ミナ さん プロフィール

  •  
ミナさん: スウェーデン介護士の瞳に映る世界
ハンドル名ミナ さん
ブログタイトルスウェーデン介護士の瞳に映る世界
ブログURLhttps://ameblo.jp/swedenkaigo/
サイト紹介文スウェーデン介護の現場事情や、その他日々気が付いたこと両国間で比較しながら書いていこうと考えています
自由文現在スウェーデンの老人福祉施設で介護福祉士として働いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2016/09/30 16:22

ミナ さんのブログ記事

  • 話の内容が違う
  • 利用者の家族は、自分の配偶者や親を、当たり前ですが、私たち介護士とは違う目線で見ています。利用者の今まで生活してきた背景を知っているからこそ、「父は、こういうことが好きなので、これをさせてください」「妻はいつもこうしていたので、そうしてください」と、話をされます。 私たち介護士も出来るだけ利用者のそれまでの生活スタイルを聞き、施設の中でも今までと同じような生活スタイルで生活できるようにお手伝いして [続きを読む]
  • トイレ誘導
  • 介護士の皆さんに質問です。「トイレ誘導とはなんですか?」と聞かれた時にどのように説明をしますか? 私はトイレ誘導とは、利用者が尿意を感じる前にトイレへ誘導して、そこで排泄することにより、オムツを外すことが出来たり、オムツによる不快感をなくすことと理解しています。(子供がオムツを外す練習をするのと同じ感覚ですかね^^;) 私の職場では現在、オムツ交換の時間はありますが、トイレ誘導というものはありませ [続きを読む]
  • 安楽死
  • 先日興味深い記事を読みました。 オーストラリアの104歳の科学者が安楽死の為、スイスへ移住しそこで亡くなったというもの。 見た感じ、そこまでADLが落ちて、「生活の質(QOL)」が落ちているとは思いませんが、本人は「生活の質」が落ちていることを理由に安楽死を望んでいました。 少し前にオランダで、20代の女性が幼少期の性的虐待による精神障害があり、身体的にはどこも悪いところはなかったけれど、精神の問題があった為 [続きを読む]
  • 映画の主人公
  • こんな素敵な記事を見つけました! Äldreboende gör om klassiska filmaffischer - med grymt resultat(介護施設で有名映画のポスター制作 - 驚きの結果) リンクを見ていただけると分かると思いますが、施設に住んでいる利用者が有名映画の主人公になりきってポスター撮影をされています^^元々は、利用者の家族に配る目的で作られたそうですが、反響がすごくて、その後オンラインで買えるようにしたということ。 The Godfat [続きを読む]
  • 利用者の体重が減った理由は?
  • 介護に関するニュース記事を読んでいたら、1年前のものですが少し気になる記事を見つけました。 Äldre har gått ner i vikt på boende - personalen åt deras mat ニュース記事のタイトルは「介護施設の利用者の体重が減った - 職員が彼らの食事を食べている」 あの〜・・・タイトルだけ見たら、職員が利用者の食事を食べちゃったから利用者の体重が減ったと読み取れるのですが・・・。なにがなんでも介護職員を悪者にしたい [続きを読む]
  • 高齢者介護施設の今後
  • 最近、私の施設では部屋の空きが増えてきました。昔は空きが出たら次の日にでも誰かが入ってくるというくらい必要とされていたのですが、最近では部屋の空きが出ても1か月以上空いたままということもよくあります。 理由をいろいろ考えてみたのですが、やっぱり一番の理由は「出来るだけ家に住みたい!」という利用者本人の意思だと思います。誰でも住み慣れた自分の家で最期を迎えたいという気持ちはありますからね^^ ただ、 [続きを読む]
  • ユーロビジョン・ソング・コンテスト
  • ヨーロッパに住んでいる人は、この「Eurovision Song Contest」は聞いたことがあるかもしれませんが、昨日土曜日は、そのEurovision Song Contestの決勝でした。 このEurovision Song Contestが行われている時間は、ヨーロッパの半数がこのTVを見ているのではないかと思うくらい、有名な音楽フェスティバルです。私もスウェーデンに来るまで存在を知らなかったのですが、スウェーデンの有名なABBAもこのEurovision Song Contest [続きを読む]
  • 実習生から学ぶ
  • 定期的に介護学校からやってくる実習生たち。1つの学校だけでなく、複数の介護学校が街の中にあるので、多い時は1学期に2つの学校から4〜5週間ずつ実習生がいることがあります。 私は実習生がいる時期がとても好きです。実習生がいることで、1人分の戦力が補えるのと、普段自分たちが行っている業務や話し方などを見直すことが出来るからです。 今現在、私には男の子の実習生がついているのですが、彼の態度にこちらが気付かさ [続きを読む]
  • 介護の難しさ
  • 定期的に介護学校からやってくる実習生たち。1つの学校だけでなく、複数の介護学校が街の中にあるので、多い時は1学期に2つの学校から4〜5週間ずつ実習生がいることがあります。 私は実習生がいる時期がとても好きです。実習生がいることで、1人分の戦力が補えるのと、普段自分たちが行っている業務や話し方などを見直すことが出来るからです。 今現在、私には男の子の実習生がついているのですが、彼の態度にこちらが気付かさ [続きを読む]
  • うわさ話
  • 今日はただのぼやき記事です。 介護の現場はスウェーデンでも8割方女性。そうなってくると、女性の好きな「噂話」もあっという間に広がります。(↑「女性の好きな」って表現はフェミニズムの強いスウェーデンでは使えないですのでここだけで^^;) 仕事に行くと同僚からよく、「聞いた?今度OOするんだって〜!」「しってる?OOさんはOOだから仕事辞めるんだって〜!」「部屋の空きがあるのは、この施設の悪い噂があって、そ [続きを読む]
  • 介護は料理と散歩だけ?
  • 先日、イラク人と話をしていた時のこと。彼は、介護資格はないものの、前に短い期間、高齢者施設で働いていたと話してくれました。私が今現在、高齢者施設で介護士をしていることを告げる前だったのですが、その時に、 介護はキッチンを手伝って、散歩するだけだから楽だよ〜! と、いかにも介護は楽で誰でも出来るというような口調で話しをしていました。と同時に、「なるほどね。こうやって、介護経験の浅い人の口コミで、"誰で [続きを読む]
  • 気のせいであって欲しい 〜 経管栄養
  • 最近仕事をしていて気になることが一つ。それは経管栄養のこと。かなり前に「原点に戻ってみる〜終末期介護」で、北欧は経管栄養や延命が少ないという記事を書きましたが、最近、老人福祉施設で働いている介護士と看護師が感じているのは、 ん?なんか経管栄養増えてない?!ということ。 しかも胃瘻ではなく、経鼻経管栄養の方。(訪問看護チームの看護師は、時間差で経管栄養を流すのが難しくなってきてるとぼやいていました) [続きを読む]
  • 風景写真
  • 私の街ではすでに雪は解けていますが、少し北の方へ行くとまだまだ雪がこんなにも残っています^^; 今年は積雪量が多かったので、雪が解けるのにも時間がかかります。 湖もまだ水が見えません。 ただ、空だけは春の空だなぁと感じます^^ 空の高さというんでしょうか。雪がこんなに残っていても、空が春だというのを教えてくれます。 木にぶら下げられている鳥の餌箱。 田んぼの雪の解け方が芸術的。 青空と雪と緑のコンビが好 [続きを読む]
  • 日常の風景
  • 先週は1週間休みだったので、旦那の実家へ行ってきました。その時に撮った写真たちです。 散歩していた時に見かけた近所の家の庭先に可愛い物が^^ 旦那の両親の為にリンゴとプルーンの肉煮込みを作りました。 デザートは、スウェーデン式ブルーベリーパイです。 窓から差し込む光がクリスタルに反射して虹が出来ていました。 サボテンの花。 なんかこの木の色おかしくないか?と思って思わずカメラを向けました。 カメラの宣伝 [続きを読む]
  • 猫先生の休日
  • 我が家の18歳老猫の猫先生。私と知り合う前から旦那が飼っていた猫で、最初は「Cat master」と呼ばれていた猫先生。私と旦那が日本語で話すようになってから、猫先生に改名されました。「なんでCat masterってつけたの?」と旦那に聞いたら、「Masterっぽくない?(笑)」との返答。写真からは猫先生のMasterっぷりが伝わらないかもしれませんが、実際は確かにMasterです^^ キッチンは猫先生の住み家です。 24時間エサをキッチ [続きを読む]
  • 今日は朝起きて外を見たら雪が降っていました。4月になってもまだまだ雪が降るスウェーデンです^^; 今年はいつもの年より多く雪が降りました。そのおかげでよい写真が撮れる!と思ったのですが、どうも雪が降っていて、気温がマイナスになるとカメラを持って外出するのが億劫になるので、結局あまり写真を撮らず^^;せっかく日本で一眼レフカメラの為の新しいレンズを買ったのになぁ。雪が解けて、気温が暖かくなったら言い [続きを読む]
  • デイケア(施設写真付き)
  • 先日、デイケアサービスセンターを訪問する機会がありました。そこの訪問を終えて、「ここの職員になりたい!」と施設職員の私の心は大きく揺れ動きましたね^^; そのデイサービスは、若年性認知症の利用者が利用してるデイサービスでした。利用者は最大8人に対して職員が3人。日中に何をするかは利用者が決めることが多いそうです。一応月〜金までの予定表はあるそうですが、利用者の気分や天気の様子で予定が変わります。街の [続きを読む]
  • スウェーデンで流行っている埋葬「Minneslund」
  • 先日、墓地の管理事務局の方とお話する機会があり、スウェーデンの墓地についていろいろ聞くことができました。社会が変わっていくので、お墓事情もそれに合わせて変わっているんだなぁと勉強になりました。 皆さんは、自分が死んだ後、どこにどういう風に埋葬されたいか家族と話すことはありますか?(日本だったら、縁起でもない!と怒られそうですが・・・^^;) スウェーデンで昔からよくある埋葬方法は土葬。棺桶に遺体を [続きを読む]
  • イライラする部分の違い
  • 先日研修生から、仕事で一番イライラすることは何?と聞かれました。 私自身は、利用者とのコミュニケーション、介護内容に対してイライラすることはほとんどないのですが、一番イラッとするのは、片付け。 えっ?そこ?と思うかもしれませんが、今まで私が仕事をしてきた中で、一番イラッとしてムカついた出来事が、牛乳パックとヨーグルトのパックが入ったリサイクルBOXを片付けようとした時に、中身が流れ出て、仕事着に降りか [続きを読む]
  • 介護職への大きな勘違い
  • 先日利用者と一緒に病院へ行く際に介護タクシーの運転手さんに、 俺もあなたの施設で働けるかな? と、唐突に聞かれました。 理由を聞くと、介護タクシー運転手を10年以上やっていて、毎日運転するのがしんどいと思うようになり、違う仕事がしてみたいけど、勉強するのは時間がかかるから、誰でも出来る、高い教育のいらない、すぐ仕事が出来る介護職を考えているとのこと。 「俺、高齢者と話すのが好きだし、ちょうどいいかなぁ [続きを読む]
  • スウェーデンの虐待について
  • 先日、虐待に関係のある法律の話を聞いて、その後自分でいろいろ調べてみたので、今日は自分なりに調べたスウェーデンの虐待について書いていこうと思います。(自分の為の記録で書く記事です。間違ってる部分があったら訂正してください。) 日本で介護現場での虐待と聞くと、家族や職員による暴力で利用者が怪我をしたり亡くなったりした場合に、ニュースなどで取り上げられることが多いので、暴力のイメージが強いかもしれま [続きを読む]
  • オシャレ!
  • お洒落をするというのは、歳に関係なく気を遣うものです。スウェーデンで介護を始めた最初の頃に感じたのは、 お年寄りがオシャレ! ということでした^^ クローゼットを開けると、女性ならエレガントなコートや、可愛らしいワンピース、男性ならお洒落なスーツやベスト、Yシャツなどがずらり。寝る時の服装も、ガウンやレースのネグリジェなど、とても上品。 利用者の持っている洋服のイメージ図です。(写真はネットから拝借し [続きを読む]
  • 感情コントロールが難しい
  • どれだけ自分の感情をコントロールしながら介護をしていても、死が近づいている人との会話は、いつも感情的になりやすいなぁと思います。 終末期の利用者の状態にもよりますが、認知症もなく、会話も出来る状態の利用者が終末期に入る時は、どれだけ心の準備をしていても、利用者本人と会話を始めた時に、いつも泣きそうになります。 ----------------------------------------------------認知症もなく、終末期まで全て自立して [続きを読む]
  • メンタルヘルス
  • 先日メンタルヘルスに関する研修がありました。私もあまりメンタルヘルスに関する知識がないので、勉強になりました。 これは私の経験上の話ですが、スウェーデンでは、精神のバランスを崩す人が多いように感じます。私の知り合いや職場の同僚にも、精神科医に通っていたり、薬を飲んでいる人がいます。日本にいた時は、こんなにも頻繁に精神的に問題を抱えている人に会ったっけ?という位、割合的に多い気がします。 普段の彼ら [続きを読む]
  • ヴログ (Vlog)
  • 先日ニュースを見ていると、ヴログ(Vlog)で若者の中の介護士のイメージを上げよう!という話が取り上げられていました。 ヴログという聞きなれない言葉に、研修生として働いている高校生の子に、Vlogって何?と聞くと、VideoのVとブログを掛け合わせた言葉だと教えてもらいました。Youtubeの様に、ビデオを作成し、それで介護士になる若者を増やそう〜という試みだそうです。 そして、ニュースの中では、あと5年もしたら、介護 [続きを読む]