かっぱ さん プロフィール

  •  
かっぱさん: しずさんが認知症とうつになりました
ハンドル名かっぱ さん
ブログタイトルしずさんが認知症とうつになりました
ブログURLhttp://sizusann.com/
サイト紹介文認知症で家族崩壊?施設介護に後ろめたさを感じながら、日々葛藤、楽しい介護を夢みて…愚痴って発散…
自由文失敗あり、反省あり、怒りあり、落ち込む私はブログに助けられています。いつかはこれでよかったんだと思う日まで……
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供334回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2016/09/25 12:00

かっぱ さんのブログ記事

  • 集中力
  • 老健入所後、まったく手をつけていなかった塗り絵、やってみた…色の認識が鈍っているのか、青と緑の区別ができない、チューリップの写真を見せるが、葉っぱの部分を「緑だね」と、左手に緑色の色鉛筆を持ち青の色鉛筆で葉っぱを塗っている、一か月近くやっていなかったので、塗る力も少し弱くなっている、しかし、集中力は健在…私も?からちょこちょこといたずら書き、30分くらいで仕上がった、「さすがだね、上手に塗れたよ」 [続きを読む]
  • 役場に税を納めに行く???
  • 昼過ぎ、ホールにいたしずさん、私を見るとソワソワ、膝掛けをたたみだす、「くくって持って帰る」「紐がないか?」せわしなく落ち着かない、今度は…「役場に行かんとね」「急いで行かんと」『役場』…?思い出した、父が大便をするときに言っていた言葉、「役場に税を納めに行く」と言いながらトイレに向かっていたことを、しずさんに、、、「ウンチがしたいの?」たずねると、「税を納める」と返ってきた、介護士さんにお願いし [続きを読む]
  • 住所変更時の更新審査
  • しずさんの住所変更で、介護認定の更新審査が三か月のびてしまった、本来なら今月だったはず、要介護2のままでは、特別養護老人ホームの申込もできない、今の状態は、可能性として要介護3かなと思っている、なんか、気持ちだけ焦っているような気がして…しずさんの終の棲家、いったいどうなる…そんなことは知るはずもなく、しずさんは、今の施設を気に入っている様子、今日も「ここが私の寝床よ」と笑顔で言う、ご飯が美味しく [続きを読む]
  • 疲れもみせず…
  • 昼過ぎベッドに横になっているが、目が覚めていた、週刊誌とPHPの雑誌を持参、週刊誌は前にいたグループホームの自室に、何冊か置いてあって、読んでいた形跡があったので、ちなみに私はまったく読まないので、どの週刊誌がいいのかわからず適当に選ぶ、PHP(PHP研究所)は、好きで、たまに私自身が購読、『人生、前を向いて歩こう』、、、前向きな題名で読んでみたいと思った、ゴリ押しですが…小冊子で、しずさんの握力で持ちや [続きを読む]
  • 大学病院再診…経過良好
  • 朝8時過ぎ、しずさんを迎えに行く、術後2回目の検査と受診のため、大学病院へ…一回目の検査に、かなり時間がかかったので、前回より1時間早く到着、検査も早くに終了して、今日は早く終わるぞ、、、なんて、思惑は打ち砕かれた、検査後の待ち時間が長いこと、しずさんの体力が持つか心配で気が気じゃない、トイレにも行きたくなるだろうし、予約時間より1時間も待たされ、やっと、診察…術後の経過は良好で、骨折した左足も普 [続きを読む]
  • 期待外れ
  • 昼食時を避けて昼過ぎに行ってみたが、昨日と変わらず、不機嫌…機嫌がよくなっていることを期待したが、ホールにいて、介護士さんの監視下に、そ〜っと、気づかれないように後ろで聞いていると、生家に帰りたいと介護士さんたちに訴える、きっと、不機嫌になるようなことがあったのだろう、少しでも気に入らないと、手がつけられなくなる、私も今日は呼び捨て…不機嫌なときは『ちゃん』は、つかない、目も合わそうとしない、なに [続きを読む]
  • 逃げたい…
  • 機嫌が悪いのか…おかずが不味いという、一口食べるたびに「塩がたらん」と、繰り返す、昨日は美味しいと食べたのに、聞こえるようにいうので、近くにいる看護師さんも苦笑い、答えようにも言葉がみつからず、もういうのをやめて〜と叫びたくなった、話しを反らそうとしても、、、「おいしくないよね…」と、それに輪をかけ、、、「ここの人たちは手荒くてね〜」、文句しかいわない、もう、看護師さんと目を合わすのも嫌になる、「 [続きを読む]
  • 夕べは不眠
  • 昨日、訪問散髪の日だった、3日前に予約、「かっこよく切ってくださいね」とお願いして、今日、帽子をかぶっていて最初は気づかなかった、途中、気がついて、帽子を取ると…結構、似合っている、、、かっこいい、「水前寺清子みたいだよ〜」「すっごく、かっこいい」「今度、歌も歌いなさいよ」褒めると照れ笑い、それを聞いていた看護師さんが、「あっ、この間歌っていましたよ」「炭坑節かなんかでしたね」「大きな声がでて、上 [続きを読む]
  • お金が風に飛ばされる?
  • 「風が強くてね〜」「お金が飛んでいったのよ〜」「拾いに行かないとね」「4000円だからね」昼食を食べながら窓の外を見て言いだした、油断して手に持っていたお金が、風に飛ばされたらしい、後で拾いに行ってくるといっても、間を置いて「4000円がね…」と、食事前は1000円だったと看護師さんに聞いた、しばらくして、2000円になり、私が来たときは4000円…食事が終わる頃は5000円になる、夢を見たのか、 [続きを読む]
  • 観察
  • 昼食時、栄養士さんがみえた、問題のある人の所に行くことが多いが、最近、しずさんの所に来るのが減ってきた、それだけ、問題が減ってきてるのだろう、一番心配していた、誤嚥もほとんどない、食事形態は嚥下食のままだが、おいしいのか完食することが多い、最後に、しずさんの食事も見に来てくださった、スプーンですくい上げる動作が上手にできず、取りこぼすことが多いので、試行錯誤だ…器を持つことも考えたが、栄養士さんが [続きを読む]
  • 嘘も方便
  • 今日は、用事があって昼食に間に合わず、14時前到着、しずさんは臥床しているが、目は覚めていた…「一人で来たの?」「孫ちゃんは?」と、孫ちゃんのことを毎回必ず聞く、私は、しずさんの生家から来ていると思っているようで、しずさんのお姉さんはどうしているか、義姉さんは元気にしているか、聞いてくるので、「みんな元気だよ〜」と、答える、車で、5分の距離と話しても、次の日は、忘れているのだから、生家から来ているこ [続きを読む]
  • 冷ややかに無表情で…
  • 今日は介助なしで9割摂取、混ぜることなく、お粥も、おかずも別々に食べることができた、時折、正面の人が気になるのかジーッと見たりして、食べるのをやめてしまうが、私も気になっているのだから、しかたがない…その人は、食欲がなく職員さんがいろいろと声をかけ、食べさせようとするが、その掛け合いが面白くて、私も笑ってしまう、その人が笑っている私を指さし、吹き出して食べるどころではない、食べない人をこんなふうに [続きを読む]
  • 食事介助
  • 今日は機嫌がいい、機嫌がいいときは、食事がまずいと小声で文句をいう、昼食も「甘すぎる」と言って、主菜に汁物を全部入れ、混ぜ混ぜしている、それでも「甘いね」と、副菜を投入…納得がいかないのか、お粥さんまで入れ始め、いったい、何がしたいのか?濃い緑色は副菜、茶色は汁物、そして、残っているお粥さんを入れ、かき回しながらため息をつく、私は内心、ちょっとイラついてます、こんなにしちゃってぇ〜、もう〜…介助は [続きを読む]
  • 感情の変化
  • お昼過ぎ…私を見た途端、泣き出す、顔をクシャクシャにして、「孫ちゃんが、いなくなったよ〜」「あと、もう一人もいないのよねぇ」「誰かわからんのよ」「二人、いなくてね〜」誰?…は、私じゃないらしい、孫ちゃんは学校で勉強中と言っても涙が止まらない、夢でも見たのだろうか?なだめてベッドから車椅子へ、お昼のおやつを食べ、だいぶ落着いてきた、ここの職員さんに、とてもよくしてもらっていることや、お昼ご飯が美味し [続きを読む]
  • 職員さんの情報
  • 最近、しずさんのテーブルに名前がついた、指定席だ…このテーブルの指定は二人だけ、他の人はどこでもいいようで、何の意味があるんだろう?昼ご飯は、減塩のせいで文句を言いながら食べる、しかめ面で、「こんな味もしないものは、たべたくな〜い」「甘すぎてね、塩がほしい」昨日は美味しいと言いながら食べたのに、今日は、まずそうに食べている、ひょっとすると、味覚障害かも?調べてみると、認知症の人は味覚が弱くなってく [続きを読む]
  • 周りの影響と環境
  • 土曜日、静かです…職員さんが平常より少ないので、忙しそう、ホールのしずさんが座るテーブルからの眺め、高台で下に住宅街が、山の向こうは海です、天気のよいときは遠くまでよく見え、とても気持ちがいい、しずさんの部屋の一部、テレビは無料で借りることができますが、イヤホンで聴くのがお約束、でも、つけても興味がないようで、ほとんど見ていない、洗濯物は病院に入院していたとき、毎日持って帰っていたが、最近、便失禁 [続きを読む]
  • 安心感?
  • しずさんが私にいつも確認すること、「何分かかるの?」たぶん、遠距離の頃の記憶が残っているのか?車の運転時間を気にしている、「5分だよ…」と答えると、毎回、驚いて「5分ねぇ〜」「ちかいね〜」と、返ってくる、そろそろ、記憶してほしいが、もう、合い言葉と思っている、この街が住みよいのか、もう帰れないと諦めているのか、たまに生家の話しはするが、あんなに帰りたがっていたのに帰りたいと言わなくなった、「帰りた [続きを読む]
  • 今のうちに
  • 午前中、血圧がビビ〜ンと上昇、原因がわかっていたので、降圧剤を服用、別のことに集中して、落着くのをひたすら待つ…メンタルの弱さ、つくづく嫌になる、私っていったい、何と戦っているのだろうとわからなくなる?本当に穏やかに日々を過ごすことができたらと、そう思っているが、いつも思うだけで…人に自分の気持ちを伝えるって難しいです、ちょっと間違えば、誤解されるのだから、自己コントロールもできないときもある、気 [続きを読む]
  • 金銭問題で思うこと
  • 今日も食欲あり、長時間の車椅子は体力的に負担なようで、臥床することが多い、でも、機嫌もよく穏やか…今日、介護保険負担限度額認定証が届いた、申請は…介護保険負担限度額認定申請書預貯金(写し)、同意書印鑑が必要で、しずさんは預貯金1000万以下、年金80万以上、3段階の承認が得られた、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設が限度額の対象となる、今の老健は年金だけで十分だが、たとえば、申 [続きを読む]
  • 穏やかな寝顔です
  • 今日のお昼はカレー、しずさんの大好物…いまだに嚥下食で、通常の量は食べきらず半分量に、減った分は好物のゼリーがついてくる、ゼリーといっても栄養補助食品でカロリーも高い、私が到着した時は自分で食べていたが、ニッコリ笑い、スプーンを置いてしまった、「自分で食べないの?」「ちょっとでも食べなきゃね」言っても動かない、しかたないな〜と思いつつ…介助、9割摂取して、ウトウトと目が閉じてきた、食後の口腔ケアの [続きを読む]
  • アクエリアス
  • 早いもので、入所して一週間経ちました、まだまだ慣れるのに大変、ここでよかったのか、まだ他にいいところがあったのではと、施設や職員の様子が気になって、どうしても観察してしまう、いやな家族かもしれない…私が慣れるまで大変と思うのだから、当事者のしずさんはもっと大変だろう、場所と環境が変わることほどストレスになる、しずさんはあまり水分を取ろうとしないので、ちゃんと飲ませてもらえるのか、摂取状態も気になっ [続きを読む]
  • 熱が下がり少し元気に…
  • 午前中は、ずっとベッドの上で過ごす、朝食は半介助で5割摂取、頸部の後屈が目立つので、お昼から頭を固定できる車椅子に…熱も下がり少し元気を取り戻す、しかし、しずさんの回復ぶりには驚かされる、昼食は半介助で9割摂取、この施設の食事はかなり美味しいらしく、食事が変わると最初の一か月は文句しかいわないのに、ここは違うようだ、「おいしい、よか味じゃ」と、褒めている、聞いたところ、仕込みにかなり凝っているらし [続きを読む]
  • 熱39度4分に…
  • 夕方近くになって、熱39度4分に上昇…「あついが〜」、布団をどけろという、悪寒はなくなり、顔が熱で赤くなっている、何の熱だろう?11月始めにインフルエンザの予防注射はすませた、咳もあまりでない、肺炎、尿路感染、ストレス…?「つめた〜い、アクエリが飲みたい」と、、、吸い飲みで100cc程を飲みほした、おかわりもする、外も暗くなったので今日は職員さんにお願いして帰宅、遠距離と違い、近いと何かの時、すぐに [続きを読む]
  • 悪寒
  • 昼前、ホールに入所者が集まり食事を待っていた、八人掛けの一つのテーブルに6人が車椅子、一人が椅子に腰掛け、その中に、しずさんも…挨拶するが、チラッと私をみて直ぐ目を閉じた、険しい表情で、怒っているようにみえる?まったく反応が返ってこない、機嫌が悪いのかな?しばらく見ていたが様子が…全身、ガチガチに力んでいて振戦も、、、「寒い…」と、一言だけ訴えた、脈を測ろうとしたが手も硬直したように動かせない、看 [続きを読む]
  • 昨日までの悲愴感は?
  • 施設玄関の正面に広い事務所があり、誰が訪問したか一目瞭然、病院では事務所を避け、裏階段をこっそり上がっていったが、ここは挨拶をされるので、無視もできない…一応、愛想よく挨拶する、今日は、ケアマネさんにつかまり聴取をうけた、、、違う!サービス計画の作成のため、今後の家族の方針を聞かれた、どのように生活してほしいか?ADLは、どの程度まで考えているか?しずさんの性格、気になることや問題と思われること等、 [続きを読む]