定年(諦念)おじさんの自転車生活 さん プロフィール

  •  
定年(諦念)おじさんの自転車生活さん: 定年(諦念)おじさんの自転車生活
ハンドル名定年(諦念)おじさんの自転車生活 さん
ブログタイトル定年(諦念)おじさんの自転車生活
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/katchgoo
サイト紹介文定年後始めた自転車生活や3坪農園やHP作りのことなど
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供356回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2016/09/16 15:17

定年(諦念)おじさんの自転車生活 さんのブログ記事

  • ユリカモメ
  •   いつもの時間に自転車に跨がったが、直射日光と路面からの照り返しで、真夏の様相だった。こんな日は、海風に吹かれながら走った方が涼しい筈。上手く行ったらコース終わりに高校生のヨット練習風景が見られるかもしれない。大浜漁港経由で工場群海岸道路をと走り出したが、経由の筈の大浜漁港で、ユリカモメの夏毛の黒頭巾を見付けてパチリパチリ。変身途中の斑模様もいた。全員が黒に変身した頃、北へ帰って行くのでしょう。 [続きを読む]
  • お取り越しと玉葱苗
  •   ブログで、ホオジロのオスメスの違いをシャープな写真付きで解説されているのを見て、その違いをハッキリ認識した。オスは梢の天辺で囀る姿をよくみかけるが、メスについての印象が今イチ薄かった。ならばこの際、メスの実物を探してみようと、辺りをキョロキョロしながらペダルを漕いだ。で、出会ったのが、ホオジロでなくてメスのキジだった。逆光だったが、かなり近くから撮ることが出来た。これはこれで、現コレクションの [続きを読む]
  • 初見と奇遇
  •   今年も、旅鳥のチュウシャクシギがやって来た。3羽がマッタリ河口の砂浜で休憩中。今シーズン初見です。これから色んな春の旅鳥が見られる筈です。この少し前、矢作川大橋中央で、自転車仲間のおじさんとバッタリ。半田が拠点のおじさんと碧南のジジとは海を隔ているため普段は遭うことはない。実に奇遇。おじさんは幡豆方面の三河湾を目指し、ジジは時間が無かったので、コース半分で家に帰った。犬も歩けばではないが、ジジ [続きを読む]
  • 廣藤園の藤まつり
  •   廣藤園の藤まつりは、4月21日から5月6日と聞いてはいたが、gooブログや、他のブロウグでも、藤の話題が出だしたので、ジジもフライング気味だが、今朝、何時ものコースを一回りした後、藤見にチラッと寄ってみた。藤まつり前だし、全体的には房の先端までの開花には少し早いが、所々、かなり咲いているのもあった。そして、園内に接して、お抹茶や柏餅などの売店は開いていた。祭になったらボチボチ出掛けてみては如何 [続きを読む]
  • ひたすら走る日
  •   このところ天候不順が続いたので、頻繁に休足日となり、まともに走れていない。今日は久し振りに青空が見えたので、勇んで堤防道路へ出た。少し走ったところで、風の強さに気が付いた。春の風は侮るなかれ、気温が高いので、普段の生活ではそれ程気が付かないが、自転車乗りにはきつい風だった。ウンウン言いながらペダルを漕いで、結局、周りの景色を眺める余裕もなく、ひたすら走るだけの日になって仕舞った。 走行データ D:2 [続きを読む]
  • 茶葉の新芽
  •   河原の雑木の新緑について愛でてきましたが、茶畑の新芽の緑もなかなかです。綺麗に刈り込まれた茶の木の先端が一斉に若緑の新芽に覆われました。こうなるとお茶農家の人達は、黒の寒冷紗で茶畑を覆います。寒冷紗を通した淡い光が、新芽を柔らかく包み、スクスク育てるのでしょう。写真にすると画面は緑一色です。今日は降ったり止んだりの憂鬱な休足日になってしまったので、こんな日のために撮っておいた昨日の茶畑写真をU [続きを読む]
  • モズとおじさん
  •   堤防道路を下りて、田圃道を走っていたら、何処からか草刈り機の甲高い音が聞こえてきました。遠くの方で畦道の草刈りをしているおじさんが見えてきました。その手前の杭の上にはモズの姿も。モズは、おじさんの作業が気になるのかその方をジッと見ていました。ジジは自転車を飛び降り、この風景を1枚パチリ。爆音に紛れて、更に近づいてパチリ。やっと、ジジに気付いたのか近くの茶畑に移り、尚も草を刈るおじさんの方を見て [続きを読む]
  • カラスの巣その後
  •   3月18日にカラスの巣を見付けてからは、この横の堤防道路を走る度に横目でカラスの母さんの(父さんもか?)抱卵状態を眺めている。その都度、律儀に巣の中に座り続けている姿に関心している。あれから今日で28日目、雑木はすっかり葉っぱで覆われた。抱卵は20日前後の筈だから、中には七つの子が居るかも。巣立ちは30〜40日だから、可愛い姿が見られるのはもう直ぐか。走行データ D:22.31 T:1.13.42 A:18.2 M:35.3 [続きを読む]
  • 庭の花
  •   今日の天気は完全に読み違えた。お天気お姉さんの予報では夜から雨と言うことになっていた。が、ジジは朝起きて直ぐ、低く垂れ込めた黒雲を見、湿気を含んだ生暖かい強風に吹かれ、経験的に、これは早くから降ってくるなと読んだ。降り方も部分的に土砂降りになるかもしれない。そんな訳で、本日は休足日とした。そして、テレビを見ながら待てど暮らせど、雨はいっこうに降って来ず、とうとう、夕方になって仕舞った。走らなか [続きを読む]
  • 新玉ネギ
  •   矢作川河口の干拓地帯を走っていると、チラホラ玉ねぎの収穫作業を見掛けるようになった。鼻の良くないジジでも遠くの方から、あの独特の新鮮な匂いはわかる。何れにせよ、早生の新玉ねぎだろう。5・6月頃の収穫最盛期に見る大玉ねぎに比べると、かなり小玉な感じがする。「碧南のサラダ玉ねぎ」という文言を時々見掛けるようになったが、この早生の新玉ネギがそれなのだろうか。そうだったら、ブランド人参「碧南美人」と同じよ [続きを読む]
  • 黒いヒドリガモ
  •   矢作川大橋を過ぎた河原の雑木に黒っぽいツグミを見付けました。普段見るツグミに比べて余にも色黒なので、この辺りでは居る筈もないクロツグミかもとパチリといった。アイリングは無いし、茶色の羽も少し残っている。単なる色黒の普通のツグミだった。更に暫く海側に走ったら、飛び去ってしまった筈の鴨一家5羽を見付けた。ノンビリ家族のようだ。更に少し離れた所にも2羽。此方もヒドリガモペアだが、♂♀とも色が黒すぎ。エ [続きを読む]
  • 楓の花
  •   パラパラッと降ったかと思ったら、明るくなってみたり、自転車乗りにとっては難しい天気でした。でも、昨日は休足日だったし、降り出したら直ぐに帰れる範囲で走ってみることに。潮見大橋を渡り、道路突き当たりでUターンして帰ろうとしたら、その道路沿いに楓が清々しい葉っぱを伸ばしていました。その葉っぱの下が薄ピンク色に染まって見えました。気になったのでズームで覗くと夥しい数の花が着いていました。楓の花は初め [続きを読む]
  • 畑の草取り
  •   今日は自転車走定期休足日です。天気も良いし、朝から畑に出掛けました。一週間前に植え付けたナスやミニトマトは何となく根付いた様です。ここには黒マルチを敷いたので、草取りの必要はありません。もう少し後に、ゴーヤとコドモピーマンを植え付けるスペースが草に覆われていたので、これを取り除き苦土石灰を撒いて耕しました。写真はナスとミニトマトと、玉ねぎの現状です。 ナスとミニトマトと玉ねぎの現状です。この手前 [続きを読む]
  • チョウゲンボウの春(交尾)
  •   普段見るチョウゲンボウは、胸を張って大きな目で辺りを見回す凛とした姿です。鳴き声も、「キッ、キッ」と、、空気を切り裂くような感じに聞こえます。ところが、突然、柔らかで、優しげな、しかし、チョットだけチョウゲンボウの声質の鳴き声が聞こえてきました。辺りを探してみると、橋の構造材の上で首を捻ったり、腰を低くして前傾姿勢でチョコチョコ歩くチョウゲンボウを見付けました。そこへ近くにいたらしい別の1羽が [続きを読む]
  • 賑やかな「たんトピア」
  •   「たんトピア」は、ジジの自転車コースからチョット外れた所にあるが、四季折々に足を運び、その清潔さと静かさをブログアップしてきた。今日は久し振りに新緑と静けさを求めて寄ってみた。ら、何と駐車場には車が沢山あり、続々とお母さん方が建物の中へ急いでいた。展示場で何かの講習会が行われているようだった。外でも家族連れが花を見ながら遊んでいた。広いヒーリングガーデンには水色の小さな花が咲き、建物の前や横の [続きを読む]
  • 八ツ面山周辺の新緑
  •   新緑の美しさは今頃から5月連休くらいまでは続く。特に今は新緑の中の新緑で柔らかな黄緑色で覆われている。そんな里山風景を見るために八ツ面山の山裾をまわり、その後、山の中の内回り遊歩道も廻ってみた。新芽が出立てなので、薄い緑の中に黒い枝のうねり具合が透けて見える。梨の花と菜の花の彩りも新緑をバックに柔らかな雰囲気を醸し出していた。矢作古川も薄い緑に覆われていた。あちこちでパチリパチリとやっていたの [続きを読む]
  • 大浜漁港
  •   昨日、矢作川河口を走って、あの広い海面・水面に、カンムリカイツブリペアしか見掛けなかった。あれだけ群れていたカモ達も時期的には北へ帰っていったのだろう。こうなると、大浜漁港のホシハジロ達も旅立ったのだろうか、確かめてみたくなった。で、大浜漁港の定点撮影場所へ行ってみた。つい、先日まで、ファインダーの中に鴨の群れが写り込んだが、今日は全く姿がない。別の角度からカメラを構えたら、辛うじて鵜が1羽。 [続きを読む]
  • カンムリカイツブリの求愛行動
  •   以前、カンムリカイツブリの夏毛写真をアップした時、そのコメントの中に「求愛行動も撮れると良いね」と書き込んで下さった方がいた。言われてみれば、その通りだが、カンムリカイツブリについては全くその知識がない。今日も河口を走って、鴨が去った後の静かな川面を撮っていたら、沖の方で変った鳴き声と共に2羽のカンムリカイツブリが向かい合い、首をくねらせていルのを見付けた。えっ、これってひょっとして求愛行動? [続きを読む]
  • ナス・ミニトマト植え付け
  •   定期休足日は、朝から3坪農園へ出て、畑仕事です。明日明後日辺りは曇り又は雨の予報だったので、今日の内に、野菜苗を植えてしまおうと計画しました。玉ねぎの手前にミニトマト。その又手前にナスとモロヘイヤを植えました。ドンドン生長してくるホトケノザを押さえるために、黒マルチを敷きました。残った一畝には、暫くしてコドモピーマンとゴーヤを植えるつもりです。取りあえず今日は腰が痛くなる前に作業終了となりまし [続きを読む]
  • レンゲ畑
  •   眠たくなるような穏やかな日が続きます。昨日に引き続き、ポタポタと走りました。コースは碧南ー豊田市を結ぶ自転車道です。このコースは明治川用水の上を走るので、その周囲は殆どが広い田畑です。心地よい風が吹き抜けて行きます。レンゲ畑を見付けて、ほっ。途中からデンパーク方面に分岐して帰りました。園内の背丈の高い植栽の方から小鳥の声が。目を凝らすと梢に二羽の小鳥がじゃれ合っていました。これってカワラヒワ? [続きを読む]
  • 蓮如ウオーク&ところてんふぇす
  •   今日はポタポタ走って久し振りに油が淵へ行ってきました。鴨の姿はなく、静かな湖面が広がっていました。園内は菖蒲まつりに備えて苗がきっちり植えられ、手入れされていました。ついでに応仁寺(蓮如さん)にお参りしたら、方々に蓮如ウオークの幟旗が立ててあって、境内に蓮如忌のポスターと一緒に「蓮如ウオーク&ところてんふぇす」のお知らせが貼ってありました。ジジが子供の頃は、蓮如忌は地域の一大イベントだったこと [続きを読む]
  • ハマグリ獲り
  •   4月は「ハマグリ獲り」撮りでスタートです。ジジの走る9時から11時頃の潮の加減が良いのか、碧南火力発電所の対面、西尾市側の堤防にハマグリ狙いの車が、集まり始めていました。気の早い親子ジジババは潮の引ききるのが待ちきれず早くも波打ち際でガリガリ。川に入ろうと準備していたおじさんに様子を訊いてみたら、1日楽しんでハマグリ10個獲れればよい方。それでもよし、と言っていました。潮干狩りシーズンの始まり [続きを読む]
  • 3月自転車走行総括
  •   3月は季節が移り変わる時期だけに、真冬の寒さから夏日までの変化を経験しながら、まずまずの走りが出来ました。前半は冬仕様の延長線の服装で走り、後半は1枚脱ぎ2枚外し、ヤット春らしい出で立ちになりました。そして、今月も中長距離はやらずに近場のコースを走りました。花の季節らしく、垂れ桜からソメイヨシノまで、堪能しました。その結果は走行距離:504km、走行日数:21日となり、走行距離見直し後の目安に [続きを読む]
  • 下流側・海側の桜
  •   桜ネタが続きますが、季節物・季節限定物ですのでご容赦を。矢作川最下流の松並木道路の反対側の桜並木が育ち、立派な花を着ける様になりました。桜&松並木は1.5km程続きます。そこを通り抜けて、中電前道路に入ると、此方は2kmほどの延々続く桜並木です。歩いての花見では日が暮れてしまいます。桜&松並木道路と繋いで、車からの花見でしょうか。車ついでに明石公園まで足を伸ばすと、これ又満開の桜です。これで、 [続きを読む]
  • 犬山散策
  •   今日は、特別意味もなく、名鉄の割引クーポン付き「犬山城下町きっぷ」を買って、犬山市内をぶらぶらして来ました。パンフレットにある様に、犬山城と茶室「如庵」の二つの国宝と、満開の桜がコラボして見事でした。狭い範囲でしたが、見たり食べたりのぶらぶら歩きが祟って、登城待ちの長蛇の列に遭遇してしまい、登城を断念。城下の売店で心太を食べて帰ってきました。のんびりだったが、慣れない事なので、自転車100km [続きを読む]