こんどろいちん さん プロフィール

  •  
こんどろいちんさん: 私子宮頸癌 母親統合失調 父親 認知症
ハンドル名こんどろいちん さん
ブログタイトル私子宮頸癌 母親統合失調 父親 認知症
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/uniawabiikura/
サイト紹介文私30歳の時に子宮頸癌で摘出 母親統合失調で53歳永眠 父親 認知症
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/09/26 18:17

こんどろいちん さんのブログ記事

  • 肌メッチャ弱い
  • ついこないだまでこんな感じのが脚、主にすね全面に出ていて、それが治ってきたかなー、と思った矢先に顔全面に、とても気持ち悪い顔面になったー、と思いつつ日々をやり過ごして顔のがマシになってきた、と思ってたら今は腕の裏側にできてる基本的に肌がすごく弱いので、肌が綺麗!!って状態が生まれてこのかた殆どない春は花粉やらで、夏は汗でとにかく荒れる。ちょっとしたプチ旅行ですら、環境の変化でスグ荒れる。フランス [続きを読む]
  • ダイエット
  • ここ数ヶ月で急激に太り、肩周り〜二の腕にかけてのラインがまーるくなっててオバハン!って体型になってるー、と、、。腰回り、お腹もヤバい。久しぶりに鏡の前でマジマジと自分の体型を見て、なんて醜い体やー、と思いながら でも、とにかく美味しいもの食べながらお酒を飲むのが好きで、グルメを我慢するぐらいなら、、と見て見ぬフリをしていたけど友人が大幅なダイエットに成功したのをキッカケに、私もダイエットを決意。取 [続きを読む]
  • 昨日
  • ダイエットを決心して数日、、ゆるい糖質制限はしていて、安くすむサラダにするか、大好きな魚介類にするかと迷ってたけど向かう車内で大々的な訃報を見てやっぱり人間、いつ死ぬか分からないから好きなもの食べよう!!と思ってお寿司屋さんをハシゴした。閖上の赤貝てメッチャ美味しい。昼間から4杯も飲んだ。握りは我慢できた知人のバースデープレゼントを買って、時間つぶしに占いして。占いで お子さんは?とかお子さんがで [続きを読む]
  • 久しぶりのお見舞い
  • 今回、親友と一緒に行った。1人で行くより心強くありがたい。親友の名前は当たっていたけど、私の名前を間違えてた笑やはりずっと食べ物の話しをしてた役所関係の事も色々して、買い物もして。帰りの切符は買ってないけどいつ帰ろかな〜〜 [続きを読む]
  • 子宮頚がん手術から5年経過
  • CT、採血の結果、異常無し。今日内診もしたけど、次の予約は1年後となった。えらい先の話、、1年後にもう一回CTをとって、その結果異常がなければ紹介状を用意され、今後は地元の病院で定期健診してくださいね、となるよう。大学病院だからなのか主治医って存在がいなく、毎回違う医師で今日なんて初めて見る人で、感慨もなーんもなく事務的にアッサリと終わった笑一回は死ぬのかもしれない、と言葉では言い表せない恐怖を味わっ [続きを読む]
  • 今回のお見舞い
  • 年末以来ぶりのお見舞い。前回が肺炎にもなっていて絶不調の父親だったから行くまでは緊張したが、行ってしまえば相変わらず寝たきりではあるけど前回よりも元気そうで、お喋りも盛んだったから一先ず安心した。なんか、毎回お見舞いに行くまでが謎の緊張感と恐怖感に襲われる。いつも行く度行く度 前回よりはどこかしら悪くなってたので、それを目の当たりにするのが怖いというか。でも私の顔を見るなり、「●●(私の名前)か? [続きを読む]
  • 久しぶりに大学病院来てる
  • 今日は造影剤CTの日。子宮摘出の手術で入院中、デイルームに常にいらした婦人科癌の患者会のスタッフで、よく話をしてもらってた方がいるかなー、と、婦人科病棟のデイルームへ寄る事に。懐かしいなぁ、約5年前は自分もここに入院してて、既に弱り始めたおとんがえっちらおっちら1人でお見舞いに来てくれたんやなぁ、、とか思いながら、、その方がいなかったので諦めてそのまま放射線科へ行くか、と向かってたら、途中でバッタリ [続きを読む]
  • 海外旅行のお誘いとか、溜息な事とか
  • ハァ、、。父親が入院してからソッコー見学に行ったこっちでのグループホームから「一室空きが出たので」と連絡があった、、。そこのマネージャーさんが良い人で、環境も良くて部屋の雰囲気も良いとこで、「父親もここで住めたらいいな〜〜」と思えるとこだった。そこに入居するには住民票もこの県に移す必要があって、本人の面談も必要なとこ。後々、地元で連れて行けるグループホームへ、病院から自宅への外泊の際に面談に本人 [続きを読む]
  • 人間仮免中 つづき を読んだ
  • 知る人ぞ知る、壮絶な人生を送られてきた卯月妙子さんの前作『人間仮免中』のまさかの新作。前作が放心状態になる程とにかく強烈で読むのに気合いが必要!と思ったけどこの人、病状は重いかもしれんけど普通に幸せ者やんなー。こんなに愛してくれるボビーさんがいて、(失礼ながら)破茶滅茶な家庭環境だった割には息子さんも良い大人に育ってて、家族、親戚、身の周りの人にも恵まれてて。たくさんの愛に囲まれている。羨ましい [続きを読む]
  • 父親の夢を見る
  • あの病院に入院してる父親の普段の様子、なんだけど一つのパターンがまぁ一言で言えば悪夢で、もう一つのパターンが意外と幸せ?にやってる夢、、。悪夢をみた時の目覚めがまた悲惨。まだマシな方の夢は、これで仕方なかったんだ、と自分を納得させたい為の心の働き、深層心理か?私がこっちに帰ってきてからは病院から連絡ないので、肺炎はなんとか大事には至らなかったのかな?もー、何もしてない時は基本的に心がざわついてる [続きを読む]
  • 糖尿病と難聴と認知症
  • にほんブログ村糖尿病、難聴、どちらも認知症になりやすい危険因子と言われてる。これがまた父親にドンピシャで当てはまってる。あとイビキをかく人。イビキも長年壮絶だった。(入院直前は不眠になっていたから暫くイビキは聞いてなかったな、そう言えば。。)帰省の度に大音量でテレビをつけてるのには辟易してたもんだ。最大の音量にしてるんです、、^^;フルボリューム。とんでもない爆音!テレビって最大の音量にしたらここま [続きを読む]
  • 初耳
  • フゥ、今家に着いてやれやれ、、と部屋着に着替えたところでピンポン、と。隣の部屋の人で、「入院されたとはなんとなく聞いてたけど今回この棟の理事長になって、お父さんの共益費が去年の10月から未納でどうしたらいいかと思って。入院された6月からのぶんはなんとかならんかとまた相談しますが未納だったぶんは払って頂かないとダメかもしれないのでどうなったか分かったら、また手紙でも入れときます」って話しだった^^;月々 [続きを読む]
  • 今日のお見舞い
  • 父親の病室が変わってて、更に重症の人?の部屋になってた。隣の患者さん、ずーっと唸ってるし、、。父親はうちの顔、目を見ながらずっと何かを喋ってるんだけど、何言ってるのかサッパリ分からない。唯一「よー来てくれたなぁ」と「皆元気?」とだけ聞き取れた!毎回言ってるなぁ。意思の疎通はできてない気がするけど、スマホの写真とか前回プリントアウトして置いて来た写真を見せたり、顔や体をさすったりしながら過ごした。 [続きを読む]
  • 入院に至るまでの父親の認知症状やケアマネさんの事等②
  • にほんブログ村 遠距離介護そんなこんなで、この時期はしょっちゅうしょっちゅうケアマネさんから電話があったし、何か父親の問題に対応、解決?をして落ち着いたと思ったらまたスグ何か他のトラブルが勃発して、の繰り返しだった。そして、『在宅継続は不可能、精神科に入院』が決定的になったのが、地下鉄で二駅隣のショッピングモールに出掛けた父親が、そこからも自宅からも全く別の方向の物凄く遠い、徒歩でどーやって行った [続きを読む]
  • 入院に至るまでの父親の認知症状やケアマネさんの事等①
  • にほんブログ村起きるなりドンヨリ暗ーい気持ちで、後悔の念にがんじがらめになっていたり様々な思いが込み上げてくる。リアルタイムでは向き合うのも、書くのもしんどかったような出来事を思い出しながら、気持ちを落ち着けようと思う。母親が亡くなってから父親を担当してくれる事になったケアマネさん、結局2〜3年間お世話になってたのかな?若い女性の方。よくやってくれてはったと思うし、感謝してる。私はそのケアマネさん [続きを読む]
  • 父親の容態
  • 約2カ月ぶりに会った父親の姿は変わり果てていた。更に痩せて骨と皮だけになっていて、入院前は杖をついてなんとかゆっくり歩けて階段の昇り降りができてたのも、歩けなくなってるどころか腕を自由に動かす力もなくなってた。前回会った時は私の姿を見るなりハッ!っと表情を変えて、『調子はどお?』と聞いたら『いいよ』って答えてたのに(その時頭をかきむしるからという理由で車椅子に拘束されてたからいい訳ないのに、、)も [続きを読む]
  • 一人っ子の憂鬱
  • せめて兄弟姉妹がいれば良かったのになー。物理的な大変さも、精神的な辛さも分かちあえる家族が他にいれば、、。何より精神面での方が特にそう思う。もっと言えば、私は100%実子ができなくても血の繋がった甥っ子、姪っ子がいればまた違ったんやろなー。旦那の妹さんに子供はいるけど、ハッキリ言って私は他人だし付き合いも全くないし。仲が悪いという訳でもないけど、旦那が先ず妹さんとは疎遠とゆうか良く言えば大人な付き合 [続きを読む]
  • 帰省の際の不便なアレコレ?モヤモヤとか。
  • 途中2泊寄り道して、実家に向かってる。この2泊で思い切り現実逃避をして楽しかったぶん、今から現実と向き合うのでなんとも言えない心境になってる。毎回帰省の度に、スーツケースに先ず荷物を詰めて実家に送ってるんだけど荷物の受け取りも、私が実家から旦那の待つ家に帰る時に送る際もその全てを父親が元気な時は任せてたけど今はそれらを日数を計算してやらなければいけない。これが地味に不便。かさばる物とか、よそ行き用 [続きを読む]
  • 認知症老人の事故
  • にほんブログ村タイムリーにも最近そんなニュースが多く、死亡事故も何件かある。私は、今の父親の状況(精神科の慢性期の病棟で長期入院中)を考えたら暗澹たる気持ちになって後悔の念や自責の念、色々なものがこみ上げてきて(最近ではそれすらも相当しんどくて現実から目を背けてるというか心の防衛本能なのか無感情になってるようなフシもあるけど、、)こういったニュースを見ると、これで、良かったのか、、?という気持ち [続きを読む]
  • 私の精神安定剤
  • にほんブログ村それは 暗いニュースを見る事(爆(いや、なにも自分が子宮がなくなったからとか、父親がこんな状態だから、って事でもなく、子供の頃から単なるハッピーエンド!ちゃんちゃん!で終わる映画や小説が好きではなくて、後味の悪い終わり方をする作品が好きだったり深くて重いものが好みだったりTVでもドラマ等を見る事はほっとんどなくて良質なドキュメンタリーかノンフィクション、それがやってないのであればニュー [続きを読む]
  • 私の現実逃避方法 笑
  • とにかく浪費家な私なん十万円とか明らかに高額なものでなければ、ちょっとでも気になった時点で手に入れないと気が済まないんです。死 を連想させる病気をしてからはそんな気質にもより拍車がかかり、食べたい物を食べる欲しい物を買うって事を後先なーんも考えずにやらかしてるなるべくストレスを溜めない!これをモットーに。笑仕事はしてないから嫌な人、気の合わない人と無理して付き合う事もないしやりたくない事はやりたく [続きを読む]
  • 父親の容態は、
  • どんどん どんどん悪化していってる。主治医から報告の電話で知るんだけど、、。「このまま、この病院にお任せしていたらこーなっていくだろーなー」と予想がついてた方向へ悪化していくばかり。それが分かってたのに、どうにもできない。私んちの近所の特養等、大体がどこも入所前に本人の面談が必要という条件があって、飛行機の距離だし歩く事もままならない今、そこをクリアするのはかなり厳しい。高くても介護タクシーやらな [続きを読む]
  • 家族が統合失調症を抱えてる、抱えてたという方?
  • 色んな写真をプリントアウトして父親の病室に置いていき、自分の家に帰ってきてます。定期的に統合失調症なんだと思われる人の事件がある。今も、きっとそうなんだろうな、と噂されてる方のニュースがやってる。母親がそうだった私は毎回複雑な気持ちになる。子供の頃の断片的な記憶を思い出してみれば幼心に「うちのおかんはヒステリーやし、なんか変。なんかおかしい」と考えていた。今思うと病気を発症してたんだろーなー、、 [続きを読む]
  • 親友とお見舞い
  • (28日の日記)今日は親友であり小学生の頃からの幼馴染がまた一緒に病院に行ってくれた子供2人いて自分も仕事していてそれ以外にもボランティア活動を始めようとしていて色々と忙しい子なのに、空いたタイミングで車を出してくれて父親の事を気にかけてくれる。入院した直後のタイミングでも一緒に来てくれて、私と同じようにして家族ばりに、看護師さんに色々と対応してくれたりする。本当にありがたいお見舞いのあと、その子の [続きを読む]