saku さん プロフィール

  •  
sakuさん: 孤独なフリーランス翻訳者
ハンドル名saku さん
ブログタイトル孤独なフリーランス翻訳者
ブログURLhttp://saisaihitori.seesaa.net/
サイト紹介文孤独な在宅フリーランス生活を送っています。 翻訳や日々の生活のことなどつづっていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2016/09/28 14:03

saku さんのブログ記事

  • トライアルその後
  • 先日翻訳会社からお願いされたクライアント指定のトライアル(こちらの記事)ですが、無事に合格の返事をいただき、最初のお仕事も受注できました。この種のトライアルで不合格だったことは今までありません。おそらく、翻訳会社のトライアルはパスして登録済みの翻訳者なので、クライアント側もある程度信用はしているのだと思います。なので、よほどのことがない限り、不合格ということはないのかなと思います。難易度としては、 [続きを読む]
  • 口が裂けても言えない
  • 先日、キャンプに行ってきました。趣味というほどでもないのですが、年に数回行きます。でも、行くのは決まって、キャンプシーズンが過ぎた、肌寒くなったころです。暑いのが苦手なのと、人混みが苦手だからです。今回も、平日のキャンプには少し寒いかなという時期に行ったせいか、キャンプサイトに着いた時点で、利用者は私達1組だけでした。そして、しばらくしてから、自転車ツーリングをされている外国人2組が別々に来て、私達 [続きを読む]
  • 魔の支払い月
  • 今月末は、税金や年金等の支払いが重なり、出費が激しい月です。私は、国民年金を上期と下期の2回払いにしています。必ず支払わないといけないものなので、月々の支払いにすると管理が面倒だし、年払いにするとさすがに一気に出ていく額が大きいため、年2回払いを選択しています。今月末は下期の納付期限となっており、それに加え、市民税の納付期限も今月末に重なっており、この2つだけでも15万円強のお金が飛んでいきます。さら [続きを読む]
  • 信用ならない一致率
  • Tradosで作業する場合に多いのが、メモリの一致率によって翻訳料金が傾斜式になること。このメモリの一致率によって料金に差が出るのは納得できるのですが、そのようなシステムにするのであれば、せめてメモリ内の訳文を使えるものにしておいてほしいものです一致率が高ければ当然料金が安くなるのですが、一致率が高いからといって、メモリ内の訳文も正しいものである可能性は決して高くないのです。たとえば、メモリ内の訳文がス [続きを読む]
  • PC前でスクワット20回
  • 仕事が忙しくなるほど不健康になる職業はたくさんありますが、翻訳業もその一つ。とにかく運動する時間が取れない。運動する暇があるなら訳文を生成したい。さすがに動かなすぎを不安になって、休憩時間に立ち上がってスクワットを20回。気休め程度でもやらないよりはマシと思って今日も一人PC前でスクワットしてます^^ [続きを読む]
  • 最低料金を設けようか
  • 翻訳料金は、1文字または1単語あたりで単価設定されている場合がほとんどだと思います。そして、日英であれば400字を1枚、英日であれば200ワードを1枚として、1枚あたりの料金が設定されているケースが多いと思います。最近、1枚にも満たない少量の案件の依頼が何件か続きました。翻訳の仕事をしている方は分かると思いますが、翻訳作業で結構な時間を取るのが、翻訳前の事前調査なのです。その案件のバックグラウンドであったり、 [続きを読む]
  • 理想の生活
  • 先日、NHKで放送されていた、「ネコメンタリー猫も、杓子(しゃくし)も。」を見ました。偶然見た番組だったのですが、猫好きな私は見入ってしまいました。作家・吉田修一さんとその飼い猫2匹の生活の様子を撮影したドキュメンタリー、まさに「ネコメンタリー」な番組だったのですが、猫の可愛すぎる行動に何度もやられてしまいました本を読む吉田さんの近くに何気なくやってきて、そっと近くに座ったり、時にはお腹の上に乗ってき [続きを読む]
  • 自分で確認する習慣を
  • ソフトバンクの携帯電話料金で誤請求があったとの記事を見ました。携帯電話の料金って、項目がいくつもあって複雑なこともあり、請求されるがままで、毎月の請求額を確認することってあまりないですよね。私もカード払いにしており、何か月かに1度の帳簿付けの際に確認する程度で、過請求されていたとしても気づかない組なので、毎月きちんと確認しないといけないなぁと思わされるニュースでした。料金の確認といえば、翻訳料金に [続きを読む]
  • 受け身な仕事
  • フリーランス翻訳者の仕事は「受け身な仕事」だと思っているのですが、実際はどうなんですかね。私だけがそう感じているのでしょうか。基本的に、登録してもらえた会社から仕事が来るのを「待つ」ことしかできないと思います。アクティブな方であれば、仕事が来なければ、「今、空いてますよ」と連絡をして仕事を回してもらえるように動く人もいるかもしれませんが、私にはそれが出来ません。翻訳会社側が依頼したいと思えば、こち [続きを読む]
  • 仕事前の誘惑
  • 仕事ではMicrosoft Edgeブラウザを使用しているのですが、Edgeはデフォルトのままだと、ブラウザを開いたときにMSNのニュースサイトが表示されますよね。これが仕事前の誘惑となっていましたYahooのトップページのように、興味の引くようなニュースが集まっているので、仕事をしようとブラウザを立ち上げたのに、ニュース記事の誘惑に勝てず、気になるニュースタイトルを してしまい、読み終わるとまた別の関連記事が気にな [続きを読む]
  • カジノの街
  • ラスベガスで痛ましい事件が起こりましたね。私は最初、日本のニュースサイトでこの事件を知ったのですが、その後すぐに、ネットで海外のニュース番組のライブ放送を確認しました。当たり前ですが、日本のニュースサイトよりも情報が新しく、負傷者数も日本で報道されている数よりも大幅に増えていました。外国のニュースは日本で一報が流れるまでにどうしても時差が発生してしまうので、こういうときに英語ができれば外国のライブ [続きを読む]
  • 歯は大切に
  • 今日は歯医者の定期健診日でした。2年ほど前から、何も異常がなくても3か月ごとに通うようにしています。歯に気を遣うようになったのは、ここ数年のことです。口内環境が全身疾患に影響することや、歯は抜けたら生えてこないことを考えると、若いうちからケアするのは必須だなと考えます。日本人は、口内ケアについて意識がとても低いですよね。私も数年前まではそうだったので偉そうなことは言えないのですが、今はアメリカ人並に [続きを読む]
  • トライアルの依頼
  • この間、翻訳会社よりトライアルの依頼がありました。トライアルと言えば、翻訳会社への登録前に実力を判断する材料として課される、いわば入社試験に相当するものが思い浮かびますが、今回の依頼は意味合いが違うものです。翻訳会社が新規クライアントを獲得する際に、クライアントが望む翻訳の質を提供できるかどうかを見極めるために、クライアント側が翻訳会社にトライアルを課す場合があります。そのトライアルを私にお願いし [続きを読む]
  • 通訳の立場
  • この前、NHKのトーク番組を見ていました。ゲストはウクレレ奏者のジェイク・シマブクロさん。日系アメリカ人で日本語があまり得意ではないようで、後ろに通訳の女性の方がついていました。しかし、司会者はジョンカビラさんで、英語が堪能な方なので、通訳の方を差し置いて、シマブクロさんの言葉を通訳しちゃってるではありませんか!番組をすべて見たわけではないのですが、少なくとも私が見ている間はジョンカビラさんが通訳業 [続きを読む]
  • 事業内容を確認しよう
  • 翻訳の求人に応募する際は、その会社の事業内容を確認して、翻訳サービスを主体としているかを確認することをおすすめします。会社名が「〇〇翻訳会社」となっていれば容易に判断できるのですが、そうでない場合、翻訳業務を主たるサービスとしていない場合もあります。例としては、語学学校が副次的サービスとして翻訳業を営んでいる場合などです。翻訳を主たる業務としていない会社の場合、依頼してもらえる確率が翻訳を主体とし [続きを読む]
  • 減らない現金出納帳の残高
  • 確定申告用の記帳は時間に余裕があるときにこまめに行うようにしています。直前になって慌てなくて済むことと、収入と経費のバランスを把握でき、経費の使用が少なければ、「気になっていたあの書籍を今年度の経費で買っておこう!」などと計画できるからです。最長でも6か月以上溜め込まないように気を付けています。銀行に記帳に行ったタイミングで行うのが理想ですが重い腰が上がらないことも多いですね青色申告者になって数年 [続きを読む]
  • PCチェアの寿命
  • 仕事用のイスの座面の高さがいつのまにか勝手に上がっている。最も低い位置に下げても、翌日には勝手に戻っている。ここが会社であれば、「誰か夜中にこっそり使っているの?」と不気味にもなりますが、私の場合は完全にただの寿命のようですでもまだ買い替える余裕はありません [続きを読む]
  • 散歩と通帳記入
  • 昨日は気分転換に公園に散歩に行ってきました。平日の真昼間でも公園にはウォーキングに励んでいる方が多くいらっしゃいました。皆さん健康志向だなぁと感心します。私は気が向いたときしか行きませんから家の中でも運動をしようと思えばできるのですが、やはり外に出て体を動かすと気持ちが違いますね。モヤモヤした気持ちが前向きになる気がします。運動不足解消にウォーキングマシーンを買おうかと迷っているのですが、面倒でも [続きを読む]
  • 学歴コンプレックス
  • 人気芸人の田村淳さんが青山学院大学への受験に挑戦するというニュースを見ました。理由の一つとして挙げられていたのが、「学歴コンプレックスがあった」とのことでした。この理由を聞いて、とても共感しました。私も同じく「学歴コンプレックス」があるからです。翻訳の仕事をしていることを他人に話すと、高確率で「すごいですね」などの尊敬に満ちた言葉をかけられます。そして、英語がペラペラで有名大学を出ているんだろうと [続きを読む]
  • 不安に打ち勝つ精神力
  • 最近、仕事の受注率が下がっています。去年の今頃と比べても収入が落ち込んでいます。特に9月は学生のバイト代くらいしか稼いでいませんフリーランスは月によって収入の変動があるのはしょうがないとはわかっているのですが、「前回の納品物で何かやらかしちゃったかな」「このままの状況がずっと続いたらどうしよう」と、悲観的になってしまいます。もし何か問題を起こしてしまっていて、もう私に依頼するのはやめようと翻訳会社 [続きを読む]
  • Amazon価格追跡アプリ
  • 翻訳者さんの中にはAmazonをよく利用されている方も多いのではないでしょうか。仕事に使用するPC周りのアイテムはもちろん、書籍1冊でさえ、パソコンの前に座ってポチっとするだけで注文できるので、職業柄引きこもりになりがちな翻訳者にはとてもありがたいですよね。ちなみに私もプライム会員になるほどのAmazonユーザーです^^仕事の合間の気分転換にサイトをのぞくとあっという間に時間が経ってしまって、そこは困るところなの [続きを読む]
  • 意外に見過ごされがちなミス
  • 「動きを監視する」という原文があるとします。前後の文脈が確認できない場合、次の2通りの訳文が思いつくと思います。Monitor the movement. [A]Monitors the movement. [B][A]の場合は、読者などに対する「命令文」ですね。「動きを監視してね」と指示しています。[B]の場合は、三人称単数の表現で、たとえばシステムや機械などが「動きを監視するよ」と言っている文章になります。「s」が付いているか付いていないかだけで [続きを読む]
  • 朝型派?夜型派?
  • 私は夜に仕事をすることがほとんどありません。会社員のように9-18勤務に近い生活を送っています。夜の6時くらいに翌日の朝9時までに納品してほしいという依頼があった場合は、ごく少量案件でない限り、高確率で断ってしまいます。フリーランスの翻訳者としては致命的ですねこういう急ぎで深夜作業が発生する案件は嫌がる人が多いので、対応できれば受注率が上がりますし、嫌われる仕事を引き受けてくれる人として重宝されると思い [続きを読む]
  • 大型案件のキャンセルは辛いよ
  • 件数的にはごくわずかですが、やはり年に何度かはある、「依頼後にキャンセルされるケース」は結構辛いものがあります。その案件が数日で終わるような量で、他案件の受注に影響しないものであればさほどダメージはないのですが、何週間や一か月など長期にわたる大型案件と呼ばれるものの場合、その案件に集中するために(または時間的に余裕がなく)、他の案件を断っている場合も多いです。その状況で「キャンセルの連絡」があると [続きを読む]