フリーダム進学教室 さん プロフィール

  •  
フリーダム進学教室さん: フリーダム進学教室
ハンドル名フリーダム進学教室 さん
ブログタイトルフリーダム進学教室
ブログURLhttps://ck.freedomsg.net/articles/blog
サイト紹介文2年間で合格する中学受験 フリーダム進学教室の直営教室です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供407回 / 365日(平均7.8回/週) - 参加 2016/09/28 09:33

フリーダム進学教室 さんのブログ記事

  • 学習履歴をデータ化する意味
  • WEB学習システムでは、問題演習の答えを入力して答え合わせをします。答えを入力して、採点ボタンをおせば正解不正解がわかり、解説も出てくるわけですが、解答を見て答え合わせをするよりは若干時間がかかるかもしれない。しかし、その手間のおかげで子どもたちの学習履歴が、データ化されていきます。これは毎日たまっていく。勉強すればするほど、何ができて、何ができないのかが整理されていくのです。毎日同じ問題演習をして [続きを読む]
  • ずっと塾で勉強する
  • 入試前、すぐに塾に来る子が多くなりました。授業までずっと勉強している。授業でない子も自習と称して横で勉強しています。滞在時間の長い日だと半日はいる感じ。本人たちはそれがやりやすいと思っているので、採点したり、質問に答えたりしながらほぼ1日を過ごしていますが、だんだんいろいろなことが仕上がっていき、また課題も見つかってくる。先日は明治時代の授業ビデオをもう一度見直している子もいました。理科の基本チェ [続きを読む]
  • プロを目指す子どもたち
  • ここのところ小学生がいろいろな分野で活躍するようになってきています。先日は、小学校4年生の女の子が囲碁のプロになりましたが、将棋の世界でもプロを目指す子どもたちは多いし、野球、サッカー、ラグビー、いろいろなスポーツでプロやオリンピックを目指している小学生も多いのです。プロになるのは大変ではあるものの、スポーツは確かに若いときでないとそこまでにはなかなか上達しないし、今のトップアスリートというのはジ [続きを読む]
  • 習い事を諦めない
  • 新学年が始まると、どうしても習い事をやめなければいけない、という制約が出てきます。実際に週2日とか3日とか塾に通うようになれば、サッカーの練習にはいけないし、日曜日の試合もままならない。じゃ、ここでやめようか、という話は多いだろうと思います。しかし、全部は無理でも何とか続けられるものは続けた方が良いのです。今の子どもたちは遊ぶ環境が制限されています。公園でもバットは振れないし、サッカーボールはけっ [続きを読む]
  • 通塾の負担は結構大きい
  • すでに塾に通っておられるご家庭は、最早慣れっこになってしまっているところはあるかもしれませんが、通塾の負担というのは親子共に大変なことはあるでしょう。例えば食事。お弁当を持って行かないといけない塾もあれば、食べさせない、という塾もあります。それぞれ用意をしないといけなくなる。働いているお母さんにとって夕食のお弁当は大変でしょうし、また、食べさせないということになるとそれではおなかがすいてしまうので [続きを読む]
  • 練習は不可能を可能にする
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 ここに来て、スポーツや習い事を進めてきた子の中で、力を伸ばす子が出てきました。もちろん、これまで時間が不足していた、ということもあり、ここで勉強に集中したから結果が出始めているというのはあるのですが、やはり、「練習すればできるようになる」ということを知っているのは、強い。繰り返し練習することの大切さは知っているわけで、これはスポーツだけでなく、習い事も何でも同 [続きを読む]
  • 受験カリキュラムを5年から始める理由
  • フリーダム進学教室のカリキュラムは4年生の3学期、すなわち新5年生から始まります。一般的に多いのは3年生の3学期、すなわち新4年生から始まるケースが多いでしょうが、それで負担が大きくなりすぎていることがあるのです。近年少子化にともない、塾が早くから生徒を囲い込む傾向になり、カリキュラムが前倒しされてきました。以前にくらべると1年から半年ぐらいのペースで早まっており、当然、4年生の時期からかなり飛ばします。 [続きを読む]
  • ミスを減らす大事な言葉
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 いよいよ追い込みの時期になりました。この時期、子どもたちにずっと言い続けていることがあります。それが「答えを書く前に、もう一度問題を見る」ということです。絶対に、これは守った方が良いと思います。実際に子どもたちの様子を見ていると、できたと思ったときに油断が生じやすい。例えば問題は、ちょっとした引っかけを必ず用意するものなのです。普通はア:オと書くはずなのに、オ [続きを読む]
  • 受験方法のイノベーション
  • 勉強する方法論というのは、実際にあまり変わっていないのです。先生から習い、本を読み、そして自分で問題を解く。知識を覚え、それを確認する。そしてまた問題を解く、の繰り返し。しかし、新しいことを習うのは別に先生が直接教えなくても良い。昔から教科書もあれば、参考書もあったわけで、そこからまず学ぶことができました。これまでずーっと同じようにやってきているわけですが、しかしもうそろそろイノベーションが進んで [続きを読む]
  • 新学期の準備
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 6年生は受験準備最終段階ですが、5年生はいよいよ受験学年に向けての準備段階。塾によっては通う曜日も変わるし、日数も増えるところが出てきます。授業に出れば、宿題や復習があるから、本当は自宅での勉強を増やさなければいけないのですが、しかし、子どもたちの持ち時間は決まっているので、塾の日数が増えれば当然、自宅の勉強時間は減ります。だから、塾の日数が増えれば、その分、そ [続きを読む]
  • 【無料】合格手帳2月ー3月【新5・6年春号】を差し上げます。
  • 2019年2月から、現在の4年生・5年生は新学年に進みます。フリーダム進学教室も2019年2月11日(月)より開講しますが、新学年になるとスケジュールも変わり、やるべき勉強の内容も変わってくるでしょう。スケジュールもタイトになってくるところがあるので、しっかり学習の計画を立てて、やるべき内容を絞り込んで行かなければなりません。フリーダム進学教室では、季節ごとに学習の計画を立てて学習できるように合格手帳を用意し [続きを読む]
  • 算数ができるようになる子に共通する特徴
  • スタディールームオンラインはカメラ越しに、子どもたちの指導をします。この1年間指導をしてきて、算数の力をつけてきた子どもたちには共通の特徴があります。それは自分で答えを出すことにこだわっていること。カメラ越しに黙々と問題を解いていることはわかるのですが、一問に対する経過時間もわかるので、「そろそろ教えようか?」と声をかけます。しかし、そういう子どもたちは、まずは最初に「はい」とは言わない。「ちょっ [続きを読む]
  • 5年生、志望校の過去問に挑む
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 6年生が受験を迎えると同時に、5年生はいよいよ受験学年に入ります。で、どの学校を受けるのか、というのは大事なモチベーションなので、少なくとも第一志望についてはそろそろ絞り込まれると良いかと思いますが、もし決まっているのであれば、過去問を見ておくのは大事なことです。今の時期だったら国語をやるのが良いでしょう。国語は出題形式がそう変わらないし、5年生も読解問題に挑戦す [続きを読む]
  • 冬期講習が終わりました。
  • 冬期講習が終わりました。今年はなかなか忙しかったのですが、それでも5年生・6年生とも無事大きな風邪を引くこともなく乗り切ってくれて良かったと思います。地方でフリーダムのスタディールームオンラインを受けている子どもたちが直接講習に参加してくれました。いつもカメラ越しに見えている先生や教室の姿を見れて楽しかった、ここに通っているんだという気になった、という感想を話してくれた子もいます。日頃、カメラ越しに [続きを読む]
  • ミスが続いたら
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 この時期、プレッシャーもあって、なかなかミスが減らない、という子がいます。そういうときは、思い切ってやさしい問題をやらせてみることにしています。ミスをするのはやはり原因がある。その原因を取り除けば良いのですが、一方でできない、とつい思い混んでしまい、自信を失ってしまう場合もある。それがスランプといえるかもしれません。だから、「いや、できるんだ」ということは、子 [続きを読む]
  • 5年生は算数も理科も難しくなる時期です。
  • 今の塾のカリキュラムは、どこも速いので、昔で言えば6年生の1学期にやっていたことを今やっている感じです。だから半年速い。ということは相当詰め込んできているので、6年生の1学期に復習を繰り返すことになります。なんだ、それならもっとゆっくりやれば良いじゃないか、と思われるでしょう。その通りなのです。別に速くやればいいというものではない。じっくりやって身につける子もいれば、さっさとやってすぐ忘れるから何回も [続きを読む]
  • 4年生から5年生に進むときの問題点
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 塾のスタートが3年生の3学期になったからといって、4年生がハードにできるというわけでもないので、4年生のカリキュラムはやはり軽めである塾が多いでしょう。しかし、5年生いっぱいで一応のカリキュラムを終える、ということになると、そのペースでは全く間に合わない。結果として、5年生の授業は一気にハードになることが多いのです。通塾日も増え、授業の時間も遅くなる。しかし、そうな [続きを読む]
  • 自分で答えを出すことにこだわる
  • 算数の思考力をつけるにあたって、最も大事な方法は、自分で答えを出すことにこだわる、ということです。算数ができるようになるコツは、これに尽きる。問題を解き始めてすぐに「わからない」と言い出す子はまずできるようにはなりません。わからないならわからないなりに、いろいろやってみればいいのですが、それすらやらない、ということはこの段階で頭が動いていない。これではできるようにはなりません。ただ、自分で答えを出 [続きを読む]
  • 組み分けテストが安定する秘訣
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 塾の組み分けテストで確実に上位にいる子どもたちの点数を見てみると、やはり国語と算数の成績が安定しています。特に国語がポイントです。理科や社会はその週の内容をしっかり覚えられたか、ということにかかってきますが、国語は特にテーマが変わる訳ではない。大体が物語文か説明文の読解になっているので、文章をそこそこ読めて、考え方がわかってくると、そう準備をしなくてもそこそこ [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます。
  • あけましておめでとうございます。フリーダム進学教室は2017年にスタートして、今年で3年目を迎え、2期生が今年の受験を迎えます。(初年度5年生の募集からスタートしました。)中学受験において子どもたちの負担がどんどん増える中、ITを使って受験準備を効率化できないか、と考え、WEB学習システムの開発が始まりました。さらに昨年から先生と子どもたちをテレビ電話でつなぎ、WEB学習システムを共有して勉強できる「スタディ [続きを読む]
  • 5年生、範囲無しの試験で点数が取れない?
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 本来、入試は範囲がありません。これまで勉強したことの中から出る。だから何が出てきても対応できないといけない。ところが5年生の組み分けテストは、範囲が決まっている。だからそれに対応すると、範囲が決まっているものに対して、順応してしまう。出るとわかっているテーマを勉強するから、そこに対する知識や力はついているが、何が出ても大丈夫、ということではなくなります。一方、範 [続きを読む]
  • 塾で自習する子どもたち
  • この時期、教室で勉強する子どもが増えます。 講習中は席がなくなることもありますが、なるべく工夫をして勉強してもらえるようにしています。 やはり強制的に勉強する環境が必要なのでしょう。 で、勉強している様子を見ていると、結構良くやっていることが多いのです。 しかし、実は自分で勉強する姿勢が身についているから、それができている、ということには違いないのです。自分の課題を決めて、コツコツと積み上げる。 それ [続きを読む]
  • 遠征先で授業?
  • New フリーダム進学教室 2019 入会案内 WEB学習システムは、どこでも、いつでも、受験勉強ができる、ことを目的として開発されました。しかし、やはり、子どもたちの疑問はやはり個々におきるところがあるので、これに対応する方法がないか、いろいろ考えてきて、テレビ電話を使ったスタディールームオンラインを行ってきました。それがまた威力を発揮しました。試合でどうしても地方遠征になった生徒がいたのですが、途中、遠征の [続きを読む]
  • フォローから中心へ
  • 塾の勉強がうまくいかない、成績がふるわない、組み分けテストで落ちた・・・そういう状況で、フォローのために個別指導や家庭教師をオーダーされる方が増えています。追い込みの時期ともなると、家庭教師の先生たちは大変で、ほぼ休み無し、という方もおられるそうですが。しかし本当のことをいえば集合授業についていけないということであれば、集団授業を見直した方が良いこともあるのです。今はまず集合授業に入ることを考えます [続きを読む]