ぺぱくま さん プロフィール

  •  
ぺぱくまさん: キツネノマゴたち
ハンドル名ぺぱくま さん
ブログタイトルキツネノマゴたち
ブログURLhttp://pepakuma.blog.fc2.com/
サイト紹介文花や動物のペーパークラフトでジオラマを作りペットボトルに収めて飾っています。花の写真も。
自由文4L、500mlなどの空きペットボトルに植物園や花の咲く風景などを紙をメインにジオラマ化しています。
ボトルキャップやボトル外側の装飾などもいろいろ試しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2016/09/19 23:09

ぺぱくま さんのブログ記事

  • キャットタワー 「御子神さん」仕様に変更
  •  ドラマ「ねこタクシー」の御子神(みこがみ)さんのイメージを膨らませてボトルキャップを三毛猫の頭に見立て、首輪と名札も追加制作してみた。頭部はキャップにぴったり被せる形で厚紙を使用し表面にマーメイド紙、タント紙を貼り付けて加工。首輪はダイソーでちりめん紐を購入し糸で要所を固定した。「御子神」と書いた名札は厚紙で作り、画像ソフトで編集した文字を貼り付け鈴と一緒に首輪に付けてみた。ちりめん首輪は以前か [続きを読む]
  • キャットタワー ペーパークラフト 座布団加工 
  •  花の回廊の制作中だが気分転換に以前制作したキャットタワーに座布団を追加した。重量が非常に軽いのですぐ横倒しになってしまうので安定化の意味もある。イメージとしては大好きなドラマ「ねこタクシー」の御子神さんなのだが今回三毛猫は含んでおらず違和感があるかもしれない。ボトルキャップには麻縄を巻き付け、アクセントとして首輪に見立てた黒色リボンを結んだ。座布団は15ミリ厚スチレンボードを10センチ四方に切り [続きを読む]
  • ペトレア完成 植付け、 カラテア追加
  • 紫色4本と白色1本のペトレアを以前制作したものを小型化してみた。実物そっくりとは言えないクオリティーだが雰囲気は伝わるかなと。 花を作るにあたりツボミ、開花、花後の3種類に分け花序先端にはツボミ、中央には開花、後部に花後を接着した。花の大きさを微妙に変えて花序のふくらみを再現したかったが折角綺麗に形状をそろえるためクラフトパンチを使用したので花茎の長さを1ミリから3ミリまで変化させ花序のふくらみを表現 [続きを読む]
  • ディアンテラ完成・カラテア2種類追加
  • 木質化した幹と葉を作り葉の付け根に花を接着し完成した。他の花と比べるとスケール感を合わせるにはもう少し花を小型化したかったがこれが今のスキルでは限界・・・カラテア マコヤナとメダリオン。マコヤナはペンでお絵かきし、裏側は赤紫色にした。メダリオンは緑色タント紙の裏を赤紫色でベタ塗りし切り抜いてから薄緑→濃い緑→緑と塗り重ねた。 [続きを読む]
  • ディアンテラ・ノドサ キツネノマゴ科 制作中
  •  ダンドクの隣に植栽してあるのでとりあえず花部分を作ってみた。作業工程は右画像のようにピンク色タント紙を6×7ミリの長方形から台形に切り爪楊枝の先で円錐形に丸め、斜めに切れ込みを入れ広げ唇弁を3つに切り込み先を丸く加工した。コエビソウの花と作り方は大体同じだが葉と茎の形状はいまいちあやふやなので画像検索を掛けて確認するつもり。 [続きを読む]
  • ダンドク カンナ科 ミニサイズ制作
  •  花の構造が複雑で分かりにくそうだが以前作ったことがあるので(下の画像2枚)イメージを壊さない程度に簡略化して作ってみた。前回の花部分の全長は15ミリだったが今回は7ミリで約半分なので接着剤がかなりはみ出し白化してしまい絵の具である程度補修が必要だった。 前回制作したダンドク。このサイズであれば花弁の形状を滑らかに再現出来た現地と同じ場所に植栽し、花の高さは完成時に奥が見える程度に抑えた。 [続きを読む]
  • プルメリア ミューズ紙で葉を制作
  •  プルメリアの特徴である目立つ葉脈をどう表現するか迷ったが幸い直線的な筋なので元から一方向に直線模様があるミューズ紙を使用することにした。絵の具でお絵かきでは手先の不器用さが丸出しになってしまうので助かった。葉柄は30番ワイヤーを使用し強度を上げ垂れ下がり防止にし花はサークルカッターで直径9ミリの円を切り出し深めの切り込みを入れ成形した。 現地では別の場所に植栽されているが一度作ってみたかったので [続きを読む]
  • 花の回廊 ブーゲンビリア 白/ピンク制作
  •  白/ピンクのブーゲンは品種名「ピンクレディー」のつもりだが葉の隙間が妙に気になる・・・白色タント紙にピンク色絵の具で薄めまだらに着色してから打ち抜いてみた。右画像: 花茎を白にしたのは花の中央に濃い緑色が見えるのは違和感ありそうなので。花3個のユニットを多数組み立てた直後の画像だがこの後、軸に接着する前に花茎を葉と同色に着色した。花のボリュームを付けてブーゲン3色完成。 ブーゲン植栽後の上からと横 [続きを読む]
  • 花の回廊 ブーゲンビリアの制作進捗
  •  細かい作業になりそうで後回しにしていたブーゲンビリアを作る段階にきた。花の色は濃いピンク、オレンジ、白/ピンク(ピンクレディー)の3種類で葉色も変化させたいので2色使用した。まだオレンジ色だけだが現在ピンク色制作中。 花の部品、葉っぱは全て左上画像の模型用クラフトパンチを使用。このパンチ、小さい葉が打ち抜けて非常に便利なのだが日本の樹木仕様ではないので4種類中2枚は違和感ありでゴミになるのが非常に残 [続きを読む]
  • 花の回廊 サンゴバナ・カラテア制作
  •  キツネノマゴ科の植物が続いている。花が細かくて作りづらいがもともと好きな花なので完成するたびに軽く感動している。サンゴバナの花はショッキングピンクに着色したタント紙を1ミリ幅×9ミリに切断し半分に折り片方をカールさせた。これをワイヤー先端に紙を巻いて太くした花茎に上から貼り付けていった。葉はエンボス加工してある緑色の紙をダイソーで購入して2枚貼りし手切り。サンゴバナの花を3個作りホワイトキャンドルの [続きを読む]
  • 花の回廊 ホワイトキャンドル制作
  •  他の花に比べてこれもサイズが大きいが花のディテールを壊したくないので一目でホワイトキャンドルと分かるように作ってみた。素材はタント紙で形状記憶?が画用紙より優れていると思われる。以前クラリンドウを画用紙で制作したが、時間が経つと花弁のカールが無くなりダラーンと垂れてしまったので今回はタント紙にした。花弁はクラフトパンチのデイージーミニを使用し一枚分を糊代にして5枚花弁に成形した。ホワイトキャンド [続きを読む]
  • 花の回廊 パボニア・コエビソウ植付け
  •  若干花のサイズが大きいが「カール」のデイジー型クラフトパンチを利用して赤いガク部分を制作した。現在開花していないので画像検索で花の構造や葉や花の付き方を確認した。先端の「ヤク」は0.5ミリ角くらいに細かく刻んだ紫色の両面折り紙にボンドを付けたシベ部分を転がして貼り付けた。コエビソウはパキスタキスの隣に植付けたが花序の曲がり具合を再現できず残念。現在までの進捗。 [続きを読む]
  • コエビソウ9ミリ等 制作
  •  パキスタキスの隣に植付け予定のコエビソウをディテールを壊さないよう今迄作ってきたものより更に小型化して作ってみた。(花序9ミリ)薄緑色と赤色のタント紙を2ミリ角に切り3つの角を切り落とし苞を成形。28番ワイヤー先端に赤い和紙を巻き、それを芯にして上記の苞を貼り付け。白い花弁は0.6ミリの針金にメモ用紙を巻いて円筒形にしてから斜めに切れ込みを入れ上下に分け、下側花弁の中央に赤紫色のペンで模様を入れた。 [続きを読む]
  • 花の回廊 アリストロキア・パキスタキスなど制作
  •  アリストロキアの花は先日制作したがスケール感がやや大きかったので縮小してみた。葉はタント紙で7ミリ、6ミリ、5ミリ角の正方形から切り出し葉柄、ツルは35番ワイヤーを使用し、実物を観察すると葉柄の付け根にふくらみがあったのでツルに葉柄を巻き付け瞬間接着剤で固定し絵の具で着色。葉8枚に花、ツボミが2個くらいのユニットを多数作り太いツルに接着した。 黒い梁にツルを巻き付けるつもりだったが現地どおり梁の下にワ [続きを読む]
  • 花の回廊 ドラセナ、コルジリネ、大銀龍など制作
  • サイズが小さいのでかなり苦労しているが、にぎやかになってきた。ブーゲンビリアは後回しにして通路北側の植物から作っていくことにした。左からコルジリネ、ドラセナ・ワーネッキー、ドラセナ・コンシンネ。コンシンネの色が派手すぎるが綺麗なので妥協かな。コンシンネは30度ほど角度を付けた短冊切りで上から巻き付け接着。左から大銀龍、ゴッドセフィアナ。奥の方に植栽してあったが形状が面白いので作ってみた。葉の模様か [続きを読む]
  • 花の回廊 ハイビスカス・トラカン制作
  •  何から作るか迷ったが、まずは入口付近の室名プレート周りの植物からつくり始めた。ハイビスカスの白とオレンジフラミンゴ、地面にはトラカン植付け。オレンジフラミンゴの花は花弁が2段になっており特徴的で面白い。ただ実物の花は残念ながら咲いておらず画像検索で確認したので形状は怪しい・・・トラカンは模型用パンチで打ち抜き着色した。葉長5ミリ。深緑色のタント紙を使用し薄緑色に筆塗りしてから中央に茶色で直線を描い [続きを読む]
  • 花の回廊 ベース進捗 梁・室名プレート・排水溝 等
  • ベース作りに時間がかかったが今回の部品でベース作りは終了し植物が作れそうだ。中央付近の黒い梁は現地に存在しており各柱間に設けられている。18番ワイヤーを芯にして2枚貼りした黒画用紙を四角柱状に貼り付けた。これにアリストロキアを絡ませる予定。ベース周囲のスチレンボード断面をカバーするため黒画用紙を巻き、現地の入り口に「観賞大温室」と彫られた大理石板があったので写真を撮り印刷して貼り付けた。観賞大温室 [続きを読む]
  • 花の回廊 ベース進捗 側壁ガラス窓
  •  場所が分かりやすいよう花の回廊の側壁を加えてみた。柱は画用紙を巻いて外側にフレンチマーブル紙を貼り付け大理石ぽい質感になった。φ10窓ガラスはOHPシートのコーティングをエタノールで剥がし外壁内壁で挟み固定。ブラインド形状の窓ガラスは若干曇りガラスな感じを出すためクリアファイルを使用しアクリルカッターで筋を付けてみた。柱の上側をつないでいる構造物はスチレンボードで作り全体にコンクリート模様を印刷 [続きを読む]
  • 花の回廊 ベースを作ったはいいが・・・
  •  スチレンボードにてんぷら敷き紙を貼り付け絵の具で着色してみた。レンガ部分はこちらのフリー素材からDLさせて頂きマット紙に印刷した。ここまで作ったはいいが植栽域の範囲を欲張りすぎたことに気付いた。このスケールで植物を作ると小さすぎて特徴的な部分が再現できないかもしれない。現地の植物と全く同じ並びで作る必要はないのだがかなりの違和感が出てきそうな気がする。 [続きを読む]
  • 花の回廊 ベース作り開始
  •  アリストロキアの花を作るにあたってどうせ作るなら実際の植物園温室のジオラマにしてみようと水戸市植物公園の観賞大温室内「花の回廊」の構造を真似てまずはベースを作ってみた。向かって右側が北側入り口になる。そこからダンドク植栽域あたりまでの傾斜がついた通路、植栽区域を10ミリ厚スチレンボードを2枚貼り合わせカッターで削ってみた。奥の白いスチレンボードのみ5ミリ厚になる。アリストロキアは中央付近に2列作る [続きを読む]
  • アリストロキア_ギガンティア 花の模様を印刷
  •  幾度も作ろうとしては花の模様をどうするかで諦めていた。昔、祖母がこのような模様の前掛けをしていた記憶があったので色々検索をして「絞り模様」に近いということは分かったのだがそのものズバリな模様は見つからずその後思い出しては検索して探していた。和風模様の中に似ているものがあることが分かり試しに印刷してみると雰囲気は出ているように思える。なので絵の具でお絵かきではなく印刷して切り抜くことにした。使用さ [続きを読む]
  • 養命酒 薬用ハーブ園ジオラマ 完成
  • 最後に猫のミニチュアやテッポウユリなどを配置して完成にした。今までのボトル植物園と比較するとスカスカ感が否めないが円形ウッドデッキ上に展示物を多く並べていないのと地面の起伏が無く樹木が少ないのが原因のようだ。ウッドデッキの広々した解放感を少しでも残したく思いデッキ上はコウホネと市販マグネットの猫だけに抑えてみた。 ダイソーのアーチ深型コレクションボックスのカバーを装着したところ。ベースとの接着は両 [続きを読む]
  • 紅白モミジアオイ 追加
  • 円形ウッドデッキ左奥があまりにも寂しいので紅白モミジアオイを作ってみた。現地には無いのだがハーブ園はキハダが主役なので樹木ではなく背の高い草花ということで選んでみた。モミジのような掌状の葉が特徴で花径も大きく花弁にツヤがあり美しく感じる。近所の七ツ洞公園で実物をよく観察してから作り始めた。タント紙はつやが無いので両面赤色折り紙を使用。現在までの全景。 [続きを読む]
  • ミソハギ・レモンバーベナ 追加
  •  通路との境界線に植栽する植物をこの植物園で満開状態のミソハギにしてみた。葉は十字対生なので四角形の茎に植毛し易いが花序は細かすぎるので1ミリ角のピンク色和紙の中央を凹ませ貼り付けていった。薬用成分が多く含まれる草花の中から植栽植物を選定するのだが香り付け用のハーブで限定すると数少ないが薬用成分を多く含む植物に範囲を広げると結構種類が多いことが分かった。朝鮮朝顔やトリカブトといった変わった形状で創 [続きを読む]