おぐら さん プロフィール

  •  
おぐらさん: おぐら蔵
ハンドル名おぐら さん
ブログタイトルおぐら蔵
ブログURLhttp://oguragura.blog.fc2.com/
サイト紹介文エエ年の兼業主婦が、暑苦しく走るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2016/09/26 13:43

おぐら さんのブログ記事

  • 墓参 DE ラン 2018
  • (じぶん的には)お盆恒例行事になった感のある「墓参DEラン」。=実父のお墓参りのついでにラン※これまでの墓参ランのもよう  ↓ 2017年   2016年今年は、少し早めの8/9、平日に有休を取って、実施することにしました。さて、今年はどこを走るか・・・ロードで長距離は暑くてイヤなので、南海高野線三日市町駅付近にクルマを停める↓霊園までラン(ロード)↓墓参後、滝畑の岩湧山登山口までラン(ロード)↓岩湧山、 [続きを読む]
  • 7/28〜の練習記録
  • 3月でフルを終えたものの、5月に萩往還140km、7月にエビキリエクストリーム、と自分の中ではシーズン続行中だったのですが、エビキリを終えて、ひとまずシーズンオフということで。7月いっぱいほぼランオフ。…で、8月に入りましたので2018シーズンの練習開始(笑)。次のレースは、10月初めの、えちご・くびき野ウルトラ100kmです。それを皮切りに、年内は坂また坂、のコースばっかり(笑)。まあいつものことか。そんなワタクシ [続きを読む]
  • 五頭連山遭難について考える
  • ご記憶の方もいらっしゃるかと思いますが、今年のGWに起こってしまった、「新潟県五頭連山 遭難」。親子連れで登山、遭難されてしまい必死の捜索もむなしく、5月末、ご遺体で発見されたという山岳事故でした。この事故、最初の遭難届の内容や通報時期、初動捜査の範囲など、行き違いが数多く発生したためそこを問題として論じられていましたが、わたしはその点について、私見を言えるような見識はありません。また、低学年のお子 [続きを読む]
  • エビキリ 附(つけたり)
  • 7/28、長居公園で開催された「長居ぐるぐる」Final。所用で参加できない予定だったのですが、台風のおかげ(笑)で予定が変わり、参加することができました。といっても、周回の苦手なわたしは、あまり走らず、エイドのお手伝いをするつもりだったのですが。2周走ってはエイドで休憩、を繰り返して、6周、計16.8kmでした。かおりんさん、5年間本当にありがとう。すばらしい練習会でした!(よくがんばったニャ  by長居のネコ)さて [続きを読む]
  • 霧島えびのエクストリーム その5
  • レース前、レース中の補給状態について。7/22AM3:30 カップヌードルミニ おにぎり2つ 飲むヨーグルトAM5:30までにOS-1を1本あけた。AM6:00、レーススタート後 第1エイドで  マンゴー、パイン一切れずつ  パン(7cm×7cm×2cmくらい)一切れ 第2エイドで  ブルーベリー5粒くらい  3cm角くらいのあんこ入り餅一切れ 25km手前で、ジェル。11:00過ぎにゴールするまで、こんな摂取状態でした。ランパンのポケットにはジ [続きを読む]
  • 霧島えびのエクストリーム その4
  • レポ4回目です。わたしの筆力のなさで、ダラダラ長いだけのレポになっちゃってて(いつもか。)ここ3日、毎日更新しているにもかかわらず元々底辺なランキング、さらに降下!(笑)フォロワーさんも減っちゃったし(笑)単に面白く書けてないだけか。(自業自得)お読みいただいている方々、おつきあいいただきまして本当にありがとうございます。今回、ゴールします。いつも通り長くなっちゃいますがごめんなさい!!今回のレポは、以 [続きを読む]
  • 霧島えびのエクストリーム その3
  • 今回のレポは、以下の部分のおはなし。10kmまで来ました。7km手前で林道の上りに入ってから上りっぱなし。数値的にいうと、2.93kmで280m上がってます。(Garmin調べ)9.5%の登りということですね。この斜度ならば、ゆっくりでも走れていないといけない勾配ですが、結局ベタ歩き・・・まずいな、と思ったのは、上り切って下りが見えても「よし、がんばろう!」という気持ちになれないこと。まだ10kmなのにこの始末・・・下りに入って [続きを読む]
  • 霧島えびのエクストリーム その2
  • 装備と補給。<ウェア>ファイントラックUA COLD半袖Tアームカバー首てぬぐいランパンゲイターC3Fitソックストレランシューズ(モントレイル・ログ)サンバイザー度付きサングラスレギュレーションで、最低1Lの水分の携行が義務づけられています。500mlペットボトル2本とハイドレーションに700ml位入れて持ちました。ジェル3つとナッツを補給食として。上だけレインウェア虫よけスプレーバグズネットコース図と高低差図。昨年のリ [続きを読む]
  • 霧島えびのエクストリーム その1
  • エクストリーム=「過激な (extreme)」。鹿児島と宮崎の境にある、えびの高原をスタート&ゴールとして行なわれる「霧島えびの高原エクストリームトレイル」。ロングの部(64.5km)ショートの部(34km)があります。昨日7/22に開催された第6回大会、ショートの部に出走してまいりましたのでレポートしていきたいと思います。大会の存在は知っていたものの、なかなか参加する勇気がなく。でも、走れる体力がある間に、と思って2月の [続きを読む]
  • 灼熱のオオヤマレンゲ 後編
  • 装備と補給類。 ファイントラック 半袖T アームカバー タイツ 山キュロット ランソックス トレランシューズ ハット 首てぬぐい ・Garmin腕時計 ・スマホ2台  両方に、ルートをGPXファイルで落として  ジオグラフィカでキャッシュ読み込み。  (ここまでは前日家で準備)  どちらも機内モードでOFFラインで使用。  一台はバックアップ。  主にGPSの精度がいい方で  ルートを確認します。 ・E-trex(登山 [続きを読む]
  • 灼熱のオオヤマレンゲ 前編
  • 国の天然記念物、極東の名花とうたわれ、中国では「天女花」と呼ばれているオオヤマレンゲ。(画像借り物)奈良県大峰山系、近畿最高峰の八経ヶ岳に自生エリアがあります。開花しています、の情報を見たのは例年より早い6月中旬でした。7月第1週に見にいこうと思っていたものの激しい雨により、断念。第2週に入り、天気予報は晴天。ってか晴天すぎる・・・でも八経ヶ岳は1900m超。涼しいに違いないと踏んで7/14、登ってまいりました [続きを読む]
  • 7/3〜の練習
  • 7/3 ジョグ6km7/5 閾値走のつもりで実施場所まで  1.8kmジョグ。  が、1kmでだめを悟る。  4'23"、ストライド1.16。  ジョグに切り替えて2km。    ラスト一往復だけ、メイチで。  時計を見ずにとにかくメイチ。  意識としては、 「脚を付け根から、 真っ直ぐ後ろに遠く蹴り飛ばす。 とにかく切り戻し早く。」 …結果、4'02"、ストライド1.26。 走れるんやんか、自分… もしかして 身体の動かしかたを意識す [続きを読む]
  • いつも心にマルチーズを
  • その人は、わたしが今の職場に入った当時の上司でした。小柄で白髪で色白。ちょっと高めの声に、ツブラな瞳(笑)。「小型犬のような人だ…」という印象を持ちましたのでココロのあだ名は、「マルチーズさん」(笑)。(イメージ画像…)いつもニコニコ、決して声を荒げたりキリキリしたりなさらない穏やかな方でした。上司として、頼りになる、とはいい難いものの、各々が受け持った仕事を、スタートから、出来上がりはもちろんメ [続きを読む]
  • ダンガンお伊勢詣り
  • わたしは近鉄電鉄の株を、ささやかながら所有しているので年2回、一日乗り放題切符が、送られてきます。7月末に使用期限が迫っていたのですがやや、乗りテツの夫が、「しまかぜ に乗りたい」と言い出しましたので、目的地は伊勢、賢島方面となります。協議の結果、10:40ごろ奈良線西大寺駅から、しまかぜに乗車↓12:00過ぎ伊勢市駅で下車↓伊勢神宮 外宮(げくう)参拝↓内宮(ないくう)まで約3km走っていき参拝↓また3km走って [続きを読む]
  • 6/22〜の練習記録
  • 6/21の閾値走が、あまりにもキツかったので、翌日、再トライしてみました。同じようにキツくなるのか、それとも少しはマシになるのか。わたしはスピ練(ぽいもの)は、満腹ではできないので平日、夜に行うときは、終わるまで夕飯はオアズケ(作るのは自分ですが)。6/22も腹ペコのまま実施しました。500m直線の(平地)実施場所まで1.8kmジョグ。普通の道路500mを往復×5回。車、バイク、自転車が時折来ますが仕方ない。道の端を気 [続きを読む]
  • 蔵出し 潜入!痩身エステ
  • あれは、2年ほど前の夏。事の起こりは、化粧品会社に勤める友人からの頼みごとでした。「痩身エステのお試し体験、受けてみてくれない?」市場調査のひとつとして、内容を知りたいけど友人はとても痩せているので、本人が痩身コースを受けるわけにはいかない。で、わたしに白羽の矢が立った、と。友人とは25年以上のつきあいですので気心は知りつくした仲です。ですので、わたしが・ローティーンから体重を気にする人生・太りやす [続きを読む]
  • 紫陽花を、愛でた。
  • 梅雨らしい天気が予想された週末でしたが、紫陽花を愛でた2日間でした。6/23。奈良大和郡山市には、「紫陽花寺」として有名な矢田寺があります。電車とバスを乗り継がないと行けない、ちょっと不便なところなんですが、ウチからは、矢田丘陵自然歩道(トレイル)を通れば5kmほどです。あじさいの時期は入山料(500円)が必要ですが、手入れされているあじさい園はその価値があります。ご興味を持って下さいそうな方にお声をかけ、 [続きを読む]
  • 最近のラン事情
  • いつから書いてないか記憶が定かじゃないくらい久しぶりのランネタです。やっぱりたまには書いておかないとただでさえ少ない読者様がますます離れていく予感が・・・(笑)それは冗談ですが、マラソンカテ追放されるのも今はまだ困るのでマジメにランネタも書いておこう。萩往還を終えてから、翌週の週末にトレイル10km上り基調で走ったら(高度上昇361m)走り終えてから驚くほどヨレヨレになりました…で、自重してゆるジョグでつない [続きを読む]
  • 西の旅・初夏 その5
  • 下山して駐車場に戻り、売店で、ソフトクリームなど食べながら休憩。あ、わたしの大好物の熊本名物「いきなり団子」があったので、あとのお楽しみに買っちゃいました。(さつまいもとあんこがinされた 神的なおまんじゅう)まあ、それはどうでもいいのですがkinさんのご案内により、もうひとつ楽しみにしていたアフター温泉、国民宿舎・久住高原荘立ち寄り湯まで車で移動しました。立ち寄り湯は500円ですが、9日・10日は「久住の [続きを読む]
  • 西の旅・初夏 その4
  • 中岳から下りて、今度は中岳の双耳峰である天狗ヶ城へ向かいます。先ほどの御池が見下ろせるはずなんだけど、うーん、よくわからない・・・晴れているときにもう一度来てみたいなあ・・・天狗ヶ城の山頂へ到着〜ハイハイ、記念撮影ですよ〜天狗ヶ城を降りてお腹すいたね〜と言い合いながら避難小屋の広場に戻ってきました。登山ツアーなのかな?同じお弁当を広げられてるたくさんの方で、避難小屋の中も広場も大にぎわい。幸い雨は [続きを読む]
  • 西の旅・初夏 その3
  • 6/18大阪で、8:00前に発生した地震。わたしは地下鉄で通勤中でちょうど森ノ宮駅で扉が開いた直後でした。ドカンと大きい衝撃で車両が揺れてえ?発車するの?扉が開いているのに?と思ったら一斉にスマホが鳴り響き地震なんだと気づきました。しばらく後、電車を降ろされ駅構内からも出されて。そこから肥後橋の職場まで歩きました。(6kmくらい?)いつもと全く変わらない風景に地下鉄だけが止まっており人があふれてみな、下を向い [続きを読む]
  • 西の旅・初夏 その2
  • 駐車場から5分ほど歩くと熊野磨崖仏の受付に着きます。拝観料は大人300円。「杖を持って行って下さい!」となぜか強めに言われたので(笑)お借りしました。階段道を少し上がって…鳥居の向こうは、鬼が一夜にして積み上げたという伝説が残る、自然石を乱積にした石段。少し薄暗くて荘厳な雰囲気です。一礼して鳥居をくぐり上がり始めると、これむちゃくちゃ歩きにくいよ?トレランシューズですらコレだからもし、パンプスとかで来 [続きを読む]
  • 西の旅・初夏 その1
  • 大分県、久住山。中岳、三俣山などとともに久住山系と呼ばれます。標高1786.50mで、東にある中岳(1791m)に高さを譲るが山頂には一等三角点があります。(イメージ)咲き誇るミヤマキリシマを見に久住山に行きましょうという企画がTeam九州にあると聞きつけ、またしても厚かましくも便乗させていただきました。久住登山は6/10早朝スタート。前日6/9に大分に入りますのでせっかくの機会なので前から行きたかった、熊野磨崖仏を見に行 [続きを読む]
  • 何を着て走るべきか
  • たいそうなタイトルをつけましたが、とてもバカバカしい話です。皆さまは、ご自宅から走りに出るときどんな服装で出られますか?・・・って走るんだからランウェアに決まってるじゃん!ってハナシなんですが、わたし未だにモヤモヤしてる問題があるのです。●ご近所さんと遭遇問題●以前、しょうじさんも書かれていたと思うのですが、休みの日の明るい時間に走りに出るとき。夜ランなら闇に紛れられるし、明るい時間でも自宅から車 [続きを読む]
  • 湖畔の笛吹きにはなりそこねた。
  • わがままな詐欺師こと(笑)し〜やんさんが、「びわ湖周遊マラニック」(通称ビワイチ)の200 kmの部に参戦されるというので応援に行ってまいりました。スタートは5/26、AM8:00JR瀬田駅。制限時間32時間で、琵琶湖を時計周りに走るという、過酷なレース。参加人数は30人弱(160kmの部も合わせて)らしく、単独走が予想されました。26日の昼間は、中途半端に用事があり日中は行けなさそう。夕方、応援に行かれる方に便乗しようかと [続きを読む]