こーあい さん プロフィール

  •  
こーあいさん: CFD比較.click
ハンドル名こーあい さん
ブログタイトルCFD比較.click
ブログURLhttp://cfd-hikaku.click
サイト紹介文CFD初心者におススメのCFD取引業者を徹底比較!CFD取引入門や銘柄紹介、はじめての原油取引!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/10/01 14:06

こーあい さんのブログ記事

  • FTSE100の配当金生活は魅力的?NYダウ長期投資とどっちが良い?
  • 先日、友人が 株365のFTSE100で配当金生活がしたいと話していました。 株365のFTSE100と言えば、「緩やかに上昇するイギリスの株価指数」、「高配当」、「レバレッジがかけられる」という特徴があります。レバレッジがかけられますから、FTSE100で配当金生活を考える人もかなり居るようです。しかし、ここで素朴な疑問。FTSE100の配当金狙いは本当に魅力的な投資なのか?FTSE100は配当利回りが魅力と言われてますが [続きを読む]
  • 口座開設日数で比較!最短でCFDが取引できる証券会社は?
  • CFD口座をすぐに開設したい!「でも、どこの証券会社に申し込んだらすぐにCFD口座を開設できるのか?」各証券会社に問い合わせをして、最速で口座開設できる証券会社を探してみました。郵便事情に左右される部分がどうしてもありますが、審査がスムーズに済む証券会社だと早く口座開設ができそうですね。問い合わせ内容都内在住の方が、月曜午前中にCFD口座の開設申し込みをした場合審査が終わるのはいつ?証券会社から書類発送さ [続きを読む]
  • サクソバンク証券 CFD銘柄一覧(検索機能付き)
  • 世界の約6000銘柄が取引できるサクソバンク証券のCFD銘柄一覧です。サクソバンク証券 個別株CFDには、世界の多くの国の銘柄が揃っています。アジア東京、中国(香港)、シンガポール、オーストラリア北米アメリカ、カナダヨーロッパアイルランド、イギリス、イタリア、オランダ、オーストリア、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー [続きを読む]
  • 中国に長期投資!ETFとCFDどっちが良い?
  • 高い成長率、GDP世界第2位を誇る中国。貿易戦争で下がったときが長期投資のチャンス。人口減の日本と違い、中国への投資はGDP成長率の差から考えても理に適った投資と言えるでしょう。日本と中国のGDP成長率を比較年日本中国2010-0.129.5020111.507.9020122.007.8020130.387.3020141.356.9020150.946.7220161.716.8620171.216.50しかし、外国株の個別株投資は難しいですよね。海外の個別株の情報収集は、かなり苦労します。そこで [続きを読む]
  • 長期投資したい!おすすめの中国株5選
  • GDP2位の中国。景気減速と言われつつも日本に比べれば遥かに高い経済成長率です。長期投資なら、人口減が進む日本よりも中国市場への投資ではないでしょうか。投資信託やETFで中国市場全体に投資する方法もありますが、今回は個人的におすすめしたい中国銘柄をご紹介していきます。中国経済についておさらい人口世界一の大国中国は世界一の人口を誇る超大国。人口数は2017年末時点で13.9億人と世界総人口の約1/5を占めています。一 [続きを読む]
  • 時価総額1位!米国企業Appleの業績と株価推移
  • 言わずと知れた米国の世界最大企業Apple。近年では今後のiPhoneの販売数が鈍化懸念などのニュースもありますが、大量の自社株買いやアメリカの有名投資家ウォーレン・バフェット氏が投資するなど、ポジティブニュースも豊富です。Appleは何年にも渡って時価総額世界1位ですから、投資対象から外す理由はありませんね。改めてAppleについて調べてみると、やはり世界1位の企業の成長ぶりは驚愕の一言です。Appleとは?2011年から時 [続きを読む]
  • 日経平均を取引する方法とは?CFDがお勧め!
  • ニュースで流れる日経平均指数を見て、「日経平均って買えるの?」って気になりますよね。また、株を始めたい方は「どの株を買えば良い?」と悩みがち。しかも個別株は倒産すると紙切れ。おのずと分散投資(複数の銘柄に投資)も考えることになります。分散投資は、多くの銘柄を買うための資金が必要なので意外とハードルが高いものです。そこで、今回は投資初心者でも手軽にできる「日経平均を取引する方法」をご紹介していきます [続きを読む]
  • テスラを空売りする方法。ついに赤字は四半期過去最大に
  • テスラの5/2に第1四半期決算発表を受けて、空売りをすることにしました。テスラは非常に人気が高い銘柄ですが、モデル3の生産遅延の懸念や財務リスクなど株価の重石となる材料が多数あります。今回は、テスラの第1四半期決算の中身と懸念事項についてまとめていきます。2018年5月発表の第1四半期決算の過去最大の赤字テスラが5/2に発表した2018年第1四半期決算は次の通りです。売上::34億875万ドル(前年同期26.4%増)最終損 [続きを読む]
  • facebookを空売りする方法。第1四半期決算の反発はチャンスか?
  • Facebookはデータ流用問題で株価は4月に急落していたところに、4/25の第1四半期決算発表で株価は急反発となりました。値を戻してきたFacebookですが、引き続き買いなのでしょうか?第1四半期決算内容を振り返りつつ、facebookの今後のリスクについて調べてみました。最後に、Facebook等の米国株を空売りできるCFDについてご紹介していきます。第1四半期決算と株価への影響第1四半期決算は、データ流用問題の影響を感じさせない [続きを読む]
  • WTI原油70ドルが目前!100ドルの原油見通しも?
  • 2018年は原油が上昇トレンドとなっています。WTI原油は2008年に140ドルでしたが、2016年1月には26ドルまで低迷しました。原油は「シェールガスによる需給低下もあり上昇は期待できないのでは?」と一般的に考えられていたわけですが、その予想を良い意味で裏切り、上昇トレンドが続いています。2018年5月時点で70ドル目前。70ドルを突破して71ドルになりましたね。(2018/05/10)東洋経済オンラインでは【原油「1バレル=100ドル時代 [続きを読む]
  • 孫正義も投資する中国企業アリババとは?
  • 当サイトで以前ご紹介したテンセントのように、世界に躍進する中国企業が増えています。アリババも中国を代表する企業の1つ。日本ではソフトバンクの孫正義社長が出資したことでも話題になりました。今回はアリババについて調べてみました。アリババとは?世界8位の時価総額(2018/2時点)アリババの時価総額は2018年2月末時点で47兆800万円と世界第8位、アジア内ではテンセントに次ぐ第2位の時価総額を誇ります。(日本1位のトヨ [続きを読む]
  • 【レビュー】CFD取引ツール「はっちゅう君CFD」を使ってみた
  • GMO 証券からCFD用のデスクトップインストール型の取引ツール「はっちゅう君CFD」がリリースされました。18/02/14(水) 待望の「はっちゅう君CFD」ついに登場 〜デモ版を先行リリース!〜2018年2月28日(水)よりCFD取引のデスクトップ専用ツール「はっちゅう君CFD」をリリースすることをお知らせします。click-sec.com2/14からデモ版が公開、2/28から本番用が公開されるとのことなので、待ちきれず、デモ版を評価してみまし [続きを読む]
  • 高配当なFTSE100のサヤ取り戦略【年利3.3%】
  • 高配当で人気の 株365のFTSE100。実は、GMO 証券 CFDと組み合わせることで、業者間サヤ取りができます。「 株365でFTSE100を買い、GMO でFTSEO100を売る」これだけで、低リスクで配当取りが狙えます。今回は、FTSE100のサヤ取り戦略についてまとめてみました。 株365とGMO 証券の配当と金利比較まずは、 株365とGMO 証券の配当と金利を確認していきます。【 株365 [続きを読む]
  • トヨタを超える時価総額 中国株テンセントとは?
  • 最近は中国企業の成長が著しいです。ソフトバンクの孫社長が出資するアリババ、そしてテンセントやチャイナモバイル等、挙げ始めればキリがありません。今回は成長著しい中国企業の1つ、テンセントを調べてみました。テンセントとは?トヨタを超える時価総額、アジア最大企業なんと、テンセントの時価総額は55兆4000億円です。(2017年12月31日時点)その額だけ聞いてもピンとこないかもしれませんが、日本一の時価総額を持つトヨタ [続きを読む]
  • アップル空売り!iPhone低速化訴訟で100兆円支払いも?
  • iPhone低速化訴訟を受けて、2017/12/29にアップルを空売りしました。米国株口座だと空売りができませんが、GMO 証券CFDならアップル株を手軽に空売りできます。iPhone低速化問題とは?GIGAZINEに詳しい経緯が掲載されています。顧客にiPhoneの買い替えを促すために、iOSバージョン毎に意図的に、古いiPhoneのピーク時性能を落としているとのではないか、とのことです。Appleが「iOSのバージョンアップごとに古いiPhoneの性 [続きを読む]
  • CFDは投資信託やETFより資金効率が良い!【保有銘柄を公開】
  • CFDは攻めの投資ができる金融商品です。少ない証拠金で投資できるので、投資信託やETFの現物投資に比べて格段に資金効率が良い取引ができます。「資金効率が良い」と書いてもなかなかイメージが湧かないでしょう。そこで、2017年12月時点の私のCFD口座の保有銘柄を紹介し、資金効率の良さを伝えていきます。資金40万円で180万円分の投資私がGMO 証券CFDで保有している銘柄です。米国株 アリババ 50万円金 40万円S&P500 90 [続きを読む]
  • 年利20% S&P500CFDのレバレッジ投資とは
  • 年利0.18%と年利9.8%のインデックス投資があったら、どちらに投資をしたいですか?こう質問をされたら、誰しも年利9.8%に投資がしたいと答えるでしょう。では、次に日経平均とS&P500のどちらに投資をしたいですか?(S&P500とは、ざっくり言うと米国の日経平均みたいなもの。)と聞くと、米国なんて分からないし日経平均への投資の方が安全と考える方も多いのではないでしょうか。ですが、過去30年の年利回りを比較すると日経平均は [続きを読む]
  • 米国株を信用取引する方法(NVIDIA、google、Amazonなど)
  • 日本と違い、米国市場には非常に魅力的な企業が溢れています。2017年はNVIDIAの上昇率がすごいです。この1年で上昇率は100%、2年で見ると400%超です。NVIDIAを信用取引したいと考えましたが、通常の方法では米国株を信用取引できません。ですが、どうしても「魅力的な銘柄を信用取引したい!」と調べた結果、レバレッジ取引する方法を見つけました。それは、サクソバンク証券を利用したCFDによる投資です。米国市場で上昇が続く銘 [続きを読む]
  • 日経平均の長期投資!日経CFDの買い下がり戦略
  • 当記事では、GMO 証券の日経CFDのメリットを生かした投資戦略を掲載しています。最近の日経平均指数は、11月9日に約26年ぶりの23300円台をつけておりとても強い展開。しかし、9月から3000円以上上昇しており、短期的には難しい調整局面を迎えるかもしれません。東京市場では、日経平均が乱高下する展開となった。前場はリスクを取る動きが加速し2万3000円台を大きく回復したが、後場は一転して急落、その後は急激な戻りに転 [続きを読む]
  • 日経平均の長期投資!CFDで買い下がり戦略
  • 当記事では、GMO 証券の日経CFDのメリットを生かした投資戦略を掲載しています。11月9日に約26年ぶりの23300円台をつけており、最近の日経平均指数はとても強いですね。しかし、9月から3000円以上上昇しており、短期的には難しい調整局面を迎えるかもしれません。東京市場では、日経平均が乱高下する展開となった。前場はリスクを取る動きが加速し2万3000円台を大きく回復したが、後場は一転して急落、その後は急激な戻りに [続きを読む]