lea さん プロフィール

  •  
leaさん: 夫47歳膵臓癌。家族皆で上を向いていこう。
ハンドル名lea さん
ブログタイトル夫47歳膵臓癌。家族皆で上を向いていこう。
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/chouchou-kosach/
サイト紹介文夫が膵臓癌になりました。 毎日を穏やかに笑って過ごしたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2016/09/21 21:05

lea さんのブログ記事

  • 9/18からのこと
  • ちょっとずつ書いてはいたのですが、なかなか進められなかった最期のことです。9/18亡くなる前々日は、主治医がくれた栄養補助食品エネプリン(MCT入りて低糖低タンパク)のサンプル食べてがんばってました。9/19前日は朝からウトウトして、話しかければ目を開けて受け答えはできるものの、込み入った話は、「ちょっと待って(後にして)」とそのまま。食事も励まして食べさせるレベルでもなく、用意しても手をつけることはなくお [続きを読む]
  • 娘のこと
  • 娘は、とても自然体です。家に戻った数日間も普通に顔の布を取って話しかけていたり、お骨になってからも祭壇の前に座り込んでいることも多くて。パパと話したいことがたくさんあるみたい。弟と笑い転げて遊んだり、楽しそうに友達と過ごしていることも多く、落ち着いてるね、と言われます家では、部屋に篭ってると思ったら目を赤くして出てきたり、不意に私にギューとくっついてきたり。お腹痛いと訴えてくることも多いし、夜泣い [続きを読む]
  • 少しずつ、進む
  • 葬儀が終わり、子供達は学校に行き始めました。なんとか日常を取り戻していきたいところですが。夫がやりっぱなしの会社が、代表取締役不在という困った事態になっており夫が6年前に立ち上げ、本人が100パーセント株主の小さな会社ですが、一応従業員も何人かいて。新たな代表を立てるためには株主総会を経ないといけない=株の相続人を決定しなくてはいけない=早々に相続の話が本格化しています。結局私が相続して、会社の精算に [続きを読む]
  • 葬儀までの
  • お寺の都合などで、葬儀までまだ間があります。眠いし、お腹もすく。普通に生きてます。弔問客が後を絶たない。夫は親戚が多いし、義実家は自営、夫の仕事関係や友人も。いつも部屋を綺麗にしておかなきゃならないし、自分の身なりも整えておかなきゃならない。いつも誰かが家にいて、ごはんの用意も誰かがいつも考えてくれて勝手に出てくる。自分で用意するのは朝ごはんを並べるくらい。葬儀屋さんとの打ち合わせで、参列者の人数 [続きを読む]
  • 恋の季節?
  • 連休中に、Dr.や看護師さんに、延命についての意向を聞かれました。心臓マッサージや挿管をするかという確認。家族の意向はと聞かれ、「本人が辛いことはしなくていい」そうは思っていても、延命を「しなくていい」その一言を口に出すのは、自分で考えていた以上に、キツイです。7月にがんセンターで同じような確認をされた時は、意向を聞かれるというより、延命しないけどいいよね?的な確認だったので、yes以外の選択肢はありま [続きを読む]
  • 子供達へ伝えるには。
  • 娘はとても怖がりで痛がり。夫の手術の時やCARTの時、お腹を切ったと説明を聞くだけで、やめてーと身震いしていました。それでも後からこわごわ、夫のお腹を確かめ、心配しています朝ごはんの時、タイミングがあり、パパがとても悪いこと、今度の入院は長くなりそうだということを2人に伝えました。「パパの病気のこと知りたい?知りたかったら、ママより詳しい先生にちゃんと聞いてみる?」と言ってみたら、娘は「いい」と。どこ [続きを読む]
  • 1日1日を積み重ねる
  • 夫のHbは7にまで上がりましたひとまずは輸血が身体にとどまっているということでしょうか。輸血を受けてから知った、想像以上に深い弊害。輸血自体に否定的だったがんセンター。色々考えると、メリットだけではない、というのは承知の上で。夫にとって、ほんの少し上向いて、昨日より多少は元気になって頑張れることを、無意味だとは思えない。だってまだ子供達が向き合っていないから。他の検査結果も軒並み異常値です。あれだけ [続きを読む]
  • 9月15日
  • 夕方。当直明けで激混み外来を捌いた後であろうDr.が病棟に来て、疲れた顔も見せずに病状説明をしてくれました。初めて、夫のいない場で。状態は昨日聞いたのと同じ。ヘモグロビンが2.6。Dr.も初めて見るような数値。精神力がすごい。送り出す血がないから血圧も低い。いつショックを起こしても不思議はない。急変の危機はこの先ずっとあると思った方がいい。昨夜からの輸血は1.2リットル、6単位。止血剤の点滴も入れているが、腹 [続きを読む]
  • 入院
  • 日に日に、じりじりと悪くなって。急変ではないので、受診のタイミングがはかれない。金曜日に診察予約だからと様子を見ながら。昨日は、朝トイレに行った後戻れなくて、二人で廊下にへたり込んでしまったり。(その後ほぼ引きずってベッドに戻しました)いつもは込み入った話を片手間で聴いても一回で理解できるような人が、往診Dr.を決める相談などをしても、なんだかぼーっと話を聴いてない。食事もとれず。頑張って飲んでたド [続きを読む]
  • 辛いなあ
  • 夫が泣きました。朝、ベッドで小のお世話をすることになり。情けないって。私は全然良かったんだけど。入院中、下のお世話の時は絶対に席を外すように言われてたので。夫の気持ちを考えると、辛い。痛い。寝たきりでも、生きてて欲しいんだけどな。家にいて欲しいんだけどな。夫は入院したいかもしれない。私の方が、離れることを受け入れられないかも。 [続きを読む]
  • 足掻くこと、諦めないこと。
  • 週末から血糖値を測ってみると、やはり朝が低く、昨日今日は50-60、今日は33…これ合ってるの?昏睡で目覚めなくても不思議ないのではないかと。恐ろしいです。気力精神力なんでしょうか。この血糖値で、この血圧で、このHb値で、軽口たたくくらいはできて、なんとかトイレに行けて、食欲落ちたとはいえ毎食少しはとれてる。 それだけで本当に頑張ってくれてる。力が入らない。立ち上がりは私におおいかぶさるような感じです。でも [続きを読む]
  • 不調そして転倒。原因は…
  • 今週は不調が続いて、どんどん弱って行った夫。水曜は検査結果上は悪くないけど輸血してもらいましたがあまり良くならず昨日、木曜はハイパーサーミア2回目で、出力が上がったらしくヘロヘロにその後から、椅子からの立ち上がりも、手伝わないとできなくなりましたで昨夜、王様の椅子からの立ち上がりを手伝った直後、バランスを崩して膝から転んでしまいました。そして、その場のソファに捕まって立ち上がろうとするも、やはり私 [続きを読む]
  • 相変わらず、食べる&運動あるのみ。
  • 最近火水は仕事に出ていますここ数日調子の悪い夫、トイレからの立ち上がりすらキツイと言っていて昨日はまた輸血してもらいに行くと、仕事中にLINEが来ました。仕事休みの義姉に日中頼んでいたのですが、付き添って病院に行ってくれるとのこと。私も仕事終わり次第向かいました血液検査の結果は、Hb6.7、アルブミン3.1とまた微改善しんどいのはここ数日のエネルギー不足のせいではないかと言われました。Dr.は輸血はしなくて良さ [続きを読む]
  • 調子が悪い
  • 夫は週末からちょっと調子が悪いようで、胃がムカムカすると、食欲がありません特にオイルドリンクなどがあまり飲めず、オイルが入らないと、カロリーが足りなくなってしまうのです夫いわく、プロテインのサプリも合わない気がするとのことメーカーにより合う合わないあるみたいなので、別なのを試してみようかともおもいますが、今は見るのもいやそうな顔冷たくしたさっぱり味のココナッツミルクプリンはいけそうなので、ココナッ [続きを読む]
  • 今宵も新鮮な血を…
  • 今日は診察でまた病院水曜日の輸血が奏功しHb5.7→6.6まであがりましたよーといってもまだまだ低く、8くらいを目指したいとのことで、今日も輸血コース新鮮な血をいただいてきました今年のハロウィン仮装はドラキュラ伯爵でいくことにします。冗談はさておきお腹の中で止血できてないのはまずいようなので、今回はさらに内服の止血剤も出されました止まると思うと言ってもらえましたが、恐ろしい話も聞いてしまい。すい臓がんとい [続きを読む]
  • 糖尿フォロー終了。
  • 今週は通院三昧です昨日は糖尿のフォロー外来。この日の血糖値は食後2時間で98(朝ごはんはバジルのオムレツ、ベビーリーフのサラダに市販のドレッシング、低糖パン、プロテインとオイルのドリンク)。ここのとこずっと安定してるから今日で糖尿のフォローは終わりだそうですがん発覚から1年8ヶ月。術前はインスリン注射をしてました術後は、Dr.からはそのうち確実にまたインスリン自己注射の生活になると言われましたが、残った膵 [続きを読む]
  • 介護認定おりました&リハビリの検討
  • 介護保険の認定が出ました。 要介護4下から2番目に重い等級です。8月初めの熱中症での入院中に認定調査が来たので、こうなりました(その時に過去や未来は考えずに現在の状況を申告してと言われたので)包括支援センターに電話し、翌日話を聞きに行って、その場で申請の手続きをお願いし、1週間後に認定調査、2週間ちょっとのお盆明けには結果が郵送されたので、かなりスムーズに行ったのではないかと思います介護保険申請した主 [続きを読む]
  • CARTの次は
  • CARTから1週間初めは低血圧と貧血の症状が強かった夫ですが、昨日は自宅マンションのまわりを少し歩けるように。ヘロヘロにはなったものの疲れは引きずるほどではなく、徐々にやっていこうねと話していました腹水も、少しは戻っていますが、抜いた時の半量まではいたってないような感じですよしよし良い調子と思いながら診察室に入ると、いきなりの ヘモグロビンが5ですと…?散歩したって言ったら先生びっくりしてたようです、と [続きを読む]
  • がんと栄養とリハビリ
  • リハビリという視点からの栄養について。ちょっと調べたことをまとめてみましたまずリハビリには大きく2種類あります。筋力持久力アップなど機能改善を目標とする積極的なものこれ以上弱ってしまわないような機能維持のためのものそして低栄養の状態で、筋トレなどの積極的なリハビリを行うのは逆効果になるここまでがリハの基本。さて。低栄養の原因は3つです夫の場合。悪液質と侵襲(熱中症、癌性腹膜炎、今朝の腹水関連の出血元 [続きを読む]
  • 救急外来にきてます
  • 昨夜、CARTの抜管したあたりから、寝ている間に皮下に血性腹水?がひろがったのか、背中にかけて内出血のような青あざが、手のひら以上の大きさに広がって驚愕緊急性はないような気もしたので、そのまま寝て、朝一で病院に電話。主治医は不在だし経過見ても良さそうだけど、念のため受診することにしました外科の他の先生が手の空いた時、ということみたいで、一般外来ではなく救急外来で1時間以上経ってますが、看護士さんが優し [続きを読む]
  • いつも前向きって訳にもいかない
  • 時にはちょっと黒い気持ちでやさぐれることも勿論ありまして 腹水、すでに微妙にたまってますそして低血圧がさらに悪化。これは脱水のせいではない気がする…腹水のせい?なんだかわかりませんなかなか思うようにはいきませんね。どうにもならないもどかしさは、些細なことでのイライラにつながりますここのところ子供達のことも怒ってばかり夏休みの前半を入院で構ってあげられなかったら、宿題が恐ろしくたまってしまいました初 [続きを読む]
  • KM-CARTつづき
  • 木曜日。腹水を抜いた後、夕方ごろはやはりフラフラに無事フィルターも通り400?ほど体に戻すことができ、輸液、輸血も含め、夜中までかけて入れたら、だいぶ元気になりました金曜日。抜管と縫合をし、退院お腹がぺったんこになると、そのぶん順当に体重は減り、1%だった体脂肪はとうとうエラーが出て測れず。脂肪も筋肉もどこにもない状態ですそして、皮膚の上から触れる腹膜転移。腹水がなくなった分、赤ちゃんのこぶし大に固く [続きを読む]
  • KM-CART
  • KM-CART、今朝から始まりました私が病院に着いた時はもう始まっていて、袋の中身は衝撃的に真っ赤血性の腹水だったようです。肝臓かどこかから血が染み出しているのだろうと。その後採血をすると、Hbなどが月曜の数値より下がっていて7.0…。絶対値でも低いし、この数日の下り幅も大きい。少し歩いただけでげっそりなのは、このせいかもしれないとのことですちょっと前から、骨髄抑制から白血球は戻っていても、赤血球やHbなどか戻 [続きを読む]
  • ケトンの女神が微笑んでくれない
  • 昨日の地元病院での診察栄養療法を受けていたDr.(外科医)のところです。がんセンターからの紹介状も行って、一応主治医になってくれたわけです・Dr.はまず一目で腹水のことを気にしてくれて(相当ぽんぽこりんなので当然かな)エコーを。腹腔に水は溜まっているが腸は空っぽ?だかで、腸に悪さはしてないから水を抜けば楽になるだろうと、翌々日(明日)にKM-CARTのための入院の手配をしてくれました。こちらとしては願ったりで [続きを読む]