ShoreLineEastAsia さん プロフィール

  •  
ShoreLineEastAsiaさん: ShoreLineEastAsiaのブログ
ハンドル名ShoreLineEastAsia さん
ブログタイトルShoreLineEastAsiaのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/shorelineeastasia/
サイト紹介文ロシアの正規IFAが、資産運用に関する様々なことを書かせて頂いています。
自由文『海外投資』『オフショア投資』『海外積立投資』『海外一括投資』『海外銀行口座開設』『海外不動産投資』『海外法人設立』の無料相談・資料請求ならロシアの正規IFAまで〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供251回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2016/09/14 14:02

ShoreLineEastAsia さんのブログ記事

  • Vol.394:仮想通貨はいかに多くのサービスが開発されるかが重要
  • 過去にも仮想通貨に対する弊社の考えを書かせて頂きましたが ※その記事はこちら 今でもこの考えは変わっていません。 多くの会社が仮想通貨業界に参入に毎日のように新しい仮想通貨も登場していますが多くの方が『価格の上下に一喜一憂』し価格が上がった仮想通貨は『良い仮想通貨』価格が下がった仮想通貨、上がらない仮想通貨は『悪い仮想通貨』となっていますが、基本的には目先の上下など正直どうでも良いと言うのが私達の考 [続きを読む]
  • Vol.392:HSBCの口座を郵送で解約する
  • 今年に入り、数人のクライアントから『HSBCの口座を解約したい。手伝ってほしい』と連絡を受けていたのですが数年前までは、郵送でOKだったのがいつまにか『現地の窓口で解約しないといけない』となっており『郵送では解約はできない』と伝えさせて頂いていました。 それが、弊社の聞き方が間違っていたのか?方針が変わったのか?は分かりませんが・・・・ 『郵送で解約ができる』 と言うことでしたので、口座を解約したい人はサ [続きを読む]
  • Vol.391:ジョージア共和国の銀行へPayPalを使った送金の実験
  • タイトルの通りなのですが弊社が紹介しているジョージア共和国の銀行へPayPalを使った送金をし、送金確認、着金確認が取れ『使えるな!』と言うことが分かりました。 ジョージア共和国の口座開設は※こちら まず、PayPalはその国々でアカウントが異なるので ※PayPalより ジョージア共和国の銀行口座でPayPalを利用したい場合はジョージア共和国でのアカウントを開設する必要があります。 例えば、日本から送金した場合は、下記 [続きを読む]
  • Vol.390:日本円のアカウントも可能になります
  • 弊社でサポートしているジョージア共和国の銀行口座開設ですが ジョージア共和国の銀行口座開設は※こちら 通常、口座内で預金できる通貨は ・ドル ・ユーロ ・ポンド ・ラリ の4種類なのですがここに『日本円』を加えてもらえることを銀行側にOKしてもらいました。 世界の金利が上昇傾向の中で、低金利の日本円なので日本円にはそれほど魅力は感じませんが・・・・ただ、通貨の分散と言う意味で、口座内に日本円があっても良 [続きを読む]
  • Vol.388:子供のために何を残してあげられるか?その道しるべ
  • たまに『お金がなくても幸せ』と言う意見を耳にしますが私は資本主義の世界にいるのであればその道理は通らないと考えています。 別に100億円はなくてもいいと思います。だけど、最低限のお金は生きていくためには必要です。 自給自足をすればいい!と言う意見もありますが自給自足するにしたって、土地はどのようにして取得するのか?土地を取得すれば固定資産税を毎年支払わないといけない。それはどうやって支払うのか? と言う [続きを読む]
  • Vol.387:20種類の定期預金
  • 弊社でサポートしているジョージア共和国の銀行口座開設ですが ジョージア共和国の銀行口座開設は※こちら 通常の口座の上には、VIPのための特別な口座が存在します。その口座では ・アメリカンエクスプレスのセチュリオンカード(通称ブラックカード)・VISAのインフィニティカード(通称ブラックカード) の2のクレジットカードが発行可能なのですがプラス、もっとすごいのが口座内で『20種類以上の通貨の定期預金』を組むことが [続きを読む]
  • Vol.386:ジョージア共和国の再生可能エネルギー投資
  • ジョージア共和国には多くの水資源がある国です。国内には2万以上の河川があり、そこに水力発電を開発して国内のエネルギーを賄っています。 そんな水力発電に投資をするのが、下記の投資案件なのですが・・・ 投資をすると決めたわけではありませんがパンフレットを読んで思っていたことが1つあります。 例えば、日本でも再生可能エネルギー投資はあり太陽光発電投資なんかが有名だと思いますが日本だと、最初からターゲットが日 [続きを読む]
  • Vol.385:銀行の不正流失も後を絶たない
  • ここ数ヶ月、仮想通貨の不正流失ばかり注目され『だから仮想通貨はダメなんだ!』『やっぱり銀行が一番安全!』みたいな論調が目立ちますが・・・ 実は、仮想通貨同様銀行の不正流失も後を絶たないのです。 例えば、日本で言えば一般社団法人全国銀行協会によると、毎年下記の件数で被害があるようです。 ※一般社団法人全国銀行協会より また、世界でも2016年にバングラデシュ銀行の口座から8100万ドルを盗み取られる事件があり [続きを読む]
  • Vol.384:本命の銀行とジョージア共和国の銀行
  • 現在、弊社が紹介しているジョージア共和国の銀行口座ですが ※その情報は下記。口座開設の際、税金番号・住所証明が必要ないおすすめ海外銀行口座は※こちら 実は、これ以外にも紹介できる銀行がジョージア共和国にはあったのです。 実際にその銀行は『作れる状態』にはあったのですが先日、規約の変更でその銀行は開設ができなくなりました。 もともとメインで紹介している銀行でもなかったので構わないと言えば構わないのですが [続きを読む]
  • Vol.383:仮想通貨と人口知能(AI)
  • ビットコインに関して面白いインタビュー記事がありました。(英語なので、なるべく早く全文を翻訳してFacebookにUPさせて頂きます。) ※CNBCより このインタビューの中でとても『なるほど』と思うのが下記の部分です。 『仮想通貨は人間と人間との取引ではあまり重要ではない。10年、20年以内に機械と機械が取引を行うようになりそこにビットコインやイーサリアムのような仮想通貨が採用されるようになる』 と、言っているわ [続きを読む]
  • Vol.381:ジョージア共和国の銀行とKraken
  • 以前からお伝えしているように、弊社でジョージア共和国の銀行口座の開設ができるようになったのですがジョージア共和国の銀行を使い仮想通貨の取引所で入出金できる所を、ずっと探してきています。 確認をして、テストをしての繰り返しですが1つ確認が終わりましたので、ご紹介させて頂きます。 それが、アメリカの取引所『Kraken』です。 ※HPはこちら この取引所の最大の利点は『日本語ページがある』と言う所がだと思います [続きを読む]
  • Vol.380:ジョージア共和国の不動産事情
  • 弊社でジョージア共和国の銀行口座を開設できるようにしその後、証券口座も開設できるようにしました。 ※ジョージア共和国の口座開設について ※ジョージア共和国の証券口座について そして、もう1つ弊社の中で行いたいことがあります。それがジョージア共和国での不動産投資です!! まだ、ご紹介できる段階ではないので正確な情報がお伝えできないですが、なぜ弊社がジョージアの不動産にこだわっているのか?と言うと『単純に [続きを読む]
  • Vol.379:過去のビットコインの暴落
  • 少し前に『仮想通貨の上下に一喜一憂する必要はない』と書かせて頂きましたが、心配しているクライアントの方も多いと思いますので再度、書かせて頂きます。 現在、大きく下落しているビットコインですが過去に何度暴落したことがあるかご存知でしょうか? ・2011年6月 MT.GOX社のハッキング被害でビットコインの価格は12USDから2ドルと約80%の暴落 ・2013年12月 中国の銀行のビットコイン取り扱い禁止でビットコインの価格は1150 [続きを読む]
  • Vol.378:ジョージア共和国の銀行とbitlish
  • まず先にお伝えしておかないといけないこととして『現在、多くの方からジョージア共和国の銀行口座開設お申し込みを頂いていますが、作業が大幅に遅れています。口座開設をするにあたってお申し込み頂いた時、頂いた書類は英語になっていますが、その後私たちはその書類にクルジア語の翻訳書類を作成・添付し、現地で承認作業を受ける必要があります。この作業が遅れていることが原因ですが現在、順次作業を進めておりますので、口 [続きを読む]
  • Vol.377:多言語対応のジョージア証券口座
  • ジョージア共和国ってどうなの?と思う方も多いですがそれは知らない方の意見で、IT先進国のエストニアとかなり近いかなぁ!?と言うのが弊社の率直な感想です。 そんなジョージア共和国の銀行口座の開設を弊社でサポートしていますが 口座開設の際、税金番号・住所証明が必要ないおすすめ海外銀行口座は※こちら 銀行口座に続き、証券口座も先月からサポートを開始しました。 ※証券口座の記事はこちら 銀行口座がオープンしてい [続きを読む]
  • Vol.376:LIBORの金利はついに2%超え
  • 昨年の12月の記事で『来年にはLIBORの金利は2%超えてくると思う』と書かせて頂きましたが(※その記事はこちら)アメリカの景気が良いこともあり、ついに金利は2%を超えてきました。 ※global-rates.comより 直近では『2.29051%』となっています。 そのため弊社が紹介する積立投資商品の中でLIBOR金利に連動する元本確保型の商品の金利もやっと最低の3.5%を超えてきました。(この商品はLIBOR金利+1.5%のため) ※その記事はこち [続きを読む]
  • Vol.375:PayPalで入出金ができる仮想通貨取引所
  • 偶然の産物ではあるのですがジョージアの銀行口座とつなげられる仮想通貨の取引所を探していた所『PayPalで入出金ができる仮想通貨の取引所』を見つけました。 それが『south X change』です。※HPはこちら 取引所に確認をしたところ『ジョージアの銀行からの入出金はできませんが、PayPalからならできますよ』と言われ、確認をしてみると ウォレットへのUSDの入金は可能! ウォレットにあるUSDをPayPalに出金は可能! と『 [続きを読む]
  • Vol.374:仮想通貨の上下に一喜一憂する必要はない
  • 今、仮想通貨の市場は大きな不安要素により大きく下落していますが、この状況でも慌てる必要はないですし弊社のスタンスは何1つ変わっていません。 今、下落しようが上昇しようが世界中のIT会社は仮想通貨を使ったサービスの開発を止めることはありません。開発が止まることなく、便利で世の中に必要とされるサービスがどんどん登場するのであれば『仮想通貨は保有しておくべき』と言うのが弊社の考えです。 また今の仮想通貨の動 [続きを読む]
  • Vol.373:ジョージア共和国の銀行とALFA CASHIER
  • 昨日、ジョージア共和国の銀行と接続できる仮想通貨の取引所を書かせて頂きましたが(確認が取れた取引所から随時情報はアップしていきます)1つ、とても使いやすい所を見つけました。 なので、基本はこれメインでいいかなぁ?と思っていますので(もっと使いやすい取引所があるかもしれないので、継続して探していきますが)ご紹介させて頂きます。 ※重要!!ALFA CASHIERはEU加盟国以外には送金ができなくなりました。ジョージ [続きを読む]
  • Vol.372:ジョージア共和国の銀行をつなぐ取引所
  • 昨年の11月からジョージア共和国の銀行口座開設のサポートを開始し、早い人は、もう手元に口座情報が届いていると思います。 口座開設の際、税金番号・住所証明が必要ないおすすめ海外銀行口座は※こちら それと同時に、準備しておきたかったのがジョージア共和国の銀行口座と接続できる仮想通貨の取引所です。 弊社の中で、どんな流れを作りたかったのか?と言いますと クライアントが住んでいる国の銀行 → クライアントが住ん [続きを読む]
  • Vol.371:ICOのアドバイス
  • 今年からクライアントへのアドバイスとして『仮想通貨のICO』も行なっていこうと思っています。 ただ、現状として今あるICOの9割以上は詐欺だと思っています。 しかし、詐欺と言っても『オレオレ詐欺』のような最初から騙す気の詐欺ではなく『それができたらすごいけど、現実的には無理では???』と言うのが今のICOだと思っています。 例えば『世界中の飛行機の運行情報を全てブロックチェーンで管理しチケットの代金は仮想通貨 [続きを読む]