あぐあぐ さん プロフィール

  •  
あぐあぐさん: ねこ好きうちなーんちゅのブログ
ハンドル名あぐあぐ さん
ブログタイトルねこ好きうちなーんちゅのブログ
ブログURLhttp://aguni.seesaa.net/
サイト紹介文ねこが好きな沖縄人のブログです。どうぞごひいきに〜^ ^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/10/02 22:05

あぐあぐ さんのブログ記事

  • 電気代節約・沖縄
  • 電力販売自由化で、沖縄でも沖電以外を選べるようになっている様子。シン・エナジーという会社だと、うちだと年間13000円くらいやすくなるそうな。格安 SIM もそうだけど、ブランドを変えることに抵抗がなければ安くてよいかも。https://www.symenergy.jp/simulation/apply [続きを読む]
  • 情システーマソング:運用で回避してください。
  • 作詩 (wirtten by unknown):ピー 今日も新しい一日が始まる。まずはメールチェックから。。。プルルル(電話音) (ピ)はい、ピー(担当者の名前)です。どうしましたか。 (ユ)ちょっと困っているんです!すぐに来てください! 上階から階段を駆け降りる。あわてずさわがずゆっくりと。 (ユ)このソフトのこの動きってどうにかならないですか。 (ピ)それ仕様です。運用で回避してください。 (ピ)はい、ピー(担当者の名前 [続きを読む]
  • ありがとう。誰に感謝すればよいのかわからないけど。
  • おれってば神さまも信じていない。(奇跡は信じるけど)。だからといって、科学の万能性も盲信するつもりもない。 でも、今の生活を作ってくれた昔の人達の努力や想いと未来を作っていく科学技術者の熱い情熱を尊敬します。 また、芸術(美術・音楽・文学その他もろもろ)関連の人達も心の中で応援しています。 ふと、そんなことを思った。ありがとうございます。 [続きを読む]
  • 知ってるよ my Friends(こころの友よ〜)
  • 毎日、仕事と家とを行ったり来たり 疲れたままの出勤と帰宅 うまくいかないこともあるだろうけど それでもがんばる君のこと 周りはきっとサポートしたい がんばる君を 見ている人はきっといるから 君のがんばりを知っている人は きっとたくさんいるから ある日の休日 たまの休みに みんなであつまりおしゃべり大会 どんなことがあったとか こんなことがあったとか 悩みを抱え込まないで みんなと愚痴ってしまうけど それもき [続きを読む]
  • 生きるということに命をかける
  • 昔、世界の仰天ニュースで、戦後28年間グアム島で生活した日本人の話をしてた。 横井庄一さん。 生きるということに命をかけてみたい(ブルーハーツ) その言葉を本当に実行した人だった。テレビを見て、久々に心揺さぶられたよ。俺も生きることに命をかけようと思う。 以下、生きることがどういうことか生きることに必要なことは何かをまとめた。 生きるということは・食べるということ。・あきらめないということ。・工夫をす [続きを読む]
  • 楽天カード作成
  • 楽天カードってさ、ダサいとか、使いたくないとかたまにいう人いるけど、結構ポイント貯まりやすくて便利だよ。楽天ペイっていうアプリを使えば、Lowson でポイント払いもできるし。興味ある方は下記から作って見るのも良いかもよ。 [続きを読む]
  • 収斂進化
  • 違う場所の、似たような環境下で同じような進化をとげることを収斂(しゅうれん)進化という。 だけど、生まれてきた根本(親)が違うので、差異は確かに存在する。 これとは別に、元(根っこの部分)が同じなのに全く別の形態に進化することを環境への適応という。 生き物の適応は時間がかかるけどすごく力強いものになる。 だけど、元も違って進化した後も別のものだと考えてしまうと、なぜか味気ない。 過剰適応という言葉があ [続きを読む]
  • [募集] 彼女募集中です
  • 初めまして、記事を書いている あぐあぐ と言います。彼女募集中です。少しでも興味をもってくれたらメッセージください。gshjsa@gmail.com[ スペック]年齢:2018/9/23 時点で 34歳です。身長:163cm体重:77kg職業:運用系ITエンジニア出身:沖縄カラオケによく行きます。ジャンルは幅広く聞いていて J-POP メインです。ミスチル / ZARD / 最近は米津玄師をよく聞きます。ドライブやカフェへ行くのも好きです。最近よく思うのは、 [続きを読む]
  • おきなわひとり親の役立ちサイト
  • 沖縄ってひとり親の方が多いから、市町村でそれらしき情報をまとめてみた。誰かの役にたてば良いと思う。-------------------------------------各市町村へのリンクhttp://www.pref.okinawa.jp/handbook/No504.htmlひとり親家庭を応援しています!沖縄県:http://www.pref.okinawa.jp/site/kodomo/shonenkodomo/boshi/hitorioya_main.htmlひとり親家庭技能習得支援事業 受講生募集!http://www.pref.okinawa.jp/site/kodomo/shonen [続きを読む]
  • 上司の言葉
  • 最近、よく街コンに参加してるのよ。最初の戦場はとある居酒屋からスタートした。居酒屋で席に座るまでは胸ワクワク、心ウキウキしてた。。店に入ると、通された場所は。。。トイメンにかなりの年配のお姉さま集団!ぐわああああああ!ショボーンな感じを丸出しにしたけど、上司ズがなんとかいろいろ話を盛り上げ、盛り上がったところで素早く店をでたんだ。店から出て、感想を聞かれた。「どうだった?」「ショボンな感じです。」 [続きを読む]
  • 定時ダッシュのススメ(覚書き)
  • やあ、お疲れ様です。 本日は定時ダッシュのススメを覚書きとして書いてみようと思います。 結構長めです。ですが、ためになると思います。ご参考くださいませ 【メリット】 定時ダッシュのメリットは ------------------------------------------------ ・アフターファイブが充実する  ・家族や友人、大切な人との時間が増えます。 ・疲労が蓄積しにくくなる ・仕事にメリハリがつく ・仕事が長続きする / (帰ることを前提に) [続きを読む]
  • えらぶ
  • 選ぼう。望むことを。 得られたものが望んだものだと思う前に。 諦念があるときもあるさ。ただ、運が悪いときもある。 自分勝手になった方が、自分自身のためになる。 自分勝手になった方が、遠慮がちになるより周りのためになる。 そんな場合も時にはあるさ。 すこし、休んで。でも底には落ちず。 鋭気を養いながら。虎視眈々とでも、目標を持って。 選ぼうよ、幸せを。 [続きを読む]
  • 生恋産死
  • いつかの景色とまだ見ぬ光 あの日の香りと知らない匂い いつもの音、感じたことない鼓膜の震え 口にしたもの、初めての味 ほしいものといらないもの 好きなもの、嫌いなもの 手に入れたいもの、捨ててしまったもの 明日来る未来、昨日に去った過去、つなぐ今 今、いま、いま 続く点と線、その先にあるもの、確かな感触 生きている。いずれ来る終わり。 それでも生きていく。 生まれ、恋をし、子を産み育て、そして死ぬ。 [続きを読む]
  • 目的を持って生きる
  • 人は目的を持っていないと、怠惰になってしまう。それと気付かずになおも目的を持たないことは、成長を望んでいないようなものだ。と言うわけで、目的を持って生きようと思う。・毎月最低2万円は貯金する。(年額最低24万円)・月に1冊は本を読む。感想を書く。・今年の残り9ヶ月で、5kg 痩せる(5÷9=0.55... つまり1ヶ月で600g弱づつ痩せる)→当面、4/31には現在の体重よりも600gは痩せる・3ヶ月に一度、目標を見直す以上を [続きを読む]
  • ファイティングポーズ
  • 小さい頃から和(感謝)の文化で生きてきたので、大学になって初めて差(競争)の中で生きるということを知ったのでちょっとおそかった。部活もやっていなかったので、「あいつを追い抜いてやる」とか「足を引っ張ってやろう」とかの感覚も生きていく上で一つのあり方だというのを知らなかった。集団の団体行動も苦手だったし、少人数か単独で行動するのが好きだった。今や私の独立心は霧の中へ消えてしまったが(笑)。大学で競争 [続きを読む]
  • どんどん決めて、どんどん動け!
  • 自己啓発本。正直、独自の言い換えや解釈が多くて、読みにくい。どうなんだろ。この本で見るべきは「即断即決、即実行」という言葉。とにかく早く決めて動くことがビジネスの手段としては良いらしい。リーンスタートアップとか、スモールスタートとか、MVP(MostVariablePrdouct)とかと親和性は高いかもしれない。以下、読んでいてのメモ。即断即決、即実行。目的を持つ。競争原理があることを理解する。信頼すこと、チェックする [続きを読む]
  • 楽して成功できる非常識な勉強法
  • 自己啓発本。この類の本に書かれていることは共通している。「目標を決めること」「期限を決めること」「継続して行うこと」「選択と集中をすること」など。あまりに普遍的な内容なので、この世の中の成功するための真理として至極当然のことなのであろう。私も目標を決めようっと。まずはそれから。 [続きを読む]