ジェリー さん プロフィール

  •  
ジェリーさん: よしなしごと
ハンドル名ジェリー さん
ブログタイトルよしなしごと
ブログURLhttp://gerald1965.seesaa.net/
サイト紹介文日記代わりの雑記帳です。
自由文ジェリーです。はじめまして 50代。 アラフィフど真ん中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2016/09/24 07:07

ジェリー さんのブログ記事

  • 東南アジア旅行? 巨大カタツムリ
  • 熱帯気候で手つかずの場所では巨木が勢いよく生い茂る東南アジアインドネシアやシンガポールで見かけたカタツムリの大きさにちょっと後ずさりするようでした(閲覧注意? 笑)巨大ヘビやオオトカゲが生息し、世界最大の花が咲くこの地域。生き物は押しなべて成長しやすくどんな種類の生物でもそれなりに大きいのかと思いきやセミなどは鳴き声はけたたましいもののその姿は日本のセミと比べると結構小さく拍子抜けしました。気温雨量 [続きを読む]
  • 東南アジア旅行? ジョグジャカルタ 王宮(クラトン)
  • ジョグジャカルタはインドネシアの古都。ここでは未だ王族がご健在で王様がこの地方の知事も兼ねその采配を振るわれているそうです。王様がお住まいの王宮は一部が解放され中には博物館や屋外劇場もあって見学できます。私たちが午前中ぎりぎりで入ったところちょうど屋外劇場では魅惑的な伝統舞踊がガムランの響きに乗って演じられていました。博物館では、この地域の歴史や文化に関する幅広い展示を見ることができます。門番が立 [続きを読む]
  • 東南アジア旅行? 影絵 ワヤン・クリッ
  • こちらはインドネシアの古都ジョグジャカルタの王宮内の博物館に展示されてあったもの ↓影絵人形2体 それぞれ神様女神様をかたどっていて上がサンギャン(デヴィ)=スリ という女神 日本でいうところの吉祥天女。 下がブトロ=グル 神々の上に立つ大神様、、、らしいのですがよくわかりません。私が帰国後読んだインドネシアの本に同じ姿かたちをした影絵の人形が載っていてそれぞれそのように表記されていたので勝手にそ [続きを読む]
  • 東南アジア旅行? 遺跡見学雑感
  • 今回旅行ではボロブドゥールとプランバナンの両方の世界遺産を見たわけなのですがこの二つの遺跡、地図上ではかなり隣接していて建立もそれぞれ8世紀と9世紀ということで日本になぞらえばさながら平城京と平安京みたいな関係かなと素人判断で思ったりしました。ボロブドゥール遺跡は仏教の建造物(寺ではなくてアトラクション的なかんじが又不思議)プランバナンはヒンズー教の寺院、と宗教は違えども回廊が続く段重ねの建物にびっ [続きを読む]
  • 東南アジア旅行? ボロブドゥールのホテル
  • ボロブドゥール遺跡を見た後はいったんホテルに戻って朝食を取り小一時間ほど休憩を取った後 チェックアウトして再出発。運転手さんとしては見せたい場所をあれこれ考えて予定はぎっしり入れていてくれたようですが早朝というより夜中に近い出発で疲れちゃってるし熱帯気候の中で日中観光するには休みも大切にしようということに相成りました。(シェスタという習慣がわかる気がしました)それにせっかくの朝食もたべてみたかった [続きを読む]
  • 東南アジア旅行? ポストカード
  • せっかくのボロブドゥール遺跡なのにボケボケ写真ばかりで悲しいなぁ とウジウジしていたら、良いものがあることを思い出しました。現地で買ったポストカードです♪というかほぼ売りつけられたに等しい感じ 汗ボロブドゥール遺跡は国を代表する観光地なのに遺跡公園内には土産物屋というものが存在せず(景観や風紀のためなのでしょうか?)まぁ 公園を一歩外に出れば途端に各種土産物屋が軒を連ねて立ち並んでいるのですが観光 [続きを読む]
  • 東南アジア旅行? ボロブドゥール遺跡の回廊
  • さていよいよボロブドゥール遺跡の中へと入っていきます。ここでもう一度 しつこいけれど上から見た見取り図を。(ドローンとかスマートな画像があればいいのですが、、、)この最下部の基壇の正方形一辺が123メートルとのこと。(大体の大きさの見当はつくでしょうか?)紀元8世紀の建造物、接着剤などは一切使わずすべて岩のブロックを積み上げることにより造られていて一見ピラミッド型になっていますが内部に空間はありません [続きを読む]
  • 東南アジア旅行⑳  いざ ボロブドゥール
  • さて日の出見学を終えたあとは山を下り、いよいよその足でボロブドゥール寺院遺跡へ。時系列でなく 思い付いたときに書きたいことを書くというスタンスのこの旅行記シリーズもさすがにこのボロブドゥール訪問を書かずしては終われない感じ(笑)、、、勝手にシリーズ化しているだけで誰に強制されているわけではないのですが振り返ってみると紛れもなく今旅行のメイン訪問地であったのでここなしだと旅の印象が全く違ってしまうとい [続きを読む]
  • 東南アジア旅行⑰ インドネシアの交通事情
  • インドネシアでの現地の足は車に頼りました。2日目以降はあらかじめ紹介してもらっていたので1日目ジョグジャカルタ空港に到着した午後からの半日観光だけ自力でその場でタクシーを探しました。(友人が)飛行場ならばタクシーもちゃんとした乗り場があって運転手の身元もある程度保証されているのだろうとたかを括っていたようなところがあったのですがタクシー乗り場なんてものはどこにも見当たらず、というかそこを探して辿り着 [続きを読む]
  • 心の壁
  • 先日 東京駅でちょっと不可解な光景に出くわしました。スーツケースにリュックという出で立ちの外国人旅行者とおぼしき男性が電車に乗り込んできて地図を片手にキョロキョロし近くにいた60代から70代くらいの女性にこの電車は大手町にいきますか? と日本語で地図を示しながら話しかけたのですがそのかたは 英語で必死の形相で アイ ドント ノーと言って逃げるように後ずさり。するとその回りにいた人も同様に身構えてさ [続きを読む]
  • 東南アジア旅行⑯ 豊かな日本?
  • インドネシアにいるとちょっとした場面で日本の豊かさを意識させられる ということがありました。たとえば ボロブドゥール遺跡で日本語ガイドをお願いしたインドネシアの地元の女性が あなたたちはもともとお金持ち。だからここで神様にお金持ちになりたいと改めて願う必要はないですね。 とふと漏らしたり。とっさに いやいや 別にお金持ちじゃないですよ とは言えませんでした。実際には自分の認識からすればお金持ちでは [続きを読む]
  • 東南アジア旅行⑭ シンガポール植物園
  • シンガポールのチャンギ国際空港に降り立ってからタクシーで友人宅まではたかだか30分。その間車窓から見た沿道の樹木は熱帯地方ならではの日本ではあまりお見掛けしないタイプのもので大木が勢いよく鬱蒼と茂っているようでいて一方で人の手が加えられバランスよく整然並ぶさまにこの国がガーデンシティと言われる由縁を早速見たような気がしました。そんなガーデンシティ シンガポールの唯一の世界遺産シンガポール植物園を半日 [続きを読む]
  • 東南アジア旅行⑬ 熱帯雨林気候
  • 思ったよりもずっと過ごしやすく感じた今回の東南アジア旅行。季節的には乾季と雨季の境目くらいだったようですが、旅行中ほとんど雨が降らなかったということが大きな原因だったようです。雨が降ったあとは湿度が上がってとても蒸すらしいのですがそういうことはありませんでしたので。なので暑いと言えば暑いし、日陰でないところを歩くと陽射しが痛いほどだとは感じる時もありましたが、むしろ20度後半の気温で心地よい風が吹 [続きを読む]
  • 東南アジア旅行⑫ 心の友
  • 旅行中に読んだインドネシアのガイドブックに日本ではほとんど知られていない日本の歌がインドネシアでは第2の国歌と言われるほどポピュラーで知らない人はいないくらいだと書いてありとても興味を持ちました。それは 五輪真弓さんの 心の友 という歌です。日本ではシングルカットされていないこともあってか実際知られていないですよね。少なくとも私は知りませんでした。汗帰国後 動画を探して聞いてみました。 旅の想い出と [続きを読む]
  • 東南アジア旅行⑪ 果物の恵み
  • 私にとって普段あってもなくてもどちらでも構わない部類に属する食べ物 フルーツ。ですが今回の旅行ではたくさん頂きました♪鮮度が高く食べ頃の南国の果物は見た目も華やかで目に楽しく、甘すぎずそれでいてジューシーなお味。果物らしいプルプルとした食感は病み付きになりおしまいにしようと思ってもついつい手が延びました。朝食に友人宅で頂いたフルーツセット。種類豊富で驚き恐縮しましたが近くの市場で日本とは比較になら [続きを読む]
  • 非日常に浸る時間。
  • 現実逃避の旅行記は続きます。時系列ではなく、書きたいことや心に浮かんだことがあるときに気ままにそれを書きつける雑記帳形式の旅行記なので一体何日間旅行に行ったの?と思われるくらい延々と続くかもしれず、もしくは時間切れで記憶が途切れ ぷっつりと唐突に旅行のことは書かなくなってしまうのかもしれません。そんなあてにならない旅行記ですがよろしければお気が向いたときにでもお付き合い下さいませ。_(._.)_私は旅行 [続きを読む]
  • 東南アジア旅行⑨ お金事情
  • 余計な換金はそれだけ手数料がかかるし余ったお金を又円に戻そうとなるとその分損になるということで飛行場でも極力最低限の換金しかしませんでした。これまでは海外旅行などそうそう行くものでもなく安心をキャッシュで買うという側面もあるかと思って比較的必要と思う金額よりは多少多めに換金していたのですが今回はしっかり者の賢い友人たちに見習いました。結果今回の旅行では常にキャッシュがなく友人に借りを作っている状態 [続きを読む]
  • 東南アジア旅行⑧ 名物チリクラブ とバンブークラム
  • シンガポールに行ったと言うと 必ずといってよいほど食べた?と聞かれるのがチリクラブ だそうで、、、、ほぼ予習なしのぶっつけ本番旅行だった私はそうとも知らず。赴任以来既に何人か日本からのお客様をお迎えしているという友人は実はあまりチリクラブが得意な食べ物ではないらしくそれでも来客があるたびにチリクラブを供するお店にお連れしてちょっと食傷を来し気味だったようだしもう一人の日本から訪ねて行った友人は前回 [続きを読む]