H.Kuma さん プロフィール

  •  
H.Kumaさん: 本線の乗換駅を作る
ハンドル名H.Kuma さん
ブログタイトル本線の乗換駅を作る
ブログURLhttp://hkuma.net/trans/
サイト紹介文準大手私鉄本線風の乗換駅独自モジュールを制作しています。
自由文レイアウト制作はだいぶブランクがありますが、頑張って勘を取り戻して行きたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/09/23 21:44

H.Kuma さんのブログ記事

  • 横丁活性化作戦
  • 横丁をもう少し賑やかしたいと思い、万国旗を張る事にした。製法としては、プリンターで紙に両面印刷した旗を写真の様に櫛歯状にカットし、グレー塗装したΦ0.2の極細真鍮線に瞬間接着剤で固定したのち切り離すという手順だ。切り離す前に、旗をピンセットで注意深く摘み、多少はためかせておくと実感的になる。ちなみに原稿はこちらから拝借。 [続きを読む]
  • カラーコーン
  • 路地の隅っこにカラーコーンを置きたいと思って自作した。材料としてはプラ丸棒をカッターで円錐形に削ったものと、底面に貼り付けた四角いプラ板だ。塗装した後で、ポンチで抜いた黒い紙をコーンウェイト(ゴム製の重り)に見立てて嵌め込んである。見る角度によっては少し円錐が歪んでいたりするのだが、まぁ遠目には分からないので許容範囲である。20個も入ったカチッとした製品が売っているので実は通販手配しようとしたのだが [続きを読む]
  • 駐輪場完成
  • 自転車を配置する先は、もちろん駐輪場である。スペースはここに...、というか、あらかた建物で埋めてしまったので、ここしか残っていなかったというのが実際のところだが。踏切脇の小さな空地、大した広さでは無いが都市部にあっては貴重な空間。もちろんここだけで駅利用者全体を賄えるわけもなく、第1、第2、第3と、こういった小さな駐輪場が周辺に散らばっているというのが住宅密集地の常であろう。 [続きを読む]
  • 自転車
  • モジュールに配置すべくKobaru製の自転車を組み立てているが、その細かさには閉口だ。基本はエッチング板を折り曲げて行けば作れるのだが、一部ペダルやスタンド、荷台、籠などは別パーツを接着する必要がある。そのケシ粒みたいな小ささと言ったら、ヘッドルーペを使っていてもちょっとピンセットで掴むのに難儀する程だ。下手に落としたりしようものなら、もう見つけ出すのは困難になる。写真は先行試作で3台ほど作ってみたとこ [続きを読む]
  • 街灯、電柱、樹木など
  • 出来上がったアイテムを一通り植え込み、以前に作り置きしておいた屋台や小物類を配置した結果、駅前広場はこうなった。これでこのエリアに関しては、やりたいと思っていたものは一通りこなしたが、あと通行人と車があればもう少し風景も生き生きしてくるだろう。以下、個々の制作物に関して若干のコメントを入れておこう。 [続きを読む]
  • 植え物系
  • 架線柱に続き、やり残していた植え物系を順次手がけていく。これらは他の工作をする際に邪魔だし、引っ掛けて破損させてしまう可能性が高い為、後回しにしていたものだ。まずは駅前広場の街灯。手元にはジオタウンのもの(左)があったのだが、これだと普通過ぎて面白くないので、少しデザインされたタイプの物を真鍮線半田付けで自作してみた(右)。実はこの街灯もバス停屋根も、ストリートビューであちこち彷徨っているうちに見 [続きを読む]
  • 架線柱
  • 前回はエッチングキットを半田付けで一生懸命組み立てた架線柱だが、今回はどうしようかと考える。とりあえず本線側はホーム屋根に保持具が付いているので不要、支線用は前もってストックしておいた既製品からチョイスする事に。昨今はレーザーカッターでペーパーを抜いた製品なんかもあって驚かされるが、結局RMMハイパーパーツシリーズの単線架線柱を使う事にした。この製品、素材がステンレスで既にいい感じの色で塗装済みなの [続きを読む]
  • 本線ホーム関連
  • 久し振りに本線ホームに戻って来たが、少しやり残した事があるので若干のディテールアップ工作を行なう。まずはエスカレーター乗り口の自動運転センサー。昼間はさほど人の流れがないので、ここはエコ仕様という事で必要だろう。作り方はシルバーに塗った1mm角のプラ棒に、表示部の自作シールを貼り付けただけというお手軽工作。いちおう上階側も設置してあるが、屋根を取り外した時しか見えないので限りなく無駄な作業ではある。 [続きを読む]
  • バス停
  • バス改造と並行して進めていた駅前バス停の方も完成。例によって外でテスト撮影をしていたら、逆光でこんなショットが一枚出来た(無加工です)。まだフィギュアも配置していないので日曜朝の閑散とした風景といった感じだが、徐々に駅前らしくはなって来ている。( で拡大) [続きを読む]
  • 京成バス
  • 京成のミニバスが完成。京成の路線バスとしては実在しない車種だが、このモジュールには相応しい存在となるだろう。その後の作業としてはライト類の色差し、行先表示LED化(シールで表現)、控え目に若干の墨入れも施し、あとロゴ関係の自作デカール貼付を行なった。ロゴは省略してしまおうかとも考えたが、一度自作をやってみたかったので、この機会に市販のインクジェット用デカールシールで実験してみた次第。だいたいコツが分 [続きを読む]
  • バス塗装
  • とりあえず、バラしたボディをシンナー漬けにしたのは良かったが、容器として使った綿棒ケースに空気抜き穴があるのに気づかず、大慌てでベランダへ走るという事態になってしまった(笑)おかしいなぁ...前は大丈夫だったんだけど、メーカーによりそういうのもあるようだ。移し替えた容器に一晩漬け置きし、軽くブラシでこすれば剥離は完了、車体はすっかり綺麗になった。 [続きを読む]
  • バスコレ改造
  • 一昨年のうちに購入してあったバスコレ3台、左から三菱ふそうエアロスター、いすゞキュービック、日産ディーゼルRNだが、今回のモジュールで使うのは駅前広場の回にもさりげなく登場している右端の日東交通車だ。何せここのロータリーは限りなく小さいので、ミニバスクラスでないと出入りが出来ない。 [続きを読む]
  • 支線ホーム周辺
  • 踏切の近くに予備の遮断桿とATS地上子を設置。遮断桿のホルダーはφ2の真鍮パイプに1mm角線を半田付けしたもので、中には遮断機の長さ調整をした際に切り落として余った先端部を収めてある。なので、実際はパイプの半分くらいしか中身が入っていないフェィクだ。普通は両サイド蓋付きで保管されているものが多いが、それじゃ面白くないので、片側だけ蓋を開けて棹が見える様にしてある。 [続きを読む]
  • 出発信号機
  • とりあえず建物制作が落ち着いた途端、気が緩んでペースがガタンと落ちている(笑)気がする。今現在は再び駅構内の工作に戻り、まずは支線ホームの出発信号機を整備。位置的に少々ホームに近過ぎるかも知れないが、信号機の一本位は立てておきたいので無理矢理ここに押し込んだ。本線の方はホーム長が敷地一杯なので、設ける場所がないのである。台座も斜めにカットする位ギリギリなので、これこそまさに引っかけやすくて要注意。 [続きを読む]
  • 太陽熱温水器
  • 年明けて正月休み中は工作も控えていたので、残念ながらその後の進展は大きくは無い。しばらく間が開いたので、手の感覚を戻すために又こんな小物の工作をしている。プラ板、L材、丸棒を組み合わせ、塗装後に上から透明のプラ板も貼り合わせる。透明材は周囲をシルバーでフレーム状に塗装する為、その為のマスキングをしている所だ。 [続きを読む]
  • 模型店完成
  • 店舗部分を軽く作り込んだらウェザリングも施し、これをもって最後の一棟、模型店の完成だ。少々こだわりのある建物にしたかったので若干時間を費やしたが、イイ感じに仕上がってくれた。塗装のエアスペリオリティーブルーはちょっと派手かとも思ったが、こうしてみるとなかなかシックで落ち着いて見える。 [続きを読む]
  • 最後の一棟
  • このモジュール最後の一棟(おそらく)を作成中。敷地は横丁に接続しているが、飲食店ではない予定。看板建築が続いたので、今回の建物は普通の二階屋とした。なので、看板部分を切り離して普通の妻板に入れ替えるという、逆に面倒な作業が発生している(笑)それと、こちらも住居兼用の建物なので、1階部分を拡張して裏手に出っ張らせ、間取りに多少の余裕を持たせてある。その部分の2階は小規模なベランダにして、物干し場所を確 [続きを読む]
  • 小物制作
  • またちょっと軽く息抜き工作でもと、小物をチマチマ作り始めた。プラ板の土台とΦ0.3真鍮線を半田付けした柱を組み立てて行く。この土台部分は三寸というそうだが、こちらのページなどを参考に寸法を割り出し、多少調整して作ってある。 [続きを読む]
  • 街路灯
  • 最後の一棟に取り掛かる前に、横丁の街路灯を制作しておこう。素材はφ0.8の真鍮線、これにφ0.5の線を焼きなましてカーブさせたものを先端に半田付け。足元はマスキングテープを巻いて、少し太くしておく。続いて量産に入るが、その前に先行して一本だけ半完成させ、レイアウト上でサイズ感などの様子を見ておいた(写真右端)。照明部分はアーケードでも使ったスワロフスキーの極小ビーズ、後は商店会の看板を付属させて完成とす [続きを読む]
  • 横丁ほぼ完成
  • 制作した2棟をモジュール上に設置。これで残すところ建物はあと一棟となったが、そちらは飲食店では無い予定なので、ここまでで横丁としてはほぼ完成と言える。設置場所は写真の通り、支線ホーム裏手の細い路地である。今週末はその路地を道普請していたのだが、既に制作済みであった道路との接続箇所で色合わせに苦心した。こういう場合は、偶然性に任せた塗装(黒ベースにホワイトを霧状に吹く)が逆に足枷になってしまう。 [続きを読む]
  • 横丁の建物:住居兼店舗(2)
  • 工作のモチベーションは下がっていないが、仕事が立て込んでいたり、ちょっとした旅行に行ったりで、なかなか模型とじっくり向き合う時間のとれない今日この頃。そんな中、建物の方は無事完成している。凸型の看板建築も、うまい事仕上がってそこそこの完成度となった。塗装は灰緑色で、これは陸軍機に使われる色のようだが、建物に塗るとなかなか渋い感じになる。店舗は海鮮居酒屋、縦長の銘柄看板(と言うそうだ)は実感度アップ [続きを読む]
  • 横丁の建物:住居兼店舗
  • 狭小店舗の隣に建てるのは住居兼用店舗の建物となる。で、キットをセロテープで仮組みして配置を考慮中の図なのであるが... ご覧の通りの有様である。まぁ、写真では側面にカット位置のマーカーが入ってるから、この時点で既に覚悟は出来ているという事ですね(笑) [続きを読む]
  • 横丁の建物:狭小店舗
  • 横丁の建物シリーズ(!?)は主にGMの「商店セット(6軒入)」を使っているのだが、これまで素直にそのまま組んだのが一棟もないというのはそれだけ根性がひねくれているという事か...(笑)今回もまた改造に手を染めており、幅を詰めて狭小な店舗を作ってみた。狭小と言っても窓一枚分を切り詰めただけなので、さほど極端なものではないのだが。改造したパーツが一通り揃ったところ。2階は別店舗とし、そこへ上がる階段は側面に持 [続きを読む]
  • 横丁の建物:焼肉店
  • 夏休み頃から作り始めた横丁の建物も今回で4棟目、予定では全部で7軒建てるつもりなので、ようやく折り返し地点といったところである。で、今回建てた物件は予想通りモジュールの端っこに掛かってしまったので、三たびのカット模型となった。それも、横丁入口のゲートから覗いた時にほぼ正面に来るので、なかなか手が抜けない建物ではある。部材の側面は商店セットから切り出したが、屋根と床下は昔買ったキットの箱を漁っていたら [続きを読む]
  • ゲート完成
  • 珍しくゲートと同時進行で、こんなものを作っている。駅ビルの側面が寂しいので、店頭の焼鳥ミニ店舗を設けるのだ。前回の出窓方式で味をしめて、これもブロックで作り込んだものを壁面に貼り付けるだけ。後は、幟やら貼り物やらで店っぽい雰囲気を出す。こちらの提灯は黒塗りした丸棒に赤い紙をゆるく巻いただけだが、遠目には何とかそれっぽく見える。 [続きを読む]