天楽 さん プロフィール

  •  
天楽さん: 天楽のインカムゲイン投資
ハンドル名天楽 さん
ブログタイトル天楽のインカムゲイン投資
ブログURLhttp://www.tenrakujinsei85.net
サイト紹介文米国高配当株を中心としたインカムゲイン投資を実践しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2016/09/19 20:40

天楽 さんのブログ記事

  • ブログタイトル変更しました!
  • 当ブログをスタートして約一年半くらいになりますが、思い切ってブログタイトルを変更することにしました。ブログタイトルを変更した理由以前は「中小企業サラリーマンが資産形成で早期リタイアを目指すブログ」というタイトルでブログ運営をしていました。しかしこのブログタイトルだと、ブログタイトルが長く、読者の方が当ブログを検索しづらいタイトルに「早期リタイア」と書いているものの、今の自分の投資 [続きを読む]
  • 【PG】P&Gから配当金をゲット(2017年11月)
  • 今週P&Gから税引後配当金が$12.38USD入金されました。主要指標一覧チャートここ最近のチャートを見ますと、今は押し目買いのチャンスと言えるような形をしています。ディフェンシブ銘柄の鉄板というだけあり、株価は基本的に右肩上がりとなっていますが、定期的に押し目買いのチャンスが訪れるため、比較的追加購入しやすい銘柄であると感じます。 配当指標直近の配当利回りは3.12%、配当性向は66.1%となって [続きを読む]
  • 【CSCO】シスコシステムズ 2018年1Q決算結果を分析レビュー
  • シスコシステムズの2018年第1四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。2018年1Qは売上高、EPSともに市場予想を上回る好決算に!(以下シスコシステムズ 2018年1Q決算資料をもとに分析)①財務サマリー 売上高は121.3億ドルで対前年比1.7%減となるものの、市場予想の121.1億ドルを上回る。EPSは0.61ドルとなり、市場予想の0.6ドルを上回る。純利益は対前年同期比30%増の23.9億ドルを達成。②事 [続きを読む]
  • 【T】株価軟調のAT&Tを追加購入しました
  • 先日、株価軟調気味のAT&Tを@33.00ドルで60株分、追加購入しました。熾烈化する競争環境で株価下落するも、高配当利回りは魅力的AT&Tはここ最近の通信業界を巡る競争環境の熾烈化や、ハリケーンなどの影響により、年始に40ドル越えしていた株価が、32ドル台にまで下がってきました。チャートライバル企業のベライゾンも似たような状況で株価が下がっていますが、配当利回りだけで見ると、AT&Tは約5.7%、ベライゾ [続きを読む]
  • 【GIS】ゼネラル・ミルズから配当金をゲット(2017年11月)
  • 今週ゼネラル・ミルズから税引後配当金が$14.08USD入金されました。 主要指標一覧チャート2016年以降、食品業界の株価はどれも冴えない展開になっていますが、ゼネラル・ミルズも同様に右肩下がりのチャートになっています。食品業界はここ最近の収益性ダウンの影響で、未だ株価が戻る気配はなく、しばらくはズルズルと株価は下がり続けることが予想されます。配当指標 直近の配当利回りは3.75%、配当性向は63.2% [続きを読む]
  • 【T】AT&Tから配当金をゲット(2017年11月)
  • 今週AT&Tから税引後配当金が$43.22USD入金されました。主要指標一覧チャート 年始以来から株価は急落しています。つい先日もスプリントとTモバイルの統合破断により、通信業界の競争環境が熾烈化する、との観測から株価はまた急落しました。当分はジリジリと株価が下がる展開が予想されます。配当指標 直近の配当利回りは5.96%、配当性向は66.9%となっております。 配当利回りは6%に迫る高水準となりました。 [続きを読む]
  • 2017年NISA投資の反省点と今後の方針
  • 2017年もあと2カ月となりましたが、今年のNISA枠はすでに皆さん使いきりましたでしょうか?私の2017年NISA投資の反省点現行NISAは年間120万円までが非課税枠として活用でき、2018年から始まるつみたてNISAとは異なり、対象商品は個別株やETF、投資信託など幅が広いです。さて、私の場合は夫婦共に現行NISAで運用をしておりますが、2017年におけるNISAでの投資方法は、お互い以下の通り異なっておりました。【私】米 [続きを読む]
  • 月次不労所得状況(2017年10月度)
  • 2017年10月度の不労所得状況は以下の通りとなりました。配当所得?アルトリア(MO)受取配当金(税引後): $34.11USD →FDAによるニコチン規制で株価が急落したアルトリア。直近の増配率は8.2%です。www.tenrakujinsei85.net?フィリップ・モリス(PM) 受取配当金(税引後): $17.06USD →株価軟調中のフィリップ・モリス。今が仕込みのチャンスか!?www.tenrakujinsei85.net ?コカ・コーラ(KO)受取配当金(税引後 [続きを読む]
  • 【PFE】ファイザー 2017年3Q決算結果を分析レビュー
  • ファイザーの2017年第3四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。2017年3Qは可もなく不可もなし(以下ファイザー 2017年3Q決算資料をもとに分析)①PL売上高は131.6億ドルで対前年比1%増となるが、市場予想の131.7億ドルをわずかに下回る。調整後EPSは0.67ドルとなり、市場予想の0.65ドルを上回る。純利益は28.4億ドルとなり、前年同時期の13.5億ドルを上回る。通期ガイダンスでは、調整 [続きを読む]
  • 米国株保有銘柄の増配率一覧と今後の個別株投資戦略について
  • 私の投資方針の基本は米国高配当銘柄への投資ですが、投資をする上で配当利回りや配当性向など、いくつか参考にしている指標があります。保有銘柄に関する配当指標一覧の整理私のようなインカムゲイン投資を重視する投資家であれば、下記のような配当に関連する指標を分析して、投資判断を下していることと思われます。配当利回り配当性向DPS(1株あたり配当金)連続増配年数配当成長率(増配率)など、さまざまな分析指標 [続きを読む]
  • 【CSCO】シスコシステムズから配当金をゲット(2017年10月)
  • 今週シスコシステムズから税引後配当金が$17.69USD入金されました。主要指標一覧チャート基本的に右肩上がりのチャートを描いています。同じハイテクセクターのIBMと比べると、株価の値動きはわりと安定しているように思われます。配当指標直近の配当利回りは3.37%、配当性向は53.2%となっております。配当利回りはまあまあな水準だと思います。一方、配当性向は53.2%のため、まだまだ増配の余地はありそ [続きを読む]
  • 【XOM】エクソンモービル 2017年3Q決算結果を分析レビュー
  • エクソンモービルの2017年第3四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。2017年3Qは上流・下流部門の損益改善により増収増益となる(以下エクソンモービル 2017年3Q決算資料をもとに分析)①PL売上高は661.6億ドルで対前年比12.7%増となり、また市場予想の633.9億ドルを上回る。調整後EPSは0.93ドルとなり、市場予想の0.87ドルを上回る。純利益は39.7億ドルとなり、対前年比49.8%増となる。【参考記事】E [続きを読む]
  • 【MO】アルトリア 2017年3Q決算結果を分析レビュー
  • アルトリアの2017年第3四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。2017年3Qは売上高減少なるものの70%の増益達成(以下アルトリア 2017年3Q決算資料をもとに分析) ①PL売上高は67.3億ドルで対前年比2.5%減となり、また市場予想の69.0億ドルを下回る。調整後EPSは0.90ドルとなり、市場予想の0.88ドルを上回る。純利益は18.7億ドルとなり、対前年比70.7%増となる。対前年比増益の主な要因は、前 [続きを読む]
  • 【KO】コカ・コーラ 2017年3Q決算結果を分析レビュー
  • コカ・コーラの2017年第3四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。2017年3Qは売上高減少なるものの38%の増益達成(以下コカ・コーラ2017年3Q決算資料をもとに分析)①PL売上高は90.7億ドルで対前年比15%減となるものの、市場予想の87.2億ドルを上回る。調整後EPSは0.50ドルとなり、市場予想の0.49ドルをわずかに上回る。純利益は14.4億ドルとなり、対前年比38%増となる。【参考記事】www.yahoo.c [続きを読む]
  • 【T】AT&T 2017年3Q決算結果を分析レビュー
  • AT&Tの2017年第3四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。 2017年3Qは減収減益の残念な結果に。。 (以下AT&T 2017年3Q決算資料をもとに分析) ①PL売上高は397億ドルで対前年比3%減となり、また市場予想の401億ドルを下回る。調整後EPSは0.74ドルとなり、市場予想の0.75ドルをわずかに上回る。純利益は30億ドルとなり、対前年比9%減となる。②キャッシュフロー3Qでのフリーキャッシ [続きを読む]
  • 【MCD】マクドナルド 2017年3Q決算結果を分析レビュー
  • マクドナルドの2017年第3四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。2017年3Qは売上高・EPSともに予想と一致の決算に(以下マクドナルド 2017年3Q決算資料をもとに分析)①PL売上高は57.5億ドルで対前年比10%減となるものの、市場予想とはほぼ一致。売上高減少の主な要因は、再フランチャイズ化による一時的な収益ダウンの影響による。調整後EPSは1.76ドルとなり、市場予想とほぼ一致。純利益は1 [続きを読む]
  • 資産状況(2017年10月)
  • 2017年10月時点での資産状況は以下の通りとなりました。<2017/10/24時点 評価換算額(円)>今月は投資信託とiDeCoの積立だけ実行しました。米国株は今年は追加購入を考えておらず、来年の年明けから追加買い増しを再開していく予定です。<資産構成内訳>相変わらず現預金たっぷりのポートフォリオです。 フルインベストメントしてもよいのですが、家庭の事情もあり、一定の現預金割合をキープしています。来年 [続きを読む]
  • 【VZ】ベライゾン 2017年3Q決算結果を分析レビュー
  • ベライゾンの2017年第3四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。2017年3Qは新規契約者数増により、好調な結果に!(以下ベライゾン 2017年3Q決算資料をもとに分析)①PL売上高は317.2億ドルで対前年比2.5%増となり、また市場予想の314.5億ドルを上回る。調整後EPSは0.98ドルとなり、市場予想の0.98ドルと一致。純利益は37.3億ドルとなり、対前年比0.3%減となる。②事業概況www.bloomberg.co. [続きを読む]
  • 【PG】P&G 2018年1Q決算結果を分析レビュー
  • P&Gの2018年第1四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。2018年1Qは増収増益なるものの、ややインパクトに欠ける結果に (以下P&G 2018年1Q決算資料をもとに分析)①PL売上高は166.5億ドルで対前年比1%増となるものの、市場予想の167億ドルをわずかに下回る。調整後EPSは1.06ドルとなり、対前年比10%増となるものの、市場予想の1.08ドル下回る。コアEPSは1.09ドル。②事業別PL1Q決算ではSK-Ⅱ [続きを読む]
  • 【PM】フィリップ・モリス 2017年3Q決算結果を分析レビュー
  • フィリップ・モリスの第三四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。2017年3Qは増収増益なるものの、売上高、EPSともに市場予想を下回る残念な結果に(以下フィリップ・モリス 2017年3Q決算資料をもとに分析) ①PL売上高は74.7億ドルで対前年比7%増となるものの、市場予想の77.2億ドルを下回る。調整後EPSは1.27ドルとなり、対前年比1.6%増となるものの、市場予想の1.38ドルを大幅に下回る。Ope [続きを読む]
  • 【IBM】IBM 2017年3Q決算結果を分析レビュー
  • IBMの第三四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。 2017年3Qは減収減益なるものの、クラウド関連が予想外の好調な結果に! (以下IBM 2017年3Q決算資料をもとに分析)①PL売上高は192億ドルで対前年比0.4%減となるものの、市場予想の186億ドルを上回る。調整後EPSは3.30ドルとなり、市場予想の3.28ドルを上回る。純利益は27.3億ドルとなり、対前年比4.3%減となる。IBMの今回の決算により、22 [続きを読む]