masa_farmer さん プロフィール

  •  
masa_farmerさん: 帰園田居 | 農家になります いざ京都へ
ハンドル名masa_farmer さん
ブログタイトル帰園田居 | 農家になります いざ京都へ
ブログURLhttp://nagao-farmer.info/
サイト紹介文東京でサラリーマンをしながら新規就農を目指して準備中です。
自由文2016年11月から京都府亀岡市で新規就農予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/09/18 09:27

masa_farmer さんのブログ記事

  • 農作業に使っている長靴のレビューと買い替え
  • 農作業中の作業着は快適なものがいいなと常々思っています。また、少々値が張っても長く使い続けられるものが望ましいと思っています。このブログでも使って良かったものを紹介し、みなさまと情報共有ができたらいいなと思っています。長靴を買い替えます今使っている長靴が穴が開き始めましたので買い替えることにしました。まずは、これまで使っていた長靴についてです。今使っている長靴を購入した時のブログがこちらです。http [続きを読む]
  • 福岡県糸島市に出張しました
  • 少し前の話になりますが、8月に福岡県糸島市に出張に行ってきました。台風21号の被害で中々まとめることができませんでしたが、備忘録のためにも、その時のレポートを書いておきます。訪問先は糸島市の農業関連施設訪問先は①直売所「JA糸島産直市場 伊都菜彩」と②資材販売店「JA糸島Agri」です。ちなみに団体での見学ではなく、個人的に興味があったので行ってきました。自分が営農している地域だけではなく、いろいろな地 [続きを読む]
  • オンラインで名刺を作成しました
  • 農業を始めて1年半ほど経ちました、就農したときに作っていた名刺がなくなったので新たに名刺を作ることにしました。そもそも農家は畑にいることが多く名刺を使うことがあるのか、とお思いかもしれませんが、その通りであまり名刺は使いませんでした。使ったのは1年半で100枚ほどでしょうか。とはいえ、お客さま、農家同士、役所の方とお会いする機会もタマにあるので欠かせないアイテムです。前回は自分で印刷しましたちなみに農 [続きを読む]
  • 画像を編集する便利なオンラインツールCanva
  • 農家でホームページを持っている方はそれほど多くないようです。普段接する農家の方でお持ちの方はお一人しか知りません。大抵の方は営農に必要ないからということだと思いますが、ホームページを持ちたいけど作り方・管理の仕方が分からないという方も少なからずいるのではないでしょうか。私もほぼ何の知識もないですが、ホームページを持てているのでやっていることを共有することで少しでもホームページを持ちたい方のお役に立 [続きを読む]
  • ウェブサイト用の写真を撮ってもらいました
  • ウェブサイトの写真が気になる農業を始めるのと合わせてkyoto-agri.comというウェブサイトを立ち上げていました。素人が見よう見まねで作ったウェブサイトですので、全体的にもっさりしているのは致し方ないとあきらめているのですが、どうしても気になっていることがありました。それは使用している写真がイマイチすぎるということでした。素人の私がiPhoneで片手間に撮った写真を使っていました。例えば、プロフィールに使ってい [続きを読む]
  • ミニヒマワリを育てて売ってみました
  • ミニヒマワリの栽培を試す昨年、農業を始めて以来、直売所を中心に野菜を販売しています。ただ、野菜は他の生産者と出荷時期が被ると値崩れ・売れ残りが発生することがままあります。品質のよい(見た目が立派で奇麗)野菜であれば、そんな中でも売れるようですが、悲しいですが、農業を始めて2年目の私にはそこまでの技術はありません。そんな中、直売所には花を売っている生産者もあり、花だとあんまり被らなさそうだなと思って [続きを読む]
  • 読書録_2018年3月
  • 5月からの田植えの準備で毎日忙しくしております。毎日わずかな時間をやりくりして興味のある本を少しでも読み続けております。これからの季節、レタスや葉物野菜に見かけることが多くなります。野菜の見た目が悪くなって困ります。ナモグリバエ、ネギハモグリバエ、ナスハモグリバエよりも薬剤抵抗性を発達させているのがマメハモグリバエらしいです、厄介。 pic.twitter.com/yYwpxtPIvL― nagao_京都長尾ファーム (@masanorinaga [続きを読む]
  • 健康保険を任意継続から国保にしました
  • 農業を始めたときの健康保険私は脱サラし、農業を始めました。脱サラした時点で、健康保険を「会社の健康保険組合の任意継続」にするか「国民健康保険に加入する」か選択できました。その時の判断は、以前の記事(退職後の健康保険の選択肢)に書きました。私は経済的な観点から任意継続にしていました。任意継続は基本的には2年間なのですが、条件によっては2年しないうちに国民健康保険に加入したほうが経済的に良い場合がありそ [続きを読む]
  • 読書録_2018年3月
  • 農閑期も終わり、いよいよ農作業が忙しくなってきました。春・夏野菜の種まきもありますし、お米作りの準備も始まりました。ゆっくり読書をする時間は減りそうですが、知識が必要であったり、興味のある書籍は読むようにしていきたいです。彼を知り己を知れば百戦殆うからず、ということで読みました。よく知ればコナガが可愛らしく思えてきました。今日畑で出会ったらら微笑みながら潰しますね?? pic.twitter.com/Sh1IPjAxwG― [続きを読む]
  • 「受け取った交付金」と「米の生産調整廃止」
  • 農政局から交付金先日、事業用の預金通帳を確認すると近畿農政局から入金がありました。「何の入金だろう?」と思っていると同じタイミングで近畿農政局から「水田活用の直接支払交付金の交付決定通知書」という書類が来ました。私は水田を利用して野菜を作っているので、米の生産調整との関係だろうという察しはつきましたが、何の交付金か具体的には良くわかりません。そういえば去年の春ごろ、農家組合長に作付面積・野菜を書い [続きを読む]
  • 納屋の片づけとテーブルをリメイク
  • 納屋で古いテーブルをみつけました納屋の整理をしていると昔のローテーブルが放置されているのを見つけました。たぶん以前に姉が使っていたものかと思います、おそらく10年以上そこに置かれていたのでしょう、ほこりまみれでした。(写真、撮り忘れました)また、最近では農作業小屋や事務所の整備も少しずつ行っており、棚をつくったり、農具・備品を揃えています。とはいうものの、それらにお金はあまり掛けたくありません、今後 [続きを読む]
  • 読書録_2018年1~2月
  • 1~2月は農閑期なので比較的本を読む時間が取れました。3月に入って種まきなど徐々に忙しくなってきましたが。農業関係の本が多いですね、それ以外の分野も読みたいのですが、興味のある本を手に取るとどうしても農業関係が多くなってました。兵庫県の普及員がご自身の体験から集落営農を組織するときのポイントをまとめられた本。失敗も含めリアルな実践例が載ってます。文章は平易で読みやすいです。 pic.twitter.com/TLjVnSDplj [続きを読む]
  • 初めての確定申告。青色申告しました。
  • 初めての確定申告先日、就農してから初めての確定申告を青色申告で行うことができました。確定申告の書類を提出するため税務署来ました。無事に?初めての青色申告できました。 pic.twitter.com/bcopxHyBzC― nagao_京都長尾ファーム (@masanorinagao) 2018年2月19日サラリーマンのときは源泉徴収でしたのでほぼ確定申告はしていません。(医療費控除のため確定申告をしたことがあるのみです)なにせ初めての確定申告ですので、提 [続きを読む]
  • 農家の年金の選択肢
  • 農家の年金の状況農業を始めてから、会社員時代に比べて金銭的な不安があります。最も大きな不安は事業が軌道に乗るまで収入が不安定なことですが、それは、ある程度時間が必要なので気長に頑張ります。もう一つの金銭的は不安は、「年金」です。その理由は農家を含む自営業者は国民年金(いわゆる1階)のみです。サラリーマンが加入する厚生年金(2階)はありません。会社によっては企業年金(3階)の制度がある場合もあるので [続きを読む]
  • 生鮮食品と加工食品について調べました
  • 出荷をいったん取り止めベビーリーフを直売所に出荷していました。雑誌「現代農業」の直売所特集でサラダセット・ベビーリーフは良く売れるという記事をみました。それを真似して、この冬はベビーリーフを商品として直売所で販売していました。若葉をちぎって、数種類の葉を混ぜて袋に詰めていました。収穫作業に時間がかかるので袋数はそれほどできないのですが、確かによく売れていました。しかし、ある時、直売所の方に指摘され [続きを読む]
  • 生鮮食品と加工食品の分類について調べました
  • 出荷をいったん取り止めベビーリーフを直売所に出荷していました。雑誌「現代農業」の直売所特集でサラダセット・ベビーリーフは良く売れるという記事をみました。それを真似して、この冬はベビーリーフを商品として直売所で販売していました。若葉をちぎって、数種類の葉を混ぜて袋に詰めていました。収穫作業に時間がかかるので袋数はそれほどできないのですが、確かによく売れていました。しかし、ある時、直売所の方に指摘され [続きを読む]
  • 栽培の初心者が参考にしている書籍
  • 初めての野菜づくり農業を始めたのは一年ほど前。農業の研修も受けず、栽培についての経験はほとんどありませんでした。大学で農学を学んだり、サラリーマン時代も2年ほど畑を借りて家庭菜園をしていたこともありましたが、経営としての農業、野菜づくりは初めてでした。多品目を栽培しはじめましたので、数多くの野菜の栽培方法を身に着けなければなりません。広く浅く知識が得られることを目的に、書籍やインターネットで栽培方 [続きを読む]
  • 栽培の初心者が参考にしている書籍
  • 初めての野菜づくり農業を始めたのは一年ほど前。農業の研修も受けず、栽培についての経験はほとんどありませんでした。大学で農学を学んだり、サラリーマン時代も2年ほど畑を借りて家庭菜園をしていたこともありましたが、経営としての農業、野菜づくりは初めてでした。多品目を栽培しはじめましたので、数多くの野菜の栽培方法を身に着けなければなりません。広く浅く知識が得られることを目的に、書籍やインターネットで栽培方 [続きを読む]
  • 読書録_2017年末
  • 読んだ本を備忘録としてまとめています。農作業や青色申告の準備が忙しくてなかなかゆっくり本を読む時間が取れません。晴耕雨読とはいかないものですね。農作業しながらaudibleで聴き終えました。素人でも人工知能について理解できる良い本。人工知能の定義、ディープラーニングのアルゴリズムなど分かります。 pic.twitter.com/HOBmbfLS30― nagao_京都長尾ファーム (@masanorinagao) 2017年11月24日現代農業2017年10月号読み終 [続きを読む]
  • 読書録_2017年末
  • 読んだ本を備忘録としてまとめています。農作業や青色申告の準備が忙しくてなかなかゆっくり本を読む時間が取れません。晴耕雨読とはいかないものですね。農作業しながらaudibleで聴き終えました。素人でも人工知能について理解できる良い本。人工知能の定義、ディープラーニングのアルゴリズムなど分かります。 pic.twitter.com/HOBmbfLS30— nagao_京都長尾ファーム (@masanorinagao) 2017年11月24日現代農業2017年10月号読 [続きを読む]
  • 農業を始めて1年目を振り返る
  • 2017年は農業を始めて一年目の年でした。新年早々キリが良いので振り返ってみます。就農一年目を一言でいうと、経営的にはまだまだ不安、でも毎日忙しいしやりたいことがいっぱいです。これから農業を始める方の参考になれば幸いです。生産将来的にはオンラインショップでの野菜セットの販売を経営の軸にしたいと思っているので多品目を作りました。常時10種類ほど収穫できる状態を目指して、今年は72種類の野菜を生産・出荷しまし [続きを読む]
  • 農業を始めて1年目を振り返る
  • 2017年は農業を始めて一年目の年でした。新年早々キリが良いので振り返ってみます。就農一年目を一言でいうと、経営的にはまだまだ不安、でも毎日忙しいしやりたいことがいっぱいです。これから農業を始める方の参考になれば幸いです。生産将来的にはオンラインショップでの野菜セットの販売を経営の軸にしたいと思っているので多品目を作りました。常時10種類ほど収穫できる状態を目指して、今年は72種類の野菜を生産・出荷しまし [続きを読む]
  • マルシェに初挑戦しました
  • 先日、初めてマルシェを出店し野菜を販売しました。12月10日に開催された京都亀岡ハーフマラソン大会で出店です。出店するにあたり、準備したことなどをまとめておきます。今後マルシェをする方の参考になれば幸いです。準備したこと出店の申込9月頃に京都亀岡ハーフマラソン大会の出店募集が公式webサイトにありましたので申し込みました。手続きは簡単な書類を提出するだけでしたが、事務局の審査がありました。亀岡の特産物を販 [続きを読む]
  • マルシェに初挑戦しました
  • 先日、初めてマルシェを出店し野菜を販売しました。12月10日に開催された京都亀岡ハーフマラソン大会で出店です。出店するにあたり、準備したことなどをまとめておきます。今後マルシェをする方の参考になれば幸いです。準備したこと出店の申込9月頃に京都亀岡ハーフマラソン大会の出店募集が公式webサイトにありましたので申し込みました。手続きは簡単な書類を提出するだけでしたが、事務局の審査がありました。亀岡の特産物を販 [続きを読む]
  • 栽培よりも収穫よりも?大切な作業
  • 時間に余裕があるので片付けしてます冬になり気温が下がり、野菜の生育はゆっくりになってきました。露地野菜の作業は夏・秋に比べて少なくなっています。特に収穫作業が減っています。ちょっと作付計画が甘かったかもしれません、ホウレンソウや水菜などの葉物野菜をもうちょっと播いておけばよかったかも。露地栽培だけでは冬場は収穫量がガクッと減りるので、冬でも野菜の成長が早いパイプハウスは早く建てたいなーと思っていま [続きを読む]