左沢ねあ さん プロフィール

  •  
左沢ねあさん: けみがで!
ハンドル名左沢ねあ さん
ブログタイトルけみがで!
ブログURLhttp://alchemygarden.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文食虫植物ネペンテスを主に、様々な植物の紹介と栽培記録を書いています。
自由文毎週水曜日と日曜日に更新されます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/09/26 14:02

左沢ねあ さんのブログ記事

  • N. vogelii
  • ツクツク法師も鳴き始めて、今年の夏も終わりに近付いてきました。気温的にはまだまだ終わりそうもないですけれど……。 N. vogelii BE-3256 / Borneo Exotics前回の登場も割と近かったような気がするのですが、二段階ほどリーフジャンプして一気に大きくなりました。今年の夏の暑さの所為でしょうか。ボゲリーはインターメディエイトですが、暑さに強く寒さに弱いという、どちらかと言えば低地性種に近い性質を持って [続きを読む]
  • ウミウシ
  • 先月後半に落ち込んでいた間に溜まりに溜まったタスクに押し潰されそうです。現代日本では、どうやら感傷に浸っている暇もあまり無さそうです。技術者を消耗品のように使い潰してゆく社会というのも、どうかと思いますけど。私の代わりは居なくとも、上位互換がいくらでも出回っているのです。 前回に続いてまたも先月の画像なのですけれど、傷心旅行というわけでもないのですが、水族館に行ってきたのでした。 コモンウミウシGoni [続きを読む]
  • N. sibuyanensis
  • まだまだ気持ちは重たいですが、今回からまた少しずつ書いていきます。本来なら先月記事にする予定だったシブヤンエンシスの画像があったので、今回はそれについて書いてみようと思います。 N. sibuyanensis red pitcher / Malesiana Tropicals初めて輸入した個体であり、初めて導入したシブヤンエンシス。輸入時は最悪のコンディションで、いつ枯れてもおかしくない状況でしたが、翌年の春以降はなんとか持ち直して、育ってくれて [続きを読む]
  • memento mori
  • ご心配お掛けしております。最近は気持ちの方もようやく落ち着いてきたかとも思ったのですが、突然涙が止まらなくなったりと、安定には程遠い状態です。いつまでも悲しんでいる訳にはいかないというのも重々承知しているのですけれど、それでも悲しいものは悲しいのです……仕方ないのです。何があったのかと言えば、回りくどく書く必要もなく、友達を亡くしたという、ただそれだけのことなのですけれど。交通事故でし [続きを読む]
  • 休載のお知らせ
  • タイトルの通りなのですが、しばらくブログの執筆を休止させていただきます。理由としましては、現在の心理状態的に更新を続けていく事が困難と判断した為です。別に栽培場が壊滅しただとか、枯死した個体が出ただとか、そういった理由ではありませんので、そこはご安心ください。栽培は今まで通り続けていきますので、気持ちの整理がついて、精神的にも安定したら、その時にはまた更新を再開します。その時まで、今しばらくお待ち [続きを読む]
  • N. attenboroughii ix
  • 最近は夜温も全く下がらなくなりつつあり、辛い季節になってきました。エアコン買い換えなかったら、今年は部屋で死んでたかもしれません。あ、高地性ネペンテスにも辛い季節ですね。 N. attenboroughii BE-3693 / Borneo Exotics単品記事にするのは久々な気がするアッテンボロギ。心配していた植え替えによる影響もなく、順調に大きくなっています。 袋は大分ベル型に近付いてきました。サイズは大きくなったとは言っても、まだま [続きを読む]
  • ヒカゲヘゴの有効活用
  • 暑いというより熱いです。本日分の画像を準備するために写真を撮っていたところ、『筐体が過熱しているため強制終了します』とのエラーメッセージが……。こんなエラー初めて見たですよ。日向の地面とか目玉焼きが出来そうな温度ですし、遮光しているとはいえ、高地性種はおろか低地性種までも、全くの無対策では煮えてしまいそうな環境です。直接的に温度を下げることに加えて、高温による乾燥を防ぐ意味合いでもやっ [続きを読む]
  • N. burbidgeae x edwardsiana
  • 梅雨も明けて蝉も鳴き始め、いよいよ夏本番です。週間予報は最高気温35度以上の日が、延々と続いています。ただただ暑い……。 N. burbidgeae x edwardsiana / Malesiana Tropicals同ナーセリーを代表する自然交雑種。初めて輸入した際に導入した個体なので、うちに来てから結構経っていますが、成長は遅いです。曰く、本種には独特の癖があり、暑くても寒くても枯れはしないのですが、全く大きくならず、大株に育て上 [続きを読む]
  • N. lowii
  • まだまだ全然長雨が続いてます。梅雨明けとは一体……。 N. lowii Trusmadi seedgrown / Carnivorous and more再導入したトラスマディ産のローウィ。支柱を使ってガッチリ固定してあります。今度は飛ばされないように。 輸入時に着けていた袋は落ちつつあります。これは到着時に蕾の状態でしたが、今までの経験上だと、このまま完成することなく落ちると思われます。新しく袋を着けるのは、うちの環境に馴染んでからな [続きを読む]
  • ドイツ便再入荷
  • 最近は風も凄まじいですが、陽射しの方もやばいですね……。先日ずっと壊れていた自室のエアコンを買い換えました。今まではよく晴れた夏の午後には、立地の関係で室温が50度近くなっていたのですが、今年は部屋で爬虫類の飼育を始めたこともあり。もっとも、一番恩恵を感じているのは、他ならぬ私自身なのですけれど……。 N. hamata clone4 / Wistuba憧れだったハマタ様を、ついに導入しました。導入元 [続きを読む]
  • 用土を乾かした結果
  • 6月に入ってから春以来の暴風は鳴りを潜めていたので、すっかり油断していたのですけれど、ここ数日になって、再度急に暴風の猛威に晒されています。凪いでいたかと思えば突然風速30メートルを軽く超える突風が吹いたり、まったく油断も隙もないです。電柱がなぎ倒されて停電する区域や、老朽化した建物が吹き飛ばされて倒壊したり等々、市内でもインフラストラクチャーに障害が出たりしています。しかも、そんなときに限って再発 [続きを読む]
  • N. reinwardtiana
  • 暑いですねー……。まだ6月というのに、先日はこちらでも最高気温が35度を超えての真夏日です。観測上の最高気温は百葉箱の中でのお話なので、実測値はさらに上だと思います。梅雨が明けたら連日こんな気温が続くと思うと気が重いですね……。ネペンテスは高地性種を含めて夏が最盛期なのですが、さすがに無対策ではこの暑さは乗り切れません。 N. reinwardtiana BE-3671 / Borneo Exotics今年の冬の小春 [続きを読む]
  • N. truncata
  • 気付けばこのブログも開設から2周年なのでした。細々としたトラブルは多々ありますが、今まで壊滅的な失敗は無く、なんとか続いています。 N. truncata / Y's Exoticsこのブログで初めて紹介した子。葉は大きくなっていますが、枚数や質は去年より落ちてる気がします。春から夏にかけて成長して、秋から冬にかけて何らかのトラブルに見舞われる、……というサイクルを、毎年繰り返してる気がします。本来は極めて強健 [続きを読む]
  • N. vogelii
  • 前回はサーバーエラーで散々でしたね……。この提供元はどうやら週末は完全休業らしく、金曜日の夜にエラーが起きると、月曜日の朝まで絶対に復旧しないそうです。企業としてはホワイトで理想的だと思いますけれど……。 N. vogelii BE-3256 / Borneo Exotics今日は梅雨の合間の晴れ間が覗きました。陽が差すと本当に暑いですねー……。ただ、ミストシャワーの下は結構ひんやりとして涼しいで [続きを読む]
  • N. burkei x hamata
  • ブログの提供元のサーバー障害により記事が正常にアップされていませんでした。梅雨冷で寒いですね……。合間に晴れ間の覗いた日もあったのですが、来週いっぱいはまた雨続きみたいです。梅雨らしい天気といえば、そうなのですけれど……。やっぱり雨なんて、週に二回も降ったら十分です。 N. burkei x hamata / Borneo Exoticsあまり出番がなく、他の子の紹介のときに隅っこに端だけ写ってるという地位を [続きを読む]
  • N. peltata
  • 梅雨空が続いています。何日も連続で雨が降っていると、去年や一昨年の秋を思い出して気が滅入ってきます。低地性種に低温障害が出るほどではないですが、心なしか梅雨冷で寒いですし。 N. peltata BE-3464 / Borneo Exotics1年振りの登場です、BEペルタタ。うちの環境との相性はあまりよくないらしく、春から夏くらいにかけてしか袋を着けてくれません。花卉なんかは大抵そんな感じですけれども、それだとなんか寂しいですし、な [続きを読む]
  • 梅雨入り
  • とても気分が重いです。この気の重さはきっと、低気圧とか雨だとか、そういう原因によるものではないです。 N. ampullaria williams Red x Herlequin / Borneo Exotics以前植え替えようと思っていたアンプラリア。赤玉土を買ってきたので植え替えたのですが……。その赤玉土の質が、これ以上は無いって程に最悪で、微塵抜きをしたら半分くらい減った上に、軽くつまむだけで崩れてしまう程に団粒構造が脆く、すぐに用土 [続きを読む]
  • N. inermis
  • 最近は虫が多いです。外に出れば、あっという間に蚊に刺されまくりです。あまりにも蚊が多いので、殺虫燈でも設置しようかと思い、いろいろと見ていたのですが、箱に『蚊等の走光性の無い蟲には効きません』の注意書きが……。残念と思う一方、無駄な買い物をせずに済みました。やっぱり蚊対策として購入して、効果がないとの苦情が寄せられたりするのでしょうか。ちなみに今日の分の画像を準備している間に3か所程刺 [続きを読む]
  • ヒカゲヘゴ
  • 今日はアンプラリアの植え替えをしようと思っていたのですが、直前になって赤玉土の在庫が無かったことに気付いたり、夕方になって日が傾いてきた時点で、今回分の画像を用意してないことに気付いたり、絵に描いたようなぐだぐだっぷりを発揮したクソみたいな週末を過ごしました。 Cyathea lepiferaヒカゲヘゴ。ヘゴの仲間は前々から気になっていたのですが、流通してるのは全く見ませんでした。通販でたまに扱っているのを見ます [続きを読む]
  • 近況報告
  • 気付けば今年もそろそろ半分が終わります、早いですね。あと、今年はそろそろ梅雨入りだそうです、早くない……? N. veitchii x burbidgeae / Exotica Plants先日開きたての画像を載せましたが、襟もしっかり開いたので再掲です。開くと同時にだらだらと蜜を分泌し始めて、蓋の裏にびっしりと蟻が集ってて気持ち悪いです。事前に出来る限り落としたのですが、それでも結構残ってます。見たときは数百匹単位で居ました [続きを読む]
  • N. ventricosa
  • 今日の記事を書いている現在、空腹と眠みと過労です。 N. ventricosa Mt.Madja-as BE-3278 / Borneo Exotics在来系ベントリの挿し穂は付きませんでしたが、こっちのベントリは普通に育ってます。本命の方に限って上手くいかない、マーフィーの法則です。こちらの個体は在来のベントリコーサのような白系ではなく、赤黒いリップに同色の斑模様が入ります。それはそれで綺麗だとは思うのですけれど、私は白系のベントリが欲しいんで [続きを読む]
  • N. jamban
  • 日曜日の早朝から電話掛かってきて、君には睡眠時間より大切なことがあるはずだ。……とか言われて叩き起こされたのですが、控えめに言って呪われてしまえって思いました。家の裏でマンボウが死んでろ。 N. jamban David / Carnivoria EU気を取り直して書いていきます。今回はジャンバンです。この子も以前からちらほらと書いている、災害レベルの暴風の被害者の一人。犠牲者にならなかったのは僥倖です。今月入ってか [続きを読む]
  • N. veitchii
  • 今期は冬の寒さが厳しかった分、春の立ち上がりも遅れてる感じがします。少しずつ袋を着け始めてはいるのですけれど、どうも今一つな感じ。風も強すぎるし、どうにもこうにも……。梅雨に入れば低地性種の植え替えとか進めていきたいところです。 N. veitchii bario Akazukin x stripe peristome / Y's Exotics豪勢な親元のビーチ・バリオ。本種だけではないですけれど、うちでは春から秋にかけて成長して、冬の間は半 [続きを読む]
  • N. veitchii x burbidgeae
  • 昼間は30度超えたり、夜温は10度切ったり、なんかもうアレです。ある意味熱帯高山性気候を再現しているのかもですが、我々の方が先にダメになりそうです。 N. veitchii x burbidgeae / Exotica Plantsやっぱり大きくなってきた子は、全体像が上手く撮れません。この辺がスマホカメラの限界なのかもしれません。それはさて置いて、この子の登場は久々な気がします。名前だけ、たまに出てきたりもしましたけれど。去年の屋外栽培で、 [続きを読む]
  • N.rajahの植え替え
  • 久方ぶりに晴れました。今週はずっと雨でしたしねー。でも、去年みたいに3ヵ月間降り続くのに比べたらマシです。どちらかといえば、今回は長雨よりも強風による被害の方が大きいです。今月に入ってから昼夜を問わず、常時10メートル程の風が吹いており、それだけならちょっと風が強い程度で済ませられるのですけれど、時折30メートル級の突風が割と頻繁に吹いたりするので、油断できないです。春は毎年風が強いですが、ここまでで [続きを読む]