菜つくりを止めた久留米じいじだよ。 家のまわりのことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供246回 / 334日(平均5.2回/週) - 参加 2016/09/12 17:46

久留米じいじ さんのブログ記事

  • 種類が豊富で選びきれないボールペンと、満開のバンマツリ。
  • こんにちは、久留米からです。ボールペンは、私にとって必需品である。なぜなら、パソコンの画面を見ながら、指でキーを操作するブラインドタッチとやらの、高級なことが出来ません。それから、画面を見ながら文を、考えることが出来ない。頭の中が、集中しきれない。この二つのことから、文を作るのは紙の上にボールペンを走らすことで、この年老いた脳味噌が反応しているようだ。現在使用中 左、赤修正用 右、筆記用 [続きを読む]
  • スィーティの若木と、ご近所のお付き合い。
  • こんにちは、久留米からです。このスィーティの若木には、鋭いトゲがあります。家人「これはカラタチと、違いますかねえ」なるほど、今は少なくなったが、生け垣にカラタチを使っている所は、トゲだらけである。私 「柑橘類の若木には、トゲのあるものが多いよ   大きい木になったら、無くなるよ」家人「そうなんですかねえ」と、まだ納得がゆかない。筋向いのNさんから、スィーティと言うみかんの新種をいただいた。始 [続きを読む]
  • 種からのアボカド、ほうば焼の葉っぱのようだよ。
  • お早うございます、久留米からです。畑の友達が、アボカドを種から育て、観葉植物として室内に置いているよ、という。ほう、なんだか面白そうだ。早速、アボカドを買って来て種を取り出し、中の実はぶつ切りにして醤油をかけ、高級品マグロの刺身とおなじ味を楽しんだよ。一方、種は良く洗いぬめりをとることが、大切だと友人が言っていたので、ゴシゴシと丹念に洗った。小さめの鉢に種を植えて、毎日ながめることにした。 [続きを読む]
  • タイトルを再び変更します。
  • こんにちは、久留米からです。タイトルを再び変更します。「ザボンの木があるよ、カボスの木もある」じゃあ全然、通用しなかった。なにしろ、アクセス数が、ゼロ、とほほでした。家人「柑橘専門のフルーツ屋さんだって、そんな名前は   つけないよ」私 「オシャレ過ぎたのかなあ」家人「そんなのオシャレとは言わないよ、行き当たり   ばったりだよ」私 「・・・」名誉回復のために、頭をしぼることにした。こうなっ [続きを読む]
  • 小ぶりの胡蝶蘭の物語、家人は「3、000円以上の儲け」と言う。
  • こんにちは、久留米からです。小ぶりの胡蝶蘭、急いで花を咲かす。花枝3本、すべてに花が咲いた。つぎつぎに花が咲いてゆくのを、毎日見ていると暑い夏の時期になるのを、見越して急いでいるように見える。もう、満開と言えるのだろうか。3本の花枝に3〜4個ずつ、つぼみを残すだけになった。昔の経験から昨年10月に、娘が知人からいただいて、家に来たときは花枝が1本で、花が2〜3個ついた状態であった。昔 [続きを読む]
  • 花瓶のクリスマスローズのこぼれ種!はたして発芽しますか。
  • こんにちは、久留米からです。朝の会話家人「種や苗を買って、花を咲かすのも良いですね」私 「今、苗の出盛りだろう、何か植えますか」家人「そうじゃあなくて、冬越しした株やこぼれ種が  花を咲かすと、一層嬉しいですね」私 「あちら、こちらの思わぬところから、花が咲くね」家人「花が咲くまでの時間や、生命を感じますね」私 「う、上手いことを言うねえ、ブログにいただこう」クリスマスローズ家人の友人Nさんは [続きを読む]
  • タイトル決定の前に、家人と話したこと。
  • こんにちは、久留米からです。私 「畑の野菜つくりは、もう止め時だろうなあ。」家人「そうですね、体力の続く限りと言いますが  その体力の落込みが、最近ひどいですからね。」私 「夏野菜の植え付けが、出来そうにないから  止めることにしよう。」家人「それじゃあ最後の草取りは、Aさんにお願いして  おきますよ。」家人「野菜つくりを止めたら、ブログはどうするんですか。」私 「ブログは続けるが、タイトルが [続きを読む]
  • 家人から「なぜそんなタイトルですか」と言われました。
  • こんにちは、久留米からです。私「なぜと言われても、困るなあ。 ザボンは、今花が咲き始めたからだよ」家人「冗談にしろ、そんな安易なことで良いのですか  将来は、文学賞の候補になると言っていた人がね」私「シンプル、イズ、ベストだよ」家人「また、行き当たりばったりの決定でしょうが」私「長い暮らしで、お見通しですなあ、さすが」と誉めておきました。ザボンの花家を建てた時に植えたもので、あれこれ20年 [続きを読む]
  • タイトルが変わります。
  • こんにちは、久留米からです。畑は止めました。でも、ブログは続けます。ブログ村の暮らしの部門に、引っ越ししたいですがタイトルが変になります。この際、タイトルも変更します。タイトルは、多少パクリ気味だったので、気が晴れます。「野菜つくりが面白いにきまっちょる」から「ザボンの木があるよ、カボスの木もあります。」に変更しました。今後とも、よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 畑の野菜つくりを、止めることにしました。
  • こんにちは、久留米からです。家人と相談して、畑をすべて止めることにしました。理由は、持病と体調が、と言うことです。ブログにつきましては、ブログ村のどこかで暮らしのことや、家のまわりの花のことを、書けたらと考えています。いままでのお付き合い、本当にありがとうございました。 [続きを読む]
  • 男が「すたら」ないように!岡ワカメの苗つくりです。
  • こんにちは、久留米からです。体調が不安定で、ブログが休みがちになります。筑後の中山の藤も、とうとう見に行けませんでした。岡ワカメの苗つくり緑のカーテン用の岡ワカメは、もう40センチほどに伸びて、ネットに巻き付き始めました。ネットに届かなくて、地ばい状態になったつるをネットに絡むように、手助けをしています。家人は「この岡ワカメは、野菜としてもっと普及してもいいのにね、こんなに美味しいものが、流 [続きを読む]
  • 今年は緑のカーテンを盗み食いするのは止めよう!と家人は言う。
  • こんにちは、久留米からです。飼い猫が、スズメをくわえてきました。まだ、生きていましたので、あわてて外に逃がしました。無事に飛んで行って、一安心。猫は、スズメはどこだろうと、部屋中をさがしていました。緑のカーテンは、ご存知ですね。日の当たる側の窓下で、植物を育てて日陰を作ると冷たい空気が発生して、室内に流れ涼しくなるとにこと。もうずいぶん前に、雑誌に紹介されて以来、エコロジー的に広がっているよ [続きを読む]
  • キューリは夏秋野菜として欠かせない物、上手く育って欲しい。
  • こんにちは、久留米からです。昨日は、終日雨でしたよ。人参にとっては、喜びの雨だったでしょう。キューリは、3回植付けます。キューリの種まきをします。「今頃からですか、少し遅れているようですが」いやなに、これは2回目に植え付けるための、苗つくりですよ。「え、2回目とは、どういうことですか」始めの、1回目に植え付けるものは、種まきからですと少し寒い時期で難しいですから、これは苗を買って植え付け [続きを読む]
  • つるつる坊主植えのジャンボニンニク!ぐんと育ってきました。
  • こんにちは、久留米からです。予報どおり本日は雨。遅れ人参の場所に、いっぱい降ってくれ。育ちが旺盛なジャンボニンニク4月の暖かさで、ぐんと力強く育ってきました。根元を、土ごと発酵的に処理したから、3月の追肥を取りやめました。このようにたくましく育ってきました。育成途中の空いた場所を、土ごと発酵が可能なら追肥代わりになるようですね。もうそろそろ、とう立ちのつぼみが出る頃です。それらしいものが [続きを読む]
  • 種まきを2度失敗した人参は!今なんだか発芽してきたよ。
  • こんにちは、久留米からです。暑い一日でした。飼い猫も、外に出たがらないようです。なんだか、人参が発芽してきた。この場所は、土ごと発酵を一番最初に取り組んだところです。そこに、人参の種を2月初めにまきました。不織布をかけ、その上に透明ビニールをかけておきました。2月中旬、発芽はしない、寒いからだと考え、元通りにして様子を見ることにしました。2月下旬、ほんの数本発芽したものの、土がカラカラに [続きを読む]
  • 昨日は快晴で暑かった!スナックの棚を直しました。
  • こんにちは、久留米からです。とても暑かった、一日でした。スナックの棚直し何日か前の強風で、つぶれかかった棚を直しました。グチャグチャになっていて、綺麗に成形は不可能です。四隅の支柱に、添える形に支柱を添えて、引っ張り括りなおしました。が、もう、元のきれいな状態にはなりません。せいぜい、通路が通れるようになったから、上出来でしょう。もともと、密植状態でつるが上下に入り混じっていますから混雑 [続きを読む]
  • 夏野菜の植え付け!まずはトマトを植える場所作りです。
  • こんにちは、久留米からです。暖かいというか、暑いくらいの一日でした。トマトを植える場所この場所の決定が、毎年一番悩むところです。青枯れ病が出ないところ、と言っても目に見える訳ではないから、せいぜい、連作を何年あけているか古いメモを見るだけですがねえ。植えるのは、接ぎ木苗を6〜8本、品種はまだ迷っています。メーカーの効能書きを見ると、どれも良さそうだけど。青枯れ病がない、熟しても実が割れない [続きを読む]
  • 初物のスナックが美味しかった!今日はとれないのですかねえ。
  • こんにちは、久留米からです。筑後の中山の藤が、見ごろだそうです。今日は、ツバメが飛ぶのを見ました。今年は、何もかも一段と早いようです。スナックが好評 昨日、夕食で食べたスナックが好評で、もう少し食べたいと要望がありました。まあ、倒れている部分の負担が少しでも、少なくなるならと畑に出ました。探せばありそうです。今年は、出来るだけ早めに、早めに収穫してゆかないと、この後普通に植えたスナックもあ [続きを読む]
  • 先日の強風で倒れた、超密植スナックは初収穫です。
  • こんにちは、久留米からです。百年公園の久留米つつじも、高良山の公園のつつじも満開とのニュースがテレビでありました。街中も、つつじ、ハナミズキの満開がもうすぐです。超密植のスナックは、初収穫でした。南面の下の方は、だいぶ前から実がなっていました。もうそろそろ良いかなあと、見ると食べられる大きさのものが数個ありました。数は少ないのですが、初物をありがたくいただきました。ところが、残念なことに2 [続きを読む]
  • トマト遊びは進行中!超大玉のトマトは取りやめにしました。
  • こんにちは、久留米からです。昨日から、一晩水に漬けた種は、膨らんでいるようです。これなら、種まきは大丈夫。サンマルツァーノオレンジ超大玉の旨果トマトの輪切りは、半分に分けて種を取りました。ゼリー状に包まれたままで、およそ30粒ほどありました。直接植える残り半分にも、同じくらい種が入っているでしょう。どっと発芽したら、どうするか心配です。種まきの準備使用するプランター用土は、開封して時間 [続きを読む]
  • 果たして発芽するかどうか!昔の残り種と冷蔵庫のトマト。
  • こんにちは、久留米からです。昨日は、70ミリほどの大雨でした。今日は、一転して晴れです。暑くなりそうです。昔の古い種再度、種箱を整理してみると、ビニールの小袋に入ったサンマルツァーノとオレンジと書いた種を発見。これは、これは、たぶん3,4年前のものだ。このまま捨てるのは、もったいない芽が出なくてももともとだ。干からびているから、ひとまず水に漬けることにした。水を含んで、膨らんでくれるだろう [続きを読む]
  • ゆっくりのスタートです!遅ればせながらトマトの種まきです。
  • こんにちは、久留米からです。芽吹きのとき、何もかも、どっと新芽が湧いてよくよく見ると、こんなものまで、気が付かなかったよ。と、言うことになります。野菜の種をまいた人は、その新芽を愛でることが出来るから種まきの出来なかかった身としては、相当にうらやましいね。仕方がない、少し遅れているがせめて発芽の美しさだけでも味会おうと、台所に行ってトマトを探した。でかい、大玉が冷蔵庫に鎮座していました。この [続きを読む]
  • タイトルバックの花は何がいいか!プランターのモネフィラにしよう。
  • こんにちは、久留米からです。タイトルバックのモネフィラは、家人が買って来てプランターに植えたものである。植え付けた直後と比べると、花数が増えてきた。何気なくテレビを見ていると、何かのコマーシャルで福岡志賀島に行く途中の、海の中道公園にこのモネフィラが、一面に咲いていた。残念なことに、ローカル番組のコマーシャルだから全国的には見られない。芝桜の、一面に絨毯を敷いたような広がりは、全国各地で [続きを読む]
  • 強烈な生存競争があるか!居間の植物たち。
  • こんにちは、久留米からです。居間の南側の良く陽が当たる場所に、小さなテーブルを置き、その上に3個の植物をおいている。小ぶりの胡蝶蘭と、種から育てたアボカドとシャコバサボテンである。小ぶりの胡蝶蘭娘が友達からいただいてきた。3年目になり、春と正月に花が咲くようになった。最近は、葉っぱもひと回り大きくなり、今年の花芽は3本も出て、少し多すぎるようなので脇枝を切った。たくましくなり、野性味を帯 [続きを読む]
  • 暖かい一日だった、極早生玉葱と岡ワカメの話。
  • こんにちは、久留米からです。極早生玉葱畑の極早生玉葱は、茎が倒れだしました。晩生の玉葱では、それが収穫の合図なんですがこの玉葱も、そうなのかがわからない。極早生玉葱の葉っぱは、食べられない。こちらの地域では、どうも玉葱の葉っぱを食べる習慣はなかった。差し上げた極早生玉葱の葉っぱを、食べて見て美味しかったようである。今までに、新玉葱が美味しいことはわかっていたがその葉っぱと茎が、こんなに [続きを読む]