scarecrow60 さん プロフィール

  •  
scarecrow60さん: 有閑写真倶楽部 黎明編
ハンドル名scarecrow60 さん
ブログタイトル有閑写真倶楽部 黎明編
ブログURLhttp://blog.scarecrow.sub.jp
サイト紹介文城南の街と京急とPENTAXを愛する永世ビギナーの写真生活。オールドレンズやm4/3も少々
自由文京浜急行沿線の街歩き写真を軸に、旅先の街と花と風景を撮り歩きます。底辺一眼ユーザー目線で、カメラ・レンズ煩悩と、上手くならない撮影術や写真データ管理の悩みあれこれ。愛愛機はPENTAX K-70,Q7とオールドレンズに、Panasonic GX7mk2
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2016/09/29 18:14

scarecrow60 さんのブログ記事

  • パリ写真の世紀
  • 今回は、こちらの本の紹介記事です。 <パリ写真>の世紀 今橋映子 白水社 3月はじめに出かけたイベント「CP+ 2018」で今橋先生の講演を聞く機会があって、たいそう感銘を受けたので、講演のベースとなったこの本に興味が湧き、入手して読んだ次第です。予想に違わず、良い本でした。講演に劣らず非常に面白かった。 ただ、ハードルが2つあって、ひとつめは、2003年刊行のこの本、すでに新刊では手に入りません。アマゾンで古書検 [続きを読む]
  • はじめてのネイチャースナップ教室(1) 桜を撮る
  • 4月初旬に、リコーさん主催のフォトスクール「はじめてのネイチャースナップ」に参加してきました。写真家の小林義明先生が講師で、午前中に新宿御苑での実地撮影、午後は西新宿のリコーイメージングのサービスセンターでの作例講評会、参加者は10名くらい、という仕立ての講習会でした。 この日は少し汗ばむほどの暖かさでした。ちょうど桜が盛んに散っているところで、すごい桜吹雪、という瞬間が何度もあったのですが、なかなか [続きを読む]
  • 写真データ環境整備 その他あれこれ
  • 今回は写真抜きでストレージとパソコンのお話です。 予備の家庭内wifi環境としてWimaxを導入した話を以前にアップしましたが、それ以外にも、少しづつ写真ファイル取り扱い環境を整備してきています。 撮った写真データをどう保管するか、一眼レフ触り始めてからずっと悩んで試行錯誤しているわけですが、目下の運用は次の通りです。 1)Amazonプライムフォトを利用して写真データはすべてAmazonDriveへ 2)ローカルのPCには最近の [続きを読む]
  • オールドレンズ散歩 大岡川の桜
  • 2週間ほど時を遡ります。川岸を埋め尽くす見事な桜並木。東京では隅田川や目黒川が有名ですが、横浜の大岡川の桜もなかなかのものです。 我が愛用のオールドレンズ、ペンタックス・タクマ―を手に散歩してまいりました。 いや、もうなんというかあれですわ。うちらもう、桜は当分よろし。 なんて軽口のひとつも言いたくなるくらい、堪能しました。日ノ出町から黄金町にかけてわずかな距離でしたが、行けども行けども、桜また桜の海 [続きを読む]
  • オールドレンズ散歩 馬車道〜伊勢佐木町
  • 汽車道から、赤レンガ倉庫を横目に見つつ踵を返して、陸側へ戻ります。馬車道から関内、伊勢佐木町方面へ向かいました。 幕末に港を開いた時に、港と関門をつないで馬車を走らせた道の通称「馬車道」が、本町通から関内駅付近を通る商店街の名として残り、後からできた”みなとみらい線”の駅名にもなっています。 凝ったレンガの舗装やガス灯の演出だけでなく、馬車道には歴史を感じさせる「絵になる建物」がたくさんあ [続きを読む]
  • オールドレンズ散歩 横浜汽車道の桜
  • 私の手元には3本のオールドレンズ、タクマ―三兄弟がいるのですが、昨年末の京都旅行を最後に活躍の機会が無く、ドライボックスの肥やしと化していました。 これはいかんのではないか。というわけで、2週間ほど前の話ですが、三兄弟を抱えて桜咲く横浜散歩に繰り出してみました。 まずは汽車道です。横浜観光に疎い方のためにわかりやすい写真からいきます。 28?でワイドに撮ったら、みなとみらいの不動産広告みたいな写真になって [続きを読む]
  • PENTAXハードモノクロームをLightroomで再現する
  • PENTAX K-70には何種類ものデジタルフィルター(カメラ内現像設定・・・と呼んでよいのかどうかわかりませんが)が用意されています。 中でも私は「ハードモノクローム」というフィルターがお気に入りです。粒子を粗くしてコントラストを効かせたモノクロ現像なのですが、なんてことのない写真を味のある1枚に変えてしまう、魔法のフィルターだと思っています。 たとえば東京ビッグサイトのあの逆ピラミッド型の会議棟を下から何気 [続きを読む]
  • 京急線沿線散歩 京急久里浜
  • 今日は、シンガポールの記事や東京の桜の記事のおかげですっかり後回しになってしまったネタです。 久しぶりに京急沿線散歩に出かけてきました。訪ねたのは京急久里浜駅。なぜ久里浜かという理由はこちら。 はい、2016年に実施して一部で話題を呼んだ、京急とリラックマのコラボレーション企画「京急リラッツ久里浜」が再び盛り上がっている、というので撮りにきました。 このかなり無理筋のダジャレ企画の、ことの経緯は良く知り [続きを読む]
  • シンガポール6 ホーカーLOVE + 小ネタ
  • シンガポール編、やっと最終回です。 GX7mk2を手にあちこち歩き回りましたが、その間食事はもっぱら「ホーカー飯」。ホーカーは現地でそこら中にあるローカルフードコート。大規模なホーカーセンターから、オフィスビル併設のキャンティーン的なものまで、そこら中にあって、シンガポール人はこういうところで3-5ドル(250-400円)で食事が済んでしまうため、家でご飯を食べず専ら外食、という人が大多数です。 例えばリトルインデ [続きを読む]
  • シンガポール5 フォートカニングパーク
  • シンガポール編のつづきです。長い(笑)。 今回の滞在先がシティホール辺りだったので、朝の散歩ができる近くの公園ということで、フォートカニングパークを少し歩きました。 シティホール(市庁舎)方面から歩いていくと、シンガポール経営大学(SMU)のキャンパスの裏手から公園が始まります。上の写真で後ろに見えているのが国立博物館。例によって冴えないくもり空ですが、暑くないのは助かる。 丘の中腹まで上るエレベータが [続きを読む]
  • はじめてのネイチャースナップ教室(2) 桜以外の春
  • リコーイメージング主催、小林義明先生のご指導による、新宿御苑での写真教室に参加しました。前回のつづきですが、今回は桜を敢えて外して「春をむかえた自然」をお題として撮った写真をアップしてみます。 講評の時にわりと褒めてもらえて、内心有頂天になった(笑)1枚。 望遠で一番近いタンポポにピントを合わせて、奥の群生をボカして明るい春を表し、手前に桜の花の散った暗い地面を配して奥行き感を強調。という意図の1枚 [続きを読む]
  • シンガポール4 カトン
  • シンガポール編の続きです。 現代のシンガポールは、中華系、マレー系だけでなく、植民地時代のイギリスや、インド、オセアニアを含めた様々な人と文化が混ざりあっています。 とはいえ建国50年のこの若い国のルーツは「マレー半島に渡った中華系移民=プラナカン」たちで、彼らの文化こそが本来のシンガポールのオリジナルだと考えることもできます。シンガポールでプラナカン風といえば「伝統的な」というニュアンスになるようで [続きを読む]
  • シンガポール3 ボタニックガーデン
  • 少し間が開きましたが、シンガポール編のつづきです。今回の滞在中は、オン・オフいずれの間も曇りがちでした。おかげで極端に暑い日、というのがなく助かりましたが、写真的には、熱帯の青い空と強烈な陽射し、あるいは一天俄かにかき曇る大スコール、というのが撮れなかったのでちと残念。 というわけで、曇天もまた良し、と自分に言い聞かせながら、バスに乗ってやってきました、シンガポールボタニックガーデン。 ガーデンの中 [続きを読む]
  • 番組の途中ですが 桜満開その2
  • シンガポール編の記事を中断しての、桜写真、もう少しだけストックがあるのでアップしてしまいますね。 東京タワー+桜の額縁。花の色にいろんなバリエーションがあって楽しい。 屋根を覆う圧巻のボリューム。 最後に、寄って1枚。 ほんの30分くらいの散歩で、満開の桜を堪能させてもらいました。 とりあえず、季節行事への参加は果たしたぞ、ということで、次回からシンガポール編に戻ります。 [続きを読む]
  • 番組の途中ですが 桜満開
  • シンガポールのシリーズ記事真っ最中なのですが、割り込みネタです。 ちょうど東京の桜が先週末満開でしたので、出掛けた用事のついでに撮ってきました。 そこら中のSNSやブログに桜の写真が溢れて食傷気味になるこの季節ですが、写真ブログの端くれとして、やはり旬のものを載せないわけにもいくまい、ということで参戦しておきます。 芝・増上寺境内です。枝垂れ桜と染井吉野、いずれも満開で春爛漫の日曜日でした。 枝垂れから [続きを読む]
  • シンガポール2 リトルインディア
  • シンガポール編のつづきです。このアジア先端都市国家はアジアのクロスボーダーシティでもあります。中心部にあるリトルインディアは、けしてリトルではない規模のインド人街。 マリーナやシティホールあたりとは違う、雑然とした街並み、エネルギッシュな人波と、あたりを覆う熱い空気。スパイス混じりの、けして心地よいとばかりは言えない、独特の強い匂いが漂います。 MTR(地下鉄)の駅を出たところにあるテッカセンターの入 [続きを読む]
  • シンガポール1 定番の構図
  • シンガポールでの仕事のついでに、足掛け2日間ほど余暇時間を捻出できたので、これ幸いとGX7mk2を手に撮り歩きしてみました。 お仕事で度々訪れている当地ですが、これまで意外に観光客らしいことはしていないので、まずはこちらから。宵の口のマーライオンパーク。マーライオンの正面が言わずと知れたマリーナベイサンズ、左の明るい照明の後ろの観覧車がシンガポールフライヤーですね。朝から晩まで、観光客の人波が絶えません。 [続きを読む]
  • 浜離宮 雪に耐えた菜の花ほか
  • 新橋駅界隈散歩の記事を投稿した後で、ハタと気づきました。ここまで来て、なんでホームグラウンドともいうべき浜離宮に足を延ばしてないのか。 これはいかん、ということで、翌週さっそく行ってきました、浅草線新橋駅から目下はちょっと無粋な道路工事中のフェンスの中を歩きますが、徒歩6〜7分。 3月半ばの浜離宮庭園は菜の花が盛りです。 しかしすごいボケですね、タムロン90mm。ボケてるんだか溶けてるんだか(笑)。 マク [続きを読む]
  • 浅草線沿線散歩 新橋駅界隈 その2
  • 今日は「酔いどれサラリーマンの街じゃない」新橋を見つけるべく、新橋駅界隈を歩きます。なかなか難しいテーマです(笑)。 まず素直に、これから行ってみましょうか。 隣接する街、汐留の摩天楼です。一番手前のちょっと鋼材をエグく見せてるのが日本テレビさんのビル。この画面のすぐ左側がJR新橋駅。都営浅草線はさらに摩天楼の根元に食い込んでいて、浅草線新橋駅は汐留のこれら未来都市の最寄り地下鉄駅になっています。 し [続きを読む]
  • 浅草線沿線散歩 新橋駅界隈 その1
  • 新橋駅、というとどんなイメージでしょうかね。 東京では、「アフターファイブをご機嫌に過ごしたい中年サラリーマンご用達の街」として語られることが多いようです。事実、おじさん向けの食い処、飲み処が密集している繁華街なのですが、けしてそれだけの街、というわけではありません。 ということで、戯れに新橋編を2回にわけて記事にしてみます。今回は、私的に巷間言われるままの「ザ・新橋」を撮ってみました。酔いどれの街 [続きを読む]
  • 浅草線沿線散歩 大門駅界隈 その2
  • 大門駅界隈散歩のつづきです。 週末の芝公園。散歩の途中から空も晴れて、なんと伸びやかな光景でしょう。 公園の近くのこの立派な建物は港区役所。噂によると最上階の食堂は役所の職員でなくとも利用できて、安くておいしいらしいです。私は試したことないですが。 増上寺のお隣は東京プリンスホテルです。いい雰囲気のベーカリーカフェがあって、ちょっと惹かれました。 住所表示が芝公園から新橋に変わる境目のあたりに、こんな [続きを読む]
  • 浅草線沿線散歩 大門駅界隈 その1
  • 東京都営地下鉄 浅草線大門駅からの沿線散歩です。 浅草線は北は京成に乗り入れて成田空港まで、南は京急に乗り入れて羽田空港まで直通運転する路線になっている重要路線です。その浅草線と”ほぼ都心環状”の大江戸線が交わり、JRや東京モノレールの駅とも近い大門駅は、地味ながら東京の交通の要衝なのです。 まずは「ど定番」。増上寺三門と東京タワーの図。 家を出たときはどんより曇り空でした。今日は晴れ、という [続きを読む]
  • 近鉄車内の小ネタ
  • もうひとつ、関西で拾った小ネタです。 先日、京都駅からひと駅だけ近鉄に乗りました。たまたまですが、車掌さんの部屋がガラス越しによく見える最後部車両に乗りこみました。始発駅なので、発車まで数分の時間があります。車掌さんがいろいろと作業をしているのが、なんとなく視界に入りました。すると何やら見慣れない器具を、窓際に引っ掛けてタッチしています。 ん、何だ?と思ってちょっと注目していると、タッチパッドみたい [続きを読む]
  • 阪急河原町駅の小ネタ
  • 京都に行った時に阪急河原町駅で拾った小ネタです。 どうでしょう? 地元の人には、は?何? と言われること間違いなしですが、「向かいのビル地下1階」の電飾看板に私は痺れました。 ああ、関西や。いろいろ、関西や、これ。 駅の反対側のビルの壁面に、わざわざ電飾看板を出して、駅はこっちじゃない、とわざわざ言う。それも「向かいのビル」という、その辺のおっちゃんが言いそうななんともやわい言葉づかいで。 気持ちはわ [続きを読む]