ぺぱくま さん プロフィール

  •  
ぺぱくまさん: キツネノマゴたち
ハンドル名ぺぱくま さん
ブログタイトルキツネノマゴたち
ブログURLhttp://pepakuma.blog.fc2.com/
サイト紹介文花や動物のペーパークラフトでジオラマを作りペットボトルに収めて飾っています。花の写真も。
自由文4L、500mlなどの空きペットボトルに植物園や花の咲く風景などを紙をメインにジオラマ化しています。
ボトルキャップやボトル外側の装飾などもいろいろ試しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2016/09/19 23:09

ぺぱくま さんのブログ記事

  • ミニガゼボ完成
  • 夢中になって制作していたので途中写真を取り忘れいきなり完成。正面ライトONとOFF 照明は2か所で天井の全体照明と滝裏キャンドル照明。恒例の動物は滝裏キャンドルライトの脇に伸びをしているマグネット猫を置いた。背面ライトONとOFF 天井照明と底面電池ボックスはダイソー5LEDスタンドライトを分解して利用。 コレクションボックスの滝用に制作した植物は全て移植して新たにアレカヤシ、睡蓮、セローム、クロト [続きを読む]
  • 滝 ペットボトル仕様に作り直し 照明追加
  • コレクションボックス ハーフタイプに収める予定で途中までっ作ったがペットボトル収容に変更したので滝の高さを20ミリ高くしてスチレンボードの切り出しから作り直してみた。天井付近が暗くなりそうなので照明用の配線も通線した。流れ落ちる水は模様付きトレペにクリアー塗装し透明感の向上と光沢付けの手法を使い滝壺の水しぶきを2重にしてボリュームを少し付けた。滝の裏側に100均のキャンドルライトを2個分解して取付 [続きを読む]
  • ミニガゼボ 柵取付 ボトル切断加工
  •  切り出した画用紙パーツを巻き付け23個の柵パーツを成形した。スチレンボードと厚紙で作った柵上下のC形パーツをマーメイド紙で覆い一番上画像のパーツを慎重に貼り付けていった。マーメイド紙の質感はこの柵の雰囲気にマッチしている気がする。屋根は仮置きだがガゼボの外装はひとまず完成したので中身のボトル制作に取りかかる。ウィルキンソン炭酸1Lのペットボトルを底面から4センチの位置で輪切りにした。100均のスタ [続きを読む]
  • ミニガゼボ 柵 制作中
  • 柵という名称が正しいかわからないがボーリングのピンのような形をしたものがガゼボ周囲を囲っている。これを作るかどうかで雰囲気はまるで異なるので前作をサイズダウンして作ることにした。まずはサンプルを作り紙の大きさ等検討してみた。画用紙でパイプを作りそこに巻き付け成形する部品20数個分を画用紙から切り出しちまちまと作っていく。柱はリング状の部品を両端に付け加え仮接着した。マーメイド紙を周囲に貼り付けた効果 [続きを読む]
  • ガゼボをサイズダウンして2サイズ制作開始
  • 滝のジオラマはまだ半分ほどしか出来ていないがペットボトルに収容することに変更し以前制作したガゼボ外観のボトル植物園12をサイズダウンし「ウィルキンソン炭酸1L」と「500mL CRAFT BOSS」のボトルに合わせて作り始めた。「500mL CRAFT BOSS」は屋根だけ作ってみたが途中まで制作している「ウィルキンソン炭酸1L」を先に作ることにした。ガゼボ外観のボトル植物園12はこちら 屋根は綺 [続きを読む]
  • ビカクシダ・ポトス・オオタニワタリ追加
  •  タイトルの植物を追加制作し配置してみた。ビカクシダは滝の近くに自生しているか不明だが葉の形状がかなりお気に入りで直径5センチくらいのものを以前作ったことがあり今回は直径1センチと作りづらくはあったが加えてみた。 スチレンボードを半球状に切り出し表面にてんぷら敷き紙を貼り付けた。貯水葉はタント紙で作り、胞子葉は3か所から出葉していることにした。最後の葉の向きを調整する工程で見栄えがかなり変わるので [続きを読む]
  • 滝ベース作り コレクションボックスハーフ
  • 以前にも滝もどきのペーパージオラマを作ってみたが人にあげてしまい手元に無いので高さ10センチのハーフタイプコレクションボックスで新たに作ることにした。ベースはスチレンボードをカッターで成形してみた。いつもどおりスチレンボードの表面にてんぷら敷き紙を貼り付けた。鋏で切断すると不自然な直線が出来るので指でちぎりながら接着。滝壺周りはヒスイカズラで使用したエメラルド色のタント紙を貼り付けてみた。アクリル [続きを読む]
  • サンカヨウとシラネアオイ完成
  • 傾斜を付けたベースに枯れ枝・枯葉を貼り付けシラネアオイ・シダを追加し完成にした。シラネアオイの花と葉はタント紙を使用した。サンカヨウとの大きさ比率は正確ではないがネット画像でこの2種類が一緒に写っている画像を何枚か見つけたので参考にした。右下のシダはクラフトパンチで打ち抜き2枚を数ミリずらして貼り葉数を増やしてみた。地面を覆う枯れ枝・枯葉はクラフト紙で加工。最後列のサンカヨウの花は白タント紙で作り [続きを読む]
  • サンカヨウ 半透明花弁 制作
  • 昨日トレーシングペーパーにクリアー塗装して半透明化した。シベを黄色タント紙で、葉を100均のエンボス加工された緑色の紙の2枚貼りで作ってみた。朝露や雨にぬれて半透明化した花弁を表現できたような気がする。実物は花弁に白い筋が見えるのだが、このトレペ製花弁にも紙の繊維がそれらしく見える。塗料のおかげで花弁に光沢が出て雰囲気も出ていると思う。ただ花弁のカールが3次曲面に出来ず安っぽい造花感がぬぐえないの [続きを読む]
  • サンカヨウの透明な花弁 素材検討中
  •  先日偶然NHKのブラタモリで見たのだが薄い和紙でうちわを作り仕上げにニスを塗るとかなり透明度が上がるということを知りサンカヨウの花を思い出した。以前100均のトレペで試みたが透明度が上がらず諦めていた。そこで試しに厚めのトレペ(75g/m2)にクリアーのホビーカラーを裏表に塗装してみたところ思いのほか効果が出て使えそうな気がしてきた。ただモデラでゴリゴリ強く湾曲させようとすると白化してしまうので軽め [続きを読む]
  • スタンドライト(3SMD)分解使用
  • 今回使用したのはダイソーのスタンドライト(3SMD)で電源は単3電池3本。砲弾型LED5発の旧スタンドライトは電球色で「花の回廊」の照明には適当と思われたが指向角が狭すぎるのでSMDを使用することにした。このSMDのLEDは色は純白で結構な輝度がある。形状的にはむき出しで使用した方が現物に近いのだが明るすぎなので紙製のカバーを付けた。ライト1個でLEDは3個なのでライト2個を分解して6個分ニッパー [続きを読む]
  • キャットタワー 「御子神さん」仕様に変更
  •  ドラマ「ねこタクシー」の御子神(みこがみ)さんのイメージを膨らませてボトルキャップを三毛猫の頭に見立て、首輪と名札も追加制作してみた。頭部はキャップにぴったり被せる形で厚紙を使用し表面にマーメイド紙、タント紙を貼り付けて加工。首輪はダイソーでちりめん紐を購入し糸で要所を固定した。「御子神」と書いた名札は厚紙で作り、画像ソフトで編集した文字を貼り付け鈴と一緒に首輪に付けてみた。ちりめん首輪は以前か [続きを読む]
  • キャットタワー ペーパークラフト 座布団加工 
  •  花の回廊の制作中だが気分転換に以前制作したキャットタワーに座布団を追加した。重量が非常に軽いのですぐ横倒しになってしまうので安定化の意味もある。イメージとしては大好きなドラマ「ねこタクシー」の御子神さんなのだが今回三毛猫は含んでおらず違和感があるかもしれない。ボトルキャップには麻縄を巻き付け、アクセントとして首輪に見立てた黒色リボンを結んだ。座布団は15ミリ厚スチレンボードを10センチ四方に切り [続きを読む]
  • ペトレア完成 植付け、 カラテア追加
  • 紫色4本と白色1本のペトレアを以前制作したものを小型化してみた。実物そっくりとは言えないクオリティーだが雰囲気は伝わるかなと。 花を作るにあたりツボミ、開花、花後の3種類に分け花序先端にはツボミ、中央には開花、後部に花後を接着した。花の大きさを微妙に変えて花序のふくらみを再現したかったが折角綺麗に形状をそろえるためクラフトパンチを使用したので花茎の長さを1ミリから3ミリまで変化させ花序のふくらみを表現 [続きを読む]
  • ディアンテラ完成・カラテア2種類追加
  • 木質化した幹と葉を作り葉の付け根に花を接着し完成した。他の花と比べるとスケール感を合わせるにはもう少し花を小型化したかったがこれが今のスキルでは限界・・・カラテア マコヤナとメダリオン。マコヤナはペンでお絵かきし、裏側は赤紫色にした。メダリオンは緑色タント紙の裏を赤紫色でベタ塗りし切り抜いてから薄緑→濃い緑→緑と塗り重ねた。 [続きを読む]
  • ディアンテラ・ノドサ キツネノマゴ科 制作中
  •  ダンドクの隣に植栽してあるのでとりあえず花部分を作ってみた。作業工程は右画像のようにピンク色タント紙を6×7ミリの長方形から台形に切り爪楊枝の先で円錐形に丸め、斜めに切れ込みを入れ広げ唇弁を3つに切り込み先を丸く加工した。コエビソウの花と作り方は大体同じだが葉と茎の形状はいまいちあやふやなので画像検索を掛けて確認するつもり。 [続きを読む]
  • ダンドク カンナ科 ミニサイズ制作
  •  花の構造が複雑で分かりにくそうだが以前作ったことがあるので(下の画像2枚)イメージを壊さない程度に簡略化して作ってみた。前回の花部分の全長は15ミリだったが今回は7ミリで約半分なので接着剤がかなりはみ出し白化してしまい絵の具である程度補修が必要だった。 前回制作したダンドク。このサイズであれば花弁の形状を滑らかに再現出来た現地と同じ場所に植栽し、花の高さは完成時に奥が見える程度に抑えた。 [続きを読む]
  • プルメリア ミューズ紙で葉を制作
  •  プルメリアの特徴である目立つ葉脈をどう表現するか迷ったが幸い直線的な筋なので元から一方向に直線模様があるミューズ紙を使用することにした。絵の具でお絵かきでは手先の不器用さが丸出しになってしまうので助かった。葉柄は30番ワイヤーを使用し強度を上げ垂れ下がり防止にし花はサークルカッターで直径9ミリの円を切り出し深めの切り込みを入れ成形した。 現地では別の場所に植栽されているが一度作ってみたかったので [続きを読む]
  • 花の回廊 ブーゲンビリア 白/ピンク制作
  •  白/ピンクのブーゲンは品種名「ピンクレディー」のつもりだが葉の隙間が妙に気になる・・・白色タント紙にピンク色絵の具で薄めまだらに着色してから打ち抜いてみた。右画像: 花茎を白にしたのは花の中央に濃い緑色が見えるのは違和感ありそうなので。花3個のユニットを多数組み立てた直後の画像だがこの後、軸に接着する前に花茎を葉と同色に着色した。花のボリュームを付けてブーゲン3色完成。 ブーゲン植栽後の上からと横 [続きを読む]
  • 花の回廊 ブーゲンビリアの制作進捗
  •  細かい作業になりそうで後回しにしていたブーゲンビリアを作る段階にきた。花の色は濃いピンク、オレンジ、白/ピンク(ピンクレディー)の3種類で葉色も変化させたいので2色使用した。まだオレンジ色だけだが現在ピンク色制作中。 花の部品、葉っぱは全て左上画像の模型用クラフトパンチを使用。このパンチ、小さい葉が打ち抜けて非常に便利なのだが日本の樹木仕様ではないので4種類中2枚は違和感ありでゴミになるのが非常に残 [続きを読む]
  • 花の回廊 サンゴバナ・カラテア制作
  •  キツネノマゴ科の植物が続いている。花が細かくて作りづらいがもともと好きな花なので完成するたびに軽く感動している。サンゴバナの花はショッキングピンクに着色したタント紙を1ミリ幅×9ミリに切断し半分に折り片方をカールさせた。これをワイヤー先端に紙を巻いて太くした花茎に上から貼り付けていった。葉はエンボス加工してある緑色の紙をダイソーで購入して2枚貼りし手切り。サンゴバナの花を3個作りホワイトキャンドルの [続きを読む]
  • 花の回廊 ホワイトキャンドル制作
  •  他の花に比べてこれもサイズが大きいが花のディテールを壊したくないので一目でホワイトキャンドルと分かるように作ってみた。素材はタント紙で形状記憶?が画用紙より優れていると思われる。以前クラリンドウを画用紙で制作したが、時間が経つと花弁のカールが無くなりダラーンと垂れてしまったので今回はタント紙にした。花弁はクラフトパンチのデイージーミニを使用し一枚分を糊代にして5枚花弁に成形した。ホワイトキャンド [続きを読む]