イタリア料理 さん プロフィール

  •  
イタリア料理さん: イタリア料理
ハンドル名イタリア料理 さん
ブログタイトルイタリア料理
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/subasio
サイト紹介文今迄訪れたイタリアレストランやイタリア料理の事等を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供490回 / 365日(平均9.4回/週) - 参加 2016/09/28 18:55

イタリア料理 さんのブログ記事

  • 冬休み最後の食事
  • イタリアに戻る前日は、去年と同じセントレア空港にあるレストランで食事をしました。パン。ホワイトアスパラガス、ポーチドエッグ、サーモンマリネにオレンジのソース。大根とフォアグラ。安納芋の冷製ポタージュ。オマール海老のフリカッセとクレソンのソース。柚子のグラニテ。牛フィレのワサビソース。桃のコンポート。チョコレートのテリーヌとキャラメルのジェラート。コーヒー。止まっている飛行機や電飾を見ながらホテルに [続きを読む]
  • 中華料理
  • イタリアに戻る前、友人達と名古屋の中華料理店に行きました。小さなお店で、予約でいっぱいの人気の中華料理の様です。友人が予約で頼んでくれた特別料理の地鶏の姿揚げ。皮がパリッとして、四人で一羽、あっという間になくなりました。クラゲの冷製。イベリコ豚の炒め物。春巻き。四川風陳麻婆豆腐。海鮮あんかけ焼きそば。炒飯。久しぶりに美味しい中華料理をいただいて、楽しい時間を過ごしました。 [続きを読む]
  • 日本で食べた物。
  • カレーパン。初めて食べた、お好み焼きぱん。私は知りませんでしたが、かなり前からあると知りました。紙に包まれていて、中身は分からなかったのですが、パンにお好み焼きの材料がのっていました。鶏の唐揚げ。章姫イチゴ。かなり前からあるそうですが、初めて食べました(知らないうちに食べていたのかも知れませんが)。甘くて、少し柔らかめの美味しいイチゴでした。 [続きを読む]
  • お詣り。
  • イタリアに戻る数日前に、いつも行く神社にお参りに行きました。神社から見える山や、神社の屋根には数日前に降った雪が残っていました。神社の周りは高い木に囲まれ、鳥居を通って、本殿に向かう道を歩くと、何故か清々しい気持ちになります。 [続きを読む]
  • イタリアに帰りました。
  • 2月6日、イタリアに戻る日がやってきました。朝六時半ごろのセントレア空港。そして、成田空港からヘルシンキ空港へ。ヘルシンキ空港に着くと、雪景色でした。予定より一時間程早く到着。フィンランドのお水を飲んで、ローマ行きの飛行機に乗るのを待ちます。ローマに着いて、エスプレッソコーヒーを飲んで、またイタリアでの生活が始まりました。 [続きを読む]
  • コーヒー牛乳
  • 今日は、近くにある温浴施設に行ってきました。一応、地下からくみ上げた温泉と書いてありました。広い浴場の中には、電気風呂、高濃度炭酸温泉(人工的に炭酸を含ませているようです)、生薬温泉、サウナ等沢山のお風呂がありました。ゆったりとしたロビー、仮眠室、食事をする所で沢山の人がくつろいでいました。脱衣所には、無料のマッサージチェアが。15分のおまかせコース。首筋から足首まで叩いたり、揉んだりしてもらいま [続きを読む]
  • 焼きそばパン
  • コンビニに行って見かけた、焼きそばパン。最後に食べたのが何時だったのか、もう思い出すことは出来ないほどです。懐かしくなって、つい買ってしまいました。ダブル炭水化物で、320kcal。懐かしい味がしました。 [続きを読む]
  • 和食。
  • イタリアに戻る日まであと数日。もうしばらく食べることが出来ない和食を食べに行きました。名古屋の住宅街にある和食の料理屋さん。二年前にも伺いましたが、看板も無く料理屋さんとは思えない佇まいです。入口には、不食不触と書かれた木版が。遠方からもお客さんがわざわざ来るそうです。中に入って右の障子を開けると8席程のカウンターがあります。墨で書かれた、手書きのお品書きがあり、好きな料理を選びます。いか。ほうぼ [続きを読む]
  • 豚骨ラーメン
  • 名古屋のビルの地下にある、豚骨ラーメンのお店に行きました。名古屋市を中心として、いくつものお店があるようです。二種類の麺があり、麺の茹で具合を選びます。スープの種類もいくつかあるようです。ラーメンを食べるのは久しぶりでした。 [続きを読む]
  • 名古屋のイタリア料理店で食事。
  • 日本に帰って二回目のイタリア料理。名古屋駅の近くのカジュアルなイタリアレストランへ行きました。外は、少し雪がちらついていました。席に着いて、発砲水とスプマンテを注文しました。くぼみがあるパン皿に、オリーブオイルが注がれます。二種類のパン。玉ねぎのフォカッチャ。丸いパン。燻製したフォアグラとマンゴー。玉ねぎのグラタン。鹿肉と黒キャベツのオレッキエッテ、カリフラワーのピュレ。大根とスペアリブのニョッキ [続きを読む]
  • 奥三河 新城市へ 2
  • 温泉から出て、夕食まで少しのんびり。部屋からは、川が見えます。そして夕食。前菜。菜の花。紅こんにゃく。レンコン、里芋、トマト甘納豆。牛葛打ちのお椀。お刺身。ニジマス。馬刺し。猪鍋。海老芋饅頭、蟹餡。デザート。お酒を飲みながら、色々お話をして、お腹もいっぱいになりました。部屋に戻って、川のせせらぎを聞きながら眠りにつきました。翌朝は、少し早く起きて温泉へ。またも貸し切り状態。そして朝食。楽しい時間は [続きを読む]
  • 奥三河 新城市へ 1
  • 友人ご夫妻と一緒に新城市に行ってきました。名古屋から新東名を通って、1時間と少し。新城市に着いて、宿に入る前に、鳳来寺山パークウェイを通って、鳳来寺山へ。シーズンオフなのか駐車場には、ほとんど車は止まっていませんでした。駐車場から歩いて、遠くに見える町や景色を見ながら、鳳来寺へと向かいます。紅葉の時期はとても綺麗だそうです。鳳来寺の本堂。脇にある階段を上ると、鳳来寺開山堂があります。また少し歩いて [続きを読む]
  • バローロ(Barolo)ワイン
  • バローロワインは、ピエモンテ州 クーネオ(Cuneo)県 バローロ村とその周辺の地域で作られる赤ワインで、ネッビオーロ(Nebbiolo)種のブドウ100%で作られます。しっかりとした味と、渋み、長期の保存にも耐えることが出来ます。私の好きなワインの一つです。いつも行くスーパーで買った、ディエゴ コンテルノ社のバローロワイン。何種類かあったバローロワイン。可愛いラベルに引かれました。バローロワインは、少し値段 [続きを読む]
  • スプラウト
  • イタリアで色々なスプラウトを栽培している、オリヴァーさん。彼はフランス人ですがイタリアで生活しています。以前は薬品会社に勤めていたそうです。その仕事で日本にも一年程滞在していたことがあるそうです。普通、スプラウトは水耕栽培で育てることが多いのですが、彼は、土に植えて育てます。水耕栽培で育てるよりも香りや味が強いように思います。野生のルーコラ。赤ビーツ。水菜。野生のフェンネル。一週間程、日当たりの良 [続きを読む]
  • 地元のイタリア料理店で食事
  • イタリア料理が食べたくなって、地元のイタリア料理店で食事をしました。一年半程前にオープンしたそうです。店内。突き出しのカボチャの料理。少しピンボケ。前菜の芽キャベツのチーズ焼き。もう一つの前菜、牡蠣と舞茸のフライ。イワシとしし唐のスパゲッティ。パン。メインのアンガス牛。ジャガイモとサラダがついていました。 [続きを読む]