Honoka さん プロフィール

  •  
Honokaさん: キッチンの知恵・料理の基本とコツ?ノート
ハンドル名Honoka さん
ブログタイトルキッチンの知恵・料理の基本とコツ?ノート
ブログURLhttp://kitchenwaza.livedoor.biz/
サイト紹介文母から習った料理の基本、TVや雑誌などから知った台所の知恵や技などをノート代わりにまとめてみました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/09/30 02:18

Honoka さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • こんにゃく(蒟蒻・コンニャク)の下準備・下ゆでのコツ
  • こんにゃく(蒟蒻・コンニャク)は、サトイモ科のこんにゃくいもから作られています。コンニャク(蒟蒻・こんにゃく)は、おでん、煮物、味噌汁、豚汁などに使われています。博多ガメ煮(筑前煮)などの煮物や豚汁に入れるときは、包丁を使わずに手でちぎった方が味がよくしみておいしいです。「きんぴらこんにゃく」もおいしいですね。豚汁に入れるとき、お気軽に使えるのがちょっと太目の「きんぴら用こんにゃく」。ちょっぴり太 [続きを読む]
  • 土鍋をはじめて使うときは?
  • 鍋料理が美味しい季節になってきました。家族や友人たちとワイワイにぎやかになべを囲むのは楽しいものですね!鍋料理に、欠かせないのが、「鍋」!(当たり前だけど・・・)鍋にも種類がいろいろあります。鉄鍋、すき焼き鍋、湯豆腐用の鍋、ジンギスカン鍋、土鍋・・・・今回は、土鍋の扱い方をご紹介します。土鍋を買ってきたらすぐに料理に使わないでください。鍋の強度を高めることと、鍋のあく抜きをする必要があります。まず [続きを読む]
  • 干しシイタケを早くもどすコツ
  • 干しシイタケをもどすのに、普通は水で戻し、もどした水もダシとして使いますが、もどすのに時間がかかります。共働きのママさんやシングルマザーのママさんは手際よく料理したいもの。急ぐときはこの方法で。ぬるま湯に砂糖を一つまみ入れたもので干しシイタケを戻す。20分もかからずにやわらかく戻るし、うまみも逃げない。もどしている間にお米を研ぐとか、ほかの材料の下ごしらえができます。もちろん戻し湯はダシとして使っ [続きを読む]
  • 枝豆をおいしくゆでるコツ
  • ◆枝豆の口当たりが良くなるコツ!枝豆は、ゆでる前にすり鉢の中で塩をまぶしつけながら、5分ほど力を入れてもむと、うぶ毛が取れて口あたりが良くなる。大きなすり鉢がなければボウルで代用してください。でも、すり鉢の凹凸がいいんですけどね。◆枝豆のゆで方は・・・1.たっぷりの水を沸騰させ、うぶ毛取りをした塩が付いたままの枝豆を入れる。 ◆ゆで加減は・・・枝豆は、ゆで上がり時間がわりと早いので、ゆで過ぎになり [続きを読む]
  • 松茸(マツタケ・まつたけ)の下ごしらえ
  • 秋の味覚の王様「松茸」(マツタケ・まつたけ)マツタケの下ごしらえ(松茸の洗い方)は、松茸の独特の香りを逃がさないようにします。松茸の石づきは、鉛筆を削るような感じで切り落とします。かさや軸はペーパータオルや布巾で軽く拭きます。水洗いをすると、せっかくの香りがなくなってしまいますのでなるべくならしないほうがよいのですが、虫などが心配でしたら薄い塩水で軽く振り洗いをして水気を拭き取ります。包丁は使わな [続きを読む]
  • むき栗を色よくゆでる(くちなしの実利用)
  • むき栗を色よくゆでるには?皮を剥いた栗を色よくゆでるコツをご紹介します。用意するものは、 むき栗 くちなしの実 鍋、水皮をむいた栗を鍋に入れ、水をひたひた程度に入れ、火にかけます。このとき、くちなしの実を一緒に入れてゆでることで、色鮮やかできれいな色に仕上がります。栗が茹で上がったらくちなしの実を取り除きます。ゆで栗から、「きんとん」や「ふくめ煮」「甘露煮」が作れます。くちなしの実は、スーパーで購 [続きを読む]
  • 栗の鬼皮・渋皮のむき方
  • 栗(クリ・くり)が出回ってきましたね。丸のままゆでて、半分に切ってスプーンで実をほじって食べるのが好きですが(楽なので!)、せっかくの栗の季節なので、栗ご飯や、栗おこわ・・・など作りたいものです。ですが、栗の鬼皮は堅くて剥くのが大変!ちょっとしたコツをご紹介します。まず、熱湯に十分ほどつけて、少しやわらかくするのがコツ。湯からあげたら、栗の真ん中に切り込みを入れて、包丁で皮の半分ずつを手前にひっぱ [続きを読む]
  • 竹の子のあく抜き(水煮の仕方)
  • 竹の子のあく抜きの方法「たけのこ」は、タケノコ・竹の子・筍と書き方イロイロありますね。竹の子は、新鮮第一で、時間が経つとエグ味が出て、硬くなり、まずくなります。皮付きとはいえ、店頭に並ぶまでに時間が経過していますので、竹の子は買ったその日にあく抜きしてください。穂先を斜めに5センチほど切り落とし、外側の皮は2〜3枚はがし、縦に1本切込みを入れる。大きな鍋に1の竹の子を入れ、かぶるくらいの水と、米ぬ [続きを読む]
  • 過去の記事 …