MAMI さん プロフィール

  •  
MAMIさん: 極和ファシリテーションで活き・粋・自分らしく輝いて
ハンドル名MAMI さん
ブログタイトル極和ファシリテーションで活き・粋・自分らしく輝いて
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ikiiki-withyou
サイト紹介文活き・粋・自分らしく生きるためのマインドアップ!! 相手と自分と組織の満足アップ!!HAPPYライ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2016/09/24 22:19

MAMI さんのブログ記事

  • 厳しくて優しくて愛情たっぷり?
  • 名古屋のスクーリングの皆さんが最終の発表会に向けて作っているパンフレットの講師紹介のメッセージが次々送られてきています。どの方も「厳しくて優しい」と書いてくださっていて思わず笑ってしまいました♪ \(^。^)/全員がそう書いていますから間違いなく私は講師として厳しくて優しいようです♪(*^o^*)講師宛に送ってくる文章の中に「厳しい」と「優しい」の両極端な言葉が綴られていること、ありがたい誉め言葉と思って受け [続きを読む]
  • 人間関係を改善するには?!
  • もしあなたが今人間関係に悩んでいたらちょっとやってみて欲しいことがあります。一口に人間関係と言っても色々な問題があると思いますが、例えば家族との関係、職場での人間関係、様々な活動での人間関係とにかく人間は一人では生きていけません。好むと好まざるとに関わらず、人間社会で生きている以上人との関係が生じます。だとしたらできるだけ問題なく、心地良く過ごせる状態が望ましいですよね。人間関係に悩んだら、まずや [続きを読む]
  • 明日は「蘇れ!生命の力」上映会
  • クスリや注射を極力使用しない治療をされてきた小児科医真弓定夫先生のドキュメンタリー映画「蘇れ!生命の力」がいよいよ明日 全国34都道府県 62ヶ所海外は、3カ国 6ヶ所 にて上映されます。仙台は日立システムズホール(青年文化センター)にて10:00〜、13:00〜、15:30〜の3回上映会を開催致します。この映画の予告編を拝観した際に真弓先生の「人間も地球上の動物の1種である」という言葉がとても印象的でした。 [続きを読む]
  • 中学1年生へのマナーアップ講座
  • 今日はご縁を頂き、東向陽台中学校の1年生に対して「マナーアップ講座」と題して講和をさせて頂きました。お時間が30分!!と非常に少ないので、如何に時間内で納めるか?が大きな課題でしたが、伝えたいこと、準備したことは何とか伝えられたと思います。でも5クラス全員という大勢向けのお話は苦手です。今回は先輩のピンチヒッターで伺わせて頂いたのですが、ナント!校長先生は以前石巻で開催されたPTAでの極和ファシ [続きを読む]
  • 40代一般職女性研修に極和ファシリ
  • 名古屋の企業様で実施させて頂いた40代一般職女性のスクーリング研修(実際は30代もいますが)も来月の発表会を待つだけとなりました。極和ファシリテーター養成スクールで実施しているように発表会に向けてパンフレットを作成することに致しました。今ぞくぞくと原稿が集まっているのですが、その内容が素晴らしくて何と言っていいのか???極和ファシリテーター養成スクールは各自が受講料を払って参加しますので、出した以 [続きを読む]
  • コミュニケーションとは「伝え合うこと」
  • コミュニケーションとは、お互いに考えている事、思っている事、感じていることなどを言葉や文字その他によって、伝え合うことです。近年コミュニケーション力が足りないということで、企業や自治体でもコミュニケーション研修が実施されてコミュニケーション力が多少向上しているかも知れませんが、どうも「伝えること」のみ向上していて、伝え合うの「合う」の部分が取り残されているように感じます。つまり、伝えることには長け [続きを読む]
  • やってるつもり・・・(>_<)
  • 極和ファシリテーションは簡単に言うと「プラスを引き出すコミュニケーション」とお伝えしています。言葉にはプラスとマイナスがありますし、感情にもプラスとマイナスがあります。マイナスの言葉を浴びせられると人は不快・不愉快になります。当然マイナスの感情を引き出してしまいます。だから、言葉を選ぶときはプラスの言葉を意志氣して使い、相手のマイナス感情を引き出さないようにします。お互いに相手のマイナスを引き出さ [続きを読む]
  • 「不本意なこと」はメッセージ
  • 日々暮らしていると「不本意なこと」が多々あります。その度に腹を立てたり文句を言ってもきりがありません。20代の頃の私はイチイチそれに対して腹を立てていたのできっといつも「怒っている人」だったと思います。当時は「間違いは悪」と思っていたのだと思います。今は、「間違いは誰にでもあるもの」と受け止められるよう心掛けています。ところが先日、「受け入れがたい現実」に出くわしてしまいました。自分では充分気を付 [続きを読む]
  • 自分では気付きにくいコミュニケーションの癖
  • 仕事をする上でも、家族と接する上でもコミュニケーションは必要不可欠!!義務教育で習う国語は「読み・書き」中心で「話す・聞く」特に「話す」ことに関して学ぶ機会はほとんど無いに等しいと思います。各自が自分の身の回りの人・・・家族・教師・先輩などから見よう見まねで身に付けていっていると思います。なのでそこには「自己流」は発生してしまいます。そして自分流の癖ができあがってしまうのですが、それを指摘される機 [続きを読む]
  • 人は何時からでも成長できる!
  • 名古屋で実施していた極和ファシリテーター養成研修の最後のスクーリングを終え、あとは発表会と卒業式だけとなりました。研修後の皆さんの感想にはこの研修がいかに良かったか?!どれだけ良かったか?!というものでした。改めてこの研修ができたことに感謝です。そして、受講生の皆さんが変容を遂げ、素晴らしく成長してくださったのは実はこの研修のせいではないのです。研修はあくまで「きっかけ」にしか過ぎません。受講生の [続きを読む]
  • マイペースは人それぞれ
  • 「マイペース」という言葉をあなたはどんなときに使いますか?例えば私は、みんなの歩く速さについて行けず、マイペースで行こう!と思ったことがあります。また、仕事の遅い人に対して「全くマイペースなんだから〜」と非難したくなったこともあります。最初の自分のときのマイペースと、仕事の遅い人へのマイペースの意味は同じですか?違いますよね?「マイペース」とは自分のペースのことであり、それは早い人も居れば遅い人 [続きを読む]
  • 唾を吐かない!
  • 侍ジャパンの稲葉監督が選手にお願いしたこと・・・それはグラウンドに「唾を吐かないでもらいたい」ということです。さすが!!稲葉監督!!その理由が「グラウンドには野球の神様が居る。そこに唾を吐くことは 強くなれない、勝たせてもらえないと思う」というようなことでした。そのような考え方私も大好きです。日本は古来より八百万の神を信じてきました。グラウンドには野球の神様が居るかも・・という考え方は日本ならでは [続きを読む]
  • 「それはラッキ〜」とりあえず言ってみよう!
  • 日々の暮らしや仕事の中で「え〜っ!やだ〜!」「どうしてそれをしなくちゃいけないの?」「なんてツイてないんだろう」「どうして私だけこんな目にあうの?」なんてことが多々あると思います。その度に何だか自分だけ貧乏くじを引かされてる気になったり、損をしている気になってしまうこともあると思います。どんなにイヤでも、上司の命令で仕方なくとか、他にやれる人が居なくて・・など受け入れるしかないことがありますよ [続きを読む]
  • 極和ファシリで「苦手」が無くなる!
  • あなたは人との関係について苦手と思うことはありますか?人見知りなので人が苦手・・とか、苦手な上司が居るとか・・・間違ったことはしていないのに批判されてばかりとか?今日は極和ファシリテーションを学んで、「苦手」を手放せた方々の体験談をシェアさせて頂きますね♪(1)苦手な上司と良好な関係になれた例  苦手な人と良好な関係を築くことができるようになった方は  たくさんいらっしゃいます。  一番最近では [続きを読む]
  • 極和ファシリテーション基礎講座のご案内
  • 極和ファシリテーションは、2人以上が存在して、「目的」「向上心」「成長意欲」のいずれかがある場合において役立つヒューマンスキルです。言葉を変えると「プラスを引き出すコミュニケーション」と表現しています。言葉にはプラスとマイナスがあります。感情にもプラスとマイナスがあります。マイナスの感情を持つことは誰にでもあることですので、マイナスの感情を持つことを否定するものではありません。但し、相手から感情を [続きを読む]
  • 「苦手」はウェルカム♪
  • 二泊三日の極和ファシリテーション協会の合宿に参加してきました。場所は初めての南三陸まなびの里「いりやど」です。心暖かいスタッフの皆さんの対応で、心地よく過ごすことができました。今回の合宿では「極和ファシリテーター認定試験」も行われました。試験は「セミナー」「会議の進行」「ファシリックス」の3科目です。ファシリックスとは、物事を決めるときにできるだけ一人ひとりの満足度を上げるための方法です。ジャンケ [続きを読む]
  • できる自分をイメージ!!
  • 今日から11月がスタート!今月は極和ファシリテーター認定試験や受講生のプレゼンテーションなど、受講生の方々がご自分の力を発揮する機会が多々あります。最初は誰もができないもの。それをできるようにするための過程を経て、「できる自分」へと進化&成長していきます。そのときにちょっと心がけて欲しいことがあります。「今の自分」から「できる自分」を見上げるのではなく、まずは「できる自分」をしっかりとイメージして [続きを読む]
  • 舌を出すな!!
  • あなあなたは何か失敗した時に舌をペロッと出す癖はありますか?もしあったら、辞めた方がイイと思いますよ〜♪何故なら?!やってる本人は失敗した場合などに恥ずかしさを隠す、あるいはごまかす意味で出してしまうのでしょうが、「舌を出す」行為には、相手をバカにするとか、蔑む意味合いもある行為だからです。自分は恥ずかしくてやった行為に相手を蔑む意味がある、ということを知ってて出しているのでしょうか?たぶん、そう [続きを読む]
  • 目指せ!スーパーお局様!!
  • 先日40歳以上の一般職の女性を対象の極和ファシリテーション研修を実施しました。40才以上にもなりますと、役職はほぼ頭打ち・・・つまりそれ以上の昇進はほぼ無い状態、でも、残りの勤務年数は20年以上もある方々極和ファシリテーション的に表現するならば、「極和ファシリテーター一般職」(スーパー一般職)として大いに活躍して頂きたいところです。すでに入社20年以上も経っているので、仕事は充分わかっています。上 [続きを読む]
  • 「事実」と「感じたこと」
  • モノを書く・・・と言っても記事を書くのと随想や感想を書くのでは書く内容が全く違います。知り合いの記者さんが講師のライター講座に参加したら、実際に取材することやその記事を書く宿題を頂いた。今日取材して、今日しか書く時間がなくて集中して制限文字数の中で書いてみた。ほほ〜!!いつもブログを書くときは自分が伝えたいことを書くわけですが、記事となるとそこに主観は入れられません。事実だけを綴っていった文章か [続きを読む]
  • コミュニケーションツールの使い方
  • 「コミュニケーション」は「キャッチボール」という言葉はお聞きになったことがあると思います。つまりコミュニケーションとは一方通行ではなく、相互通行であることを言っています。例えば電話を掛けた時に相手が何も声を発しなかったら聞いてないのではないか?と思いますよね。「明日の予定が確定したのでお知らせします。明日は11:30に仙台駅集合です。」ということを伝えたいとした場合、一方的に話すこともできますし、「明 [続きを読む]
  • 責めてはいけない!
  • 何かマズイことが起きた時、人はそれを誰かのせいにしたがる傾向があると思います。例えば「相手のせい」、それか「自分のせい」いつも「相手のせい」にしている人は、自分を守ることができているのですが、他人のせいにしているうちは自分が成長できません。また、いつも「自分のせい」にしてしまうひと、それは他人には好まれるかも知れませんが、自分で自分を傷つけていることになります。だから、何か問題が起きた時、誰も責 [続きを読む]
  • 相手の理解を得る方法
  • 相手がなかなか自分のことを理解してくれない・・・と悩んだことはありませんか?そんなとき、どうしてわかってくれないの?と、辛くて悲しい気持ちになり、落ち込んでしまうかも知れません。では、その前に!!あなたはその相手のことを理解していますか?理解しようとしましたか?理解までは至らなくても理解しようと何かしてみましたか?相手が自分を理解してくれない!と思うとき、それはあなたが相手のことを理解していない場 [続きを読む]
  • 自分が正しいとき、相手は間違っているのか?
  • 他人と意見が合わない場合自分が正しいときは相手は間違っているのでしょうか?あるいは、相手が正しい場合、自分が間違っているのでしょうか?そんな場面に遭遇した時、●相手が間違っている!!と相手を責めるタイプ●自分が間違っている!と自分を責めるタイプこの2つに分かれるのかも知れませんが、極和ファシリテーションの考え方はちょっと違います。極和ファシリテーションでは、●相手も自分も正しい!!と受け取ります。 [続きを読む]
  • 休憩の無い講座
  • 極和ファシリテーションの講座を受講頂きますと、皆さん「あっという間だった」と仰ってくださいます。入門講座は2時間半。さすがに2時間半ぐらいですと休憩は入れないことが多いです。次に基礎講座は3時間半。これは間に休憩を10分入れますが、トイレに行って戻ったら皆さんすぐに臨戦態勢!というか時間前から席について開始待ち!このぐらいならまあそんなものかと思って頂けるかも知れませんが、極和ファシリテーター養成スク [続きを読む]