ルネサンス滝川 さん プロフィール

  •  
ルネサンス滝川さん: ルネサンス滝川507号室
ハンドル名ルネサンス滝川 さん
ブログタイトルルネサンス滝川507号室
ブログURLhttps://rt507.blogspot.jp/
サイト紹介文ツーリング思考の自転車ブログです、クロモリロードバイクを普及するブログみたいになってます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2016/10/04 13:27

ルネサンス滝川 さんのブログ記事

  • ロードバイク×アクションカメラ!「MUSON MC2」の使い方(2)
  • ・・というわけで前回から続いている内容です。今回はカメラの設定についてですね。ビデオの撮影は写真とはまた違う機能が入ってくるのでいわゆる「デジカメだけの知識」だけでは対応できなかったりしますので、更に知識を覚える必要が出てきます。<前回>http://rt507.blogspot.jp/2018/01/muson-mc21.html 「MUSON MC2」の設定(1ページ目) ここからMUSON MC2の設定について箇条書きで書いていきます。付属しているマニュアルを [続きを読む]
  • ロードバイク×アクションカメラ!「MUSON MC2」の使い方(1)
  • 今回から複数に分けてロープライスアクションカメラであるMUSON MC2ついての内容を書いていきます。最初は「自転車ユーザーにとってMUSON MC2はどうなの?」的な話です。 「アクションカメラと自転車(ロードバイク)の相性」最初は『いやいや、いらないでしょ?』と思っていたアクションカメラというデジタルアクセサリー。ところがいざ買ってみると思いのほか捗てびっくり。今まで馬鹿にしていてすいませんでしたという気分で文章 [続きを読む]
  • Brand-X RD-01関連まとめ記事
  • 今まで書いてきた「Brand-X RD-01」に関する記事の総まとめです、日本で一番このフレームについて書いているような気がする・・。RD-01はCRCやwiggleで売られている格安アルミロードバイクフレーム(フォークはカーボン)です。中々面白いフレームですのでコンポやホイールが余っている場合はサブバイクとして組み立ててみると楽しいかもしれません。・RD-01(CRC)http://www.chainreactioncycles.com/jp/ja/brand-x-rd-01-%E3%83%AD% [続きを読む]
  • KONAのファットバイクWO(2018)を注文したのだけれど・・・
  • 前回紹介したKONAのファットバイクですが、ちょっと気になるポイントを書いてみます。すでに注文した後なので今更ですけどね・・。「キャリアはどーするの?」 WOにはリアにダボ穴があるのですが穴の位置が特殊です。通常だとハンガーの周辺にあるものですが、ステーが立ち上がった部分に付いているんですよね。キャリアを付ける『だけ』なら問題は無いと思いますが、狙った場所にキャリアを設置するとなると・・うーん・・。大抵 [続きを読む]
  • <ファットバイク> KONAのWO(2018)を注文したけど・・・
  • 前回紹介したKONAのファットバイクですが、ちょっと気になるポイントを書いてみます。すでに注文した後なので今更ですけどね・・。「キャリアどーすんの?」 WOにはリアにダボ穴があるのですが穴の位置が特殊です。通常だとハンガーの周辺にあるものですが、ステーが立ち上がった部分に付いているんですよね。キャリアを付ける『だけ』なら問題は無いと思いますが、狙った場所にキャリアを設置するとなると・・うーん・・。大抵の [続きを読む]
  • <ファットバイク> KONAのWO(2018)を注文しました
  • MTB系には手を出さないと決めていたはずなのに・・。まぁ注文してしまったのは仕方が無いですね。冬はロードバイクって無理なんですよ。いや頑張れば無理なんてことはありませんが、心も体も弱い人間なのでどうしてもOFFシーズンになってしまいます。ちょっと油断するだけでも風邪を引いてしまうんですね。そんなわけでこの時期はそれこそネットで情報検索することくらいしかやることがなかったり、ローラー用のバイクもダウンジャ [続きを読む]
  • KONAのファットバイクWO(2018)を注文しました
  • MTB系には手を出さないと決めていたはずなんですけどね・・。まぁ注文してしまったのは仕方が無い、最初で最後の一台だと思いますし。冬のロードバイクは大変です。心も体も弱い人間なのでどうしてもOFFシーズンになってしまいます。そんなわけでこの時期はそれこそネットで情報検索することくらいしかやることがなかったりします。ローラー用のバイクもダウンジャケットを引っ掛けるだけになってしまっていたり(あるある)。とはい [続きを読む]
  • TRAKTORの使い方(まとめ一覧)
  • TRAKTORの使い方について書いた記事をまとめたものです。「TRAKTOR導入前の事前知識」TRAKTORが便利なソフトであることはいうまでもないと思いますが、便利であるということは不便利さを知っておいた方が極まります。仮にPCのみでもプレイしか予定をしていなくてもDJという機材全般について知ることは決して悪いことではありません。何事も歴史は重要です。・DJの機材について知ろう!http://furamika.blogspot.jp/2017/10/traktor [続きを読む]
  • 自作したDJデスクの話
  • デスクが機材かどうかにはひと議論ありそうな気もしますが、個人的には立派に機材だと思っています。ターンテーブルを買った後に気付いたのですが、DJデスクは選択の範囲が狭いといいますか、都合の良いものが中々見つかりません。一般的なPCデスク・テーブルは床から天板までの高さが70cm程度のものが多く、これだとターンテーブルを置いても高さが足りないのでちょっと困った感じになってしまいます。おそらくですが、大部分の方 [続きを読む]
  • 2017ブラックフライデー、BRAND-X RD-01が50%OFF!
  • 今現在(2017/11/2)CRCでセール中です。今が間違いなく底値でしょう。現在価格で14300円!アンダー16666円なので関税もかかりません!そしてCRCはフレームセットであろうとも送料無料だ!(wiggleだと送料が5000円くらいかかります) もし買うなら今ですね。ちなみにwiggleでも販売しています。・BRAND-X RD-01(CRC)http://www.chainreactioncycles.com/jp/ja/brand-x-rd-01-%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC% [続きを読む]
  • TRAKTORの使い方(18) REMIXデッキについて その②
  • 引き続いてリミックスデッキの話です。今回は前回よりも真面目にしっかりと書きます。かなり詰め込んでいる内容なので余裕があるときにでも見た方がいいかもしれません。では改めてリミックスデッキについて見ていきましょう。リミックスデッキは横4個×縦4個×4ページ=合計64個のスロットで構成されているサンプリングデッキです。ableton liveやMASCHINEを使用されている方にはかなり見覚えのあるレイアウトだと思います。この [続きを読む]
  • TRAKTORの使い方(17) REMIXデッキについて その①
  • トラクターのメイン機能になりつつあるリミックスデッキです。リミックスデッキはコントローラーに左右される面が大きいので(※フルコントロールの場合はTRAKTOR KONTROL F1が必要になります)「触りながら学ぶ」ということも若干面倒だったりしますが、機能としては極めて素晴らしいものなので是非とも習得する方向でいきましょう。・・・といっても例の如くどこから説明していけばいいのか良く分からないんですよね・・。うーん・ [続きを読む]
  • TRAKTORの使い方(15) 使いこなせば何でも出来る!LOOP RECORDER!
  • おそらくTRAKTORの機能で最も分かりにくいのがこのループレコーダーでしょう。サンプリング(※音を部分的に録音すること)にはセンスが必要だったりしますし、色々と面倒だったりもします。とはいえと切り捨ててしまうと出来ることが大幅に狭まってしまうので、やはり最低限は把握しておきたい内容です。「LOOP RECORDERの使い方」まずはじめにループレコーダーを使うと何が出来るのかを書いてみましょう。ループレコーダーではTRAK [続きを読む]
  • TRAKTORの使い方(14) 簡単だけど奥が深いLOOPとMOVEの話
  • データを使ってDJをやる場合は避けては通れないループとムーブ、アナログターンテーブルでは出来ない素晴らしい機能です。TRAKTORはこれらが簡単に設定できるので特に気にしなくても使えてしまうものでもありますが、やはり知っていた方が使いやすくなるのは言うまでもありません。ループとムーブは同時に抑えた方が効率的です。まずはループの設定から見ていきましょう。「TRAKTORでのループの設定方法は2種類」とても基本的なこ [続きを読む]
  • TRAKTORの使い方(13) 続・当たり前のようで当たり前なSYNC機能
  • 続・SYNC機能です。前回の内容から引き続いて意味があるんだか無いんだか良く分からない内容でもあります。特殊なミックスをしない場合はスルーしてもよい・・・と思います。今回はとても当たり前のところからやっていきます。仮にA曲とB曲があるとしましょう。これらは違う曲ですので、奇跡でも起きない限りはテンポは異なっています。もしこの二つをミックスしようとするとテンポを揃えないといけませんが、「どちらの曲のテンポ [続きを読む]
  • TRAKTORの使い方(12) 当たり前のようで当たり前なSYNC機能
  • ようやくここに来ました、PCDJにおいての心臓部となるシンク機能です。PCDJはこのために開発されたといっても過言ではないでしょう(多分)。とはいえ、特に理解が無くても先に進めるところですので実のところ飛ばしてしまっても問題はありません。セオリーとしては一番最初に書いた方が良いとも思うのですが、SYNC機能はビートグリッドへの理解がないと意味がよく分からないもののでこの順番となりました。ビートグリッドについては [続きを読む]
  • TRAKTORの使い方(11) 使わないかもしれないけどクルーズモードについて
  • 使わない方も多いかもしれませんがクルーズモードの話です。前回ちらりと出てきたクルーズモードについて改めて解説していきます。このクルーズモードに関してはあまり需要が無いと思うのですが、自分にとって『あぁ、これはいらねーわ・・』と認識するためにも一回くらいは目を通しておいた方が良いのではないでしょうか。クルーズモードについて前回のキューでフェードイン/フェードアウトの説明を行いました。その時に『フェー [続きを読む]
  • TRAKTORの使い方(10) HOT CUEの種類について勉強してみよう
  • 引き続いてCUEの話その②です。今回はCUEの種類について勉強してみましょう、微妙に面倒ですが知っているとDJプレイの幅が広がります。CUEを打つことを「キューポイントを設定する」といい、これは『ここから曲をスタートさせる(ためにキューポイントを設定する)ぞ!』という意味になります。小説に栞を挟むのと変わりません。しかしながらPCDJの世界は単に小説に栞を挟むのとは違い、他にも複雑な機能を持っているキューが存在し [続きを読む]