中学受験 パパ塾(PAPIX)の秘密 さん プロフィール

  •  
中学受験 パパ塾(PAPIX)の秘密さん: 中学受験 パパ塾(PAPIX)の秘密
ハンドル名中学受験 パパ塾(PAPIX)の秘密 さん
ブログタイトル中学受験 パパ塾(PAPIX)の秘密
ブログURLhttps://myway.muragon.com/
サイト紹介文バカ息子二人との、塾なし中学受験チャレンジ記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 311日(平均0.7回/週) - 参加 2016/10/04 20:32

中学受験 パパ塾(PAPIX)の秘密 さんのブログ記事

  • 作文対策2
  • ふざけたテーマで、400字作文を何度か練習して、ひとまず対策は終了 その後は、本番までに過去問テーマを何問かやった程度(5問程度?)で我が家の作文対策は終了です 私学受験のほうが大変なので、この程度しか時間が取れなかったというのが本当のところですが。 意見の枠組みや論理展開がしっかりしていて、かつ誤字脱字がなければ平均点ぐらいは取れるだろうし、あまり点差が付きにくいはすだとも考えてました。 (受検 [続きを読む]
  • 作文対策
  • 採点基準は、ある程度見えてきたものの、ケビン君の作文力は・・・ 小学3年生レベル 400字の作文なんて、そもそも書けるレベルではありませんでした。 比較的、書きやすそうな作文テーマで練習させてみましたが、何を書いて良いのか分からない様子で固まってました。 もともと学校の成績でビリを競ってたぐらいですからね。 仕方ないので?対策を実施です。 まずは構えないように50字から 作文テーマは、私と二人でじ [続きを読む]
  • 都立中の作文2
  • 作文に関しても採点基準が分からなかったので、まずは下調べから。 基本的なところからいうと、文法や漢字ミスでの減点。 言い回しのテクニックに関しては、学校ごとに採点基準が異なるようでした。 論文のように鼻につく言い回しをしたほうが高得点になる学校もありますし、逆に小学生目線で書かれた素直な文章の方が高得点になる学校もあります。 前出の桜修館は、論文のような大人びた文章が高得点となる学校のようです。( [続きを読む]
  • 都立中の作文
  • 一部の私学でも意見作文はありますが、そもそも出題形式が異なります。 特に桜修館の作文問題 初めて見ると面食らいます。 頭のなかに?が100個ぐらい並びました? ケビンも、頭の中に?が一杯 二人して大爆笑でした。 見たことないかたは、こちらからドウゾ http://www.oshukanchuto-e.metro.tokyo.jp/site/zen/entry_0000005.html [続きを読む]
  • 都立中の問題
  • 都立中のテストは、適性検査1、適性検査2、適性検査3(学校による)があり、 適性検査1が国語(作文)、 適性検査2と3が総合問題 という内容です。 総合問題は確かにクセがあります。 が、対応出来ないほどでもなさそう。 私学受験ではあまり出題されない分野が見受けられたので、そこだけ教えればOK? コンピューター分野を意識した問題なども頻出したましたので、2進数やフローチャートの考え方も教え込みました [続きを読む]
  • 下調べ
  • 一応、都立中の調査をしようかと。 どんな問題?レベルは?などなど どれどれ? なになに?? ブッフォー?? さすがに、ひっくり返りそうになりました (@ ̄□ ̄@;)!! なんか変な作文あるしー 問題も変やしーー 内申書の点数が加算されるしーーー そう、忘れ物常習犯のケビン君は 学校の成績がボロボロなのです。 塾で忙しかった5年生前半なんて、いつも学校の宿題は後回しで、それどころか学校を休憩所ぐらい [続きを読む]
  • 衝撃の一言
  • 受験に間に合うかどうかヒヤヒヤしながら進めていた頃、ケビン君から衝撃の一言 ケビン「僕、都立中も受験する」 トリツチュウ? 倒立中? 鳥とチュウ??? はて、聞いたこともない学校名だ??(-ω- ?) 鬼嫁は都立中のことを知っていたようで 鬼嫁「歩いて15分位のところの学校だよ。 小学校の友達が何人も受けるから ケビンもうけたいんだって?」 受験日も2月3日ということなので パパ「まあ受けたきゃ受 [続きを読む]
  • 最後の夏休み3
  • 幹を作るための基礎トレーニングと、過去問演習&復習で最後の夏休みは終了 過去問に関しては、偏差40以下の学校から開始しました 結果を見て、各教科ごとに弱い単元を選んでは復習の繰り返し 合格最低点を上回ったら、少し上の学校へ 夏休みが終わるころには、なんとか偏差45程度の学校の合格最低点は上回れるようにはなったものの、第一志望校には、まだまだ遠い感じでした。 夏休みが終了し、受験するのかしないのか [続きを読む]
  • 最後の夏休み2
  • 枝葉が勝手に付き始めたと書きましたが なかなか付かない枝葉もありました。 漢字です この大切な時期に、しかも少ない勉強時間を漢字にあてるのはキツかったです。 しかも漢字の配点って、それほど高くないので時間をかけるのがモッタイナイ 積み上げが必要な分野だけは、しっかりと低学年からやっておくことをオススメします。 [続きを読む]
  • 最後の夏休み
  • 6年生になった頃から少しづつ勉強は再開したものの、本格的に勉強させるのも不安でしたので、無理のない範囲で進めていました。 夏休みも旅行や学校のプールへ行って気分転換しながらです。 まだまだ幹を作る作業は継続中でしたが、夏休みが終わると受験日までのカウントダウンが始まります。 待ってはくれませんので、過去問を開始しました。 過去問を始める時期については、色々な意見があると思いますが、これも使い方次第 [続きを読む]
  • 幹を作る 2
  • 随分と遠回りをしてしまいましたが、何とか骨太の幹が出来始めました。 6年の夏前の頃でした すると不思議なことに、以前は苦労した枝葉の部分が勝手に付き始めるではないですか? 知識がつながり体系的になってきたのでしょうね。 この勉強方法を最初から実践していれば。。。 (次男で実践中です(*`・ω・)ゞ) 下落し続けていた成績も下げ止まり(まあ、落ちるところまで落ちてましたからね??) 少しづつですが、 [続きを読む]
  • 次男(マロン君)登場
  • こんな二人の様子を隣でずーと見ていた子がいます。 3歳年下の弟 マロン君 (当時、小学3年生)です。 マロン「ぼくも やりたーい」 面白そうに見えたのでしょうね?? ですがマロンの相手をしている余裕はなく、 適当な4年生向けの問題集を渡して パパ「あっちでやっといで」 マロン「はーい」 次男には勉強を教えたこともないし、さすがに1学年上のテキストは出来ないだろうと これで邪魔者はいなくなったぜ?? [続きを読む]
  • 幹を作る
  • 各教科ごとに幹を作る作業から再開しました。 算数は、計算と基本的な解法 国語は、漢字と語彙と文法 社会は、分野ごとに異なり 地理なら白地図、 歴史なら大きな流れ(ストーリー)等 理科は、実験(実際にやってみる) 例えば算数の計算なら、計算手順まで完璧になるよう二人で朝から夜まで計算してました。 しかも3連休を使って3日間、ひたすら計算 ケアレスミスにも一切の妥協をせず、ケアレスミスの原因も潰してい [続きを読む]
  • 再出発
  • 最高のテキスト、最高のカリキュラム、最高の指導方法 そんなものを探していた時期もありました。 でも、そんなもの世の中にないんですよね。 最初から分かっていましたが。 その子、その子にあったものが一番良いのです。 我が家は再出発です ケビンは、結局、土台となる基礎がしっかりしてなかった そもそも、子供には幹となる部分と枝葉の部分なんて区別が出来るはずもなく、いうなれば幹がないのに枝葉を山ほど付けてた [続きを読む]
  • 反省
  • 無理をした結果、ケビンはこうなりました。 何でも同じですが、無理は?ですよね。 テキストの隅々まで暗記するために、深夜1時や2時は当たり前。 ひどいときには、朝方までやってましたからね。一歩間違えば虐待です。 うちの子はバカだと思ってましたが、オヤジの方が大バカでした。 苦労して暗記した内容も全て忘れてしまったようで、スゴロクでいうところの「スタートへ戻れ」状態 もう無理はさせられませんので、正直 [続きを読む]
  • さがり続ける成績
  • ケビンも6年生となり、中学受験まで残り1年 退塾した後も予習シリーズを読んで、組分けテストだけは受けるようにしてましたが、さすがに成績を維持することは難しく さがり続ける成績、迫りくる受験日 ついに入塾した頃の成績(偏差40以下)まで下落 6年 春頃のことでした [続きを読む]
  • ついに退塾へ
  • この状態から脱却するために、荒れ狂う鬼嫁を説得して退塾することにしました。 しばらくは、ゆっくりすれば治ると思っていたのですが、これがなかなか治らず 半年経っても、少し改善した程度 一生治らなかったら、どうしようか このころは、そればかり考えていたように思います。 [続きを読む]
  • ママ強し
  • 中学受験どころか、こんな状態でそもそも中学に進学できるのか? そりゃ、もう心配で心配で。 受験なんてやらせなければ良かったと、随分と後悔したものでした。 だが、うちの鬼嫁は強かった? 鬼嫁「そんなもん、ほっときゃ治る?? さっさと勉強せよ("`д´)ゞ」 本当に実の親ですよね? 子供の心配したこととかないのでしょうか? 神さま この人の子供に生まれなかったことを 心より感謝致します。 [続きを読む]
  • 息子の異変
  • 実を言うと、少し前から息子に異変が出ていたのは気づいてましたが、無視してました。 夫婦ともに。 せっかく順調に進み始めたのに?? いつものある日、ケビン君の机の方から、誰か話したような声が聞こえました。 パパ「ケビン君、何か言った?」 ケビン「何も言ってないよ?」 こんなことが、続きました。 最初は、1週間に1〜2度だったのが、毎日のようになり、最後は、何分も続くように。 ケビンは音声チックという [続きを読む]
  • 親力
  • パパ塾を開始するにあたり、まずは敵を知ることから 組分けテストを自分で解いてみて、教科書(予習シリーズ)のどこから出るのか、どのように応用されるのか調べました。 社会でいうと、一口メモにのってる内容とか細かいところまでテストに出るんですよね。 結局、考えた対策方法は・・・ 教科書の隅々まで覚えきる? でした。なんと安直な・・・ ただ、理社などでは特に効果テキメンで 偏差値は急激に上昇を開始しました [続きを読む]
  • 低空飛行
  • 一年間、がんばるも偏差値は40から50の間を低迷 ケビン君も自分なりにがんばってるし、成績も下がっているわけでもないので塾に委せっきりでした 通塾も一年が経ち、今までの組分けテストの成績を見直したところ・・・ 確かに偏差値は低空飛行なのですが、受験者数が大幅に増えていることに気が付きました?? ということは、新規入塾者に追い抜かれているってこと? ケビン君も、もうすぐ5年生 うーん、これはマズイか [続きを読む]
  • 習い事
  • いつもボーとしているケビン君 習い事も、ピアノ、空手(週2)、スイミングに塾と習い事の日々に疲れ、拍車をかけてボーとしてました。 ピアノのレッスンに行っても、ピアノの音で眠ってしまう始末 さすがにピアノの先生も苦笑してました 勉強の方はと言えば、塾の宿題だけは、どんなに夜遅くまでかかっても仕上げるようにしていました。 遅いときは夜12時頃まで、眠い目を擦りながら宿題をしていた記憶があります。 算数 [続きを読む]
  • はじめての組分けテスト
  • なにやら 4単元ごとにテストがあるらしい。 対策方法も分からず、何の勉強もせずにテストを受けてました。 今なら、何をどのレベルまでやれば、どのぐらいの偏差まで行けるのか良くわかりますが 当時は何も分からなかったんですよね? それでテストの結果は とりあえずビリではなかった! めでたし、めでたし。 なんて喜べる成績ではありませんでしたが ビリでなくて一安心。 偏差値は40前後。 国語はなんと驚きの偏 [続きを読む]
  • 塾通いの日々
  • 塾通いと宿題に追われる日々。 勉強に関しては全て塾側に任せてください?と言われ委せっきりにしてしまいました。 今思えば、これが過ちの一歩目でした。 家内が宿題をやったか確認する程度でしたが、こんな方法で成績が伸びるのは、ごく一部の子だけなんですよね。 [続きを読む]
  • はじめての塾
  • はじめて塾に通った日 塾の先生を驚かせてしまいました。 塾が終わる時間に迎えに行き、初日の様子を伺ったところ 先生「ケビン君、学校で割り算を習ってないっていうので割り算を教えておきました( ´Д`)」 こんな子供を進学塾に連れてくるな?というオーラを感じながら初日を終えました。 [続きを読む]