mochaco さん プロフィール

  •  
mochacoさん: 乳がん女医ですが婚活中!
ハンドル名mochaco さん
ブログタイトル乳がん女医ですが婚活中!
ブログURLhttps://ameblo.jp/powerful-hana/
サイト紹介文1年前浸潤性乳がんステージ3に。手術・抗癌剤(脱毛・カツラ)放射線後。医者が患者になった思いを込めて
自由文2人の子供と2匹の猫と暮らす、体育会系バツイチ母ちゃんドクターです。
思いがけない乳ガンで医者の私が患者さんの目線にも立っています。
でも、母であり、医者である自分は変わらないのです。みんなに知ってほしい医療の話。患者さんへの思い。
子どもと仲間、家族への思いなどガンガン語っていきたいです!!!体育会系ですが、料理も大好きなので時折混ぜ込みますね〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/09/30 16:48

mochaco さんのブログ記事

  • 苦しいってのは、生きてるって事
  • 苦しいってのは生きてるって事ですから。死んだら苦しめないですよね。もうちょっと頑張らないと。 特に、野球ファンでもないが、今朝、広島カープの赤松選手のNHKの番組を観た。我が家は、テレビがひとリビングにあるだけなので子どもも、一緒に観ることになった。 我が子も、母ちゃんが乳がんだとは わかっている。 必ずしもガン=死ではないと わかっている。 赤松選手には、支える美人の奥さんもいる。私と立場は違うが、 [続きを読む]
  • 別れの曲を自分で奏でたい
  • ピンピンコロリが いいな〜病院にあちこち通い、健康食品にまみれながらそんな事を 口にする中高年の方が多くて 苦笑する。 ピンピンコロリを漠然と希望される人は死への現実味がない、ありがたい今を 大事にして欲しいと思っている。 もちろん、私自身、まだ、生きようと思っている。 でも、自分のステージは10年生存が6割を切っている現実は変わらない。 もし、死が近づけば あれこれしとかなきゃいけない事がある。 「 [続きを読む]
  • 失った胸を再建するかくっつけるか
  • 乳ガンがわかった1週間後手術。片胸を失った。 放射線治療。皮膚がズルムケになって、肺炎にもなった。 抗がん剤髪が抜けてウィッグ。手足がしびれ、目が悪くなった。 あっという間というか、ものすごく長くも感じた1年目 乳房再建なんて考えられなかった。 子供と仕事気になるから3回の入院あわせて1週間も病院にいなかった。早く帰りたかった。。。 もし、自分が子どもの成長を見られなくなるとしたら。少しでも、1日でも [続きを読む]
  • 一緒にお風呂に
  • 乳ガンがわかった2年半前。 息子は、幼稚園児でした。 息子の担任の先生に「お母さん、忙しいと思いますけどね。お子さんと一緒に、お風呂に入ってあげてください。」 「最近、全然〇〇ちゃんとお風呂に入ってあげてないそうですね。いっつも△△ちゃん(娘)と二人でお風呂に入ってるって。お風呂に入って、裸で話すだけでもコミュニケーション図れますから。〇〇ちゃんも寂しいんだと思いますよ」 外面はいいけれど、家では、 [続きを読む]
  • 生きることに欲を出してください。
  • 「生きることに、大いに欲を出してください」主治医の先生、おっしゃいました。 「最近、少しだけ、『このままいけるかも』って、自分の余命に欲が出ちゃう時があります」 術後2年が経った、昨夏の節目検診で、私の口から出た、こんな言葉に対して先生が さらっとおっしゃいました。「生きることに欲を出す」今も、これからも・・・自分のテーマだと思っています。 最初の診察で「多分、悪性でしょう」 針生検の結果を見て「乳 [続きを読む]
  • 大人も夜にもらすの?
  • 我が家の子供の疑問。答えづらい(笑) テレビでみる、いわゆるオムツのCMについて 赤ちゃん用←これは納得してる高齢者用←これも、何となく納得しつつ 問題は、似たようなキャッチコピーでテレビに出てくる生理用ナプキン あ〜、それね・・・ 「お母さん、お年寄りじゃない普通の大人も夜に漏らすの」「夜も安心って言ってたよ。オムツのCMでしょ、あれ」「(メ・ん・)?、・・・あれね。」 ちょうど、実家のワンコ 初の生理中。ワ [続きを読む]
  • 「お母さんは、もう死ぬの?」
  • 「お母さんは、いっつも強いし歳はとってるけど すごく元気なのに(←「歳取ってる」ってのは、余分だ・・・)・・・もう、死ぬの」 (私)「まだ、死なないよ。 乳がんの人が、みんなすぐに死んじゃうわけじゃないし。」 「お母さん、こんなに元気なのに、死にそうに見える」 「〇〇ちゃんや、??君とこのお母さんより、 ちょっとっていうか、だいぶ歳取ってるけど(←またまた、詳細に余分だ・・・) その割にっていうか、元気 [続きを読む]
  • 「風と共に去りぬ」人生ってなんだろう。
  • 有賀さつきさんの訃報に、「生き様」・「死に様」身につまされたのは私一人ではないと思います。 マスコミも、随分昔のVTRを編集して散々騒ぎ散らしていたのに。皇室の結婚延期騒動だ、オリンピックだと彼女の名前もでなくなりましたね・・・ そうやって、どんな出来事も「過去」になっていくんでしょうね。 よく、心の中で、ブログの文章をなぞっていましたが実際に文章に起こす気合が出なかった私ですが。 やっぱり、なにか残し [続きを読む]
  • お母さんはガンなんだよ。
  • 「お母さんは、乳がんなんだよ。」 「悪いところはとったから、胸が片方ないんだよ。」 昨年末、あまりに人の言葉に耳を傾けないで暴れまくる子供に。仕事と家事でくったくたの私に、とにかく噛み付いてくる息子の態度に業を煮やしていた私。 何度も何度も心の中で、シミュレーションしていた言葉を口にしました。 そろそろ、言ってみるってのはどうだろう。少しずつ、ずっと考えていました。「そろそろ」は、いつだろうって。 ま [続きを読む]
  • 無理にでも口角を上げる( ̄▽ ̄;)!!
  • 前回のブログから、気づくと半年以上経っていた。年をとると、一年が早いのを痛感(笑) 最近、診察室で患者さんの涙を目にする機会が多い。 がん患者に限らず免疫力を高めるには、「笑う」ことがいいと言われる。 ま、くよくよ めそめそばっかりがダメっていうことはもちろん誰もわかっているのだ。 御多分に漏れず、my母に「無理してでも笑わないと、免疫力が高まらないわよ」ささやき女将どころか、アントニオ猪木ばりに、おっ [続きを読む]
  • 花粉症?花粉症じゃない?
  • 花粉症。10年くらい前から、この時期、急に鼻がむずむずしたり、頭が痛くなる。↑ここまでひどくはない 「先生、花粉症ですか」患者さんに、何度聞かれても「いや、どうってことないですよ」花粉に負けたような気がして(笑) 花粉症じゃないと言い続けていた。 もともと、多少粘膜が敏感らしく患者さんが部屋に入ってくると、空気が動くからか急にくしゃみが連続して出てくることもあるので季節を問わない(通年性)ア [続きを読む]
  • 自分の足で立て
  • まだひとケタの年齢の我が子2人。幼い子ども達に厳しすぎると職場のスタッフに呆れられている 10年再発なく元気でいられる確率が、極めて厳しい今10年は頑張りたいが、頑張れなかった時を常に頭の片隅、いや頭の中心において子供に接している。 私に焦りがあるのは否めない。職場のスタッフは、私がそこまで厳しい状態だとは知らない治療のために休むことがほとんどなかったのであ、早期でどうってことないんだ。っ [続きを読む]
  • 待合室で自撮りカップル出現Σ(゚д゚lll)
  • 職場近く、雪が結構降りました。久しぶりの連日の雪かきで、疲れがとれません体力自慢だった私、病気のせいなのか、加齢かタキソールによる指先の神経障害。終わって10ヶ月ですがまだ残ってます。握力も落ちてますが、久しぶりの雪掻き。燃えました町外れの我が職場。田舎のふきだまりなのか、ディープな患者さん多し。「先生、さっきの19歳の患者さん(女子)覚えてますよね」スタッフ 大盛り上がり「彼氏と二人で、地鶏い [続きを読む]
  • 元気で仕事ができることの「貴重さ」
  • 今年も、ドタバタと三が日は過ぎた。数少ない読者の皆さん、見捨てずたまに、覗いてください 12月は、バタバタする。いや、年中ドタバタバタバタ多分、骨になる寸前まで、気持ちだけでもドタバタするはず。ちなみに私は、葬式不要、墓もなく購入予定もない。が、宗教の偉大さは患者さんを通して感じている。あくまでも、私は意思(意志ではない)が強すぎて、なんちゃってインチキ教祖状態なので今のところ、無宗教なだけで [続きを読む]
  • かくれ松潤ファンだった・・・
  • 私が産んだ子供は ♂♀一人ずつ。前のブログにも書いたとおり私には、元夫の娘も、やはり私の娘なのである。(勝手わがままな発言である・・・)たった1枚、弟妹を抱っこする彼女の写真をパソコンの中にずっとしまっている。 我が子♀が成長するに連れ、姉である彼女に似てきている。いつ、彼女に謝って、いつ、彼女になじられて、いつ、彼女に会えるんだろう・・・来年成人式の彼女。きっと着物姿も綺麗なんだろうな・・・ [続きを読む]
  • 「愛しているから叩く」のは虐待①
  • すみません、すみません!!お願いだから、やめて!!!もうしません、すみません!!!!! 元夫の家から幼い2人の子どもを連れて逃げ出していつの間にか 5年以上・・・元夫には、当時、中学生の連れ子がいました。子どもが、元夫に叩かれて、蹴られて。親に「すみません」と泣き叫んで親に土下座する子どもを初めて見ました。あまりのショックに、最初声が出ませんでした。すぐに、やめさせなければと、元夫を怒鳴りつ [続きを読む]
  • ヅラネタ⑤(アタマが火事で洪水でした)
  • 師走に入ると さすがに寒いですね。歳でしょうか、寒いと冬眠したくなる。高齢者さん「寒い寒い」と厚着してる気持ちもわかる歳になりました 診察しようとすると玉ねぎをむぐがごとく、何枚も何枚も・・・今は、笑って脱ぐのを手伝う私ですが。 そのうち、温度調節機能が落ちてさらに、感覚も鈍ってきて。「これは着すぎでしょ」「着過ぎで汗かいてるよ」って怒られるんだろうな〜 今年の夏、頭皮が連日大 [続きを読む]
  • 生きていたら57歳
  • 寒さは 好きではないのですが空が澄んでいると、気持ちも引き締まります。 でも。この時期冷たい雨が降ると、何となく気持ちもなりますね。 「あ〜雨か」 ブルーになりそうな時、雨が大好きだった知人を思い出します。 生きていたら57歳。いいオッサンだないや、ダンディな若作りをしてたと思います。 なぜか、雨や雪、嵐が好きな人でした。雨の日のドライブや食事に何度かご一緒しました。「みんな [続きを読む]
  • ヅラネタ④(抜けると寒くて目が覚める)
  • 同じ職場のスタッフが、術後15年にして再発。(その話は、ココとココ) 先日、抗がん剤に入りました。1週間入院して始めました・・・う〜ん、私はそんなに入院してると辛いな〜。手術の時も、術後翌々日に退院しましたが、ホント、3日間つまらなかった・・・(笑)することなくて、テレビも見飽きて。筋トレしてましたわ?( ? )? 何はともあれ、抗がん剤ってことはmyウィッグ。再利用。エコだわ〜(笑)高かったもん [続きを読む]
  • 「治療死ってあるかも」という不安
  • 先週、定期受診でした。 血管出ないわ・・・ 抗がん剤が終わって8ヶ月。まだ、採血に苦労します。看護師さん二人がかりであっためたり、さすったり叩いたり・・・結局3ヶ所以上、刺されちゃいました採血室のナースたまにしか採血しない私より、下手なんで・・・ 血管内皮にダメージがあったのはわかります。抗がん剤を始めてほどなくして、全く血管が出なくなり採血をしていた場所は、ガッチガチになって針が立 [続きを読む]
  • 一年前のお礼状が出てきました
  • 昨日、突如、パソコンの電源が入らなくなり焦っあ〜だこ〜だとやってるうちに、なぜか復活こりゃしっかりバックアップしとかなきゃと、パソコンの中身を整理中。 入院したとき、母の仲の良い友達からお見舞いをいただきました。(言わなくてもいいのに・・・と母に苦言を呈することはできず)昨年9月、お礼状を書いていました。文面を見て、私らしいなと苦笑しました。                 〇〇さま& [続きを読む]
  • 術後15年の再発②
  • 以前のブログで、同じ職場の女性術後15年での乳がん再発の話をアップしました。 手術が終わって2週間。お見舞いに行ってきました。 きいていた病室にはおられず、ウロウロしていました。 「あらmochaco先生」病棟の看護師さん、1年以上前に入院していた私を覚えてくれてました・・・退院してから、一度も病棟に上がったことなかったのに。 彼女は、とても元気そうでした。 どんな顔で会おう [続きを読む]
  • 胸がチクチク①
  • 最近、胸がチクチクすることがいくつか。 ①娘の発言「お父さんが欲しいよ〜結婚したら、お父さん来るでしょ。結婚してよ」 先日、バザー役員でほかのお母さんや先生方と準備をしてました。役員活動は、最終的に健康相談みたいになっちゃうので、正直苦手です。私の姿を見つけた娘、みんなの前で言いました。 みんな、我が家がシングルマザーと知ってます。娘の発言を聞いた周りは「オープンにお父さんの事を話せ [続きを読む]
  • 骨髄バンクを退会しました③
  • 結局、私が骨髄ドナーになることなく登録取り消しをお願いしました。 「ご自愛ください」とお手紙をいただきました。あざ〜す(笑) 以前、妊娠中はドナー登録を保留していましたから登録していたのは18年ほどでしょうか。 私がドナーに選ばれなかったのは悪性腫瘍同士の移植を神様が止めたのかもしれませんね。 子どもが 芋掘りに行って持ち帰りました。「虫が食って穴があいてるのは、虫が食べたいと思う [続きを読む]