コスパキ さん プロフィール

  •  
コスパキさん: コスパキ コスパ・キャンパー キャンプときどき断食
ハンドル名コスパキ さん
ブログタイトルコスパキ コスパ・キャンパー キャンプときどき断食
ブログURLhttp://cospa-camper.blog.jp
サイト紹介文キャンプ道具の収納・重量・コスト問題を、独断と工夫で乗り越え楽しむ。子育て中の父であります。
自由文キャンプグッズ(ギア)は、次から次に欲しくなる沼にはまっら安い。しかしそこは価格と機能のバランスにこだわる。しかも軽くて収納性のいいものを!と、思わず買って試してみたレビュー的備忘録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/09/23 23:50

コスパキ さんのブログ記事

  • ●砂浜にタープを張る方法は逆L字張りがおススメ〜海水浴でポール錆び?〜
  • 今年も海でタープ張ってきました。 いやいや、そうじゃなくて、海水浴に行ってきました。書き出しの一文じゃ、まるでタープ張るのが目的みたい・・・。そうじゃなくて、家族サービスの海が目的。家族には「ついでにタープを張った」という体ですが、密かに砂地でのタープ設営が楽しみだったりして。 タープを張る方法には、前に発見した「プラ杭」を使用。砂地用ペグ(サンドペグ)代替になる農園芸用の激安ペグ。 [プラ杭を購入 [続きを読む]
  • ●ST-310モノトーン(黒色・Amazon限定品)が安く売ってる 〜今がチャンス〜
  • ST-310とのキャンプ生活も長いと、たまに「もう一つ欲しい」なんて思う時があります。ご飯炊きながらオカズ作りとか、朝コーヒーのための湯を沸かしながらパンを焼くとか。SOTO レギュレーターストーブ ST-310 モノトーン(Amazon限定品)で、『もう一つ買うなら、色違いとか欲しいな』なんて思うこと数年。Amazonの黒ST-310を狙いながらも『塗装剥げるかな?』と、迷ってた近頃。と思ってたら、なんと、安くなってる! ↑モノ [続きを読む]
  • ●自作●ST-310用遮熱板を作ってみた〜アルミ版〜
  • ついに完成しました。自作のST-310用遮熱板。過去記事で色々検証した結果、ステンレスではなくアルミでもいけるという結論に。ということでアルミニウム板で作りました。↑これはSOTOの純正品。ステンレス製。溶岩プレートに付いてくるセットの遮熱板。形状はこれを参考にしました。↑こちらが自作のアルミ製遮熱板。(0.5mm厚アルミニウム)どうでしょう。けっこう良い感じかなと。(自画自賛)無骨さは残しつつ、角取り面取りバ [続きを読む]
  • ●キャンプでの火災、爆発事故〜悲しい事故を防ぐために〜
  • キャンプでの悲しい事故がまた起きてしまいました。キャンプ中のガス使用による火災爆発事故で亡くなる方が出てしまいました。 友人と3名で訪れていたキャンプ場での事故の様子。楽しいはずのキャンプ中に亡くなってしまうという痛ましい事態。残された遺族や友人・知人の方々を思うととても無念で心苦しい事故です。 不幸な話題は避けたいですし、被害者のご関係者の心中を思えば忘れたく記録にない方がよいのかもしれません。 [続きを読む]
  • ● ST-310の軽量化と省スペース化〜カスタマイズ?〜
  • 愛用のシングルバーナー SOTOマイクロレギュレーターストーブST-310 (長い・・・)の軽量化と省スペース化をしました。 そんなに大きいわけではないけど、ST-310はカセットボンベ缶(以下「CB缶」)横置使用なので、縦置きOD缶用バーナーに比べて広い設置スペースが必要。 缶まで含めると約30cm近くの奥行き 大した重さとスペースではないけれど、キャンプ機動力を高めるため軽量&省ス [続きを読む]
  • ●火吹き棒を自作〜100円でファイヤーブラスター〜
  • 焚き火は楽しい。楽しいは焚き火。 ということで、台風で週末キャンプできない腹いせに、火起こしに便利な『火吹き棒』を作ってみました。 無くてもいいけどあると便利な火吹き棒 火起こし時、うちわで扇ぐと全体の灰が飛んで周りが汚れたり、口で吹くと灰や火の粉が飛んできたり。 ブロワー(送風機)も売ってるけど、そんなのにお金と収納場所を取られるのはミニマルを目指すコ [続きを読む]
  • ●秋キャンプにて龍に会う (閲覧注意)
  • ちょっとした山(関東のかなり低山)で秋キャンプ。 まだまだ夏の虫の声も鳴り響く。晴れた日中は夏休みかのような喧騒残る山。まだまだ蚊も多く、蜂にも注意が必要。もう少し気温が落ちてくると蜂の命も落ちてくる。 夜は打って変わって秋の虫の音。涼しさとリーンリーンという音が心地よい。 日が沈むと焚火が心地よい季節に。 ギャーギャードタバタとあっちこっちっち [続きを読む]