黄色いトラム さん プロフィール

  •  
黄色いトラムさん: 黄色いトラムのポルトガル情報
ハンドル名黄色いトラム さん
ブログタイトル黄色いトラムのポルトガル情報
ブログURLhttp://porto-do-porto.blogspot.jp/
サイト紹介文ポルトガル食品インポーターのポルトガル情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/09/21 17:11

黄色いトラム さんのブログ記事

  • ポルトガルの気になるSUSHI屋さん事情
  • 海外旅行をした時に、旅先の日本食レストラン事情が気になる方も多いのでは・・・ということで、本日はポルトガルの日本食屋さん事情を。本日ご紹介するのは、ポルトにある日本食レストランKANPAI DOWNTOWN.安易な名前のつけ方ではありますが、店構えはオシャレです。今では外国では定番になってしまった「中国人による日本食レストラン経営」ポルトガルではそこまで浸透してないようで、割とポルトガル人オーナーが多く、店構えも [続きを読む]
  • 色々なバカリャウの食べ方 Bacalhau com todos
  • 本日ご紹介するのは、観光でリスボンに行ってまず、行っておこう!と思う街中スポットの一つ、コメルシオ広場から続いているメイン通りSão Nicolau通りにあるレストラン。Bacalhau com todos です。そう。Bacalhau with everything というレストランの名前通りメニューはバカリャウばかり。色々な調理方法でバカリャウが振る舞われます。観光地のど真ん中の通りなので、ここは来るたびに新しいレストランが出来ているし、きっと [続きを読む]
  • ギネス記録更新の地はポルトガルにあった・・・
  • 私たちはサーフィンはしないものの、海のある町で育ち、海のある町へ留学し、海のある町に住みつき、また海のある町に帰って来たため、海もアーシングも大好き。裸足で砂を踏む瞬間がたまらなく好きです。そんなこんなで色々な海や自然情報をチェックしている時、結構前にハワイ在住のギネス記録保持サーファーガレットマクナマラがここナザレで自分が持つサーフギネス記録を塗り替えた記事を読んでいたのですが、なんだこの波は! [続きを読む]
  • 独特なビーチ、ナザレの雰囲気
  • 今回は写真と共に地元のビーチナザレをご紹介。まずはナザレの大まかなご紹介から。アマリアロドリゲスがフランス映画でナザレを歌ったため、日本でも知っている方が多いかもしれないポルトガルのビーチ町ナザレ。リスボンから車で1時間30分で到着しました。イスラエルにあるナザレに由来しているポルトガルのナザレ。ここには独特の文化があるのですが、最近はポルトガル人やヨーロッパ人の「静かな」ビーチ滞在先として人気です [続きを読む]
  • リスボンのデザイナーと打ち合わせ
  • 私たちはポルトガル人のデザイナーについてもらっているのですが、先日ポルトガルでデザイナーの彼女と打ち合わせをしてきました。彼女との出会いはオビドシュにて。色々な偶然が重なって一緒にお仕事ができるようになり、こういうのも全てご縁だなぁとありがたく思います。今回の打ち合わせはリスボンのParliament近くのカフェにて。Parliament近くということで、お役所系の方々がたくさん歩いていますが、お洒落なカフェも所々あ [続きを読む]
  • お気に入りの町となったLagos(ラゴス)
  • こんにちは。本日はポルトガルの南のアルガーブの町ラゴスをちょこっと紹介。アルガーブは塩が有名なので塩の会社訪問に行ってきました。塩田の説明はドイツの輸入者と共に。ビジネスの場に女性だけが揃うのは珍しいですね。さすがヨーロッパ。そして打ち合わせが終わった後、Algarveの中にある町Lagosという町に行ってきました。毎回空が広いとつくづく思うアルガーブ内での運転。爽快です。ラゴスはアルガーブのかつての首都。な [続きを読む]
  • シントラのペナ宮殿に到着
  • そうしてやっと辿り着いたペナ宮殿。ペナ宮殿へ一歩入ると中は不思議な空間。外見からおかしなお城でしたが、中へ足を踏み入れるとやはり「奇妙なお城」です。その歴史を知らなければ、「偽物っぽい」と思ってしまうほど不思議なお城。一体なんなんだこのお城は!イスラム・ゴシック・ルネッサンス・マヌエル様式などと各様式が混ざりすぎてすごいことになっています。掴めない。しかし、知れば知るほど魅力に取り憑かれ、素晴らし [続きを読む]
  • ぺナ宮殿が見えるまで
  • 不思議発見でも放送され、ポルトガル好きの間では有名なシントラのぺナ宮殿本日はそんなぺナ宮殿をご紹介します。シントラはリスボンから西へ30kmほど行ったところなので日帰りでも十分に行ける場所。行くまではお城が普通にあるのだろうな?と思っていた私ですが、近く度にどんどん車窓が緑に囲まれて行くので、ドキドキ・・・ペナ宮殿は木々が生い茂った山中にあり、お城にたどり着くまでがすでに探検でした。クネクネした山道を [続きを読む]
  • サンベント駅のアズレージョ
  • 今日紹介するのはポルトに行った際には絶対観に行かなければならないスポット。ポルトガルは見に行かなければならないスポットがありすぎて困ってしまいますが、ここはやっぱり観て欲しい。アズレージョと言ったらやはり教会ですが、こちらはなんと駅の構内!ジャン!そう壁一面です。入った瞬間に観光客が口を揃えて「WOW」と言っているのが聞こえてきます。20世紀の初めに修道院の跡地に建てられたようで、物々しい雰囲気が描か [続きを読む]
  • アルブフェイラで見た夕日
  • アルガーブの滞在時にはリゾート的コンドミニアムの様な場所をAlbufeiraに借りました。アルブフェイラは空港があるファロと歴史的な町のラゴスとのちょうど真ん中に位置する町。アルブフェイラとは変わった名前だし、ポルトガル語っぽくないな?と思って調べて見るとアラブ語で「海上の城」という意味らしいです。イスラム時代の名残ですね。ここはアルガーブ内でも割と有名な滞在地で、ヨーロッパ人の長目のバカンスを取りに来て [続きを読む]
  • Algarveツナステーキ
  • こんにちは。まだ7月だというのに、暑くて大変な日々が続いていますね。日本だけではなくポルトガルも猛暑で大変そうです。今日紹介するのは、そんな暑い日に妄想に耽るのにピッタリなポルトガルの南部のリゾート地ALGARVEこの町の名前が出てくるたびに発音に困ります。ここではサッカーでは有名なALGARVE CUPというのがあるのですが、その日本語発音は「アルガルベ カップ」私たちはアウガーヴ・アウガーヴェなどと言いますが、 [続きを読む]
  • 古いものをリノべートした場所 LX FACTORY
  • Bom dia!最近は日本でのお仕事が忙しく、久しぶりのお便り更新です。今日はヨーロッパ的考え方の「古いものを残しつつリノベーションする」考えから出来たちょっとファッショナブルな場所を紹介。LX FACTORYこの LXfactory はその名の通り、昔は全て工場だった場所。昔と言ってもそう昔ではなく、ポルトガルはずっと不景気が続いていた為、ここは全て廃墟になっていたそうです。そこで若者が立ち上がり、デザイナーを集めてアー [続きを読む]
  • リスボンのお洒落レストランバー Palácio Chiado
  • 本日はリズボンの素敵な場所をご紹介。食べることが大好きな私たちなので色々な場所から情報を引っ張り出してきて片っ端から行ってみるという行為を繰り返しています。本日紹介する場所はパレス!Palácio Chiado(パラシオ シアード)というシアードにあるレストランバーです。ここは、その名の通り本当のパレスを改装したもの!こんな街中に素敵な場所が残っているなんて・・・美しい!もちろん中はかなり手を加えられているも [続きを読む]
  • 青山の地中海レストランCICADAさんレポート
  • 本日はポルトガルではなく日本のレストランの食レポ。青山にある地中海料理のお店CICADAさん。超人気レストランなので、きっとご存知の方も多いと思いますが、そこで私たちのポルトガルのオリーブオイルを使っていただいています。同じ系列のパン屋さんをすり抜けて奥の方へ向かうと出てきました。青山の一等地だと言うのに広々と取られるこのWaiting space.ここでコートなどを預けて中へ進みます。入った瞬間流れる空間は都内とは [続きを読む]
  • ポルトの名物フランセジーニャ失敗編
  • 出張が多い会社の人たちと話をしているとやっぱり行く国々で美味しい物を食べると、そこの国が好きになると言います。やっぱり食べ物ってそれほど重要。ということで今日はポルトのレストランArroz de Fornoの紹介。いつもは美味しいものや場所ばかり紹介しているので今日は失敗編を。ARROZ DE FORNOはポルトガル語でオーブンで焼いたライスという意味。そういう料理があり、実際オーブンで焼いたミックスライスみたいなものでブラ [続きを読む]
  • リズボンのオシャレな隠れレストランLargo
  • 今日はリズボンのとびっきりオシャレで話題のレストランを紹介。日が暮れたリズボンの夕方・・・向かった先はChiadoにあるオシャレでスタイリッシュなレストランLargoいつもの繁華街Chiado(シアード)の真ん中にあるレストランです。入り口からして素敵な感じ。一歩入ったところにあるからか、珍しくポルトガル人がたくさんいました。中に入った瞬間にオシャレなバーがお出迎え。ワーオ!日本とは違ってみんなポルトガル時間でく [続きを読む]
  • ポルトガルの気持ち悪い食べ物????これが亀の手!
  • 本日はポルトガルで食べた気持ち悪い食べ物を紹介したいと思います。Penicheという港町でランチをしたときのこと、衝撃的な食べ物に出会いました。海沿いにある小さな町で海辺のレストランに入った時のこといつも通りアパタイザーを出され美味しくお料理を始めると、友人が「Percebes」って知ってる?と言い始めました。「???ペルセベシュ?何?」「まぁいいよ!とりあえず頼んでみよう!この食べ物大好きなんだ!日本では食べ [続きを読む]
  • ポルトのジェラート屋さんAmorefrato
  • 今日はポルトの私たちが好きなジェラート屋さんの紹介。ポルトの町のメイン通りサンタカタリナ通りに突き当たっている坂を下りていくと私達のお気に入りのジェラート屋さんがあります。Amorefrato(アモーレフラート)ポルトの人気ジェラート店でありメイン通リのサンタカタリナ通りにはないもののいつも混みあっています。いつもカップルで満席。夜はもっと忙しい。ポルトガルでよく見かけるのが夫妻デート。もちろん夫妻観光客がほ [続きを読む]
  • 日本ポルトガル協会の会報誌に載せて頂いた記事
  • 実は今月、日本ポルトガル協会の会報誌に載せていただきました。ジャン!以下、内容です。***『美味しい料理と素朴な人々。』青い空と哀愁漂う中世の街並み。1度訪れた人は必ず虜になってしまうと言っても過言ではないポルトガルにはとにかくいろいろな魅力があります。その中でも、ポルトガル旅行経験者によく聞くのが「ポルトガルで食べたご飯がとても美味しかった」という感想。ということで本日はポルトガルの米文化を少し [続きを読む]
  • 城壁の町オビドシュの雰囲気
  • 本日は城壁の町オビドシュを紹介したいのですが、ここはとても1回の記事だけではまとめられないので、今日はまずどんな町なのか浅くオビドシュを紹介したいと思います。リズボンから北西に1時間行ったところにある城壁の町。名前の通り城壁に囲まれた町なのです。町がだんだん見えてきた時の気持ちは感動もの。城壁の町が壊されず未だに残っているなんて・・・戦争で中立国になったポルトガルだからあり得るわけです。それにして [続きを読む]
  • 世界遺産の町シントラで有名なお菓子ケイジャーダ
  • 美味しいものがいっぱいのポルトガル。ここでは日々色々なポルトガルの美味しい食べ物や食文化を紹介していますが今日はちょっと変わったお菓子の紹介。リズボンから車で1時間ほど西へ行ったところに、世界文化遺産に登録されている町シントラがあります。イスラムの影響を受けた町であり、有名なペナ宮殿はとっても独特。歴史的背景がとても深く、シントラは私たちも大好きな町なので(きっと皆が感銘を受ける町)追々素晴らしさ [続きを読む]
  • 黄色いトラムと年賀状に込めた思い
  • 2017年あけましておめでとうございます!今年も皆様にとって素敵な年になりますように!ここでは「ポルトガル情報」ということもあり、会社のことはあまり書いてきませんでしたが、本日は少し会社のことを。ポルトドポルトは年末に、ポルトガルのデザイナーにこんなデザインをしてもらいました。(そしてこの絵を年賀状にして皆様に送らせてもらいました?)ジャン私達の会社のイメージであり、色々な思いが詰まった一作です。左に [続きを読む]
  • リズボンの美味しいレストランPateo 
  • 今日もまた新たにリズボンのポルトガル料理のお店を紹介。場所はリズボンの街中から少し離れたParque das Naçõesという新しい感じのビジネスエリアです。ポルトガルのアパタイザーはフランスほど気取ってないけれど、美味しくて本当に美味しい。フレンチはオシャレが先を走っているので日本人の口に合わないものも結構あると思いますが、ポルトガル料理のアパタイザーは本当に日本人に合うと思います!前回、4ユーロもしたタラの [続きを読む]