フリーダム進学教室 さん プロフィール

  •  
フリーダム進学教室さん: フリーダム進学教室
ハンドル名フリーダム進学教室 さん
ブログタイトルフリーダム進学教室
ブログURLhttps://ck.freedomsg.net/articles/blog
サイト紹介文2年間で合格する中学受験 フリーダム進学教室の直営教室です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供404回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2016/09/28 09:33

フリーダム進学教室 さんのブログ記事

  • 組み分けをしないメリット
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 New フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせ組み分けをしない塾のメリットは、子どもたちが偏差値や順位よりも出来不出来に集中できるところでしょう。組み分けがある塾から転塾してくる子どもたちは、最初のころは月例テストで、すぐに人との優劣を気にする。多分そういう習慣がついているから、「あいつよりもできた」「あの子には勝った」ということに目が行きやすい。しかし、本当 [続きを読む]
  • 一人で力をつける
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 New フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせWEB学習システムで黙々と勉強に取り組んでいる子どもたちがいます。最初は週3回ぐらいの塾に通っていたのだが、習い事だったり、スポーツと合わなくなって、勉強するやり方を変えた子がほとんどなのですが、その後、一人で勉強するのが気に入ってしまい、家族と相談しながら計画を作って黙々と進めている。で、データや月例テストの結果を見 [続きを読む]
  • キーボードはすぐに扱えるようになる
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 New フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせWEB学習システムを作るにあたって、解答の入力をどうするか、いろいろ議論になりました。小学生が全員キーボードを扱えるというわけではなく、得意な子もいれば、そうでない子もいます。だからといって、すべての入力を選択式にしてしまう、というのは中学受験の実態からはかけ離れてしまう。最終的にはキーボードを使って言葉を入力したり、 [続きを読む]
  • 塾に通わずにトップ校合格を目指す
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 New フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせ現在フリーダムのWEB学習システムで受験勉強を続けている生徒の一人は、今年の春まで家の近くの塾に通っていました。しかし、春期講習を機に、WEB学習システムに切り替えて、今も自分で勉強を続けています。スタディールームオンラインはまだスタートせずに自分で黙々と勉強を続けているのです。月例テストの結果で見ると、しっかりやってい [続きを読む]
  • 時間の自由
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 New フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせスタディルームでの勉強時間は6年生1学期までは週6コマ。算数1、算数2、国語、理科、社会、算数演習になります。算数が半分になるわけですが、これはやはり中学受験で最も差が開く算数に力をいれるからです。6年生の2学期以降はこれに学校別が2コマ加わるので、週8コマということになるわけですが、このコマを下記のスケジュールの中から自 [続きを読む]
  • ペースの自由
  • どの塾でも、カリキュラムは決まっていて、そのカリキュラムに併せて昇降テストや組み分けテストがやってきます。しかし、どの子も同じように進めるわけでは実はない。その週忙しいことはあるかもしれないし、またまだよくわかっていない、という場合もあるでしょう。しかし、そういうのは基本的に許されない、締め切りがあるわけだから、まあ、有無を言わせず試験は受けなければなりません。試験を受けなければいけないのは仕方が [続きを読む]
  • わからないことを放置しない
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 New フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせ最後に伸びる子どもたちに共通する要素はいくつかありますが、その中で大事だなと思うのが「わからないことをごまかさない」態度です。たくさんの問題をやり続けていると、ちょっと間違えても、「まあ、ミスだから」と流してしまう。ところが本当にわかっているか、というとそうでもない。ところが伸びる子はここで見逃さない。というか、勉 [続きを読む]
  • 面談もテレビ会議
  • フリーダム進学教室のスタディールームオンラインはテレビ会議システムをWEB学習システムを組み合わせた個別指導です。テキストや動画授業、問題演習、学校別バインダーなど中学受験に必要なものを網羅したWEB学習システムを学習管理者である講師が子どもたちと共有しながら、指導を行うので、時間、進み方、場所、いろいろなことを自由に決定できるので、遠く離れた地域の子どもたちも参加してもらっています。そしてテレビ会議を [続きを読む]
  • 安全校もしっかり吟味して
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 New フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせこの時期、受験校のラインナップを決めるにあたって塾からは、合格確実校を1校は受験するように指示を受けるのが普通でしょう。近年、受験期間は非常に短くなって、なかなか流れを変えるきっかけがつかみにくくなっていますが、まずは1校合格をもらうと、親も子も気持ちが楽になる。だから確実に入る学校を選んで行こうとすると、偏差値表を [続きを読む]
  • 5年から6年へ
  • New フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせ 最近の大手塾のスタイルというのはやはりシステム化、定型化されています。カリキュラムとテキストが決まり、月例テストに日程が決まっているので、それまでの間に教える内容を教えてしまい、練習させるべき問題を練習させる、というプログラムになっています。したがって講師陣も決められた内容を決められた時間で教える。しかし、子どもたちの理解度には差が当然あるわけで、そ [続きを読む]
  • めげない
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 New フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせこの時期になると、みな、それなりにがんばるようになるものです。そしてがんばれば、それなりにできるようになるし、結果も出てくるようになる。手応えを感じられれば、またそれなりにがんばる気持ちが強くなる。ただそう簡単に右肩上がりになるわけではないでしょう。摸擬試験も上がったと思ったら、また下がった。次はもっと、と思ってい [続きを読む]
  • 個別指導をメインにする
  • New フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせ これまで中学受験準備は集団授業が中心で、個別指導というのはそのフォローという色彩が強いものでした。まずは集団授業で勉強して、家で復習する。それでもよくわからない場合は、個別指導でフォローをする、という流れ。だから個別指導だけで中学受験をするというのは今まであまりなかったように思うのです。しかし、これからはむしろ個別指導を中心に組み立てた方が効率が良く [続きを読む]
  • パワープレー
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 New フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせ塾で勉強する子どもたちが増える時期になりました。別に塾で勉強しなければいけないわけではないが、家であまりやらないのであれば自習室を利用するのもひとつの手です。この時期、空いている教室は、6年生の勉強のために公開していますし、質問もどんどん受ける。質問をするために教室にやってくるだけではもったいないので、そのまま過去問 [続きを読む]
  • あと何点?
  • New フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせ いろいろやらなければいけない、と思っているものの、使える時間も限られている。なので、具体的に何点伸ばすか、という点を考えながら、残りの時間でやることを決めておくと良いのです。例えば、社会の知識を覚えて、あと10点加える。算数のミスを減らしてあと10点加える。電気の勉強をやって、電気の問題で少なくとも半分は得点する、などなど。志望校の過去問をやった後、必ず [続きを読む]
  • 子どもの負担は塾の利益?
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 New フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせ今は少子化ですし、中学受験人口も少し反転してきたとはいえ、そう多くはありません。したがって学校間で差が開いている。学校の中には定員が埋まらない、という学校もあるのです。しかし、子どもたちの負担は減りません。なぜ負担は増え続けているのでしょうか。その理由は中学受験は塾中心の受験だからです。高校受験の場合、学校側が進学 [続きを読む]
  • 2019 入会案内
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 New フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせ今は少子化ですし、中学受験人口も少し反転してきたとはいえ、そう多くはありません。したがって学校間で差が開いている。学校の中には定員が埋まらない、という学校もあるのです。しかし、子どもたちの負担は減りません。なぜ負担は増え続けているのでしょうか。その理由は中学受験は塾中心の受験だからです。高校受験の場合、学校側が進学 [続きを読む]
  • 英語を学ぶ子どもたち
  • New フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせ 将来、いろいろな分野で国際的な舞台が広がっている以上、英語でコミュニケーションがとれないとなかなか難しい、と思われる方は多いので、英語を勉強している小学生は少なくありません。帰国子女であれば、ある程度身についたものはなかなか忘れないが、しかし、海外に行ったことがなければ、それなりに勉強を続けていかないと英語の力はやはり落ちます。日本で暮す限り、英語で [続きを読む]
  • 一緒に勉強するという発想
  • スタディールームオンラインを始めてから、自分で勉強する子どもたちが多くなりました。子どもたちは問題を出せば、自分で答えを出すことにこだわり、最後問題が残れば、次の授業までには大方こなして、進みたいところまで進んでいる子どもが多い。別に待っていなくともWEB学習システムには解説動画も、問題演習も、演習の解説もあるから、自分で勉強する姿勢が身についている子は別に授業時間を待つまでもなく、進めてしまうとこ [続きを読む]
  • クラス昇降がないから
  • New フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせ 大手塾から変わってきた家庭の保護者の方とお話をしたとき、フリーダムに変わって良かったことをお聞かせいただいたのですが、中でも「クラス昇降がなくなって、じっくり算数に取り組めるようになりました。」という話がありました。このクラス昇降に惑わされてしまうご家庭がやはり多いのです。「〜クラス以上に行かないと御三家には合格しない」みたいな不文律が各塾にはあるよ [続きを読む]
  • 体調と相談しつつ
  • 昨年の卒業生は、まだスタディールームオンラインがなかったので、WEB学習システムを中心に自宅で受験準備を進める子とセンター北で準備を進める子に分かれました。その中でWEB学習システムを自宅でやりながら見事志望校に合格した子の中に、体調があまり優れない子がいました。大手の塾に通い始めたのだけれど、通塾の負担が大きく、疲れやすい。また、宿題も多いのでなかなかこなせない。そのうち体調がすぐれなくなったので、大 [続きを読む]
  • 5年から始める方が無理がない
  • New フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせ フリーダム進学教室のカリキュラムは4年生の3学期、すなわち新5年生から始まります。一般的に多いのは3年生の3学期、すなわち新4年生から始まるケースが多いでしょうが、それで負担が大きくなりすぎていることがあるのです。近年少子化にともない、塾が早くから生徒を囲い込む傾向になり、カリキュラムが前倒しされてきました。以前にくらべると1年から半年ぐらいのペースで早まっ [続きを読む]
  • 良く考えてから聞かないと意味がない
  • この時期になると、解けないとかわからない、とか思う問題はなかなか高度です。なので、塾で質問をしても、先生もすぐに答えられる、というレベルではないかもしれません。実際にあずかって次の授業の時に教えてもらうこともあるでしょう。ただ、それで聞いてもよくわからない、ということは多々ある、のです。教えている方も「やはりわかってないなあ」と感じることが多いもの。まあ、それだけ難しいということなのでしょうが。だ [続きを読む]
  • あと100日、何をする?
  • New フリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせ 2月1日までおよそ100日という時期になってきました。残り100日で何を仕上げていくのか、具体的なイメージはできているでしょうか?毎週塾に行っていると、なんとなくその宿題や復習だけで時間がたってしまいがちです。明確に残りの時間で何を仕上げるのか、いくつか目標を持つべきでしょう。私は3つのテーマをよく掲げます。(1)得点力これは多くの学校で言えることですが、難 [続きを読む]
  • ダブル出願を多用しない
  • 入試の初日以降、受験結果によって次の日の受験校を変えるようにするのがダブル出願です。例えば東京神奈川の場合、2月1日の結果で、2月2日は合格したらA、残念であればBというような受け方をしていくわけですが、これをやり始めるとなかなか複雑な構造になってくる。決めるのはいいが、しかし、その対策をする、ということになると、あれも、これもということになって、当然のことながら全部手が回りません。だから、ダブル出願は [続きを読む]