ShoreLineEastAsia さん プロフィール

  •  
ShoreLineEastAsiaさん: ShoreLineEastAsiaのブログ
ハンドル名ShoreLineEastAsia さん
ブログタイトルShoreLineEastAsiaのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/shorelineeastasia/
サイト紹介文ロシアの正規IFAが、資産運用に関する様々なことを書かせて頂いています。
自由文『海外投資』『オフショア投資』『海外積立投資』『海外一括投資』『海外銀行口座開設』『海外不動産投資』『海外法人設立』の無料相談・資料請求ならロシアの正規IFAまで〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供270回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2016/09/14 14:02

ShoreLineEastAsia さんのブログ記事

  • 重要:会員サイトへの移行
  • 今までアメブロを使い情報発信をさせて頂いてきましたが 2018年8月27日(月)12:00 より会員サイトへ移行させて頂きます。 また、ブログへのアクセスは クライアント様は『無料』非クライアント様は『有料(4.5USD/月)』 となります。 クライアント様のログイン方法は8月26日までには、メールにてお伝えさせて頂きます。 ※会員サイトはこちら SHORELINE GROUPのHPはこちら ※Facebookページはこちら SHORELINE EAST ASIAは [続きを読む]
  • Vol.508:海外不動産のローン
  • 弊社で紹介している、ジョージア共和国の不動産投資ですが(不動産投資についてはこちら) 『ローンを組んで投資をしたい』と言う方にその方法をお伝えさせて頂きます。 まず、弊社で紹介しているジョージアの銀行はお金を貸してくれます。 口座保有者限定となりますが外国人でもローンはOKで、金利は6%/年間です。 金利が6%を高いと見るか?低いと見るか?は人それぞれなのですが、定期預金金利で10%も付くような国ですので(US [続きを読む]
  • Vol.507:決済通貨の変更方法
  • 弊社でご紹介している、ジョージア共和国の銀行口座ですが銀行からはデビットカードが発行されます。 そのデビットカードは口座のユニバーサルアカウントと連動しており ・ドル ・ユーロ ・ポンド ・ラリ のいずれかと連動できるようになっています。 例えば、デビットカードの決済通貨を『ドル』と指定した場合ユニバーサルアカウント内には必ずドルは必要になってくるのともし、アカウント内にポンドがあったとしてポンド決済 [続きを読む]
  • Vol.506:急激に上昇するサイバーセキュリティ
  • 1年ほど前に『サイバーセキュリティファンド』について書かせて頂いたのですが ※その記事はこちら 昨年は270ほどだった価格は現在は370ほどまで上昇し、1年で40%近く上昇しています。 かなり価格は上昇したものの弊社は、まだ価格は上昇するのでは?と思っています。 その理由ですが、下記はこのファンドが投資する企業の一部ですが どの企業も売り上げは好調で、将来の収益予測も好調な物となっておりそれが、さらに株価を [続きを読む]
  • Vol.505:変わりゆく香港の銀行
  • 以前から、このブログで書かせて頂いているように香港をどう見るのか?と言うことを考えた場合『香港=中国』と考えるのは、けして間違っていないと思っています。 イギリスが統治をしたいた時の香港はオフショアとしての役割を全うすべく、そこには確かに自由があり世界中からお金を集めようと言う意思がありました。 中国に返還された後もおそらく中国政府も当初はイギリスが統治していた時と同じような制度を考えていたと思いま [続きを読む]
  • Vol.504:世界の法人税一覧
  • 世界の法人税が何%なのか?を比較するサイトがあります。 ※TRADING ECONOMICSより これをチェックしていると、よく分かるのですが世界的には法人税は下落傾向にあります。 オフショアのような0%の法人税はダメだと、それは課税逃れだと世界的に議論がされる一方でAppleのようなグローバル企業は、様々な合法的なスキームで課税を逃れている。 ※Yahooニュースより 弊社はここに1つの矛盾と世界の課税戦争があると思っていま [続きを読む]
  • 重要:ビンゴミュージックの上場時期について
  • 弊社はICOをメインに紹介する業者ではないのですが少しご縁があり、過去に『ビンゴミュージック 』のICOをご紹介させて頂きました。 ※ビンゴミュージック の記事はこちら トークンは、PLANBIT取引所内のウォレットへ配布されると先日の記事でお伝えさせて頂きましたが(その記事はこちら) すでに配布は終わっています。 『もし弊社のクライアントで配布されていない!』と言う方がいましたら大至急、弊社へご連絡を下さい。 とて [続きを読む]
  • 告知:ジョージア共和国の銀行口座と不動産投資の勉強会
  • 下記の日時でジョージア共和国の銀行口座と不動産投資の勉強会をさせて頂こうと思います。 ※ジョージア共和国の銀行口座をお持ちでない方はこちらをご覧下さい。 2018年8月24日(金)13時から15時・定員:10名・場所:愛知県(名古屋市) お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。 勉強会へ参加希望の方は下記からお気軽にお問い合わせ下さい。 Lineからでも大丈夫です。 ※勉強会への参加には・氏名 ・住所 ・電話番号が必 [続きを読む]
  • Vol.503:ジョージア共和国の大統領選挙
  • ブログを書く時間がなかったため、記事の更新を休ませて頂いておりましたが、本日より記事の更新を再開したいと思います。 タイトルの通りですが『ジョージア共和国では2018年10月28日に大統領選挙が行われます。』 ※CECより ジョージア共和国の大統領選挙などアジアで報道されることはないと思いますが、だからこそこのブログで知って頂ければと思っています。 例えば、日本であれば総理大臣がAからBになったとしても急激に国の [続きを読む]
  • Vol.502:グアテマラの国債利回り
  • 先日、グアテマラのパスポート取得について書かせて頂きましたが(※その記事はこちら) グアテマラのパスポートを取得する条件の1つに『グアテマラ国債を5万ドル購入・保有』と言うのがあります。 グアテマラ国債を購入するわけなので当然、クーポン(利息)が付いているわけですがグアテマラ国債の利回りがどれくらいなのか?と言いますと USD建ての物で『5.75%』と言う数字です。 グアテマラの国債格付けは、けして高くないで [続きを読む]
  • Vol.501:銀行口座へのマイナンバー紐づけと3年間の猶予期間
  • すでにご存知の方も多いと思いますが日本では2018年1月以降、金融機関には預貯金口座をマイナンバーと紐づけて管理する義務が課せられています。 預金者にはマイナンバーを提示する法律上の義務はないとされていますがそんなことは表面的なことで、日本政府は口座にマイナンバーを紐づけする気満々です。 新規で銀行口座を作ろうとしたり海外送金をしようとすると、銀行の窓口ではマイナンバーの提示を要求され提示がなければ手続 [続きを読む]
  • Vol.500:グアテマラのパスポート取得サポート
  • 少し前に、グアテマラのパスポートについて書かせて頂きましたが(その記事はこちら)過去の記事の通りで、この国ではお金でパスポートを買えることができます。 弊社では、パスポート取得をサポートするために準備を進めてきましたが、本日より『グアテマラのパスポート取得』をサポートさせて頂きます。 このパスポートの取得は、グアテマラでは『グアテマラ・インベストメント・ビザ・プログラム』と呼ばれています。 申請者は [続きを読む]
  • Vol.499:子供のために!!チャイルドデポジット!!
  • 今日も弊社でサポートをしているジョージア共和国の銀行口座についてですが (ジョージア共和国の銀行口座は※こちら) このブログを読まれている方、すでに口座を開設された方はご存知だと思いますが、ジョージア共和国の定期預金口座の利率は様々な外貨も含めて高いです。 それを応用した商品があるのですがそれが『チャイルドデポジット』と言う商品です。 簡単に言えば『子供のための預金商品』です。 『チャイルドデポジット [続きを読む]
  • 重要:ビンゴミュージックのトークンの受取について(2)
  • 先日も書かせて頂きましたが・・・・ 弊社はICOをメインに紹介する業者ではないのですが少しご縁があり、過去に『ビンゴミュージック 』のICOをご紹介させて頂きました。 ※ビンゴミュージック の記事はこちら トークンは、PLANBIT取引所内のウォレットへ配布されると先日の記事でお伝えさせて頂きましたが(その記事はこちら) 追加情報で7月23日〜10月23日の間でビンゴミュージックのトークンをPLANBIT取引所内で保有して [続きを読む]
  • Vol.498:定期預金の金利をスタート時に受け取る
  • 今日も弊社でサポートをしているジョージア共和国の銀行口座についてですが (ジョージア共和国の銀行口座は※こちら) すでに口座開設が終わった人も、もし分かっていなければよく読んで頂きたいのですが 定期預金の設定をする際、金利の受け取り方法がいくつか選べます。その受け取り方法により受け取れる金利が異なってきます。 『ジョージアの通貨ラリの2年満期』の場合金利の受け取りが・・・・ ・毎月受け取るのであれば・ [続きを読む]
  • Vol.497:英ポンドの定期預金金利は1.9%/年間
  • 弊社でサポートをしているジョージア共和国の銀行口座ですが (ジョージア共和国の銀行口座は※こちら) 先日の記事で、USDの定期預金金利が『2年満期で3.7%/年間』と言う記事を書かせて頂きました。 実は高いのUSDだけではないのです。 英ポンドの金利もUSD同様上昇しており英ポンドの定期預金金利は『2年満期で1.9%/年間』です。 世界的には金利は上昇傾向でありこれをうまく使っていくのがとても理にかなった戦略だと思ってい [続きを読む]
  • 重要:ビンゴミュージックのトークンの受取について
  • 弊社はICOをメインに紹介する業者ではないのですが少しご縁があり、過去に『ビンゴミュージック 』のICOをご紹介させて頂きました。 ※ビンゴミュージック の記事はこちら 正確に言えば、ICOではなくプライベートセールなのですが・・・ 間も無く『トークンの配布』そして、上場と言う流れになってきますので必ず1週間以内にウォレットを準備し、ウォレット情報(ウォレットアドレス)を弊社へ送ってください。 トークンは、PLANB [続きを読む]
  • Vol.496:USDの定期預金金利は3.7%/年間
  • 弊社でサポートをしているジョージア共和国の銀行口座ですが (ジョージア共和国の銀行口座は※こちら) ジョージアの通貨ラリ(GEL)だけではなくUSDやポンド、ユーロ、日本円、香港ドル、シンガポールドルインドルピーなどなど、様々な通貨の定期預金を組むことが可能です。 その中でもここ数ヶ月、USDの金利が上昇しており定期預金金利も上昇しています。 ちょっと前まで(2018年の4月)USDの定期預金金利は2年満期で3.44%/年 [続きを読む]
  • Vol.495:日本の年金は新手のマネロンでは!?
  • 年金をマネロン(マネーロンダリングの略)と言ってしまうと表現が過激になってしますので、最初に書かせて頂くと『年金はマネロンではないです』 ただ、やっていることは『マネロンと同じなのでは?』と思えてしまうのでそのような表現を使わさせて頂きました。 順番に説明させて頂くと本来、年金の理想的な形は『保険料を徴収して、その保険料が適切に運用され毎年の利ざやで、年金を支払う』と言うのが理想的な形だと思っていま [続きを読む]
  • Vol.494:香港の中国化
  • 『香港が急速に中国化』と言うちょっと面白い記事があったのですが・・・ ※JBPRESSより 弊社がこのブログで再三書かせて頂いたように『香港が中国化』と言うよりは『香港=中国』なのです。 そもそも、なんで中国化できるのか?と考えた場合中国が香港を支配しているからできるわけです。 弊社はこのことに『かなり危機感を感じています。』 香港をいると『未だに毎週のように香港を訪れるアジア人がいてかつてのイギリス統治時 [続きを読む]
  • Vol.493:行き詰った積み立て投資商品の打開策
  • 弊社でも多くのオフショアの保険会社の積み立て投資商品を取り扱っていますが手数料などに違いはあっても、基本的な構造はどこも同じです。 それは、過去にもブログで書かせて頂きました。 ※それがこちら オフショア生保の積み立て投資商品の構造上病気や事故などやむ得ない事情があった場合の積み立ての停止は仕方ないとしても基本的に『停止を前提に商品設計はされていません』。 積み立てを継続すればするほど、手数料率は下が [続きを読む]
  • Vol.492:クリスマス島
  • なんか、ハッピーになりそうな名前の島ですが『クリスマス島』と言う島があるのはご存知でしょうか? ※ウィキペディアより オーストラリアが統治をしている島ですが位置付けとしては『オーストラリア外部準州』と言う位置付けです。 実は私達もこの島のことを知ったのは、つい先日のことなのです。(世界の全てを知っているわけではないので) この島にある金融機関と話をしたのですがこのクリスマス島と言う島は、別にオフショ [続きを読む]
  • Vol.491:香港証券取引所のIPO
  • 来週月曜日、2018年7月9日(予定)香港証券取引所で中国スマートフォンの最大手『Xiaomi』が上場する予定です。 ※CNBCより Xiomiはここに来るまで、色々とありましたが中国、インドでスマートフォン市場のシェアを伸ばしていることは間違いないです。 だからと言って、今回のIPOに参加を推奨しているわけではありませんが何が言いたいのか?と言うとこの『XiomiのIPOの案内がジョージア の証券会社から来た』と言うことです。 [続きを読む]
  • Vol.490:香港金融管理局の動き
  • 『香港金融管理局』と言う政府機関をご存知でしょうか?そのままの意味なのですが、香港の金融を管理する政府機関です。 ※HPはこちら 年々、中国化を(そもそも香港は中国なのですが)推し進め金融の規制をバンバン発動していると言う印象でしかないですが(イギリスが統治をしていた時は、オフショアの名にふさわしく自由があったのですが・・・)たまに彼らのHPをチェックしています。 何のためにチェックしているのか?と言 [続きを読む]