ふくみみ さん プロフィール

  •  
ふくみみさん: 身軽にイキル♪
ハンドル名ふくみみ さん
ブログタイトル身軽にイキル♪
ブログURLhttp://migaru2ikiru.jugem.jp/
サイト紹介文歳をとってきました。モノに溢れた暮らしはケガの元。足もと明るく暮らしのサイズダウンに挑戦します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/09/12 22:22

ふくみみ さんのブログ記事

  • 器の可能性をイメージして使いきる
  • 一人暮らしに見合う器の量にしたいと思い食器の見直しを始めました。 オットは四人兄妹の長男。義母がいた頃は盆暮れ法事と兄妹それぞれ子連れで集まるものだからお茶を飲む湯呑、グラスだけでも相当な数を用意していました。 子供たちも成人して所帯を持ちますます人数が多くなったこともありオットが亡くなる少し前から法事の会食も外でやるようになっていました。 それらの古い器は今のマンションへ越す時にあらかた処分しま [続きを読む]
  • きき脳で知る!自分に合う収納法
  • きき脳という言葉をご存知でしょうか? うっかり忘れていたのですがここ最近、ごそごそと整理整頓、断捨離していて思い出しました。 以前『クローゼットのお片付け教室』という講座に参加したときの話です。 タイトルの通り、クローゼットに特化した片付け法を学ぶ講座でしたが、こうやって片付けるのよ!っていう画一的な方法論ぢゃなくきき脳によって収納法が違うんですよ。利き手や利き足があるように、脳にも利き脳があると [続きを読む]
  • ノートという収納場所
  • 読書は趣味ですがわが家に本棚はありません。前の家には家族分の本が詰まった大きいものがあったのですが、今のマンションに引っ越す時に思い切って処分しました。 今年6月の大阪北部地震のときTVニュースで本棚が倒れて下敷きに…と聞いてゾッとしたのを覚えています。一人暮らしになった今、ホント処分しておいて良かったと思います。 なのでミニマリスト、ドミニク・ローホーさんを手本に本棚代わりの読書ノートを作り [続きを読む]
  • 迷いがあると何かしら散らかる
  • 心理学的に部屋の散らかりようと精神状態は少なからずリンクしてる…と何かの本で読んだことがあります。 部屋は心を写す鏡 物であふれているのは悲しい、寂しいといった満たされない感情からの物欲だったり… 捨てられない、片付けられないのは人間関係に悩みを抱える時だったり… 部屋を見ればいまの自分の心がわかるといった内容でした。 確かに何を着ていこうかしら?迷いだしたら部屋は散らかりますよね [続きを読む]
  • 使いきるために減らす
  • ものを使い切るというのは意外にむずかしい。小さな調味料でさえ、目新しさで買ったもんの使いこなせなかったり、定番なのに使い切る前に賞味期限が切れちゃったり… ハァ… 使い切れない原因は、種類が多いことなんぢゃないのか? 思いきって減らしてみよう。 基本調味料は塩、砂糖に味噌、醤油。酢、ポン酢、マヨネーズ。 元々みりんは使わないので香辛料を胡椒、一味、七味、柚子胡椒、山葵を残しケチャップ、ウ [続きを読む]
  • 元気なうちに!リビングウィル
  • 自らの意思を元気なうちに書き残しておくことをいうらしいのですが… 回復の見込みがなく、すぐにでも命の灯が消え去ろうとしているときでも、現代の医療は、あなたを生かし続けることが可能です。人工呼吸器をつけて体内に酸素を送り込み、胃に穴をあける胃ろうを装着して栄養を摂取させます。 ひとたびこれらの延命措置を始めたら、はずすことは容易ではありません。生命維持装置をはずせば死に至ることが明らかですから [続きを読む]
  • 大は小を兼ねない今日この頃
  • 大きいものは小さいものの代用として使える。小さいものより大きいもののほうが使い道が広く役に立つという意味の大は小を兼ねる 身に着けるもの以外で買い物に迷った時は必ず大きいほうを買っていたのに今の私にとっての大は、むしろ散らかる存在。 家具にしろ調理器具にしろ、Bagにしろもはや大きいことが負担になってきました。 大きめのトートバッグを肩にかけポイポイ物を放り込んで颯爽と歩いていたのは遠い昔。いつの頃か [続きを読む]
  • リメイクの楽しさ♪
  • ミニマル…物をたくさん持たない暮らしに憧れて余分なもの、必要なくなった物を注意深く見極めている今日この頃。 残すモノ好きなモノを見ると結局、デザインも素材もシンプルなんだと気づきます。 そして処分する物の中には、ココがこうだったら残したいのに…と思う物もあったりするんですよね〜 そう、モッタイナイ。。。 亡くなったオットの服はXLサイズ。大きすぎて身内にも引き取り手がない。しかしながら何も [続きを読む]
  • 実践!行動別アイテム収納
  • 私の考えるミニマルポイント、?行動別アイテム収納を実践しました。 先ずはコチラ ↓ かお と つめ  はっ?? なんのこっちゃ?って感じですよね。ごめんなさい 100均で購入した白いプラスチックの箱。つめの中身は爪切り、やすり、爪磨き…といった爪関連のグッズいろいろです。 で、かおの中身はカッサ、コロコロローラーケシミンクリーム…といった顔関連の小物です。 以前は、それぞれ洗面所の引き [続きを読む]
  • 自分の始末はジブンでつける
  • いままで何気に観ていた水戸黄門や大岡越前…TVの時代劇ドラマに出てくるお江戸の長屋って、究極のミニマルだよなぁ〜と思って調べてみました。 トイレと流し場(水場)が共同でお風呂は行水か銭湯…フスマみたいな玄関は不用心に感じますが、開けると土間になってて台所も兼ねている。間取りはだいたい和室一間だけどこのひと間がたいそう柔軟かつ機能的。家具や道具も工夫がいっぱいで素晴らしいのです。 https:// [続きを読む]
  • 実践!細分化しない収納
  • 私の考えるミニマル作戦?、細分化しない…を実践してみました。 昨年末に引っ越した我が家はクローゼットのない古い造りの2LDKのマンション。 なので収納スペースは、和室にある一間半の押し入れのみです。 ですがミニマル志願なので、逆にこのスペースに全て納まるようにミニマル化を進めていきたいと思います。 さて、チャレンジ中の細分化しない収納ですが、先ずザックリ分けて収納しました。 押し入れサイズ幅40&time [続きを読む]
  • ミニマルポイント作戦!
  • 目指すゴールはミニマル!とイメージがつかめた週末。いざ!実践… そこで考えたのが私なりの3つのミニマルポイント。 ?服は細分化して収納しない。?行動別のアイテム収納にしてみる。?非常識収納にしてみる。 物は減らしつつも要るものは要るのだから収納、整理整頓は不可欠。 処分しながらしまう(収納)のです。 但し今やおひとり様。若いころや家族と暮らしてた頃はシーズン物や家族ごとに細かく分けて管理するほうが [続きを読む]
  • 似て非なる ミニマムとミニマル
  • ミニマリスト見習いなどと称しておりましたが、どーやら私の解釈が間違っていたようです。 本にあったミニマリストは、…できるだけ持ち物を減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。自分にとって本当に必要な物だけを持つことで逆に豊かに生きられるという考え方。 いいなぁ〜♪ と思ったわけですが、この物を減らすって部分が、ミニマム minimum かなりストイックな最小単位、最小限度、最小量…ってことらしい [続きを読む]
  • 財布の中身
  • 以前読んで面白かった『お金を整える』という本。著者はマネーコンサルタントの市居愛さん。 ミニマリストを知る以前からこの本を参考に実践しているのが財布の中身。 お金を整える 財布、通帳、冷蔵庫。お金の「通り道」を整えれば貯ま [ 市居愛 ] 価格:1404円(税込、送料無料) (2018/7/6時点) お金には通り道があるという話。 財布や通帳はお金が出入りする通り道。冷蔵庫 [続きを読む]
  • チョコレート
  • ちょっとしたデブで血圧少々高めのアラカンLadyにとっておやつやつまみ食いはイケナイコトだけど… http://gahag.net/003323-valentines-day-chocolate/ かのエリザベス女王も日にいくつかのチョコレートを召し上がるらしい。 歳をとると、糖質カットに塩分控えめ。気になることは色々あるけど、うだるような真夏日。エアコンの効いた部屋で暖かい紅茶をお供に食べるチョコレート…なんと贅沢な時間なんでしょう。 [続きを読む]
  • おじ靴が、おば靴
  • 父親が靴の好きな人でした。おじいちゃんになってもいつもピカピカの革靴を履いていたのを覚えています。その遺伝子からか?私も、姉ふたりも靴好きみたいでバーゲンや買い物に行くと靴に目がいくタイプ。そして…つい買ってしまう。 http://gahag.net/tag/%E9%9D%A9%E9%9D%B4/ 父親は外から戻ると、いつも先ず古新聞を丸めて履いていた靴に入れる。そのまま柔らかい布で…パンストみたいなヤツ埃を払う。クリーム [続きを読む]
  • 小さなことからコツコツと
  • 暑いし、ミニマリストの見習いとしては、大きいことは後回し…ぢゃなくて、慎重に。ってことで、小さなことからコツコツ始めています。 まずは通帳。 https://publicdomainq.net/passbook-bank-0000421/ オットが亡くなってから、記帳済みの古い通帳がわんさか出てきた。今やナニ銀行になったかさえ分からん??統合前の銀行のモノもあった。 そんな経験から自分の通帳の整理…処分を始めたのはいいけどある銀行の通 [続きを読む]
  • 健康診断に行かない!という選択肢
  • 同じアラカン世代の友人の多くは子育てが終わり、逆に子離れしなくちゃならない…教育費や家のローンも終わりが見えた。さぁ〜これから♪…のハズが、ほとんどいま介護の最前線で頑張っている。 実の両親、義父母のいずれかだったり、運悪く両方の親が一度に…って、友達もいる。私と同じようにオットに先立たれた友人もいる。 私は父親が50歳の時に生まれた子供なので小学校にあがる頃に父はすでにおじいちゃ [続きを読む]
  • 身軽に生きる
  • オットの食道がんが見つかってからたくさんの本を読みました。字を読めるようになってから50数年…今までで一番本を読んだんじゃないかな? https://yasuyuki-ishizuka.com/reading-habit ブログのタイトルに頂戴した矢作直樹さんの『身軽に生きる』著者は東大の偉い先生、お医者さんだそうです。 オットが亡くなって色んな物の処分にあたり、思い出という情けが邪魔して立ち往生していた時、救いを求めた本屋でバッタリ [続きを読む]
  • 防災グッズ
  • 歳をとると大きなリュックを背負うのは無理があります。病み上がりの夫に重い荷物はキケンです。 そんな事情から機内持ち込みサイズのキャリーバッグに二人分の防災グッズを詰めてみました。 けっこう重い… でもまぁ、キャスターあるし大丈夫でしょ♪ 。。。って、 実際大揺れしたら持ち出せないし、エレベーター止まったら下せない!そもそも瓦礫の道路でキャスター動くんかい?! https://matome.naver.jp/odai/21430873 [続きを読む]
  • ありがとう♪じじぃとばばぁのブログ
  • はじめまして。ふくみみと申します。 今年3月、食道がんでオットを亡くしたアラカン未亡人です。 ステージ?で見つかった食道がん。手術、放射線、抗がん剤…三点セットの治療法。 いいか悪いかナンテ考えることなどできませんでした。治療を選ぶナンテできませんでした。 オットは生きる気マンマン!透析、腸瘻、人工呼吸器でも退院するんだとベッドの上でもリハビリ頑張ったオットの姿が…忘れられなくて、悔しくて [続きを読む]