ruta さん プロフィール

  •  
rutaさん: タビノシタク
ハンドル名ruta さん
ブログタイトルタビノシタク
ブログURLhttp://tabinoshitaku.com
サイト紹介文旅の準備をこつこつと。まずは熊野古道から。とうとうサンティアゴ巡礼スタート。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2016/09/25 15:05

ruta さんのブログ記事

  • もう着いちゃうじゃん!!カミーノ29日目。
  • 2017年7月5日 ペドロウゾからサンティアゴ・デ・コンポステーラ 19.28kmpedrouzo→Santiago de compostela 今日は歩きの最後の日。5:45出発みんなのテンションが少し上がり気味なのがわかる。距離も20kmぐらいだし、余裕だねって感じで。いつもよりゆっくりめに歩いて、最初のバルで全員で朝食。ここでカミーノ中で何度も見かけた人たちと再会。「最後だね。」って言い合いながら、写真撮ろう、撮ろうってなる。今まで会っ [続きを読む]
  • 最後のファビオ飯!ペドロウゾのアルベルゲ。
  • 今日のアルベルゲは「CRUCEIRO DE PEDROUZO」12ユーロ 外から見える共有空間がキレイ。キッチンや、ソファーやたくさんのテーブルや椅子があって居心地よさそう。予約してたので、すんなり入ることができた。 96ベットと大きめのアルベルゲ。入ったとき自分のロッカーのカギを渡され、その番号の靴箱に靴をいれる。この靴箱、鍵もかかります。ベットはこんな感じ。あっ。今日もカティアが先に到着してる。今日もタクシーみたいです [続きを読む]
  • 南京虫ネタで国際交流!カミーノ28日目。
  • 2017年7月4日 メリデからペドロウソ 33.1kmMelide→Pedrouzo 朝キッチンで紅茶を飲み、みんなで出発。5:30 サンティアゴ・デ・コンポステーラまではあと少しだなあと思いつつ。いつものように支度し、いつものように出発した。数日後にはみんなで歩くこともなくなっちゃうのだけれど、考えてもしかたがない。 少し後で来るであろう寂しさを感じながら、歩く。 いつものようにバルで朝食。今日はこれにしてみた。 温めたミル [続きを読む]
  • ベットのはしごが斜め!メリデのアルベルゲ。
  • 今日のアルベルゲ。「O Apalpador Hostel」10ユーロ。 またまた、写真がこれだけしかないって申し訳ないです。ここのアルベルゲの3階が私たちの部屋でした。 3階までは階段です。2段ベットが4台で8人部屋。ちょうど8人なので、またいつものごとく貸し切り状態。 私たちがついた頃、ロベルト、カティアがついてました。珍しいなカティア。って思ったら、タクシーで来たみたいです。 今日も順番にシャワーを浴びます。ここは少 [続きを読む]
  • 今日はプルポ食べに行こう!!カミーノ27日目。
  • 2017年7月3日 カストロマイヨールからメリデ 30.1kmCastromaior→Melide ※注意です。今日のブログは南京虫に刺されたあとを載せています。見たくない方はここまででお願いします。 本日の出発7:00朝ごはんを食べて、8人で出発。 天気悪っ。あと100kmの道標の写真を見落としたMiちゃんはこの78.1kmっていう中途半場な道標で一生懸命写真撮ってた。今日の最初の休憩はこのバル。今日は久しぶりに全員で一緒に休憩。ハグし [続きを読む]
  • スイッチがかわいい!!カストロマイヨールのアルベルゲ。
  • 今日のアルベルゲは「Ortiz」 10ユーロ サリアを過ぎてからはスペイン語が話せるベアトリーチェが予約してくれてる。 カフェも併設のアルベルゲ。9台の2段ベットが並んだ18人泊まれる。新しいみたいで、ドアとか設備機器とがか今風。男女分かれたトイレ+シャワールームが1つずつ。今日はこのアルベルゲは他の人たちがいないので、貸し切り状態。男女かまわず、空いてるとこ使っちゃってました。 気になったこれ。スイッチ。パソ [続きを読む]
  • 残り100kmポイント!カミーノ26日目。
  • 2017年7月2日 サリアからカストロマイヨール 31.1kmSarria→Castromaior 昨日の夕飯後に薬を飲んで寝た。夜中のかゆみとの格闘は続いており、いつものようには寝られず。多少薬は効いてるみたいだから、今日も我慢して歩こう。 出発は7:26アルベルゲのアルベルげでパンの朝食を食べて出発した。すぐにバルを見つけた。やっぱりバルでコーヒー飲みたいなあってカフェコンレーチェ。かゆみのせいで、サリアの街はザックリとしか [続きを読む]
  • あなたはどんなトラブル抱えてますか?サリアのアルベルゲ。
  • 病院を出てから、ここに泊まろうと決めた。すべての荷物をすぐに洗って乾燥機にぶち込みたかった。 グルグル回って決めたアルベルゲ「Alma do Camino」ちょうど12:00オープンでいいタイミング。 背の高い男性が受付してくれた。 9ユーロ 洗濯機があるか質問。「YES!」「その洗濯機は高温で洗えますか?」ってさらに質問した。 「あなたはどんなトラブルを抱えてますか」 男性は優しい口調で聞いてきた。腕を見せながら説明。「南 [続きを読む]
  • かゆみの正体が南京虫か確かめに病院に行くぞ!!カミーノ25日目。
  • 2017年7月1日 トリアカステラからサリア 24.2kmTriacastela→Sarra 朝7:26分出発。 昨日の夜、かゆくて何回か起きた。ただ、長袖で寝たせいか、かゆいところは増えていない。今日もかゆみ続行中。このかゆみを我慢するには忍耐力が必要。 今日の目的地はRenteって村。私はサリアで薬局に寄りたかったので、先に行くことにした。最初は少し登り。登りのきつさより、痒みの方が気になって意外と早く歩けてる。日本から持ってき [続きを読む]
  • シェア飯最高!トリアカステラのアルベルゲ。
  • 今日のアルベルゲは「Oribio」 このアルベルゲになった理由はキッチンあり。今日もファビオがパスタを作ってくれるみたいです。2つの部屋があって、1つの部屋に2段ベットが8台ぐらい。1つの部屋は私たち7人で貸し切り~みたいになっちゃいました。 シャワーとトイレは一緒の部屋で1つの部屋につき1つしかついてません。順番に入っていきます。 今回も天気が悪いので、洗濯機を使います。お金を払って、おかあさんに頼むシステム。洗 [続きを読む]
  • 痒みと寒さの闘い。これは南京虫?!カミーノ24日目。
  • 2017年6月30日 オセブレイロからトリアカステラ 21.4kmO Cebreiro→Triacastela 朝起きると、なんかかゆい。腕にプツプツができてる。日本から持ってきたかゆみ止めを塗りまくる。自分の中で南京虫疑惑浮上。寝袋とトラベルシーツをチェック。寒い時、寝袋の外側に防虫?のトラベルシーツをかぶせて寝ていた。南京虫来ないように・・・前にトラベルシーツの上を南京虫らしきものが歩いていたのを思い出して、トラベルシーツの防 [続きを読む]
  • シャワーのドアがないなんて!!オ セブレイロのアルベルゲ。
  • 超 超 超つかれてセブレイロ峠の1300mのとこにあるオセブレイロのアルベルゲについた。 「O’Cebreiro Xunta」えっ。受付に人がいない。ちょっと待つ。今は14:00。受付開始時刻13:00は過ぎてる。 アルドはベットを確保できたよう。さっきまでは受付の女の人いたらしい。 30分たってもまだ来ない。続々とペレグリーノが到着し、15人ぐらいたまって40分ぐらいたったところで、受付の女の人登場。着いた順に並んでいく。なのに、 [続きを読む]
  • セブレイロ峠越え、こんなにきついの?カミーノ23日目
  • 2017年6月29日 ペレへからオ セブレイロ 23.7kmPereje→O Cebreiro 今日の出発は6:45 ちょっと遅め。今日は後半の難所って言われてるセブレイロ峠を登っていくらしい。天気がいまいちで、雨が降ったりやんだりで気温も低め。フリースを持ってこなかったことを後悔する。 アームカーバーとレインジャケットでは寒すぎる。歩いて温まるしかない。 ファビオとアルドと一緒に出発。 最初にあったバルで朝食休憩。 カウンター [続きを読む]
  • しっとりな感じ!ペレへのアルベルゲ。
  • 15:30に着いたペレへ唯一のアルベルゲ。「Pereje」名前そのまま。外観がかわいらしいアルベルゲだ。お姉さんが受付してくれた。5ユーロ。ロベルトがすでに到着していて、案内してもらう。入口から階段で下がったところが部屋とシャワーとトイレ。おっきな部屋に16台ぐらいの1段ベットが並んでる。窓が小さくて、暗くて通気性が悪そうな部屋。窓が小さいとここわい。前に南京虫に出会ったところに似てる雰囲気。水回りに行くと、な [続きを読む]
  • 虹からの快晴。ブドウ畑の風景が気持ちいい!!カミーノ22日目。
  • 2017年6月28日 ポンフェラーダからペレへ 29.8kmPonferrada→Pereje 小雨が降っている中7:00に出発他の仲間たちは出発してたけど、支度が遅くなって、7:00になっちゃった。同じ部屋だったアルドと一緒にでる。ポンフェラーダの町を抜けたら、前方に虹が見えた。右を見ると、雲の間から朝日が降り注いでブドウ畑を照らしていた。ブドウの葉っぱが日の光でキラキラしててキレイ。こうゆう風景ってタイミング。朝早く出たら見ら [続きを読む]
  • キッチンが大きくて使いやすい!!ポンフェラーダのアルベルゲ。
  • 今日のアルベルゲは「San Nicolas de Flue」175人が泊まれる巨大アルベルゲ。入口を出たところにテーブルが置いてあって、そこで受付。ファビオが着いているか確認。(朝調子が悪かったファビオはタクシーでここまで来ていた)ここのアルベルゲで間違いなさそう。 ここは寄付制。 アルドは受付時にお金を箱に入れていた。中に案内してもらう。部屋には2段ベットが2つ。アルドが下。私は上になった。この部屋にはあとイタリア人の女 [続きを読む]
  • 鉄の十字架ってあれの事だった??カミーノ21日目。
  • 2017年6月27日 ラバナル デル カミーノからポンフェラーダ 32.2kmRabanak del Camino→Ponferrada 朝、アルベルゲの自動販売機でカフェコンレーチェを購入。自動販売機コーヒーの他にお菓子とかも売ってて便利。早朝でも買える。今日は5:48出発 昨日、仲間たちと連絡を取ったらここから5km先のFoncebadonって村にいたみたい。5kmだったら追いつけそうだ。今日は昨日に引き続き山。そしてここの気温は15℃ぐらい。少し寒 [続きを読む]
  • 石積みの建物の美しさ!ラバナル デル カミーノのアルベルゲ。
  • 遅い時間の到着したので、今日は村で一番手前のアルベルゲに。「La Senda」 石積みでかわいいらしい外観。外におばちゃんが座ってて、手招きしてくれた。 6ユーロ 5ユーロの部屋もあったけど、1階でじめっとしてたので2階にある6ユーロの部屋に。 6ユーロの部屋は2段ベットが3つ。 洗濯を頼んだら、おばちゃんが6ユーロで洗濯乾燥までやってくれるとの事。今日は頑張ったから、それぐらいお願いしちゃおう。 キッチンもある。でも [続きを読む]
  • スペイン人の露出狂に出会った!!カミーノ20日目。
  • 2017年6月26日 オスピタル デ オルビゴからラバナル デル カミーノ 35.46kmHospital de Orbigo→Rabanal del camino 朝食のおにぎり。ご飯の力やばいです。なんだかいつもと違う力がわいてきてる。今日も行くぞ~っ。 外に出ると少し霧雨。レインジャケットを着て出発。6:30 かわいい矢印の方向に進んでいく。今日は雲が多くて、天気が心配。レインジャケットとパンツがあるから、雨がふっても大丈夫なんだけど、やっぱり [続きを読む]
  • 内装が無茶苦茶かわいい!オスピタル デ オルビゴのアルベルゲ。
  • 今日はノープランで決めたアルベルゲ。完全に飛び込み。入口からかわいいこのアルベルゲの名前は「San Miguel」ホスピタレイロさんが唐突に「こんにちは、日本人ですか?」って挨拶してくれた。 雰囲気よさそうなアルベルゲだ。 7ユーロ。 「昨日YUさんが泊まったよ」って教えてくれた。知ってる人が泊まったって情報はなんか安心する。 今日はここにしよう。中に入るとやたら絵が一杯飾ってある。ホスピタレイロさんが描いたそう [続きを読む]
  • ホントにあと300kmなの??カミーノ19日目。
  • 2017年6月25日 レオンからオスピタル デ オルビゴ 31.76kmLeon→Hospital de Orbigo大きな町のレオンをぐるぐる回り切って満足な朝。また一人になり、仲間たちを追いかけるかたちに。 朝6:05出発レオンは水飲み場がやたらと多かった。茶色いかわいい家。朝焼けにそまる、この顔のついた街灯にくぎ付け。時々変わった建物があって、これは何だろう。今日は,なるべくは進みたいのでかなりの速足で歩いていく。 やっぱり、一 [続きを読む]
  • モダンなアルベルゲ!レオンのアルベルゲ2。
  • 昨日のアルベルゲの門限が早かったので、朝から移動。門限24:00ってアルベルゲにした。「San Francisco de Asis」入ったロビーに大きめのロッカーがあり、バックパックを置いておけそう。奥には鍵が付いている駐輪場みたいのがあって、自転車巡礼者にも安心。 受付のあたりは近代的な内装で新しそう。ここは10ユーロここは朝8時からは入れるので、朝早く移動しても、部屋にいれてもらえる。 部屋は2段ベット4台の部屋。一番乗りだ [続きを読む]
  • なんて異空間!レオンのパラドール。
  • レオン2日目。巡礼中、パラドール気になってました。パラドールって言えば昔のお城とか、宮殿とか修道院を改装して宿泊施設にしてるとこ。ちょっと泊まってみたかったけど、なかなか機会がなくって。 レオンのパラドールはサン・マルコス広場に面してます。今日は思い切って中に入ってみました。入口から荘厳な雰囲気です。レオンのパラドールはもともと修道院だったそうです。入口を入ってすぐのスペースがいきなりこれっ。私の [続きを読む]
  • お祭り開催中なレオンの町!モダン建築もかっこいい。
  • 6/23,6/24と2日間いられる事になったレオン。ここの町は大きめで見どころたくさんな予感。 まず、なんか気になるドアたち。 レオンの町の中は、家の形や色や素材がいろいろ。先週からお祭りをやってるらしくて、町の中は人でいっぱいだった。この建物、色がキレイ。ちょっと他のとは違ってて、目立ってはいたけど。ブルーのバランスがいいね。少し、昔の城壁みたいなのが残ってるとこもある。ここは中世チックな雰囲気。植物で今日 [続きを読む]
  • 132人が入れる巨大なアルベルゲ!レオンのアルベルゲ1
  • 44km歩いた後たどり着いたアルベルゲ。「BENEDICTINAS SANTA MARIA DE CARBAJAL」 中に入ってみるとたくさんの人が待ってた。一人の担当の人が受付して、もう一人の人が会計。みんなとワイワイ話してたら、知らぬ間に自分の番になり。6ユーロ払って受付。 もう一人の女性がやってきて、部屋を案内してくれた。この女性早口なので、聞き取りが難しいです。 女性専用のルームに案内されました。たくさん並んでるベットの上の段。 [続きを読む]