左沢ねあ さん プロフィール

  •  
左沢ねあさん: けみがで!
ハンドル名左沢ねあ さん
ブログタイトルけみがで!
ブログURLhttp://alchemygarden.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文食虫植物ネペンテスを主に、様々な植物の紹介と栽培記録を書いています。
自由文毎週水曜日と日曜日に更新されます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/09/26 14:02

左沢ねあ さんのブログ記事

  • 冬支度
  • 先週から毎日冷たい雨が降り続いています。週間予報を見ても、この先も全部雨模様、太陽のマークはどこにも見えません。夏の夕立のような雨は嬉しいのですが、こう何週間も降り続くとさすがに困ります。陽射しも全く無く、さらに今は気温も低いため代謝も最悪なので、この状態でいつまでも濡れた状態が続くと、株が腐ってしまいそうです。実際、忙しさにかまけて雨に打たせていたところ、やばそうな鉢がいくつかありますし… [続きを読む]
  • きのこガーデン(後編)
  • 今週はやたら暑かった……と思ったら週末辺りから一気に寒くなりました。秋特有の不安定な気候で困ってしまいますね。予報ではこれから1週間程続く秋の長雨の予定ですが、この雨を境に一気に晩秋の気候に入っていくそうです。現在夜間の取り込みは低地性のみですが、そろそろ高地性の取り込みも常態化しそうです。 Amanita virosa長々と続いたキノコ企画もこれにて最終回、あと少しだけお付き合いください。ヴィロサと [続きを読む]
  • きのこガーデン(中編)
  • 道を歩いていると、金木犀が香ってくるようになりました。好きですよ、この匂い。もうすっかり秋ですね。結構きつい匂いですが一年のうちでも数日だけですし、たまにはいいかなーって思います。銀杏のような刺激臭でもないですし。というか銀杏って1ヶ月以上臭ってますよね。 ハナホウキタケの仲間。二回に分けての公開予定でしたが、存外に画像が多いので三部構成にさせていただきます。ここは元々ネペンテスブログ、キノコなんざ [続きを読む]
  • きのこガーデン(前編)
  • 先日は気温が10度を切り、高地性も慌てて取り込みました。……かと思えば、この週末はまた真夏日です。この時期は不安定な気候は仕方ないですが、それにしてもここ数年おかしいです。秋らしい過ごしやすい気候は無く、夏と冬が日毎交互にやってくる感じです。 Amanita javanica最近は目の回るような忙しさが続いていますが、その合間を縫って無理矢理時間作って、気分転換にお散歩です。行き先は近所の森林公園、画像 [続きを読む]
  • 超極小苗経過報告iii
  • 10月に入って夜温も下がりつつあります。最近は15度以下になることも珍しくなくなってきたので、予報を見つつ低地性の子だけ取り込んでますが、どうしても気温の上がり切らない早朝に出しつつ、気温の下がり切った夜間に取り込む形になります。もう少し時間を取れたらいいのですが、難しいところです……。 N. lowii Mt.mulu Thomas Alt clone / Y's Exotics導入から1年近く経ちましたので、定期報告です。現在リーフ [続きを読む]
  • N. xHookeriana
  • 機嫌の悪い日は文章は書かないほうがいいし、Twitter等も触らないようにしているのですが、ブログの方はせっかく続けている習慣なので、出来るだけ途切れさせたくないです。一度サボったら、ずるずると書かなくなる気がしますし。そうやって更新の途切れた放置ブログ、よく見ますし。 N. xHookeriana / Malesiana Tropicalsフーケリアナはラフレシアナとアンプラリアの自然交雑種。両親共に膨大なフォームやタイプが存在するため、 [続きを読む]
  • N. xMiranda
  • 忙しいし時間は無いし、やることは山積みです。文句の山ほどもありますが、ここに書くのもアレなので、ぐっと呑み込みます。 N. xMiranda最近よく後ろに写って存在感を主張している吊り鉢。やたら大きく成長してしまい、この子が背景に映り込むと遠近感が狂います。元々は場末のホームセンターで枯れかけていたのを憐憫からお迎えしたのですが、やっぱり一般に出回るような普及種は強いですね……。 現在リーフスパン [続きを読む]
  • N. jamban
  • 秋分を過ぎ、とうとう昼夜の長さが逆転しました。昼間はまだ気温は上がりますが、夏の暑さとは違った感じになってきました。今年は冷夏と天候不順の影響もあってか、気温が下がるのが例年よりも早いそうです。やっぱり冬の寒さも厳しいものになるのでしょうか。ネペンテスたちにとっては辛い季節になりますが、今年は特に厳しくなりそうな予感です。 N. jamban David / Carnivoria EU今年の初夏に輸入したジャンバン。存外に大きな [続きを読む]
  • 台風一過
  • 先日は台風が直撃でした。今年も台風シーズン到来ですねー……。あらかじめ首都圏に台風直撃の予報が出ていましたので、植物は全て退避済み、この子たちに被害は出なかったのですが……。 まあ、大体予想はしてましたが、遮光ネット半壊です。簡単に直せる構造にしてあるので、ちょいちょいと直していきます。 整理しつつ、並べ直しました。スペースがかなりギリギリですねー……。4号鉢が大 [続きを読む]
  • 徒長開始
  • 彼岸花も咲き出して、もうすっかり秋に入りましたね。まだやや残暑は厳しめですが、日が短くなってゆくのが物寂しいです。今日は台風直撃の予報も出てるので、植物は屋内に取り込むべきなのでしょうねー……。 N. aristolochioides x ventricosa BE-3447 / Borneo Exotics去年はまだ小苗だったのに、1年でめちゃくちゃ大きくなりました。さすがは交配種です……。成長の早いアリストロキオイデスと、丈夫 [続きを読む]
  • 仮説から確信へ
  • 昼間の残暑は厳しいですが、夜温はぐっと下がるようになって過ごしやすくなってきました。涼しいとはいっても、先日のように15度を切るようなことはないです。やっぱり一時的な冷え込みだったようで……。どこからともなくツクツク法師も戻ってきて、夜の虫の音も初秋を感じさせます。春と秋の彼岸頃は、低地性と高地性のどちらにとっても理想的な気候なのですが、やっぱり屋外なので気候は安定しているとは言い難いで [続きを読む]
  • 害虫の爪痕
  • 9月初旬ということもあり、晴れ間が戻るとやっぱり暑いですね。去年は9月10月と、2ヵ月雨が降り続き、各方面に甚大な被害をもたらしました。今年の8月も似たような天気でしたが、ここ数年天気がおかしいですね……。これから先の冬の気候も、今から気になります。一昨年みたいによく晴れた暖冬になってくれると、ネペンテス的には助かるのですが。 N. xladyluckダニだかスリップスだかはわかりませんが、成長点を潰さ [続きを読む]
  • 収穫祭!
  • まだ9月に入ったばかりだというのに、時期外れの猛烈な冷え込みが続いています。山間の方では、すでに夜温が10度を切っているのだとか……。この辺りも夜温15度以下にまで冷え込むので、アンプラリア等の低地性は早くも低温障害が出そうです。今年は予定前倒しで、もう温室を組み立てないと、まずいかもしれないですねー……。こんな気候のせいか、今年はツクツク法師があんまり鳴かないですね。蛙鳴蝉噪 [続きを読む]
  • N. campanulata
  • 寒い……。先日40度近くなったと思ったら、今度は気温が20度を切っています。とても夏服ではいられないので、上着を一枚プラスです。8月も終わって9月に入り、今年もそろそろ冬支度の準備を始めないといけない季節になりました。おそらくは、この先残暑がぶり返したりで、不安定な気候になるのでしょうけれど。 N. campanulata / Wistubaウィスツバは珍しい種類を揃えているのですが、届く苗の状態から初心者向けでは [続きを読む]
  • N. madagascariensis
  • 今年の8月、なんか短くないです……?……と思ったら、前半入院してたのでした。今月はいろいろ時間が足りなくてやばいです。23時半の今書いてるこの文章、日付変更までに間に合うのか……。 N. madagascariensis / Malesiana Tropicals夏場ということもあって、好調なマダガスカリエンシス。ネペンテスの分布の中では、他種とは遠く離れた場所に自生するため、低地性に分類されますが、他と [続きを読む]
  • N. reinwardtiana
  • 暦の上ではもう残暑ですが、ここに来て今年の最高気温を続々と更新しております。先日は気温39度を観測しましたが、百葉箱の中でのお話なので、実測では40度を軽く超えているはずです。夜温も30度以下に下がらない熱帯夜も続いており、夜間もミストシャワーが稼働する日も増えてきました。本当に、39度のとろけそうな日です。こうも暑いと高地性ネペンテス、夏越し後に突然力尽きるパターンが怖いですね……。がんばっ [続きを読む]
  • N. ampullaria
  • 仕事終わんねぇ!!!\(^o^)/ N. ampullaria williams Red x Herlequin / Borneo Exotics今年の夏は、なんだか全体的にアンプラリアたちの調子が良くないです。心当たりは二つ。まず一つ目は、低地性種は6月に入ってから完全屋外管理に移行したのですが、今年の初夏は時期の割に夜温が非常に低く、15度を切ってしまうことも珍しくなかったため、低温に弱いアンプラリアはいじけてしまったのではないかということ。二つ目は、例の [続きを読む]
  • N. truncata
  • 最近は冷えるかと思ったら急に暑くなったり、もう天候がめちゃくちゃです。せっかく退院してきたのに、私は早くもフラフラです。しかし、暑くても寒くてもずっと曇りのち雨なのは相変わらず……。あまりにも荒天続きで、農作物にも被害が出始めましたねー。いよいよ去年と同じ流れになってきました……。 N. truncata / Y's Exotics山田食虫植物農園より導入されたフラスコ苗を順化したものが由来です。 [続きを読む]
  • N. platychila
  • なんだかおかしな空模様が続いています。まるで去年の初秋を彷彿とさせるような……。空梅雨からのずっと雨降りという流れも、以前と一緒ですね。前みたいに2ヵ月降り続くなんてことが、なければいいのですが……。 N. platychila / carnivoria.EU去年の年末に輸入した個体。最近は思うところもあり、苗の由来を出来るだけ詳しく書くようにしています。あまり珍しい由来の個体や、選抜個体は居ないので、 [続きを読む]
  • N. burkei x hamata
  • ここ数日、なんだかすごく涼しいですねー。このところ夏型の太平洋高気圧が弱まっているのだとか。それによって定期的に雨雲が入ってくるので、よく雨が降ります。さらにオホーツク海高気圧からの冷たい空気が流れ込むことによって、気温が上がりにくいのだとか。数年前にも記録的な冷夏がありましたが、当時のように20度を切ることはないものの、8月だというのに気温が23度くらいまでしか上がらない日もあったりしました。高地性 [続きを読む]
  • N. sibuyanensis
  • ……と、いうわけで、今回からいつも通りに書いていきます。先日身体を大事にするよう言っていただいた直後に、この有り様です。まだまだ厳しい残暑も続いていきそうですし、体調管理はしっかりしていかないとです。 N. sibuyanensis red pitcherMTからリリースされている、赤い袋をつけるクローン。導入は去年の秋頃だったので、10ヵ月くらい経つのですねー。 一時期は生死の瀬戸際でしたが、最近はコンスタントに袋 [続きを読む]
  • 復帰しました
  • 先週から倒れて入院していましたが、ようやく帰ってくることができました。帰ってこられたとは言っても、自宅療養らしいですが……。 何はともあれ、帰ってくることが出来てよかったです。病院生活はとても涼しいですが、点滴に繋がれているだけで何も出来ないですし……。いくら暑くても、やっぱり家がいいです。留守の間の植物の管理は、家族がやってくれました。期間も長くなかったですし、基本はミス [続きを読む]
  • N. vogelii
  • 今日は時間もないので、ちゃちゃっと書いていきます。 N. vogelii今年の初めに導入した個体。細長い袋がかっこよく、鮮やかな斑模様と、密に入った黒い縞模様が綺麗な原種。BEは最近高地性原種をあまりリストに出してこないですし、ボゲリーも滅多に販売しないので、入手困難というほどではありませんが、ちょっとだけ珍しい種類。 まだ小さな苗の小さな袋ですが、ポテンシャルは十分。現状の小ささでも綺麗に特徴が出ています。襟 [続きを読む]
  • 超極小苗経過報告
  • 暑いし忙しいし、体調も悪くて時間もないです。喉も痛くて鼻もずびずびするし、夏風邪かしら……。空調の効いている部屋とそうでない部屋で、温度差が20度以上あるので身体への負担も大きそうです。予定もタスクもどんどん圧縮されて、先延ばしでいろいろとマズいです。今この文章を書いている23時現在……、日付変更の更新時間に間に合うのでしょうか。 N. lowii muluローウィーはとても成長が遅く、幼苗 [続きを読む]
  • N. veitchii bario
  • 蝉もいよいよ本格的に鳴き始め、夏真っ盛りです。庭木で鳴き出したりすると本当にけたたましく、まさに蛙鳴蝉噪といった響きです。夏の風物詩ではあるのですが、網戸に張り付かれたりすると煩すぎてダメです。晩夏の夜の虫の音なんかは風流とは思うのですが……。ちなみに虫の音を風流と思うのは、国内限定の価値観だそうです。海外だと、蝉でもコオロギでも、虫の音は全部まとめて雑音なんだとか。ホームセンターやペ [続きを読む]