Aoi さん プロフィール

  •  
Aoiさん: 星の薬
ハンドル名Aoi さん
ブログタイトル星の薬
ブログURLhttps://ameblo.jp/lapislazurixxx/
サイト紹介文父を自死で亡くしました。うつ病克服・自殺予防に興味あり。癒し(ヒーリング・シャーマン)を探究中☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/10/03 18:27

Aoi さんのブログ記事

  • ユーモアと毒と創造
  • 昔、誰の言葉か忘れましたが、ある芸人さんが「芸人には元不良が多い」と仰っていました。 その真偽のほどについては分からないですが、私はユーモアって自分の中にある毒の塊みたいなものを愛に昇華したときに生まれるものだと感じていたので、なんとなくその説は当たっているように思いました。 世の中を斜に見る目や批判力みたいなもの(自分のなかの毒みたいなもの)がまずないと、「お笑い」って生まれない気がするからです [続きを読む]
  • オウム真理教のニュースを見て思ったこと
  • 7月上旬はオウム真理教のニュースがずっと流れていたので、信者たちがなぜオウム真理教に熱狂してしまったのかについて、色々と考えていました。もちろん本当のところは、私には分かりませんが。 教団が主催していた超能力セミナーでの超常現象の体験が、入団へのきっかけになった信者が多くいたようですが、同じく目に見えない世界に興味を持っている私としては、私も一歩間違えばこのような道を歩んでいたのかもしれない、と思 [続きを読む]
  • 仕事を辞めた話
  • KOBE by Takahiro Hayashi バタバタしていて書けていなかったのですが、6月末に、4年とちょっとの間していた建築の仕事を辞めました。 2017年は仕事を辞めるかどうかでずっと悩んだ年でした。 まずはお金のことが一番心配で、学びたいこと(主にヒーリング)があるのに辞めてしまって大丈夫なのか?今までみたいにたくさん旅行には行けなくなってしまうし、気兼ねなく好きなものを買ったりということができなくなってしまう [続きを読む]
  • 月のしずく、月の似合うひと
  • 柴咲コウさん 平安神宮でのライブ(柴咲 神宮) ちょっと前にWOWOWで柴咲コウさんが京都の平安神宮でライブをしたときの映像(柴咲 神宮)が放送されていました。私はあまり彼女の歌を聴いたことがないのですが、なぜか見なきゃいけない気がして…。というのも、なぜかここ最近ずっとPOLOのロゴマークを何度も見ていたのです。柴咲コウさんがイギリス????でポロ??をしている映像をテレビで見たことがあって、ポロが柴咲コウ [続きを読む]
  • 頼りない天使
  • 大好きな曲♪頼りない天使 by Fishmans & UA悲しい曲を聴くとき、どこかでほんの少し怖いという思いがあったけれど、今は全てを抱きしめられる感じがする。人は自分の孤独を見つめるのが怖いから、それを目の前の誰かの中に、何かの中に見つけたとき、私の所有物ではないとか言いたくなって目を背けてしまうんだけれど、本当は深い部分で全てをみんなで共有している。愛も孤独も怒りも全て共有している。最近はどの曲を聴いてもそ [続きを読む]
  • 別れの挨拶
  • 今日は、職場の同期でまだ今月末で辞めることを伝えられていなかった子たちにお別れの挨拶をしてきました。学生の頃から今まで何度も色々な別れを経験してきたけれど、私はやっぱり相手に別れを伝えるという瞬間がとても苦手なんだと感じました。別れの挨拶が嫌で、何も言わずに去ってしまったこともしばしば…。別れを伝えるのが苦しいからというのももちろんあるけれど、心のどこかで自分が居なくなってしまっても誰も悲しまな [続きを読む]
  • シャドウの統合とワンネスの体感
  • 今日は一人で大阪に遊びにいってたのですが、なぜか今日はクラムボンの『パンと蜜をめしあがれ』がとてもしっくりきて、iPhoneで延々とリピートして聴いていました?ミュージカルの主人公のような気分で、全てと一つであるというワンネスを感じながら、大阪の街をウキウキしながら歩いていました。ここのところ、ワンネスに向かう流れをずっと感じていて、というのも周りの人たちに投影している受け入れられてなかった自分の側面 [続きを読む]
  • 同じ時間を共有すること
  • by axinia+ ちょっと前に書いてたのですが、書き終えれてなかったブログをアップします。*18日は大阪北部地震で、私が一人暮らしをしているアパートも大きく揺れていました。余震が毎日続いていて不安ですが、これ以上大きな被害が出ないよう、そして被災された方が癒されるようにお祈りしたいと思います。こんな時だからこそ、周りにいる人の温かみをいつにも増して感じています。いや、いつもは感じる余裕がなかったかも…。時 [続きを読む]
  • 冒険をする私
  • by Max Guitare 私には、旅人(とくにバックパッカー!放浪系だとなお良し)の背中にどうしようもなくときめいてしまうところがあります。 それは本当にどうしようもなく…彼らの背中が大好きなのです。 この前、そんなことを思っていたとき、私はやっぱり冒険家という存在に対して強い憧れを抱いているんだと感じました。 そして、それは私がなりたい姿でもあるんだと思いました。 私がこの人生で手に入れたいものは、たぶん「冒 [続きを読む]
  • カタカムナの聖地、保久良神社へ
  • 今日は母と姉と六甲山系の金鳥山にある保久良(ほくら)神社というところにお参りに行ってきました。保久良神社はカタカムナの聖地とされている場所です。カタカムナについてはこちらのHPが分かりやすいです。リブログの記事は滝沢泰平さんのブログでカタカムナを使った波動グッズを紹介しています。私は母に、「無類のパワースポット好き」と勘違いされているのですが(笑)、私が神社などの聖地を訪れたりするのは、そこがパワ [続きを読む]
  • ★お喋りになる? プログレスの太陽と能力開発
  • 仕事辞めます宣言から着々と退職に向かって流れています。もっと上の人たちからあれこれ言われるかと思っていたのですが、予想以上に穏やかに見送っていただけるようでホッとしています。自分の心に迷いが一つもないので、有無を言わさぬエネルギーを自然と放っているのかもしれません。笑そういえば、上のリブログの記事でプログレスで見る心の変化について書きましたが…プログレスの月が心の移り変わりを表すのに対し、太陽は [続きを読む]
  • 霊障と心の病の関係について
  • by Agneta Flock なんだか書かなければいけない気がして、今日は霊障と心の関係についてシャーマンとして暮らしている立場から書いてみたいと思います。 霊障って、自分には全く関係のないもの、と思っておられる方がほとんどだと思いますが、完全に憑依されてしまっているような重い霊障(事件を引き起こす人などに見られる)は別として、かなり多くの人が知らず知らずのうちに軽い霊障を日々体験しているのが現状であり、生まれ [続きを読む]
  • 入江 杏さんについて。『悲しみを生きる力に』
  • 2017年は私にとって、自分の人生が大きく変わっていくような年でした。 ヒーリングや西洋占星術について学び始めたのも昨年からだったけれど、「自死遺族の会」というものが存在することを知ったのも昨年でした。 今考えたらありえないような出会いだったのですが、なぜか仕事を通じて、娘さんを犯罪被害によって失った遺族の方のお話を聞く機会があったのです。私は別にそういった遺族支援の仕事をしているわけではないので、本 [続きを読む]
  • ★西洋占星術でみる変化のとき(退職・引っ越し)
  • 今週は誕生日ウィークだったのですが、職場の直属の上司に人事異動直前の6月いっぱいで「仕事辞めます宣言」をしてきました。 やっぱり私が自分の時間を捧げてまでやりたい仕事ではない、というのが一番の大きな理由でした。 職場の人たちにはとても恵まれているし、環境も良いし、仕事は多少つまらなくてもストレスを抱えるほどの内容でもなかったし、組織に属していれば安定した収入も得られるし守られる、という甘い考えもあ [続きを読む]
  • 使命覚醒が地球を守る
  • シリア攻撃のニュースが流れた日、偶然(?)、『未来少年コナン』という宮崎駿監督による昔のアニメをNetflixでちょっとだけ見ていました。youtubeにもアップされているみたいです。私は内容を知らずに初めてこのアニメを見たのですが、オープニングにちょっとぞくっとしました。地球で最終戦争が勃発して、大陸のほとんどが沈んだ後の「のこされ島」が舞台の話だったのです。今の世界情勢を見ていると、このストーリーがただの [続きを読む]
  • 上智大学グリーフケア研究所のこと。
  • そう言えば…1月にちょっと意味深なことを私書いていました。笑 この記事だけではなくて、他にも意味深なこと書いている記事があるのですが。笑 このとき実はある大学の研究所の受験前だったのです。 その大学の研究所とは、上智大学のグリーフケア研究所。(ちなみにグリーフとは「深い悲しみ」を意味し、グリーフケアとは大切な人との死別など、喪失体験をされた人々のケアを意味しています) 上智大学は、数年前からグリ [続きを読む]
  • さまざまなエネルギーの交流の中で…
  • 猪熊弦一郎展@渋谷Bunkamura一人、この地球でぽつんと寂しく生きることを想像すれば、どんな言動であれ、どんなエネルギーであれ、一時だけでも私に関心を寄せてくれること、そういう交流があることがとても幸せなことだなぁって思う。昔は意識のなかでたくさん敵を作っていたけれど、今は全てが旅先で出会った仲間との愛の交流のように思える。意識のなかで誰かを敵にしているときはいつも、この地球に魂を成長させるためにやっ [続きを読む]
  • 聖テレーズに会いに行く
  • この前東京に旅行に行ったとき、カトリック関町教会という教会に行きました。なぜここに来たかったかというとここは、フランスのリジューの聖テレーズが守護聖人になっている教会だからです。私がテレーズのことを知ったのは3年か4年くらい前にフランス旅行から帰ってきてからでした。「フランスに行ったら、絶対に聖人グッズを買って帰ろう!」キリスト教に詳しいわけでも、教会が特別好きなわけでも、聖人に興味があるわけでも [続きを読む]
  • 東京とX JAPANが教えてくれたこと
  • 東京タワーとお月様 金曜日から東京に旅行&リーブスの講習を受けに行ってきました。リーブスの講習についてはまた今度書くことにして… 今回はいつも泊まっている皇居の近くのホテルに泊まれなくて渋谷に滞在していたことで、色々気づくことがありました。 私は渋谷のようなうるさい街が苦手なのですが(笑)、でも渋谷の道玄坂を3往復ぐらいするなかで、「でも、私が渋谷のなかに見ている闇は私の中にもあるものなんだなぁ〜」 [続きを読む]
  • ★シナストリー でみる相性
  • 父の面白い話私の父はものすごくクラシックが好きな人でした。芸術家の母(私にとってのおばあちゃん)に育ててもらったこともあり、絵画も大好きだったり、ちょっと洒落たところのある人でした。そんな父がいきなり、娘からの影響を受けた訳でもなく、どこで知ったのかaikoの音楽を聴き始めた時期がありました。笑aikoと言えば、popなラブソングをたくさん歌ってるシンガーソングライターです。父に連れられて小学生の頃aikoのラ [続きを読む]
  • 「自分を生きる」ことを教えてくれる人たち
  • 坂口恭平さん私が坂口恭平さんを知ったのは大学生の頃でした。同時期に色んな人から坂口恭平さんの著書『独立国家のつくりかた』を勧められたのがきっかけでした。ただ本を勧められただけなら読まなかったかもしれないけれど、坂口さんは私と同じく大学時代の専攻が建築であり、なんか自殺者ゼロ運動をしているちょっと変わった人ということで気になったのでした。あとで、誕生日が近くて同じ牡羊座仲間であったり、私の研究テー [続きを読む]
  • さぁユニフォームを脱いで・・・
  • 私はスーツというものが大の苦手で職場にもほとんど着て行きません。 たぶん私にとってスーツというものが「正しさ」を象徴していて、そこに押し込められることに恐怖を感じているのだと思います。私にとって日本という国も同じような意味を持っていて、和柄を身につけることにものすごく抵抗があったりします。 そんな自由を愛しているはずの私なのに、私は、なんだか見えないライトワーカーという名のユニフォームを着て生きよ [続きを読む]
  • 2018年春分の日、プロフィール公開。
  • この前の日曜日、京都の大文字山を登る予定だったのですが、前日の夜から猛烈に左膝が痛くなり予定をキャンセルせざるを得なくなりました。 その日曜日は、とある会が開催される日でもあり、膝が痛くなったことでそっちの会に参加すべきなような気がして急遽予定を変更したのでした。 その会とは、「自死遺族」の方々が集う「自死遺族の会」。 そう、私はこのブログでこれまで明かすことがなかったのですが、父を自死で亡くした [続きを読む]
  • 魂の表現手段としてのヒーリング
  • リジューの聖テレーズこの前、あるヒーラーさんとのセッションのなかで、癒しには終わりがないからね〜という話になり、私もそうだなぁと思いました。そして、それは深い傷を抱えた人だけがそうなのではなくて、誰にとってもそうなのだろうなぁと思いました。私にとって生きることって、魂の癒しそのものであり、ヒーラーさんに限らず、全てのあらゆる出会い、そして出来事が私にとって癒しに繋がっている、って最近すごく思いま [続きを読む]
  • 自己統合のためのシャドウワーク☆
  • ここ半年くらいの間に、数名のヒーラーさんからシャドウワークを受けました。シャドウワークとは、自分の受け入れられない自分の側面(シャドウ)を統合し、自分のエネルギーとして受容できるようになるワークです。リーブスでは「シャドウダンス」という名前で開発されています。スピリチュアルな世界では光と闇の統合が随分前から言われていますが、自分自身の色々な側面を統合していくことは、自分の使命を達成するための強力 [続きを読む]