まるもち さん プロフィール

  •  
まるもちさん: モコモコくんとサラサラさん
ハンドル名まるもち さん
ブログタイトルモコモコくんとサラサラさん
ブログURLhttps://marumoti.info/
サイト紹介文のんきな夫婦の平和な毎日の四コマブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2016/09/14 23:51

まるもち さんのブログ記事

  • うまくいかない注文
  • 妻と近所のおいしい居酒屋に行った時のこと。何を注文するか二人で吟味し、その日は魚が食べたい気分だったので魚中心で注文をすることになりました。意見もまとまり、早速注文をしました。「ではまずアジフライで」「すいません。ついさっき終わりまして・・」「では、ししゃもで・・」「すいません。本日仕入できなくて・・」と、ことごとく希望が通りません。最終的にほっけの開きなど、あるもので注文を確定させました。何番目 [続きを読む]
  • 小市民の回転寿司
  • 回転寿司を食べに行きました。様々なネタの寿司が絶え間なく流れ、どれも美味しそうです。寿司をレーンから取り、時には直接注文し、寿司をおいしくいただいていました。寿司の値段は皿の色で区別されていたのですが、妻が「あっ、これおいしそう〜」と取ろうとした寿司は、金色に輝く皿で、乗っている寿司は、どうも他とは異なる高級感漂うネタでした。ささっとメニューを確認すると、それは間違いなく大トロでした。金色の皿の値 [続きを読む]
  • 新幹線に乗る前にフラッシュバック
  • 出張で新幹線に乗るときに、早く駅に着いたので、ホームのベンチで一服していました。一息ついていると、フラッシュバックが襲ってきて、過去の嫌な記憶や嫌な奴の記憶が蘇ってきました。ふつふつと恨みつらみが頭に充満し、怒りをみなぎらせていると、時間が経つのを忘れていました。はっと気が付くと、新幹線はとっくにホームについており、今まさに発車しようとしているところでした。慌てて荷物を抱えて新幹線に飛び乗り、事な [続きを読む]
  • 別々の朝2
  • 出勤時間は不規則な妻。出勤時間が遅い時は妻はまだ寝ていますが、こちらはいつも通りの時間に起きててきぱきと支度を進めます。支度が早く終わって、時間にまだ余裕ができたときは、まだ少し寝れるかもと思い一旦ベッドに舞い戻ります。そして無理やりベッドに入り、妻は「なんだ?」と迷惑そうにするのでした。ランキングに参加していますお手数ですが、もしよければポチッとして頂けると更新の励みになります。二人暮らし にほ [続きを読む]
  • 髪の切り時
  • 床屋に行くのが面倒臭く、しょっちゅうは行かないのです。今週はまだ大丈夫か、もう少し大丈夫かなどと思っているうちに、結構伸びてきます。そしていつの間にやら襟足がくりくりとなり、見かねた妻にも「襟足がくりくりになってるよ。みっともないから早く切ってきた方がいいよ」と注意されます。そして、ここらが切り時かと重い腰を上げ、しぶしぶと床屋へ行くのでした。ランキングに参加していますお手数ですが、もしよければポ [続きを読む]
  • 足湯の効果
  • 暑くなって来ました。外出すると少し汗をかくほどですが、あえて近所の無料の足湯へ行ってきました。あちこち体にガタも来ていることだし、何か少しでも体に良いことがあればという思いからです。熱めのお湯に足をつけ、二人でしばらくぼーっとしていました。そして時間が経ってくると、足だけではなく全身がポカポカと温かくなってきました。帰ってから調べてみたところ、足には他の内蔵と関連の深いツボが集中していて、足を温め [続きを読む]
  • しつこく馬鹿笑い
  • 妻は、ツボにはまった時はかなり馬鹿笑いをします。何がツボに入るのか、パターンはよく分からないのですが、結構しょうもない事、バカバカしい事がツボに入りやすいようです。先日、録画しておいたテレビ番組を見ていたのですが、「水曜日のダウンタウン」という番組の「検尿カップ持っている時 人は無力説」という説立証の時、妻は相当ツボに入ったみたいで、その間ずっと笑い転げていました。確かに面白かったので私も笑ってい [続きを読む]
  • つま先で分かる
  • 妻と駅で待ち合わせをしていました。先に着いたので、改札を出て階段を下りる人々を、ぼーっと見ていました。特に何も集中せずに見ていたのですが、あるつま先だけがぴこっと見えた時に、それが間違いなく妻であると確信しました。遠目には普通のハイヒールで、他の人と特に違いがあったわけではなかったのですが、良く分からない雰囲気のようなものがあったのです。そして全身が見えてくると、果たせるかな、妻の姿でした。不思議 [続きを読む]
  • SFホラー映画「LIFE」
  • 映画はよく見に行きます。休日を迎え、また何か見に行きたくなり、今は何を上映しているかチェックしました。その中で、SFホラー映画「LIFE」というのが引っ掛かり、大ざっぱにあらすじを見てみるとSFでありながら密室系のホラーということで、中々面白そうだと見に行くことにしました。難解な話が苦手な妻も、これなら爆睡せずに見れそうです。そしていざ映画が始まると、思っていたよりパニック色が強く、迫力、緊迫感満載のホラ [続きを読む]
  • ドライヤーが壊れ、濡れ衣を着せられる
  • ある夜、風呂上りに髪を乾かそうとしてドライヤーのスイッチを入れたのですが、うんともすんともいいません。おや?と思い何度かパチパチとスイッチをON OFFしてみたのですが、一向に風が出る気配がありません。どうやら完全に壊れてしまったようです。その時点で妻はまだ風呂に入っていなかったですが、入らないわけにもいかないのでいつも通り風呂に入り、髪を洗いました。夫は髪が短く自然乾燥でなんとかなりますが、妻の髪は長 [続きを読む]
  • 気合を入れた土用の丑の日
  • 土用の丑の日も近いということで、うなぎを食べに行くことにしました。考えてみると一年のうちにそう何度も食べるものではないので、ここは気合を入れていいうなぎを食べようと、張り切って出掛けました。妻が目を付けていたといううなぎ屋へ入り、値段は並の倍もありますが「上うな丼 2つで」とビシッと注文しました。さて、うな丼が運ばれてきたのですが、蓋を開けてみると、やけにうなぎが小さいのです。吸い物も、上うな丼に [続きを読む]
  • 暑いあつい日 精も根も尽き果てる
  • 夏本番で毎日暑いですね。しかし、夏が暑いのは当たり前ですが、以前に比べて暑さが異常な気がします。子供の頃は家でクーラーやエアコンをつけた記憶があまりないですし、そもそも子供部屋にはクーラーなんて有りませんでした。夜にもなるとひんやりとして寝るにも支障が無かったですが、今は夜でもクーラー必須という感じです。妻は営業職なので、取引先へ出向く為、夏でも上着着用です。外を歩いているだけで、滝のような汗がし [続きを読む]
  • 明け方の世界陸上
  • 世界陸上、盛り上がってましたね。妻は、自分が運動音痴で運動が出来る人にあこがれがあるからなのか、意外と陸上を見るのが大好きなのです。私もスポーツ観戦は好きなので、二人で楽しんで見ていました。しかし今回の世界陸上はロンドン開催で、日本では午前中、ほぼ眠っている時間帯に主要な競技が開催されていました。可能な限り見ようと思うのですが、どうしても次の日が仕事だと途中で切り上げて録画を見ることになります。し [続きを読む]
  • 夏のバリスタは固まる
  • 家でコーヒーを飲むときは、バリスタを使っています。手軽においしいコーヒーが飲めるので重宝しているのですが、しばらく使わなかったり湿気が多かったりすると、コーヒーの粉がバキバキに固まってしまい、コーヒーを淹れても薄すぎてお湯のような出来になってしまいます。特に夏は湿気で固まってしまうことが多くあります。こうなってしまうといくら淹れても駄目なので、いったん容器を外し、長めの箸でガンガン突いて固まったコ [続きを読む]
  • 顔を上げて胸を張って
  • 最近、肩や腰の痛みが尋常ではありません。慢性的な感じで、マッサージや整骨院で伸ばしてもらって少し和らいだと思ってもまたすぐに強烈な痛みが襲ってくるのです。根本的な治療が必要と感じ、色々調べて肩や腰の痛み専門の病院に通うことにしました。超音波で調べ、注射を打ったりと治療をしてもらい、原因は何なのかと問診をする中で、運動不足やストレスなどの要因に加え、普段猫背になることが多くはないですかと聞かれました [続きを読む]
  • 夫婦に見られない3
  • 海外旅行へ行った時のこと。カフェに入り、あれこれ悩んで注文をしました。注文を伝えた後、ウェイトレスが「Your wife?」と妻を指してこちらに聞いてきました。またいつものパターンで、夫婦に見られていないのかと思い、「Yes」と答えると、「OH!You are lucky!!」と言い、HAHAHAと高らかに笑っていました。やはり海外でも夫婦に見られないと思うと同時に、実際は1歳差なのにこちらが老けて見えるのか、かなり歳の差夫婦だ [続きを読む]
  • 体に馴染んだせんべい布団
  • 旅行や出張先でホテルに泊まる時ですが、フカフカのベッドと布団だった場合最初は喜んでいます。しかし、いざ夜になって寝ようとすると、なかなか眠りにつくことができません。慣れていない感触が眠りを妨げるのでしょうか。首回りが落ち着かず、背中のあたりの感触がフィットせず、どうにも気持ちよく眠ることができません。それに比べて家のベッドと布団では、床につくとあっという間に眠りに落ちます。固いベッドにせんべい布団 [続きを読む]
  • 心のゆとりを取り戻す
  • 心にゆとりが全く無くなっている時は、とにかく何かにつけて焦り、周りにいら立ってしまいます。大して時間が変わるわけでもないのに、人ごみをかき分け押しのけ、道をふさぐ人がいると見るや、早く行ってよとイライラし、自転車に乗っている時は、邪魔な歩行者にチリンチリンとベルを鳴らしたくなってしまいます。仕事や人間関係や、とかくうまくいかないことの多い日常の中で余裕をなくし、すっかり心にゆとりが無くなってしまっ [続きを読む]
  • 喧嘩の後のもったいない時間
  • 結婚した当初は、よく喧嘩をしていましたが、10年以上の時が経ち、今ではお互いのことをかなり理解することができ、ほとんど喧嘩をすることは無くなりました。しかしそうはいってもやはりたまには大喧嘩となってしまうことがあります。普段の喧嘩であればすぐにどちらかが謝って終わるのですが、どちらも謝る気配のない喧嘩です。互いに目を合わさず、口を利かず時間が過ぎていきます。そして怒りも多少冷めてくると、その次は、 [続きを読む]
  • 役に立つ?ナイトキャップ
  • ある日、妻が寝る前に何やらごそごそとかぶっていました。何かと尋ねると、「寝る時にかぶるナイトキャップで、これをかぶっていると枕との摩擦を避けることができて、髪の毛が守られ、つやつやになる」と、ふふんとした顔で言われました。ふーん、そういうものかと思いましたが、妻がナイトキャップをかぶり始めてから朝、妻を見てみると、必ずナイトキャップが脱げていました。いつ脱げているのか定かではありませんが、これで髪 [続きを読む]
  • 半熟目玉焼き作りの失敗
  • ある日妻が夫の好物の、半熟目玉焼きを一生懸命作っていました。たまには果物もとらなきゃということで、目玉焼きを焼きながら梨をくるくるとむいていました。そして梨をむくことに集中しすぎて、目玉焼きを火にかけたままだということを忘れてしまい、気付いたら目玉焼きが半熟ではなくなり、黄身がかちかちになってしまいました。半熟にすることに失敗し、妻はかなり申し訳なさそうにしていたので、たまにはかちかちもいいもんだ [続きを読む]
  • 生協(コープ)は便利
  • 生協(コープ)の宅配サービスを毎週利用しています。ネットで注文を入力すると、週末に注文した商品を届けてくれます。牛乳や卵なんかの重たく運びにくいものを自宅まで届けてくれるのは、共働きには大変ありがたいサービスなのです。ある日、いつものように注文した商品を受け取っていたのですが、頼んだ覚えのない段ボールを2つ最後に渡されたのです。ん?こんな大量に何か注文したのかな?と不思議に感じましたが、妻が何かま [続きを読む]
  • 柔軟剤変えた?
  • ある日、カッターシャツを着てみると、いつもと違う匂いがすることに気づきました。気のせいかな?と思いつつもそのまま着て出て行きました。しかし、時間が経つごとにいつもと違う匂いが気になって仕方なくなってきました。洗濯の時の柔軟剤が違っているのです。決しておかしな匂いという訳ではないのですが、いつもの柔軟剤の匂いに慣れているのでどうにも落ち着かずに過ごしました。帰ってから妻に「柔軟剤変えた?」と聞いてみ [続きを読む]
  • 自宅での仕事電話
  • 仕事が終わり、帰宅した後でも、緊急の用件であれば携帯に電話が入ってきます。多少面倒臭くはあるのですが、サラリーマンはしょうがありません。電話に出て対応していると、そこに妻が帰宅してきました。帰るや否や、「ただいま〜。夫〜。すごく寒いね〜」と大きな声で帰宅を知らせ、「今日は帰りに凄く美味しそうなお団子があったから買って来たんだよ。あとで食べるよ」などと話しながら部屋に入って来ました。そしてまだしばら [続きを読む]
  • つやつやおはぎの誘惑
  • ある日、仕事を終えてから、妻と一緒に外で食事をして、そのあとスーパーへ買物に行きました。お腹いっぱい食べた後なので、明日以降必要なものを買っていたのですが和菓子コーナーで、とても美味しそうなつやつやのおはぎが目に付きました。あずきの粒が大きく、本当につやつやと光っていてしばし目を奪われてしまいました。思わず手をのばそうとしたのですが、妻に「今日はもう遅いし止めとこう」とたしなめられ、その日はあきら [続きを読む]