jimklavier さん プロフィール

  •  
jimklavierさん: コンサルティングと医療とピアノのこと
ハンドル名jimklavier さん
ブログタイトルコンサルティングと医療とピアノのこと
ブログURLhttp://jimkbys471.hatenablog.com/
サイト紹介文バイリンガルの現役コンサルタント兼ピアニストが仕事術と医療とピアノ等について語りまくります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供528回 / 365日(平均10.1回/週) - 参加 2016/10/03 22:38

jimklavier さんのブログ記事

  • 練習とは地味なもの
  • 1カ月後に勉強会で弾くベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番をかつてなくマジメに練習しています。マジメな練習の定義は、一つ一つの音の音価音色音量アーティキュレーションを入念な設計に基づき、全身を使って無理なく自然に響くよう耳を傾けてそのフィードバックを納得がいくまで繰り返すことです。と、ここで楽譜をここに貼付しようと試みましたが何度やってもできません。iOSアプリがOSアップデートに対応していないのでしょ [続きを読む]
  • 存命中の天才50人
  • 小学生の頃でしょうか、天才というものにとても興味を持ち、中学生にかけて自分が勉強にしても音楽にしてもスポーツにしても天才ではないことにひどくがっかりし暗い少年時代を送っていた気がします(傲慢な子供ですね・・・)。いまはもちろんそんなことは思ってもいませんが、常に有機的生命体として進化を遂げてきた人間が特定の領域において抜きんでた能力を発揮していることには、とても興味があります。そもそも天才の定義自 [続きを読む]
  • 八重洲に本格派タイ料理店発見!
  • 辛いもの好きとしてはタイ料理????も要チェックなので昨日は八重洲で二軒目のタイ料理店を開拓しました!パシフィックセンチュリープレイスの地下にあります。東京駅から地下街抜けて雨にぬれずに行けます。tabelog.com注文したのは「イサーン風スープカレー」1,050円です。イサーンとは、タイ東北部の地方で、辛いタイ料理の中でも特に辛いことで有名です。以前に行った市ヶ谷のタイ料理屋では辛さが3段階選べるのですが、そ [続きを読む]
  • 逃げるが勝ち
  • ビジネスでもピアノでも「がんばる」ことを必要条件と考えてはいけない。辛いことに正面から向き合うことが正しいとは限らない。そこは本当に「がんばる」べき箇所なのか。もっと楽にやる方法はないのか。そもそもやるべきことなのか。真の目的は何なのか。一度立ち止まって考えてみよう。それは戦うべき戦いか。別の方法や場所に逃げてもいい。いや逃げるべきかもしれない。最も大切なのは負け戦を避けることだ。 [続きを読む]
  • イノベーションを起こす(2)
  • 前回はイノベーションとは何かにつき簡単に持論を述べました。jimkbys471.hatenablog.com引き続きイノベーションの定義です。コンサルタントは本来言葉の定義を厳密に行った上で厳選して使うのが基本姿勢です。なぜならばクライアントの現状や思いを正確に理解しまたこちらの提言を腹落ちするように伝えるにあたり、曖昧さは最大の阻害要因になるからです。また、特に日本企業の経営者とお話しする際には、できるだけカタカナ [続きを読む]
  • イノベーションを起こす(1)
  • 仕事で何がやりたいかと聞かれれば(聞かれなくても言いたいのは)イノベーションを起こすことだ。今産業界ではイノベーションという言葉を聞かない目にしないことの方が珍しいが、イノベーションの語彙の理解は、要素技術レベルから社会レベルまで非常に幅が広い。権威とされる伊丹敬之先生の定義によれば社会が変わるものでなければイノベーションではなく、単なる新技術、新製品、新サービスではイノベーションに該当しない。例 [続きを読む]
  • ドバイ移住計画立案中
  • 上海、ホーチミン、バンコクなど都市に出張し帰国した日本でいつも感じる虚脱感倦怠感の原因は何か。活力の欠如だ。日本は活力を取り戻せるのか。ずっと何年もそれを考えてきた。官民双方をみてきた。希望を失いたくはない。しかし彼我の差は拡大するばかり。動きが遅すぎる。同僚が良くドバイ経由で欧州出張しているのでドバイの話を良く聞かされる。ドバイといえば超高層ビルフェチには聖地だ。しかし都市の活力という意味がむし [続きを読む]
  • パクチーの徒長が止まらない
  • 数週間前から育てているパクチー。種を一晩水に浸けてから播いたり水をやり過ぎないよう日に当て過ぎないよう注意しているのですが。。。。。[ ](画像が貼り付けられなくなった!!!)徒長が止まりません(`・ω・´)どうしたらいいのでしょう。本葉がまったく出ません(/ _ ; ) [続きを読む]
  • 音価は正確に
  • 昨日はレッスン。ここのところ10日に1度のペース。平均律ばかり。重要なポイントはただ一つ。音価は正確に。どこまでもあくまでもいかなる場合でも正確に。8分音符は厳格に8分音符♪8が7.9になっても8.1になってもならない。(もちろんそんな音符はない)休符も無論同じ。まずはそれができること。すべてはそこからだ。 [続きを読む]
  • スーパーセレブねこ集合の確率は如何に
  • 2年前からやっているのんびりほんわか系大ヒットアプリは、メジャーアップデートのたびに1匹もしくは2匹「レアねこ」さんが新たにキャラとして追加されます。既にレアねこさんは22種類いらっしゃるのですが、中でもいま個人的に「スーパーレアねこ」として最上位に位置づけている4匹がいます。それはせばすさんとさふぁいあさんのペア、しのぶさん、それに最新のみかづきさんです。なんとこのスーパーレアねこ全員が一同に会すると [続きを読む]
  • 関係妄想
  • 関係妄想という言葉を初めて知った。統合失調症の多様な症状の一つである妄想の一種で、目にしたこと耳にしたこと何でも自分に関係がある(特に悪い意味で)と思い込むことだそうだ。自分は自己診断すると被害妄想が強いタイプなので、褒められても素直に受け取れない。褒められているのは単なる社交辞令だと捉えるのみならず、褒められていない部分はダメなのだと思ってしまう。何でも自分のせいだと思う、自己帰属の癖がある。し [続きを読む]
  • 新たな門出
  • 約一年弱にわたって準備してきた本番が無事終了。辛く苦しく先の見えない長い日々であったが、なんとか舞台をやり遂げることができた。長い一日だった。とても多くの経験値を得ることができたと思う。何かが自分の中で大きく変わった。ここが新しい門出だ。 [続きを読む]
  • 読書メモ:口から食べる幸せを守る−生きることは食べる喜び
  • 自分が主催する研究会のテーマの話です。研究会では、テーマ毎に、日本で第一人者とされる方のお話を生で聞いて議論することがもっとも効果的かつ効率的と考えており、何人かお話をうかがう約束をさせていただいているのですが、口腔ケアというテーマでエキスパートを探していたところ、小山珠美先生の名前が挙がりました。先生の最新著書はこれです:Amazon CAPTCHA これはまさに目からうろこの本でした。先生自身、口腔ケアの専 [続きを読む]
  • 地下謎への招待状2017コンプ!
  • 通勤の片手間おとといから始めた地下謎への招待状、きのうコンプしました!毎年新しい工夫がなされていてとても楽しいです。ウェブサイトのヒントが昨年より親切になったのは初心者にはいいかもしれませんが、謎解きに自信のある方はぜひノーヒントでやってみてください。とても脳が活性化されます。あとそれと同時にかなり歩くことになるのでこれもまたとてもいいですね。普段乗降しない駅に行くのも新鮮です。24時間乗車券がある [続きを読む]
  • 地下謎への招待状2017
  • きのう首都圏は各線の事故で大混乱で、職場に着くまで3時間もかかりへとへとでした。東京メトロをよく使うのですが、どの駅からどのルートで行けば歩行距離含め最も行きやすいかを覚えておくことは、重要な仕事術です。たとえば市ヶ谷から目黒に行くルートはJRで代々木乗り換えか東京メトロ南北線で1本で行くかどちらが楽か早いか、といったことはNavitimeなど使っても必ずしも最適解が得られません。この訓練を楽しくできるのが、 [続きを読む]
  • コカコーラコーヒープラス
  • 炭水化物は極度に制限している訳ではないので、コカコーラの新製品「コーヒープラス」を自販機で発見!即買いしました(*≧∀≦*)カフェイン50%増量ということですが、容量が190mlと少ないので、カフェイン中毒者には物足りないかもしれないですがこれで十分です!肝心の味はコカコーラを少しビターにフルボディにした感じでまあまあ美味しいです。何よりブーストされた感があるのがいいです!ブレイクするかも! [続きを読む]
  • レイ・チェン?無伴奏ヴァイオリン・リサイタル
  • 昨晩はリニューアル後に行くサントリーホール(何年ぶりか忘れたぐらい久々!)でバッハの無伴奏バイオリンソナタ&パルティータ全6曲をあの世界的に活躍する期待の若手レイ・チェンというこの上なく豪華な組合せのコンサートに行ってまいりました!何しろピアノ弾きでありながらこの曲集は自分にとって至高の音楽なのであります。(先日投稿しました!)コンサート情報です!www.suntory.co.jp曲目解説はこちらです!無伴奏 [続きを読む]
  • 卒業
  • 5年超勤めた今の会社を今月末で卒業します。時は移り時代は変わります。変わらなければ生き残れません。新たに生まれるチャンスをつかむためにも。コンサルティングが付加価値を創出し続けるためには何よりまず自らが変わらなければならない。 [続きを読む]