Zazen坐禅in USA-アメリカでの集い さん プロフィール

  •  
Zazen坐禅in USA-アメリカでの集いさん: Zazen坐禅-アメリカでの集い
ハンドル名Zazen坐禅in USA-アメリカでの集い さん
ブログタイトルZazen坐禅-アメリカでの集い
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/hasunohana1966
サイト紹介文心理学に基づく坐禅の研究がメイン-心の風景を眺めその流れを静かに聴くー英訳
自由文心理学に基づく坐禅研究がメイン、日本流の坐禅をアメリカでも広げたいー英訳
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/10/04 03:56

Zazen坐禅in USA-アメリカでの集い さんのブログ記事

  • いじめなのか、拒絶なのか
  • 翻訳シリーズを書いてから予想外の展開になってしまった。私が翻訳者として適切か不適切かが問題に出され、韓国人が日本語を訳すと名乗り出た自体、言語能力に対し疑いのあるとのコメントが幾度なく寄せられた。私の能力が問われることは当たり前に思っていたのもあり、批判や裁きは然程のことではない。疑いや不信はあることを起こした時、それが結果に向いていく過程で必然的に起こる因果関係でもある。シリーズを書く過程の [続きを読む]
  • Why is it must be me?( English version of③)
  • Why am I willing to translate the master Minami Jikisai’s books?Why would I be an appropriate translator for his books?These two questions capture my present circumstancealso my past and future.If I divide my lifetime into three terms that I have lived so far,At South Korea as the first one-third,The midterm of one-third is at Japan,The remaining one-third is currently in USand here I am trying [続きを読む]
  • なぜ、私でなければならないのか『南直哉師との面談其の③』
  • なぜ、私は南直哉師の本を翻訳しようとしているのか。なぜ、南直哉師の本を翻訳する人は私でなければならないのか。これら二つの問いは私の現在の在り方であり、過去と未来でもある。私の今までの生きてきた人生を3で割ってみると韓国での前期三分の一日本での中期三分の一残りの後期三分の一は今アメリカでくぐり抜けている過程経過で言い表すことができる。私は前期、中期に亘って自ら課した課題を全部クリアした。学歴、経 [続きを読む]
  • 南直哉師との面談其の②
  • 私がどう挨拶していいか分からなくて困っていたら、南師が「まあま、挨拶はいいから、そこにおかけになってください」と軽快な口調でロビーのソファを指してくださった。その指示に従って低いテーブルを挟み南師の真向いのソファに座った。まず、南師の初印象からは清い清潔感を感じた。その清潔感は内面から湧き出ているようで、長年の習慣や生活様式が蓄積されて、それが外に表れているようだった。キメ細かい肌には動物性の油 [続きを読む]
  • 南直哉師との面談其の①
  • ①あの面談からもう一年以上が過ぎた。去年の夏、青森県むつ市恐山にある菩提寺で南直哉師が指導する坐禅修行を受けるため日本に行った。その坐禅修行を受けるようになったきっかけはずっと前の2年前から始まっていた。否、もしかしたら私が坐禅を始めた10年前から既にその縁起が発生していたかも知れない。ある日、ひょっとしたきっかけにYouTubeから南直哉師のインタビュー番組を見つけた。当時は坐禅関連のサイトを検索していた [続きを読む]
  • Basis of table propriety食事作法の基本
  • 立つ鳥後を濁さずという日本の諺がある。There is a Japanese proverb thata bird does not foul the nest when it is about to leave.その意味は、ある者が、自分がいた場所を立ち去る際に潔く、キレイに後始末をすることを指す。The representing meanswhen someone leaves from the place where has been,the one prudently cleans up the place as things all in order.木の枝で暫くいた鳥が、その枝から飛び去ってからも、 [続きを読む]
  • Combustion of frame-Combustion of mind炎の燃焼―心の燃焼
  • 心に炎のように燃え上がっている情や念があるとしたら、それらを燃やし尽くし無くせることができるだろうか。If there is emotion or thoughtlike flames that flaring up in mind,will it be able to be burned out and eliminate it out?炎は燃える素材の物質と炭素原子が結合するための促進剤である酸素、燃える温度に瞬時にさせるライターのような引火道具、これら3つの要素が同時に作動すると、忽ち炎になり燃える作用が起 [続きを読む]
  • Sweeping of healing, Zen-Sweeping掃く癒し―掃禅
  • アメリカの北部の冬は早く来る。Winter comes earlier to northern America.毎日のように木々の葉っぱの色が変わり、乾いた葉っぱが雪のように降ってくる。The color of the trees changes as every day passing by,the dried leaves come to fall like snowflakes.庭の落ち葉掃除は冬支度の一つで、雪が降る前に掃いておかないと雪かきの時に大変なことになる。Sweeping fallen leaves out isone of preparations for coming wi [続きを読む]
  • Cooking of honesty and superficial本音と建前の料理
  • 本音と建前は人との関りの中で料理しなければならない材料である。Talk honestly and superficially stated talkingare like cooking ingredients thatshould be cooked to have a connection with people.思ったことや感じたことをそのまま言葉にすることを本音だと定義すると、食材を加工せずそのまま食すことに似通っているかもしれない。If define talking honestly meaning such as,saying straightly what one thought or [続きを読む]
  • Our routine in US①アメリカでの日常①
  • We moved into Connecticutfrom Massachusetts in May last year.私達夫婦がメッサチュセッツ州からコネチカット州に引っ越してきたのは去年の5月だった。家は外壁が木でできていて築26年が経っている。The outer wall of my house is made of wood and it is 26 years old.敷地は約1エーカー家を囲んで木々が茂していて、よく設計された四面の庭に囲まれている。House site is about 1 acre,house is surrounded by trees andal [続きを読む]
  • About life of marriage結婚生活について
  • Marriage is a type of group that created by mankind.結婚は人類が作り上げた集団の型である。Encountered with a person who has completely different family name,they make a bond with blood and inherit it to next generation.全く別姓の人が出会い、血で縁を作り後世につなげている。They tie up each other with emotion andthey go to be separated by the emotion.感情で結ばれ、感情で別れていく。Marriage is pro [続きを読む]
  • Relativity theory and Zen-relativity相対性理論と禅相対性
  • 相対性理論を理解するためには、まずエネルギーが何を指しているのかを明確にする必要がある。In order to understand the Theory of relativity,it is necessary to clarify what energy is and define it for the first step.それから質量が何なのかを理解し、光速の二乗の状態をイメージ化すると相対性理論公式自体は概ね理解できるに至る。Secondly understanding what mass is,and then making an imagination of how the squ [続きを読む]
  • 言語能力と心理的な要素Linguistic abilities and Psychological factors
  • Linguistic abilities and Psychological factors 言語能力と心理的な要素言語習得能力は知能指数IQとどのような関連があるだろうか。How language ability related to Intelligence Quotient scale the IQ?或いは、言語能力が高い人は言語の習得に優れているだろうか。Or, if one has higher capacity at language then the one can be superior for learning language?果たして、世界的に最もよく使われるウェクスラー成人知能 [続きを読む]
  • トランプさんを表す用語Terminology to describe Mr. Trump
  • 指導者にとって持っていなければならないただ一つの絶対的な条件があるとしたら、それは何だろうか。If there is only one absolute requirement thatmust have as a leader, what would it be?日本の実業家であった松下幸之助さんは上記の質問に以下のように答えた。Mr. Konosuke Matsushita,a Japanese businessman,answered the above question as follows.“(前略)…それは、自分より優れた人を使えるということですな。そ [続きを読む]
  • 挫折と負けの軌道The track for setback and defeat
  • 挫折は薬のような効果があるかもしれない。Discouragement may have an effect like medicine.薬は呑み込むのに口に苦いが、呑んでから体を治すように挫折も呑み込むと後になって悪化した何かの状態を直す。負けることも挫折感のように味が苦い。Although medicine is bitter in the mouth to swallow,But as intaking, it will cure the body.Discouragement is like the medicine,by swallowing it,it corrects something worsen [続きを読む]
  • 好き嫌いの時間の使い方How to use time for like and dislike
  • 嫌いな人がいることは辛い。It is painful to have hate people.好きな人に会えない辛さより、嫌いな人に会わなければならないことの方が遥かにしんどい。It is much worrisome for someoneto meet with a person who hated muchthan the harshness that cannot see the person who loved.20代の時、嫌いな人がいてその人を許せなくて辛かった時があった。When I was in 20’s, there was a hard time for mebecause I couldn’t [続きを読む]
  • 時空間の軸Spatiotemporal axis
  • 私達は過去や現在を視覚で見ることはできるが、未来を見ることはできない。We can see with vision past time or present time but cannot see the future.あらゆる現在の物質やできことは過去からできている。All materials or event happenings in current time are consisted from past time.今、只今、この瞬間などは過去と未来をつなぐ一つの軸であるだろうか。Now, right now, this moment etcetera,they’d be one of axi [続きを読む]
  • 身体症状で分かったことLearned from physical symptoms
  • 二日前、左上の奥歯を抜く手術をしてもらった。Two days ago, I had an extraction surgery my left upper teeth.歯医者曰く、私の歯茎疾患が深刻な状態で抜くほか治療する方法は無いと言った。The dentist said that there is no way to cure my gum diseaseunless take it out because it has severe condition.その場で撮ったX―Rayの写真からもその悪化した状態がはっきり確認できた。I could see the bad condition clearly w [続きを読む]
  • アップルバウム家の集まりThe Applebaum family reunion
  • 結婚による親族との縁は私の意図や理想への願望とは全く別のものであるようだ。The bonds with relatives by marriage seems to absolutely different from my intensions or my ideal desire and it seems another thing. 配偶者を中心につながっている親族の縁は私の血縁のように私が選択できるものでない。The bonds with relatives which connected with spouse who is as the main being and it is not what I can choose l [続きを読む]
  • 自我の自覚リセットReset egoic self-sensor
  • 自我の感覚というのはどういうことを指すだろう。What is the sense of ego and how it is indicating for?身体感覚中の五感は、動物やヒトが外界を感知するための多種類の感覚機能のうち、古来の分類による5種類、すなわち視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚をさす。Among multi physical sensory functions for human beings and animal-to perceive out worlds, there are five senses that-Sight (vision)Hearing (audition)Taste ( [続きを読む]
  • 言葉の気迫Mettle of words
  • 言葉にはエネルギーがある。Words has an energy.話せない人も手話に特独の活き込みがあるから、手
    による言語にもそれぞれ違う個性がある。Due to having personal differences for using wordseven sign language for p
    eople who speak words by their handsalso have their own identifiable lively gestures. 気迫とは気が放つ強弱である。Sp
    irit or people’s mettle means to me strength of mental energy when it gives [続きを読む]
  • なぜ坐禅を研究しているのかWhy do I study zazen?
  • 私は宗教を持たないようにしている。I decided that try not to have a religion.宗教に束縛されたくないのも理由の一つであるが、善悪の判断を宗教に委ねたくないのが諸理由の核心であるからだ。Because as one of the reasons,I do not want to be tied up by a religion but for the core reason,I don’t want to let entrusting a religion makes good or evil basis instead of me.若かった頃は善悪を決める基準が定ま [続きを読む]
  • 心のゼロ時点Mental zero point
  • 数字のゼロは全ての中心である。Number zero is the center of all.ゼロを軸にプラスの陽が生じ、マイナスの陰も生じる。On axis at zero be generated as yang-positive and yin-negative.もし、心がプラスに傾いてるのであれば、加えることに赴きがあるだろうし、マイナスに傾けば、減らせることに主な注意が向くだろう。If a mind is inclined toward to be plus, then it travels to be added.If a mind tilted toward to mi [続きを読む]
  • 仕事禅―仕事概念Work-zen & The concept of work
  • この何週間、ずっと庭仕事をしている。I have been working in my garden for these weeks.毎日働いても1エーカーの庭なのでこれといった結果が見えない。Even though I have been working so hard every day,I can’t see a result of done like this or that because it has 1 acre wide.単純だが、常に筋肉痛を伴うきつい仕事だ。It is simple, but it is a hard work that always goes with muscle pain.埋もれている落ち葉を [続きを読む]