ふたせん さん プロフィール

  •  
ふたせんさん: 小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場
ハンドル名ふたせん さん
ブログタイトル小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場
ブログURLhttp://kesuke03.hatenablog.com/
サイト紹介文小学校教員(教師)であり、元ラガーマン。娘2人の父でもあるふたせんのブログです。朝3時起きです。
自由文子供の育ちや自己の成長について記すブログです。自分を成長させたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供411回 / 365日(平均7.9回/週) - 参加 2016/09/18 03:35

ふたせん さんのブログ記事

  • 先生が学級を崩壊させる方法 【本当は「解決したくない」】
  • 今朝起きるなり衝撃的な記事を目の当たりにした学級を崩壊させる方法www.meijitosho.co.jp今の私があるのは学級崩壊の経験があるから。この記事を読まずにはいられなかった。一番衝撃的だったのがこの記述。クラスを立て直せないと嘆いている方は、本当は、クラスを立て直すための努力をしたくない、つまり、クラスを立て直したくないという状態に陥っているのかもしれません。クラスが荒れてしまって、その状態が一定期間 [続きを読む]
  • 台風発生!先生って守られてない!! 【出勤時刻繰り下げの提言】
  • 今台風がきて、すごいことになっている外はすごい雨と風人知など無力だなと感じずにはいられない自然の力には勝てないそんなことを今回も目の前に突きつけられた。我が校は登校時に台風がまだ接近しているため、3校時から登校となった。「半」休校だここには安全管理はもちろんのこと、授業時数、給食センターなどとの絡みも出てくるので一概に一日休校とは行かないのが現実だろう。まあ何よりも安全に学校に [続きを読む]
  • ふたせんの1日(デフォルト) 【働き方改革に向けて】
  • 最近働き改革の波が結構近くまで押し寄せてきているような感覚になっていて。もしかしたらこの教員の世界にまで届くかもしれないと思っている。けれどもしかしたら、「教育は同じくくりにできない」という神話がまかり通り何も変わらないだろうとも諦めていたり。砂浜で裸足で足先を見つめて、どれくらいまで波が来るか待っている子供のような状態。でも来るにしてもこないにしても、今の自分の働き方をちゃんと認知してお [続きを読む]
  • パパvs3歳の決闘(葛藤)をご覧ください 【子育てって日々迷い】
  • 昨日は久しぶりに18時に帰宅妻が体調が悪そうなので晩御飯を作った妻のようにうまくはできないけれど、頑張った。そのご飯の時の下の3歳の娘の話。僕が久しぶりの我が家ということもあってか、ものすごい甘えてきた。「パパの膝の上で食べる〜〜!」まあよしとしよう。と思い一緒に食べる。そしたら普段自分が座っている席に姉が座ろうとしたら、「ダメ〜〜〜〜〜〜!!」と全力で泣きながら否定。その後食べ [続きを読む]
  • 図書の授業って何をすればいいの?? 【校内での学び場】
  • 昨日は校内研修若手教員の学びの場そこで講師をしてくださったのが、ベテランの女性の先生僕のロールモデルの1人だその先生はエンターテイナーで、日々色々なことから学んでいて、子供への指導も素晴らしい子供たちの姿が他の先生とひときわ違うから不思議だ体育、水泳、ダンス、歌唱、演劇など多種多様な趣味・専門があるそしてその中でも校内の中枢を担っているのが、図書館関係の仕事だ図書館の運営、読書月間の企画・ [続きを読む]
  • 時間術の教育雑誌を即買いした 【時間術の目的は?】
  • 3日前即買した本授業力&学級経営力 2017年 11月号出版社/メーカー: 明治図書出版発売日: 2017/10/12メディア: 雑誌この商品を含むブログ (1件) を見る今月号のテーマは「教師のための『時間に追われない』仕事術」昨日届いてすぐに読んだどうして即買いしたかというと、①表紙に載っている方で昨年度一緒に学んだ方がいたから。②自分が興味というか課題感がある「時間術」というテーマだから。全てを読んだわけでは [続きを読む]
  • 先生だって 【 イワカンは不信へ 】
  • 僕たち先生は、子供達に指導をする。何十年か「先」に「生」まれたから、偉いみたいだ。子供達は基本的に反発しないようにしつけている。ちょっとでも反発しようものなら、そこに対して集中攻撃。「何だその態度は!」という必殺技を使って、黙らせる。最終カードは「先生」という権威を示すことだ。全てそれで通すことができる。でもそれって子供達は納得しているんだろうか?「先生だって・・・」って思っているこ [続きを読む]
  • 仕事の棚卸し 【 丁寧に、丁寧に 】
  • 疲れている!!今週はハードだ。完全に疲れている。今いくつものことが同時に進んでいて完全にパンク状態。机の上も散乱しているし、全然整理できていない状態。机は自分の頭の指標だと思っているけれど、職場の机も家の机も大散乱。だからごちゃごちゃ感があるんだと今振り返って見て納得。今朝は一旦全部棚卸しして、整理整頓する時間にしよう。週末に向けて、動きがスムーズになるように。その時にいつも使うのがEver [続きを読む]
  • 恥ずかしい話をします 【「実」と「虚」の自分】
  • 今度来月に、研究発表を行う。それに向けて私はプレゼンの担当。プレゼンは普段から学びの場で作っているし、得意げな気持ちで「よしいっちょやったるか」と意気込んで作って。一昨日、校内の先生たちに見てもらった。全く伝わらず。今までの研究してきたことがなんだったかわからないそういう感想まででる始末。ここで気づいた。いいですか?すごく恥ずかしい話をする僕って自分のことを「 [続きを読む]
  • 残業した時の夜の過ごし方 【寄せたシワの戻し方】
  • 昨日の帰りは21時過ぎ。普段18時帰りの私にとっては超残業今度タグラグビーの大会があり、その打ち合わせが18〜21時で行われたから。これは僕の一つのライフワークだからこれもOK18時以降はライフワークに費やす時間当然、21時に帰ってくるといろんなことが終わっていないいつもする家族での晩御飯 (これは取り返せない)いつもやる 洗い物いつもやる 入浴いつもする 娘の連絡帳を書くこといつもする [続きを読む]
  • ありがとうが言いたくなる学び場 DAFL#12
  • 昨日はDAncing Future Learner#12の今期の最終回でした。4月から月2の隔週で行ってきたこの回も昨日で一旦は最後、感慨深いものがありました。4月から述べ38名の人と一緒に学んできました。1度参加して新しい示唆をくれた方もいましたし、複数回に渡って学びを共有してくださった方もいます。全ての皆さんに感謝申し上げます。ありがとうございました。昨日はこれまでの回を振り返って、DAFLから学んだことを全員に話しても [続きを読む]
  • 1年前の自分からの手紙 【決断をする日】
  • はてブさん期待していたけれど、本当にこんな機能が!素晴らしい!!メールがきた!、「1年前の今日に書いた記事はこんな感じ」ってやつその記事がこれ。www.kesuke03.xyzこの中にこんなことを書いていたもっと自分を成長させるそのために、もっと外に出なきゃもっと人に会わなきゃ結局自分を成長させられるのは自分次第安定のリミッターを外さなきゃ。だけど、家族とのバランスってとっても大事で。 [続きを読む]
  • 自分の学びの現在地 【3つの学びを定めておくってとてもいい】
  • 昨日ハッとさせられた記事kengobonbei.hatenablog.com何だか最近、外へ外へと向いている自分に酔っている自分に気がついた目の前の子供達を大切にせずして、外ばかり。そんな奴が実際に外へ行って、そこで成果を残せるのかというと疑問。この視点も一つ大切だなと思ったからメモメモ。とはいえ、一方でその考え方をいつまでも持っていると、踏み出す一歩が踏み出せなくなる。自分の感情に正直になることだって僕は大切だと思 [続きを読む]
  • フリーランスの先生ってあり?なし? 【自分のあり方を問う】
  • 最近自分の仕事のあり方に疑問を持って来ているこのまま続けた方がいいのだろうか?他に自分のあり方ってないのだろうか?そんなことを問いている。別に自分が特別なんていうことはこれっぽっちもないんだけど、だけど、特別でありたいっていう気持ちが強いんだろうその一つの選択肢がフリーランスになるということではっきり言って「フリーランス」っていう言葉の響きに憧れているだけなのとどんなに頑張っても伸びやしな [続きを読む]
  • 是が非でも見てほしい藤原和博氏の動画 【4年前の最先端】
  • 先日、「生」藤原和博の話を聞いてきたwww.kesuke03.xyzさすがの圧巻としか言いようがない説得力だった。情報処理力から、情報編集力へこの人の考えが、今の教育現場を牽引しているそう言っても過言ではないこのページでも紹介しているwww.kesuke03.xyz本当に話を聞いているとワクワクする。すごい人だ。で、その藤原さんが講演中に紹介してた「よのなか科」のネットページに初めて行ってみたそこのページがあま [続きを読む]
  • 人の人生に、自分の生き方を重ねて学ぶ 【幻冬社の箕輪さん】
  • 昨日インプットしたのはこちらの記事logmi.jp最近Twitterに再ハマりいい情報を流してもらいキャッチできていることがとてつもなく楽しいBOOK LAB TOKYOで行われている朝活の会員制コミュニティの『朝渋』で行われた著者のトークを紹介した記事幻冬社の箕輪さんプロフィールがこちら幻冬舎 編集者 箕輪厚介氏1985年、東京都生まれ。早稲田大学卒業後、2010年に双葉社に入社。広告営業を手がけるかたわら、2013年に『ネオヒ [続きを読む]
  • 糸を緩める 【私なりの働き方改革】
  • 積極的な年休を取る先週は、運転免許の更新、病院への検査などがあり、週に3回も午後の休みをもらった。小学校で年休をもらうって少しハードルが高い。www.kesuke03.xyzwww.kesuke03.xyz以前にもここの記事に書いたんだけれど、いつも一緒にいる担任の先生が年休を取るって少しハードルが高い。だからみんな取らない年休を。だからこそ、教員であるみなさんに言いたい!年休を取りましょう!!昨日仲間との対話の場 [続きを読む]
  • 提言!「高学年手当」を!! 【高学年担任が忙しい理由TOP5】
  • 僕が長年温めてきた提言。。。高学年手当先日Twitterで呟いたら、思いの外反響があって驚いた。心底、「高学年手当」って作るべきだと思う。授業難しい、授業のコマ数多い、教科多い、宿泊ある、クラブ委員会も、行事の時には準備や後片付け、入学式卒業式の指導、縦割り班などの指導まで。これで、低学年と同じ給料。おかしいだろあ、低学年の担任の呟きでした https://t.co/Y3hzHdKKK0— ふたせん (@kesuke03) 2017年 [続きを読む]