定年(諦念)おじさんの自転車生活 さん プロフィール

  •  
定年(諦念)おじさんの自転車生活さん: 定年(諦念)おじさんの自転車生活
ハンドル名定年(諦念)おじさんの自転車生活 さん
ブログタイトル定年(諦念)おじさんの自転車生活
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/katchgoo
サイト紹介文定年後始めた自転車生活や3坪農園やHP作りのことなど
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/09/16 15:17

定年(諦念)おじさんの自転車生活 さんのブログ記事

  • プロの漁獲量
  •   早朝自転車走の間中、薄曇り状態で、太陽も雲の向こうに見えたり見えなかったり。走りやすい朝でした。それでも連日の酷暑だから、涼しげな景色には、直ぐに目がいってしまいます。矢作川大橋の直ぐ近くで漁をしている船が見えました。行儀が悪いが、橋の上から覗いて見たら、夫婦船のようです。作業終わりなのか、獲ったシジミを洗っていました。そして、船の中には大きな四角のポリ籠1杯と丸籠4杯のシジミが。これぞプロの [続きを読む]
  • 早朝の干拓風景
  •   早朝自転車走を始めて2日目です。昨日は、ジジのメーンコースである西尾市側の矢作川堤防を川上から海岸まで往復30km走り、何時もの景色も昼時間とは違って見えるのを実感した。こうなると、我がテリトリーの他のコースについても一通りは走ってみなければ。と言うことで、今日は碧南側の堤防から、海岸大回り道路を見て回った。そこで目にした干拓地帯は、玉ネギとサツマイモの収穫が終わり、茶色の畑土がむき出しになっ [続きを読む]
  • 早朝自転車走
  •   毎年、夏の間は早朝自転車走(6.00→7.30)を続けてきたが、去年からは、歳なのか夏になってもズルズルと昼時間(9.00→11.00)走行のままで来てしまった。ところが、この夏の暑さは格別で、昼時間に走っていると干からびてしまいそうだ。緑陰を探して走ってはいるが限りがある。とうとう、今朝から、以前の早朝走に切り替えた。毎日走っている堤防道路だが、時間帯が違うと、こうも見える景色が変るのか。朝日が川面に長く伸び [続きを読む]
  • 睡蓮と蓮
  •   昨日は宿縁寺、今日は貞照院と、連日のお寺参りとなりました。丁度、良いことに、今日は定期休足日だったので、永代供養のお経・ショートお説教・精進料理のお参り3点セットを終わってから、ユックリ境内を歩いてきました。池の縁に腰を下ろし、睡蓮や蓮の花を眺めていると、汗が退いていくようでした。矢張り、お寺さんは娑婆より涼しいかもしれない。 本堂横を降りていくと、睡蓮の池があります。周りは木立に囲まれて池の縁 [続きを読む]
  • 西尾市宿縁寺
  •   以前、緑の日陰を求めて、花の季節でもないのに源空院の垂れ桜の下で一休みして来た。その時、気持ちが良かったので、長居しすぎて、その先の、もう一つの垂れ桜の寺・ 宿縁寺へは行けなかった。今日、緑に囲まれた源空院の前を通って、その宿縁寺まで足をのばした。道路側から寺を見ると、里山の中の寺のように見えるが、境内には 樹齢300年の大垂れ桜が1本あって、比較的さっぱりしていた。それでも、老木の枝振りは四方 [続きを読む]
  • ヨットの練習?
  •   今日も自転車専用道路を走りました。昨日より日差しが強かったが、緑陰は快適です。新川を跨ぐ橋の上だけは日陰が途切れ、直射日光が。その替わり、ヨットハーバーが良く見えます。高校ヨット部の練習船がスイスイと、と思いきや、今日は、何やら生徒は海の中・・。かわら美術館まで行って、同じ道を帰れば緑陰だが、それでは距離が足りない。もう一本海側の工場間道路に入り、途中、寄り道して高校ヨット部の練習風景を覗いて [続きを読む]
  • ゴイサギの幼鳥
  •   大浜漁港から自転車・歩行者専用道路に入りました。雑木のトンメルを通ってかわら美術館まで行き、水分補給がてら一休みしました。しかし、汗が引くと、もう少し走ろうかという気になりました。曇り空でもあることだし、更に先のマリーナを目指しました。沿岸鉄道の下を潜って直ぐ、海とは反対の側に葦林の湿地帯があります。そこにはアオサギ、シロサギ、そして何やら小型のサギ?みたいな鳥が数羽居ました。ズームで覗くと珍 [続きを読む]
  • 本證寺の蓮
  •   蓮の花については、ブログ仲間の皆さんがアップされてから久しい。今年は、ジジも話しに聞いていた、本證寺の蓮を観に行きたいと思っていたが、長雨や野暮用が重なって、行けてない。蓮の旬は過ぎただろうか。今日は都合で午後3時から時間が明いた。「蓮は朝」に決まっているが、夕方の蓮はどんなだろう。駄目元で出掛けてみた。う〜ん、夕方の蓮は明朝の開花ため、蕾のオンパレードだったが、今年の蓮に辛うじて間に合った。 [続きを読む]
  • 水筒の水
  •   今日は時間に余裕がある。ユックリ、少し遠目に走ろうと、何時も通り水筒に水を入れていたら、ババが、水筒は満杯にした方が、と珍しく口を挟んできた。近場を走る時は、極力、持ち物も水も最小にしている。しかし、今日は35℃予想だから、ここはババにしたがって、水筒満杯にしていくか。で、海岸通りを走り、木陰道路とは言え汗がポタポタ。港南公園で一休み、道中でも飲んできたが、ここでは水をがぶ飲み。更に頭にも掛け [続きを読む]
  • 幼馴染みとダベリング
  •   さすがに、娘を育て、孫に女の子がいる、ジジの幼馴染みのおじいちゃんは、ラインを使いこなす。何時もはCメールだけのジジが、辿々しくラインでやりとりして、偶にはお茶でも飲みましょうとなった。家族のこと、野菜作りのこと、地域活動のこと等、1年振り(?)なので、話し出したら止まらない。お茶だけでなく、延長戦でサンドイッチを追加注文し、昼食を挟んでダベリングした。毎回思うことだが、彼の定年後の地域活動の [続きを読む]
  • 傘寿を祝う会
  •   少し前、自転車仲間のおじさんから「傘寿を祝う会」という案内メールが届いた。はて、誰が傘寿?と、中身を読んでいくと、5月に80歳になったジジのことだった。全くの私ごとだし、遠慮しようと思ったが、訊いてみると、久し振りに皆で酒でも酌み交わそうとのことだった。元々が嫌いではないジジとしては、恐縮しながらも喜んで参加させて貰うことに。それが、昨日12時スタートで、延々6時間の酒盛りとなった。話しはツー [続きを読む]
  • 自転車遍路攻略本
  • 3・4日前、知らない人からメールが入っていた。それを見逃していたら、再度メールが入った。開いてみると、以前、ジジが個人HPにアップした「四国八十八ケ所自転車遍路」記録の中身についての質問だった。その中に、「自転車遍路攻略本」を参考に、遍路したと書いた行りがあるが、自分もその本を参考にしたいとのこと。以前にもそんなメールを貰った事がある。そこで、この本がHPにUPされていたのを思いだし、長雨の暇に任 [続きを読む]
  • 酢橘と凌霄花
  •   廊下や台所の板の間が、何となくべた付いた感じになって来ました。部屋に風を入れようと、細めに窓を開けると、かえって湿気が部屋の中へ入ってきてしまいます。暑くもないのに、エアコンの除湿をONにしています。そんなこんなで夕方近くにヤット雨の止み間になりました。もう後1日2日の辛抱ですね。庭に出て酢橘と凌霄花を撮りました。そして暇に任せて酢橘の実を数えたら22個着いていました。 雨の止み間に、庭の酢橘を [続きを読む]
  • 青空
  •   天気予報通りだから、あえて言うこともないが、やっぱり呟いてしまいます、「雨が続きますねえ」と。まだ降り出して2日目ですが、もう、PCの前に座っているのがうっとうしくなってきました。未だ未だ続くという予報が頭の中から抜けないからでしょうね。こうなると、青い空と青い海&高く舞うトンビの姿が見たくなります。先月撮った写真の中から探し出してきました。 先月の中程に撮った青い空と青い海の風景です。長雨の中 [続きを読む]
  • 西瓜畑
  •   昨夜の天気予報士の解説で、これまでの経験上、4日間傘マークがズラリと並ぶのは初めてだと言っていました。5日目の日曜日になって、辛うじて傘マークの横に曇りマークがありました。こうなったら、覚悟を決めて、休足、休眠状態に入るしかありません。そして、pc叩く以外に、日頃散らかしっぱなしの部屋の片付けでもやることにします。写真は西瓜畑の大玉ゴロゴロです。梅雨明けが待ち遠しい。 棚尾橋下の農道で、大きな西 [続きを読む]
  • 園児のジャガイモ掘り
  •   風は強かったが、昨日の蒸し暑さに比べれば、マシなお天気でした。その風に吹き流されながら堤防内回り道路へ入ろうかという所で、園児達がコロコロと畑で何やら収穫体験をしていました。近づくと、お百姓のおじいさん先生の指示の下、皆でジャガイモ掘りの最中でした。採れたかな。ビニール袋を確認している子もます。ジャガイモ畑の横はサツマイモ畑です。秋にはイモ掘りをするのでしょう。 走行データ D:26.02 T:1.21.22 A: [続きを読む]
  • 7月静かなスタート
  •   昨日は、久し振りの新幹線疲れで休足日。7月自転車走スタートは本日・2日からです。台風7号の影響か、むっとするような南風が強く吹き、走って居ても汗と言うより、湿気で身体がべた付く感じだ。あれこれ観察しながら写真を撮ったり走ったりの余分な動きは止め、出来るだけ身体がベタ付かないように静かにペダルを漕いだ。23km走って7月はスタートした。走行データ D:23.02 T:1.19.45 A:17.3 M:32.1 O:94844.3ゆっくりペ [続きを読む]
  • スズメノヤリ
  •   昨日は久し振りに大観光地に出て、少ないとは言え田舎とは違う人出に合い、蒸し暑さに当てられた。オマケにタクシーの近距離乗りに嫌がられた。結構、歩いたため若干疲れ目。今日も自転車走はお休みした。そして、PC叩いて、近頃撮った野の花を眺めていた。花なのか実なのかよく分からないが、スズメノヤリとヒナギキョウ、そしてカワラナデシコとハルジオンだ。今、堤防は結構花盛りだ。 スズメノヤリにしては、かなり大きい [続きを読む]
  • 6月自転車走行実績
  •   今日は京都でお寺参り(ジジ側の先祖が納骨されている東本願寺大谷祖廟&ババ側の西本願寺大谷本廟)のため、自転車走はお休みです。目的の納骨&お参りを済ませたが、思ったより時間が早い。本廟近くの三十三間堂と京都博物館も見て回った。修学旅行の女子中学生達が、千体仏像の中から自分似の仏様を探しては控えめに歓声を上げていた。時期的なのか京都は空いていたが、どうしようもなく蒸し暑かった。さて、6月自転車走だ [続きを読む]
  • 古い油絵
  •   今時の病院の待合室に飾ってある絵は、殆どが明るい色調で構図も清々し感じのものが多い。特に小児科のある病院はその傾向が強い。それに比べたら、大昔、村に1軒だけの病院の待合室は、チョット暗めでホルマリンの匂いがしていた。そして、壁に掛けてある絵は、茶色や黒や紺の色使いで如何にも重厚な感じの油絵だった記憶がある。病気になって待合室を通るときは、何となく重たい気持ちで声も立てずに通り過ぎたものだ。先日 [続きを読む]
  • セッカ
  •   矢作川河口の西尾市側河原で、セッカを撮った。今シーズン2度目です。2度目とは言うものの、1度目は、あまりにも遠くだったので声だけを頼りにシャッターを押した。豆粒みたいなセッカだった。今回もかなり遠くに止まったが、最初取り損ねた枝へ再度来てくれたので、その分、余裕を持ってシャッターが押せた。形にはなった。こうしてセッカに拘るのは、スズメより小さいので撮りにくいと言うことと、常に飛び回っていてジッ [続きを読む]
  • 油ケ淵水辺公園
  •   安城市へ向かう途中、碧南市民病院前を通り、橋を渡った所で信号に捕まった。道路向こう側を見ると、「油が淵水辺公園」の立て看が見えた。近頃、公園がオープンした記事を見た。オープン少し前、公園入り口へ少し入った所で、係員さんに追い出された記憶がある。今日は、時間もあったので、寄り道してみた。中に入ると広い広い。煉瓦敷きの広場や芝生広場があって、東屋やテント張りの休憩所もあった。そして何よりの特徴は周 [続きを読む]
  • 紫蘇畑
  •   今日は、近所だが殆ど走った事のない農道に入り込みました。この辺り一帯の畑は、紫蘇の葉の濃い紫色で染まっていました。以前、紹介した干拓地帯の紫蘇畑は、それぞれ1枚が独立しており、周りの緑の畑とパッチワーク模様を作っていたが、ここでは紫蘇畑の隣もまた紫蘇畑で、偶に自家消費用野菜以外は殆どが紫蘇畑でした。一様で変化のない景色でしたが色が強烈だったので、つい、パチリ。紫蘇の葉っぱは、梅干し作りの時に使 [続きを読む]
  • 初夏の源空院
  •   2日続きで梅雨の中休みです。多分、今日はカッと太陽が照り付ける暑い日になる予感がします。真夏になれば、太陽の直射にも慣れてしまうが、急な夏日は身体に応えます。と言う訳で、緑一杯の里山の中の源空院へ涼みに行きました。緩い坂道を登って行くと、緑の中に源空院がありました。春は垂れ桜で有名だが、この時期は、その大木が緑の傘になって日陰を作ってくれていました。偶にはあちら方面に足を伸ばすのも良いですね。 [続きを読む]
  • 海釣り広場は超満員
  •   梅雨の中休みで、日曜日とくれば、海釣り父さん母さん子供達は、家でジッとしている筈がないだろう。何時ものコースからちょいと外れて、海釣り広場まで足を伸ばしてみました。久し振りに駐車場は奥までぎっしりです。そして釣り広場は、家族太公望達で超満員でした。海の上からは、釣客の事故防止のためか、火力発電所周りの安全確認のためか、「巡視点検中」と書かれた橙色の船が岸壁沿いをユックリ進んでいました。電線の上 [続きを読む]