takkish さん プロフィール

  •  
takkishさん: DRYFEED
ハンドル名takkish さん
ブログタイトルDRYFEED
ブログURLhttps://dryfeed.me
サイト紹介文海外の最新ガジェット、ツール、バイクや車などについてのニュースを主に配信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供312回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2016/09/16 15:04

takkish さんのブログ記事

  • 教育向けフルクラウドPC「Lenovo N24」登場
  • レノボ・ジャパン株式会社が教育機関での利用に適したWindows 10 S搭載モデル「Lenovo N24」を発表しました。 プレスリリースによると、 文部科学省では、2020年代にすべての学校で1人1台の情報端末を活用した学習ができるよう、教育のICT化を推進しています。しかし自治体の限られた予算による導入台数の制限や学校内におけるシステム管理者の不足等、各種課題も顕在化しています。Lenovo... [続きを読む]
  • 3種類のレンズに照明まで付いたiPhone用アクセサリRevolCam
  • iPhoneやスマートフォンのレンズ機能を拡張するアクセサリーは色々と出ていますが、このRevolCamは3種類のレンズと照明まで付いていて、まさに至れりつくせり。 もうスマホのカメラでも十分綺麗な写真が撮れちゃいますしね。 どうせフィルターやスタンプで加工するので、色味とかは後でいくらでも調整可能ですし。 このRevolCamはワイド・魚眼・マクロの3種類のレンズを装... [続きを読む]
  • ちょっとした小物入れに?小物入れが付いた水筒Bindle Bottle
  • 職場に水筒を持っていっている人は多いと思います。 長時間保温できるのも便利ですし、いちいち自販機などで買うよりも安上がりですしね。 で、何を思ったかその水筒に小物入れを付けたのがこのBindle Bottle。 うーん、まああれば便利ですが、別に無くても・・という所に発明があったりするものです。 実際に収納している様子を見てみましょう。 容量は結構入るみた... [続きを読む]
  • 特殊な形状でより正確に測れる計量カップEuclid
  • 僕は男の一人暮らしですが、たまには料理でもしようと思うわけですよ。 そうすると料理本の数値は絶対! 計量カップの目盛りは絶対!なわけ・・・だったんですが。 通常のカップ型の計量カップって、目盛りが小さいほど誤差が大きいらしいですよ? にわかには信じがたいですが、このようなカップが登場するということは、そういうことなのでしょう。 通常の計量カップよりも倒れや... [続きを読む]
  • 高級感のあるアルミ製サイコロNERO Dice
  • サイコロの形って普通はどれも同じですね。 おちろんイカサマが出来ないように同じ規格である必要じゃあるわけですが。 素材はどれもプラスチック(象牙を使ったサイコロも中にはあるようですが・・・)。 そこに金属(アルミニウム)を採用したのがNERO Diceです。 色はシルバーと黒。 ”目”は塗装されていません。 形を見てみると、角が尖ったような特殊な形をしてい... [続きを読む]
  • こんどこそ座るだけで姿勢が矯正できるクッションZero-Gravity
  • 全国のデスクワーカーの皆様、腰の調子はいかがでしょうか? 僕もご多分に漏れず、腰が悲鳴を上げております。 今までに色々なクッションを試してきました。 中にはドーナツ型のものまで。 これ痔の人用じゃないの?と思いつつ・・・。 このZero-Gravityを使えば、こんどこそ腰痛を改善できるかもしれません。 形としては特に奇抜なところは無く、少し前傾していると... [続きを読む]
  • LEDの光を当てて除菌するCleanty
  • PCのキーボードってトイレの便器よりも汚いってよく言いますね。 えええ、と思いつつも普通に使ってしまっていますが・・・。 隙間のゴミを取るスライム状のものや除菌シートなどがありますが、いまいちピンとこないのが現状。 そこに颯爽と登場したのがCleantyです。 物理的に拭いたりするわけではなく、LEDの光を当てて除菌するのがポイント。 説明によると、10秒... [続きを読む]
  • 好きな形に変形できる枕Dreameets
  • なんで寝る時に枕って必要なんでしょうね? 詳しいことはわかりませんが、無いと寝にくいのは確か。 うまく頭にフィットしないと寝にくいのも確か。 ですが頭の形やリラクス出来る姿勢は人によって千差万別なので、誰でも快適な枕を作ることはまず不可能。 であれば、形を自由に変形できればいいじゃない、というのがDreameets 詳しい形状などはリンク先を見て頂ければわ... [続きを読む]
  • 調理も可能な焚き火台BioLite FirePit
  • アウトドアのメインは夏・・だけではなく秋も良いですよね! 昼間は結構暖かく、夜は少し肌寒い中で、焚き火を囲んで談笑なんて最高じゃないですか。 ですが最近では直火禁止のキャンプ場も多く、焚き火台がマストアイテムになってきています。 製品はたくさんあります。 それぞれ工夫を凝らしていて、見ているだけでも面白いのですが、このBioLite FirePitの良さげ。 長方形の火をおこす部分に... [続きを読む]
  • 新たなスノースポーツDrift Boards
  • 夏はもう終わったのかどうかわかりませんが、そろそろ秋、そして秋が終われば冬です。 寒さや雪で大変な地域もあると思いますが、冬は冬で様々なスポーツがたのしめます。 スキーやスノーボードがその代表格でしょう。 そこに新たに登場したのがDrift Boardsです。 上の写真がそれなのですが、ショートスキーのようにも見えますね。 ボードの長さが短いということは、それだけ濃くト... [続きを読む]
  • カードケースと財布が合体したCASCADE LEATHER WALLET
  • これは革命的な商品だと思いました。 今現在キャッシュレスな生活に移行しようとして、主にカードケースを持ち歩いています。 そういったケースは色々とあって、このように↓カードが飛び出すんですね。 そこまでは、まあ普通です。 CASCADE LEATHER WALLETのすごいところは、それと普通の財布が合体しているところなんですね。 カードが使えないお店のために、年のため現... [続きを読む]
  • ずれないし臭わないくるぶし靴下SilverSocks
  • くるぶし靴下って良いですよね。 最近は大人の短パンも許されるようになってきましたし(賛否ありますが)、靴下が見えないようにするのに重宝しています。 しかしその難点は、靴の中でずれて脱げてきてしまうこと。 世界中の誰もが同じ問題を抱えていたようで、その対策を施したSilverSocksが登場しました。 SilverSocksは踵の部分にシリコンのバーが三のように入っており... [続きを読む]
  • ベゼルレススマホBluboo S1の特殊なホームボタンが便利すぎる!
  • 先日レビューしたベゼルレススマホのBluboo S1。 流行りのベゼルレススマホBluboo S1開封&レビュー!【PR】 5.5インチの端末は他にもたくさんありますし、FHD以上の解像度をもつ端末もあります。しかしベゼルが(ほぼ)無いというのは視覚的に重要な意味を持つようです。 動作もサクサクですし、大きいですが意外と持ちやすいので、メイン端末として絶賛使用中です。 ですが一点謎、... [続きを読む]
  • コンパクトなエルゴノミックキーボードX-Bows
  • 僕の仕事道具といえばキーボードです。 仕事で毎日プログラムを書いていますし、仕事ではありませんがこのブログでもキーボードを使います。 色々とこだわりがあって、機械式、赤軸、茶軸…と試してきました。 結局はAppleの薄型木ボードに落ち着いています。 そんなキーボードを酷使する人のために、腕や指への負担を軽くすべく開発されたのがエルゴノミックキーボードです。 特にMicr... [続きを読む]
  • 流行りのベゼルレススマホBluboo S1開封&レビュー!【PR】
  • とうとう発表されたiPhone X。 いきなり別の端末の話で恐縮ですが、リーク情報通りにベゼルレスで登場しました。 価格は約11万円と結構なお値段がしますが、1万5千円でゲットできちゃうんです。そう、Androidならね。 Bluboo S1もベゼルレススマホの一つ。 厳密に言えば1mm程度のベゼルがありますし、ホームボタン部分は液晶では無いので、”レス”ではありません。 ですがこれまでのスマホに... [続きを読む]
  • 清澄庭園で撮影をして来ましたHawkeye Firefly + NEX-5T
  • ひょんなことから時間が出来たので、清澄庭園で色々と撮影してきました。 と言っても、何か特別な季節でもないので適当な景色です。 Hawkeye Fireflyで動画撮影(1080P 60fps)とNEX-5Tで写真を撮影。 特にHawkeye Fireflyに関しては細切れの動画しか今まで公開していなかったので、今回は初の長編です。 ジンバルの効きはそこそこですが、まあこんな感じの素人... [続きを読む]
  • 数学とアートが融合したオブジェTHE OLOID
  • OLOID(オロイド)をご存知でしょうか? こちらのサイトによりますと… ホーム > 幾何学おもちゃ > オロイド 円板の中心間距離が半径と等しい場合に,接地点を結ぶ線分で囲まれた立体(凸包)はOloid(Paul Schatz1898-1979)と呼ばれている.Oloidは転がるとき重心が上下動する. なるほど、わからん。 ともかく数学的に得意な形状をしたoloidを... [続きを読む]