orihime さん プロフィール

  •  
orihimeさん: orihimeだより「とんからり」
ハンドル名orihime さん
ブログタイトルorihimeだより「とんからり」
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/orihimesya_1130
サイト紹介文手織りや手作りのものいろいろ、それから様々な日々の想いを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/10/03 10:21

orihime さんのブログ記事

  • びんずる市
  • 心配した天気はどうにか大雨はまぬがれたもののときどきパラパラと降ってきたり日差しが出たり…となんとも落ち着かない天気で気温も上がらないでも人出も多くてまずまずのクラフト日和モンダイは私のくじ運の悪さ朝の受付でくじを引いて場所が決まる方式なのだけれどあちゃ〜…やってしまったメインの場所からかなり離れた奥地の日陰回遊できるようにはなってるけどね善光寺本堂くじ引く前に参拝しとけばよかったかなぁ山門に掲げ [続きを読む]
  • 天気予報は雨80%、気温13℃…(-_-;)
  • あさって、11日(土)は善光寺の 「びんずる市」 に初出店というのに天気が・・・その前後はいいのに、よりによってピンポイントで土曜のみが 80%の予報長野の11月の屋外もうそれだけで充分寒いのに だし予想最高気温は13℃だし…どうなることやらせめて風邪などひかぬようにしっかり着込んでホッカイロを貼ってがんばる新たにいろいろと作れなかったけれど冬に向かって需要があるかとマフラーを少しだけ織ってみた左 [続きを読む]
  • バッグとブックカバー
  • 教室で織った布を使ってバッグとブックカバーを作ったまずは杉綾織りの布と帆布で組織織りのバッグ、 前と後それから文庫サイズのブックカバー バッグとブックカバーの組織織りは「八つ縄文織り」 というもの諏訪地方で昔から伝承されてきた織り方を先生が系統立てて組織図を作ったもの今月末からの教室の作品展はその 「八つ縄文織り」 がメインになるのでそのために作ったもの (杉綾織りのはオマケ)なんとか期日までに出 [続きを読む]
  • 神の手
  • 気づけば10月ももうおしまい・・・異常に暑い日の後は雨ばかりの日々でいつのまにか秋はどっぷりと深まってるみたい週末、本当は 「大鹿クラフトまつり」 の見学に行くつもりだったのだけれど台風の影響であいにくの雨予定変更してもうひとつの気になっていたところへ「神の手ニッポン展」まさに 神の手説明はできそうにないので機会があったら是非一見の価値大いにありへぇ〜・・・ほぉ〜・・・っていいながらずっと眺めてい [続きを読む]
  • 房撚り
  • 以前から気になっていた 『房撚り機』 をポチっと購入さっそく使ってみた「おぉ〜っ」なんて速く美しい仕事あぶら気のなくなった指で苦労して撚り撚りしていたあれはなんだったんだろう・・・極めて単純明快な機械でもこれを思いついた人って素晴らしいもうひとつOrihime仕事に欠かせない世紀の大発明だと思っているメカ(?)がある針をたてて糸をかけてレバーをカチャンそれだけで見事に糸が通っている最初に使った時ホント感 [続きを読む]
  • 革細工体験
  • 大型台風が近づいて注意報も出ている雨の中革細工体験をしてきた作ったのは 「通帳入れ」カットしてある型を縫い合わせていく手作業革細工は男性が多いというのがうなづける力仕事だ約4時間、革と格闘した成果お値段もそこそこしたけれど自分で作った一生モノの革製品これが飴色になっていい味がでるまであと何年かかるんだろう大切にしよう注文のブックカバーも仕上がったさてまた次にとりかからねば [続きを読む]
  • 縁〜出会い
  • 中島みゆきの大好きな歌 「糸」 ではないけれど人との出会いは布を織り上げることに似ていると思うことがある経糸と緯糸と張りつめすぎても緩すぎてもダメいい具合にお互いが交差してやっと美しい布になる・・・友人のつながりから、あるカルチャー教室で織りの先生をしている方と出会ったその教室が主催者側の都合で閉じることになりそこで使っている機を譲ってもらえることに今日その機を見に行ってきた教室の終了は来春なので [続きを読む]
  • あともうひとつ
  • 気づけばもう10月も後半月日の経つのが速すぎるぅ〜今年は5月・9月・10月と三回大きなクラフトフェアに出店来月末からは2週間ほど織物教室の作品展もある作品展は販売するわけではないし私は生徒の中のひとりで数点出品すればいいのでちょっと気楽ただみなさんとてもすてきな作品を作っているし恥ずかしくないもの出さないと先生にも申し訳ないし…ね今年はそれでもう冬眠に入って穴の中でぼちぼちと来年の準備をするつもり [続きを読む]
  • マフラーからバッグに
  • 2年くらい前に織ったマフラー色のグラデーションがとてもきれいでよかったんだけど…きっちりと固く織りすぎてしまった縮絨して柔軟剤に浸けてみてもなかなかやわらかくならないしチクチク感が結構強くて首に巻けないしかたなく放置してあったのを思い切ってチョキン帆布とあわせてバッグにしてみたあら、なかなかいいじゃないと自画自賛で、今日はKさんの教室の日彼女がいろいろ織ってみたというものの中にマフラーのつもりで織 [続きを読む]
  • 巻き上げ完了
  • 今日は教室へ前回整経しておいた糸の仮筬通しそして巻き上げなんとか完了とはいっても先生に手伝ってもらってのこと5mの整経の糸を巻き上げるのをいつになったら一人でできるようになるんだろうとうてい無理なような気がする経糸は約600本綜絖通して本筬通して…織り始められるのはたぶん来月かなぁ年内に織り上がればいいけどちなみに織るのはこの模様通っている教室は定休日 (手芸店をやっているので) と先生の休養日の [続きを読む]
  • クラフトフェアin北竜湖
  • 連休の土日、昨年に続き飯山市の「クラフトフェアin北竜湖」 に参加してきた会場の北竜湖のほとりの文化北竜館は宿泊施設や研修施設のあるところ先日の黒姫のように広々とした広場がある訳ではないので体育館だったり屋外だったり研修室だったり・・・とブースがあちこちに分散してしまうのがちょっと残念な気がするOrihimeブースは体育館テントを作らなくてくていいってことはありがたい一日目予報の  はありがたくはずれて [続きを読む]
  • クッションカバー
  • 中途半端な大きさの織り布を使いたくて思いついてクッションカバーを作ってみた左と上のワイン色のは組織織り真ん中は裂き織り右のは100均の糸で織ったものただし本体に使っているブルーの布はOrihime製組織織りや模様もいいけどそんなふうに織った布と合わせる布が市販のものではなかなかしっくりこなかったりするじゃあ自分で織っちゃえばいいと思って織ったただの無地の平織りいろんな色でこれ織っとけば役にたつだろうなぁ [続きを読む]
  • そうだ、もうひとつあったんだ・・・
  • 作る と決めて織った絹紡糸の布織り上げてからもう1年半くらい教室の仲間から 「あれ、できた?」 と聞かれるたび「まだ熟成中・・・」 といってきたず〜っと気にはなってるけどなかなか取り掛かれない今週末のクラフトフェアが終わったらほってある頼まれものを作ったりこの布も含めて新しいものいろいろとじっくり作ろうというつもりでいたのだけど昨日教室で 「詳しく決まったからよろしくね」 と言われてあぁ〜そうだっ [続きを読む]
  • 追い越されそう・・・
  • 今日はKさんの教室の日クラフトフェアの準備でしばらく教えに行けなかったのだけれどなんとまぁ彼女「自己流だけど・・」 といいながらたくさん織ってあったどれも始めてまだ間もないなんて思えない出来栄えでもう追い越されそうとにかく織ることが楽しくて仕方ない様子そんな様子が嬉しい [続きを読む]
  • 黒姫高原クラフト祭り
  • 心配した天気は何とかなりそうで始まったクラフト祭り1日目途中ちょっと雨が降ったけどそんな中でも多勢の人・・・こういうイベントを楽しみにしている人たちって沢山いるんだね宮崎駿監督そっくりの皮細工屋さんとやさしそうな木工職人おじさま達にはさまれたOrihimeさんちのブースがここブロ友のるびさんが今回もはるばるご来店いろいろお話しながらタッセル作りもしてもらって楽しいひとときをそのタッセル作り体験ちいさな女 [続きを読む]
  • 出荷(?)準備中
  • 土日に向けて値付けと荷造り中・・・えらい騒ぎうっかりしてた体験のタッセル作り見本を作ったり材料の準備をしたり大急ぎで作ったのであまりきれいにできてないけど使う糸はほとんどが余り糸ちょっとだけ残っちゃったのとか織り機に結んで織れない部分の糸がバッグチャームやイヤホンジャック、ストラップに変身 [続きを読む]
  • あと2日だよぉ〜!
  • 「黒姫高原クラフトまつり」 いよいよ今週末えぇ〜っ あと2日しかないじゃん大丈夫なのかなぁ呑気なくせして直前になるとオロオロ・・・そんなことの繰り返しそれでもなんとか作ってはいる一部をご紹介組織織りの布を使ったポシェットふたつ後ろに側にポケットありツイードの綿糸があまっていたのでこんな敷物も織ってみた緯糸の段数を少しずつ変えたので同じようでも全部ビミョ〜に違う今回はメガネケースとか通帳入れとかの小 [続きを読む]
  • 裂き織り〜その後〜
  • 暖かい励ましのおかげで、どうにか少しづつカタチに裂き織り部分ぐるりと後ろ半分くらいまでつながっててその部分はポケットになってる全部裂き織りさきっちょにわっかを付けた皮ひもを前にストンとしてボタン替わりにどちらも中はファスナーポケットと携帯用プラス小物用ポケットをつけたショルダーバッグをふたつ 右の渋〜い織り布には、渋いつながりで柿渋染めの布を合わせたただし薄茶の本体部分は帆布わがまま言ってもらった [続きを読む]
  • 裂き織り〜その2〜
  • 裂き織りの布に芯を貼って次の段階への準備はオッケーモンダイはどう料理するかだ、としばし考えていたらあら、まぁ、次の経糸が・・・なんとも地味な画像ここでまた緯糸の裂き布選びにしばし迷って立ち止まっちゃうんだろうな全くいつになったらカタチになるのやらでも一応これでも前向きに頑張ってるんだからきっと何とかなる と思いたい [続きを読む]
  • 裂き織り
  •  1枚目 茶系の布で 2枚目 緑系で シブ〜い布になった3枚目 オレンジ系で明るく余っていた糸を経糸にして織り始めてはみたけれどそれぞれの色の自己主張が強くてあう裂き布選びが難しかった高機での裂き織りはきっちりとギュッと詰まって織り上がるそれはそれでもちろん素敵で好きだけれど卓上の機でのこのゆるっとした感じの裂き織りもまた、いいなと思って織っている出店 (23・24日 黒姫高原クラフトまつり) まであと [続きを読む]
  • ウールでも2本と、やらかした話
  • 残暑もありつつ夜はめっきりと涼しくなって秋の気配なので、ウールのマフラーを織ってみた細い糸のと太い糸ので2本どちらも経糸緯糸とも2本ずつで千鳥格子久しぶりのウール、楽しい千鳥格子は好きなのでまた楽しいはまりそう・・・千鳥格子シリーズもいいかもしれない        自宅から車で1時間ほどのところに末息子がそこからさらに30分余のところに次男がそれぞれ住んでいる 久しぶりに採れた野菜を届けがてら暮ら [続きを読む]
  • 駒ヶ根もみじクラフト
  • 2日の土曜日今年いくつめかのクラフトフェアめぐり自分の出店まであと3週間余なのにそんなとこ行ってる場合か とは思いつつ・・・そこはほら偵察というか作品作りのヒント捜しというか材料仕入れというか・・・ね高速とばしてブーンと1時間半ほど駐車場から吊り橋渡って会場の公園に行くこの吊り橋、高さの恐怖はないんだけど結構揺れる公園の中の道沿いに200以上のブース楽しいなかにはこんなブースも長野県南部の飯島町町 [続きを読む]
  • シルク糸で2本
  • シルク糸のストールが2本織り上がった黄色がかったベージュのもの先日の画像より実物に近い色に写せたやや幅広 (織り上がり40cm) だけどシルクのやわらかさでぐるっと巻いてもかさばらなくて軽いブルーの手紡ぎ感たっぷりのぷくぷくした太いシルク糸にシルク混の変わり糸を格子状に入れてみた軽くてふわふわ          教えているKさんからHELPの電話先日2作目のストールを仕上げた後9月末まで教えに行けない [続きを読む]
  • 夕焼け
  • 時間も、心もすこしでもゆとりをもって生活したいと思いつつ、なかなかできないでいるただひたすら足元だけをみて歩いているような・・・今日帰宅して車から降りながらふと空を見た久しぶりに見るきれいな夕焼けだった雲のかたちはもう秋の気配そういえばこのところ夜は、虫の声が大きくなってきた時々は空を見上げて深呼吸してみよう [続きを読む]
  • シルク糸で
  • 織りに集中する と決めてから今のところ、なんとか有言実行中リジット機2台フル稼働で頑張ってる一昨日織り上がったもの綿糸のストールただしこれは教えているKさんの次の課題用の見本同じ糸がまだあるので、もう1本織る予定5月のクラフトフェアでGetしたシルク糸昨夜糸をかけて今朝から織り始めた画像では色がわかりにくくて残念栗のイガを使って染めた糸媒染はミョウバン黄色がかったベージュ・・・といったらいいのかな [続きを読む]