みぃ さん プロフィール

  •  
みぃさん: 季節(トキ)の硲で…
ハンドル名みぃ さん
ブログタイトル季節(トキ)の硲で…
ブログURLhttps://hanamorinouta.blog.fc2.com/
サイト紹介文徒然に、小さな庭と大好きな町を眺め、季節を口遊みながら過ごします。しばしおつきあいのほどを…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供206回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2016/09/30 21:05

みぃ さんのブログ記事

  • 日日是好日〜嵐の足音を聞く
  • 降りみ降らずみに過ごした日曜日それほど強い風が吹くでもなくぼんやりと過ごした日が暮れ夜が更けるに連れて急に 風が強まり始めました雨戸も閉めてあるんだけど風の唸る声が聞こえますあぁ…台風が来るんだ って重いアタマや 痛む節々(笑)にしみじみ実感する夜です何度も何度もスマホに防災メールが届いてそう…船越も小さいけれど山辺の地域だから土砂災害警戒区域があるんです幸い わたしが住んでいるあたりは山から離れていて [続きを読む]
  • 密やかな願い
  • ささやかな森蔭未だ 濃さを保つ緑秋霖の僅かな晴れ間に野の花が咲う木洩れ陽のスポットライトに抱かれはにかむように幼い頃 アカマンマと覚えた花に白い花が咲くこともある と知ったのはこの町に住み始めてからなぜだろう…凝視める時は息をひそめてしまう小さくて儚げでけれど 本当は逞しい大地にしっかりと根づくその逞しさがあるからこそ願うことが出来るのだ『あなたのために役立ちたい』…と食べられない 役に立たないだから [続きを読む]
  • 日日是好日〜大好き。
  • 毎年 この小さな斜面にたったひと株だけ咲いてくれる大好きな 秋の花時々 夢に見るのこんな 愛らしい花達が自由に…思うままに咲き乱れる そんな秋がこの公園にも いつかやってくるといいな ってそんな瞬間に出逢えたら しあわせ [続きを読む]
  • 日日是好日〜予感
  • 船越堤の 小さなお山の公園は紅葉が始まる前それはもう思いきりよく草刈りをしてしまいますひとが入り込まないような木立の奥や小さな沢の水辺もおかまいなしどんなに綺麗な花が咲こうがそんなことには一切 斟酌しません歩くのに邪魔だと判断されれば色付くのを待つモミジの枝だって刈られてしまう徹底ぶりですだから 今日という秋霖の晴れ間はある意味 チャンスだったんです明日からはまた 雨続きしかも台風も来るかもしれない公 [続きを読む]
  • 日日是好日〜木洩れ陽に薫る花
  • 常緑(evergreenn)に抱かれて今秋 最初の黄金(キン)の彩り薫り高い花はその蕾すら甘く薫って葉蔭に揺れる木洩れ陽よりも なお明るく輝く花は零れそうに枝を埋めるはしゃぐ少女みたいに身を寄せ合ったり陽光(ヒカリ)に戯れついてみたり風の心地よさにもらす吐息が町中を甘く染めてゆく [続きを読む]
  • 日日是好日〜秋色のフィルター
  • とうに通り過ぎた夏の日が忘れ物を探しにきたように陽射しは 灼けるように熱くてそれでも日蔭を渡る風が秋の匂いと涼しさを水面伝いに運んだ昼さがり揺れる アキノノゲシの透ける花びら越し少しも勢いの衰えない緑が ふとセピア色に燻んで見えた陽光(ヒカリ)の眩しさも陽射しの熱ももう 夏の名残ですらないからふわり 漂うように淡い翳りのフィルターに包まれて風景が秋の色合いに かわる [続きを読む]
  • 季節の硲(はざま)
  • 暑さ寒さも彼岸まで…とは上手いことをいうと思ってた確かに 春にしろ秋にしろ移ろう季節の転換点であることは否めないと思うでも 最近では春彼岸にはすでにさくらが咲き秋彼岸を迎えてもあわや真夏日…の残暑が続く子供の頃の季節感は記憶の中だけのものになりつつあるのかも しれないこの花が咲かなかったら秋の始まりはさぞや味気ない…ふと そんなことを考えながら迎えた彼岸の明け残暑とはいってもさすがに真夏日は減った朝晩 [続きを読む]
  • 常世のbouquet
  • 優美に反り返る蕊の先 ひとつひとつに午後の陽射しが 宿るさわり と梢が鳴る陽光(ヒカリ)の断片が揺らめく乾いた風が汗ばんだ首筋をからかうように撫でてゆく秋彼岸彼の世はゆるりと近づいてさらりと遠ざかる時の硲 ちらりとのぞく昨日と今日の境目に群れ咲く緋い花が見えたような気がした宵に灯す篝火のように季節 という絵を描く神々が常世の黄昏に飾る緋い花束(ブーケ)此岸と彼岸が近づく証のように季節の約束を違えずに 咲く花 [続きを読む]
  • 日日是好日〜自画自讃
  • 大学生の甥っ子がバイト先の農家さんから採れたての栗をいただいてきたから…ってお裾分けが届いたんです(⌒−⌒)早速 茹でて熱いうちに実を穿って擂粉木で潰して粗めの粒をちょっと残してちょっぴり三温糖と塩をひとつまみ加えて弱火にかけて練ったあと茶巾絞りにしましたそぉです秋といえば 栗きんとん‼?自分で言うのもナンですけど元?和菓子職人の兄貴直伝ウデはなかなかのもの…だと 思うんです(笑)美味しかったぁ…(*^ω^* [続きを読む]
  • 日日是好日〜呟き
  • あのさぁ…いつまでも見てるんじゃねーよっっ写真なんざ 1枚撮りゃ十分だろ?さっさと行けって…まったく もうあんたがそこに突っ立ってると餌がこないんだよ ちっとも‼?勘弁してくれよ マジでさぁ…(−_−;) [続きを読む]
  • 日日是好日〜虹色
  • よく晴れた1日でした陽射しは真夏みたいに強いけれど風は乾いていて汗をかいてもすぐにひいてゆく今日は夕焼けが綺麗かなひさしぶりに見に行こうかな…なんて思っていたら西の空には いつの間にか 雲まぁ のんびり夕焼け見ていたらその分 晩御飯が遅くなる今は ちょうどそんな時期だしまた そのうちかな…ってふと 空を見た時薄い雲の中 うっすらと…それはもう ほんとうにうっすらと虹色にひらめくものが見えたの家の中に飛び込ん [続きを読む]
  • 日日是好日〜謎
  • 子供の頃 洋種山牛蒡の実で遊んでいて買ってもらったばかりの白いワンピースを斑らに汚してしまったことがありました叱られたなぁ…あの時何しろ 別名はインクベリー染め物にも使うくらいでついた汚れはもう落ちないでも それ以上に有毒植物だったんですね口に入らなかったとしても触っただけでもNGなんですって母が 石鹸で痛いくらいにゴシゴシとわたしの手を洗ったのを覚えています時は流れてオトナになったわたしは もう洋種山 [続きを読む]
  • 日日是好日〜『Un an restant』
  • 雨に誘われたように曼珠沙華が次々に蕾を立ち上げて風が 日を追うごと涼しさを増してゆくそういえばもう すぐにお彼岸だねそんな言葉を交わしながらふと 思ったことがあるのいつかの『その時』までどのくらい時間があるかわからないけれどあなたに お願いがあるわたし 今でも随分あなたに面倒かけてるよね心配ばかりさせてるし精神的に だけでなく経済的にも ほんとうに負担ばかり負わせてるこれからも 多分あなたに助けてもらわな [続きを読む]
  • 嵐のあと
  • 洗われたように澄みきった秋の蒼空(ソラ)を従えて未だ夏姿の富士山は泰然自若と聳え立つ今年はあと何回こんな富士山の姿に出会えるでしょうか台風一過被害に遭われた方々にはこころからお見舞いを申し上げます1日も早く穏やかな日常を取り戻せますように… [続きを読む]
  • 日日是好日〜秋霖の町から…
  • 小雨模様に明けた1日は予想外に穏やかに暮れた時折 強い風は吹いても嵐を思わせるようなものではなく雨らしい雨は 夜になってから遠い町を駆け抜ける嵐が遺してゆく爪跡をテレビのニュースが伝えるたび窓の外をただ ひたすらに眺めたあなたの町は大丈夫ですか何か 困ったことはないですか体調を崩してはいませんかもしも 何かわたしにも出来ることがあるのならあなたのために出来ることがあるのならどうか わたしを呼んでください [続きを読む]
  • 天(ソラ)の向こうへ…
  • 嵐の予感を孕んで空は うっすらと雲を佩く湿気を含んだ風は微かに 潮の匂い流れる雲の透き間から影燈籠の蠟燭みたいにちらりちらり陽射しが落ちる恋うように天(ソラ)を仰ぐ花は多分 嵐を憂いはしないただひたすらに陽光(ヒカリ)を求め風に揺らぎ天(ソラ)からの甘露を待つ小さな虫達は花から花へと一心不乱日々の糧を求めて飛び交うそれは 見慣れた風景でいつもと同じ繰り返しでその向こうに嵐の気配を重ねてあれやこれや思い悩むの [続きを読む]
  • 日日是好日〜相思華
  • 花は 葉に逢うことなく葉も 花の姿を知らない永遠に片恋の “manjusaka”風が 少し冷たくなって陽射しが 次第にナナメになって蒼空(ソラ)が 高く澄んで野の緑がセピア色のフィルターを纏い始めるとすらり と伸びた淡緑の茎の先哀しいくらいに艶やかに緋く 花は咲くまたひとつ再会の約束を果たした曼珠沙華ゆうるりと時計の針が次の季節をさししめす片恋を胸に秘めて秋の 小暗さにひそみ想いは篝火のように季節に映える彼岸(あのよ) [続きを読む]