どっこいしょ さん プロフィール

  •  
どっこいしょさん: 株とビットコインで現状打破
ハンドル名どっこいしょ さん
ブログタイトル株とビットコインで現状打破
ブログURLhttp://h21surv.hatenablog.com/
サイト紹介文セミリタイア生活に向けて、投資、貯金、ライフスタイルの見直しなどについてのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/10/02 21:37

どっこいしょ さんのブログ記事

  • (将棋)女流棋士会も新スター誕生
  • 藤井七段の陰に隠れがちかもしれませんが、女流棋士界も新スター誕生のニュースです。女流王位戦第4局が終わり、渡辺愛女流二段が勝って新王位に。里見女流五冠は四冠に後退しました。渡部愛 - Wikipedia里見香奈からタイトルを奪取した加藤桃子や西山朋佳も奨励会員ですので、久しぶりに、里見香奈からタイトルを奪取した女流棋士ではないでしょうか。日本将棋連盟のサイトから、もう一度棋譜を見ました。渡辺女流王位の振り飛車 [続きを読む]
  • (将棋ネタ)絶好調の豊島八段
  • 久しぶりの将棋ネタ。昨年来、豊島八段が絶好調。昨年の王将戦挑戦、名人戦挑戦プレーオフに出場に続き、今年になってから、棋聖戦と王位戦の挑戦者になりました。Wikiをみたところ、これで6回目のタイトル挑戦。森下卓九段のように6回挑戦してもタイトルをとれず、「無冠の帝王」になってしまったケースもあります。豊島将之 - Wikipedia本当に、森下九段がタイトル取れなかったのは不思議。プロの世界は厳しいですね。あと一歩 [続きを読む]
  • 時間の使い方を変える
  • 運が良かった2017年仮想通貨(暗号通貨)を知って約3年半。ほんとに話題が多すぎて、ニュースを見るだけで一日が終わってしまいます。今年になってから、仮想通貨市場は弱含み。今後、仮想通貨が爆上げするかどうかはわからないので、ビットコインを数万円台で買えたのは幸運の極みという言いようがない。FXで失敗したり、ブルベアファンドで痛い目にあったりして、さわかみ投信売却後の約10年を無駄にしました(失敗から [続きを読む]
  • もし買うとすればマンション一室
  • 最近、親しい年輩の人と会った時の話。札幌でも中心地から離れたところに自宅を持っていたのですが、中央区の大通近辺のマンションに移ることを考えているようです。70歳を過ぎれば、身体も思うように動かなくなるでしょう。何といっても「除雪」が一番の問題となります。私のような独身の場合、高齢になった時に、家を貸してくれる人がいるかどうかが問題です。その知人は、「多分貸してくれる人はいないのでは。」と言ってまし [続きを読む]
  • 仮想通貨の投資状況(その2)
  • 前回書いた記事の続きです。3 ビットコインキャッシュとビットコインゴールド 両方ともビットコインのハードフォークで入手できました。 購入したビットコインを取引所に一切おいていません。購入出来たらすぐにハードウォレットのTrezorに移していました。2つのコインを無償で入手できたのも、Trezorがハードフォークに対応してくれたおかげです。 タダでもらえたし損しないから、しばらく放置しておいたところ、年が明け価 [続きを読む]
  • 仮想通貨の投資状況(その1)
  • ビットコインを知ってから4年近くたちます。 初めてビットコインを知った時、「インターネット以来の革命じゃないか。」と。(文系の人間で技術者ではありません。)早速、ビットコインを購入。現時点で、一年分の年収以上の利益(税引後)を出し、さらに含み益がある状態。そこで、今まで自分が保有した、今も保有している仮想通貨の状況を書きたいと思います。1 ビットコイン 結構な額投資しました。一度にまとめてでは [続きを読む]
  • ブログのタイトルを変えてみました
  • ブログのタイトルを変えてみました。体調を崩した一年半前から始めたブログ。以前のタイトルは、「自由になりたい〜セミリタイアに向けて」という、漠然とした感じのタイトルしか思い浮かびませんでした。最初、精神疾患など病気の話題もありましたが、結局、将棋とビットコインがメインになってしまい、セミリタイア向きのブログとは程遠い感じになったかもしれません。もう少し自分の現状が伝わるタイトルが良いと思い、ブログの [続きを読む]
  • 南米ベネズエラが暗号通貨を発行
  • 国家が暗号通貨を発行した南米にベネズエラという国があります。他の南米の国々が経験したように、この国もハイパーインフレで経済が滅茶苦茶に・・・。。自国通貨ボリバルの価値は?グーグルで検索したら、なんと1ボリバル=0.002円になっていました。そのベネズエラ、先月大きな話題を提供してくれました。自国の石油備蓄を活かして「ペトロ」という暗号通貨を発行したのです。もともとベネズエラという国は、生活のために [続きを読む]
  • 羽生竜王 タイトル通算100期へ名人に挑戦
  • 羽生竜王が名人挑戦者に名人挑戦者決定者を決める6人のプレーオフは、羽生竜王が21日に稲葉八段を勝って幕を閉じました。それにしても、豊島八段はツイていない。王将戦でもタイトルを奪取できず。順位戦では、ずっとトップを走っていたのに後半急失速。プレーオフで、豊島八段は、久保王将、佐藤九段、広瀬八段に勝ちましたが、羽生竜王に敗北となりました。残念。タイトル通算100期へさて、名人挑戦が決まった羽生竜王。日 [続きを読む]
  • 山崎八段 NHK杯2度目の優勝
  • NHK将棋トーナメントで山崎隆之八段が、稲葉陽八段に勝って13年ぶり2度目の優勝となりました。山崎隆之 - Wikipedia先手になった山崎八段が採用した戦法は相掛かり。しかし、横歩(後手の3四歩)を取りません。逆に、稲葉八段に自分の横歩(7六歩)を取らせている間に駒組を急ぎます。その後は、飛車角が飛び交うスリリングな展開。飛車取りになっている後手の95金を9九にいる香車で取らないで、なんと飛車を逃げ回る [続きを読む]
  • フェイスブックやグーグルの暗号通貨の広告を禁止で思うこと
  • フェイスブックに続き、グーグルが、暗号通貨関連の広告を禁止するというニュースが流れ、ビットコイン価格の低迷が続いています。www.gizmodo.jpこの記事によると2社が広告を禁止したのは、広告による誤解や詐欺、政治的プロバガンダから距離をとるためと思われます。暗号通貨関連の記事を見ていると、世の中をうまく立ち回って、人から金を集める奴の多さにビックリします。ビットコインに興味がなければ、詐欺を表す、スキ [続きを読む]
  • 暗号通貨の確定申告は大変だった
  • e-Taxを活用して無事に確定申告が終わりました。北海道では、3月でも吹雪で外出をためらうときがあります。そんな日に、遠方の税務署に出かけるのは論外。e-Taxは、雪国に住む人の味方です。さて昨年、国税庁から仮想通貨(暗号通貨)に関する取扱いが発表されました。所得区分は雑所得で、「仮想通貨間の売買」や「仮想通貨で物やサービスの購入」でも課税対象になります。取引履歴のチェックが大変もう一度、過去の取引履歴を確 [続きを読む]
  • (将棋ネタ)スマホ疑惑に巻き込まれた三浦九段、意地のA級残留
  • 名人挑戦者を決めるA級順位戦の最終局の結果、なんと渡辺棋王が4勝6敗でB級1組に降級。14歳でプロになった渡辺棋王。名人に挑戦する前に降級・・・。さて、最終戦、一番気になったのは、三浦九段とその渡辺棋王の一戦。昨年、スマホによる将棋ソフトの不正使用を疑われた三浦九段。長期間の出場停止、そして竜王戦挑戦者の資格も喪失という悲惨な状況。潔白がわかり、救済措置として11位でA級に残留できました(通常10 [続きを読む]
  • 鬼の棲家B級1組
  • 2月ももう少しで終わり。将棋の順位戦も、昇級・降級をめぐる争いに目が離せません。A級では、久保王将が最終戦に負けた場合、名人挑戦者を決めるプレーオフになる可能性が高いです。B級1組では、なんと2勝7敗で丸山九段の降級が決定していました。名人を2回獲得(2000-2001年)していますが、何といっても、2002年に当時の羽生棋王から棋王を奪取して、羽生棋王の12連覇を阻止したのが印象深いです。その後何回かタイトル [続きを読む]
  • (将棋ネタ)藤井旋風止まらず、その一方で残念なニュースも
  • 久しぶりの将棋ネタ。最年少プロの藤井聡太五段が、朝日杯将棋オープン戦の準決勝で羽生竜王、決勝戦で広瀬八段を破り優勝。五段昇段後全棋士参加棋戦で優勝の規定により六段に昇段しました。朝日新聞デジタルで、準決勝と決勝の棋譜を見ました。見事な勝ちっぷりでした。羽生戦では、79手目と99手目の2回の4三歩、広瀬戦では、93手目の4四桂が印象的でした。どこまで強くなるのか藤井六段。20年後、30年後も今の強さを維持でき [続きを読む]
  • 暗号(仮想)通貨関連のニュースを見て
  •  先月起きたコインチェックのハッキング事件受けて、先週、金融庁が「みなし仮想通貨交換業者」(以下、「みなし業者」)を公表しました。コインチェック以外で、15社もあります。  登録申請をしている間、営業できたみなし業者ですが、どうやら営業に制限が加えられそうです。 このニュースでは、1.営業できる期間が限定されること。2.安全管理体制が不十分ならば、金融庁は登録を拒否すること。が検討されているようです [続きを読む]
  • コインチェックのNEM盗難について
  • コインチェックのネム盗難既に多くの人が記事にしているコインチェックのハッキング事件です。1月26日、コインチェックが取り扱っているNEM(ネム)が盗まれてしまいました。盗まれたネムは5億円以上、日本円にして500億以上になります。日本にあったMt.Gox(マウントゴックス)以外にも、海外で取引所の破綻が起こっていて、「原則、ビットコインを取引所に預けてはいけない。」という考えが、昔からのビットコイナーに受 [続きを読む]
  • 昨年を振り返って
  • 久しぶりのブログです。最近何を書いていいのかわからず放置状態になってしまいました。「今頃何を書いているのか?」とお説教されそうですが、昨年を振り返ってみます。と言っても、次の2つだけですが。1 精神科通院終了  職場復帰したものも、精神疾患に理解のない上司のおかげで、一時期どうなるかと思いましたが、上司が異動したので命拾い。(管理職のおかげ)  その後、身体面・精神面でのトラブルもなく、8月で通院 [続きを読む]
  • 祝 ビットコイン100万円突破
  • ビットコイン100万円突破!ビットコインの価格が一時100万円を超えました。それにしても今年になってからの急上昇はすごい。それ以外の言葉が思いつかない。下にあるのは、BitStampという海外の取引所のチャート。ドル建てですが、いかに価格が急上昇したかわかると思います。bitcoinwisdom.comビットコインの今後は?12月中旬までに、アメリカでビットコインの先物取引がスタートする予定。そのあとは、過去に何度も当局か [続きを読む]
  • 選挙が終わった後の感想
  • 自民党勝利衆議院選挙が終わり、自民党が圧勝。自民党と公明党で定数の3分の2を確保したので、当分、安倍政権は順調に政権運営ができるのではないでしょうか。また多くの有権者にとって良かったことは、今回の選挙で、民主党が希望の党と立憲民主党が分裂したことでしょう。希望の党という、自民党の批判票がむかう受け皿ができたと思っています。民主党が分裂旧日本社会党系の左翼・リベラル系の政治家と自民党に在籍しても違和 [続きを読む]
  • 祝 新王座 中村太地 誕生!
  • 王座戦終了 中村王座誕生!王座戦5番勝負 第4局 挑戦者の中村六段が勝ち、3勝1敗で王座を獲得。20代のタイトルホルダー誕生です。2012年度に、王座戦と棋聖戦に挑戦して失敗してから5年。3回目の挑戦でタイトル獲得となりました。ちなみにタイトル獲得により、七段昇段となったようです。一方、王座防衛に失敗した羽生二冠は、ついに棋聖の一冠となってしまいました。ウィキペディアによると、一冠まで後退するのは [続きを読む]
  • 新しいタイトル戦
  • 王座戦第2局を見て羽生二冠、いいところなく挑戦者の中村六段に負けてしまいました。最後、「中村六段が間違えたかな?」と思ったのですが、中村六段がきっちり勝ちました。今日、もう一度王座戦中継サイトで、棋譜やコメントを見てきました。どうやら途中(99手目)でチャンスを逃してから、形勢は芳しくなかったようです。残念。live.shogi.or.jpお詫び〜タイトル戦一つ忘れていました前回の記事で、羽生二冠の凄さを語ったつ [続きを読む]
  • 羽生二冠の竜王挑戦
  • 羽生二冠が竜王に挑戦羽生二冠が先週8日の竜王戦挑戦者決定戦に勝ち、渡辺明竜王への挑戦権を手にしました。なんと七年ぶり。あと一期で「永世竜王」となってからずいぶん足踏みしていました。ちなみに将棋界では、タイトルを一定期間保持すると「名誉〜」とか「永世〜」の称号が与えられます。羽生二冠の場合、ウイキペィディアで調べたところ、次の称号を保持しています。1 永世名人〜通算5期以上 2 永世王位〜通算10期 [続きを読む]