Hayashi さん プロフィール

  •  
Hayashiさん: YSK Consulting 林義章税理士事務所
ハンドル名Hayashi さん
ブログタイトルYSK Consulting 林義章税理士事務所
ブログURLhttp://www.ysk-consulting.com/
サイト紹介文30代若手税理士が発信する節税、起業、国際税務、M&A、キャンプ、温泉などの情報ブログ
自由文1978年生まれ、千葉県出身東京都北区在住の税理士。東京税理士会神田支部に所属。
税理士講座の簿記の講師、国際4大会計事務所のひとつであるEY税理士法人、東証一部上場企業の経理部(税務担当)、大手証券会社投資銀行部門(M&Aアドバイザリー)を経て、税理士として独立。
趣味はキャンプと温泉巡り。子どもと共に過ごす時間を大切にしている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2016/10/05 00:32

Hayashi さんのブログ記事

  • ブログを開設して今日で2年。読まれた記事、読まれなかった記事
  • ブログを開設して今日で2年です。2年前の夏、ブログ入門セミナーであれよあれよと起ち上げたブログが何とか2年間生き延びました。ブログが書けないこの一年、ブログを続けるのに苦労しました。書くネタがない書く時間がない書く気力がないという状況に陥りました。原因は次のことが考えられます。新しいことにチャレンジしていない仕事の量が多い(特に、時間を拘束される仕事)労働時間が多くなってしまい、ブラックひとり税理士 [続きを読む]
  • 独立3年目がスタート。独立2年目の成果と反省点
  • 会社員を辞めたのが2016年8月9日。今日から独立3年目がスタートです。昨年に引き続き、今年も振り返り記事を書いてみます。【関連記事】会社員を辞めて今日で1年。独立してからの1年間を振り返る独立2年目の成果税理士業売上をみると、1年目に比べて35%アップでした。所得ベースでも会社員時代を上回ったので、ひとまずは何とか生き残れたといえるでしょう。ただ、独立すると、給与が保証されていない(解約等で売上が急減するリ [続きを読む]
  • 弥生会計を使っていると福利厚生が付いてくる
  • 夏休みの旅行、なかなか計画を立てることができていなかったのですが、昨日、ようやく予約をしました。会社を辞めて以来、福利厚生がなく、旅行が高くつくのが悩みだったのですが、ふと弥生会計のホームページを見ていたら、弥生製品の購入者には福利厚生サービスであるクラブオフが利用できることに気付きました(「あんしん保守サポート」に加入していることが条件)。事業主だけではなく、従業員もこの福利厚生サービスを利用で [続きを読む]
  • 社長へのボーナス(賞与)を経費にする方法
  • vivs4e / Pixabay会社が支払う役員報酬を経費にする(正しくは「損金に算入する」といいます。)には、法人税法上、厳しい制約が設けられています。なぜなら、役員給与は役員の意のままに決定できるケースが多く、規制なく経費にできるようにしてしまうと税金逃れに利用されてしまうからです。例えば、役員給与を無制限に経費にできると認めてしまうと、決算期直前に税金を引く前の最終的利益が1000万円出ている状況で、社長にボー [続きを読む]
  • 店舗や事務所を借りて敷金・礼金を支払ったときの会計・税務処理
  • 店舗や事務所を借りると敷金・礼金の支払いでまとまった金額を払わないといけません。多額の支払いがあったので、さぞかし節税効果があるかと思いきや、実は支払った金額の全額が経費になるわけではありません。敷金は経費になるのか?敷金とは、借主が貸主に事前に預ける保証金です。ですから、退去後に修繕が必要がなかったり、家賃の滞納がなかったりすれば、法的には戻ってくるはずのものです。つまり、入居時に敷金を支払った [続きを読む]
  • Google検索で自分を知ってみる。税理士×〇〇で1位になるものは何?
  • もうすぐブログを開設してから2年になります。おかげさまで、グーグルで検索すると上位に掲載される記事がちらほらとみられるようになりました。しかし、意外とわかっていないのが自分のこと。「税理士」に何を掛け合わせれば、私のブログがグーグル検索上位に表示されるのか、検証してみました。Google検索結果を正確に知るためにはシークレットモードを使おうGoogleの検索結果は、実は、ユーザーによって異なります。ユーザーに [続きを読む]
  • 法人(会社)の謄本は『登記ねっと』での取り寄せが快適!
  • 会社の謄本を取りに法務局へ行くと、下記のコストがかかります。従業員の時給×移動時間+交通費+手数料『登記ねっと』でインターネット上の手続きで取り寄せると、コストは次の通りになります。従業員の時給×登記ねっとの操作時間+手数料(割引あり)登記ねっとの操作時間は法務局への往復時間よりも短く済ませることができるので、『登記ねっと』での謄本取得がお勧めです。『登記ねっと』での会社謄本の取得の仕方『登記ねっ [続きを読む]
  • 「メールにて失礼いたします」って本当に失礼なのか?
  • ribkhan / Pixabayメールのやり取りをしていて、たまに「メールにて失礼いたします」「メールにて恐縮ですが」というメッセージをもらうことがあります。でも、それって本当に失礼なのでしょうか。恐れ多いことなのでしょうか。「メールにて失礼いたします」は失礼ではない全くもって失礼ではないとき最近やり取りをしている方のメールでは、常に「メールにて恐縮ですが」の一文が入っています。しかも、定型文で。メールの構成が [続きを読む]
  • 小難しいことはマンガで学ぼう!わかりやすいし、すっと頭に入る
  • 仕事では無駄なことは排して、効率的に!というのをモットーとしていますが、今年の前半は夜も休みの日も仕事のことばかり気にしていました。仕事は順調に売上を伸ばした上半期ですが、チャレンジしたいことはほぼできず仕舞いだったため、「これはアカン!」とタスク管理の本をマンガで読むことにしました。本を読んで学んでも実行に移さないと意味がないタスク管理や時間管理の本は色々とでていますし、ブログで紹介してくださる [続きを読む]
  • 講師の給料は高いのか?それとも安いのか?
  • Alexas_Fotos / Pixabay私は大学時代、そして社会人になってからと講師の仕事を経験しています。大学時代は、家庭教師、個別指導塾、社会人になってからは税理士受験生向けの簿記論講師です。税理士としての独立後は、自主開催セミナーや諸団体のセミナー講師を務めたりもしています。講師の給料は高いのか?講師というと、給料が高いとイメージされる方がたまにいますが、そんなことはありません。「教える」という仕事が「教える [続きを読む]
  • 親バカなら独立後に事務所を借りたほうがいいかも。
  • うちの3番目の長男は「パパ大好きっ子」。とってもかわいいのですが、振り回されています。2歳児に振り回される私生活と仕事ショッピングができない先週末、夏のバーゲンが始まったということで、越谷レイクタウンへショッピングに行きました。週末ということもあり、レイクタウンは人でいっぱい。そんな中、小さな体という特徴を生かして、人の間をすり抜けて走って逃げまわります。お店に入って商品を見ようとしようものなら、 [続きを読む]
  • インターネットFAXのjFAXの使い心地ってどうなの?
  • インターネットFAXのjFAXを1か月前から利用しています。その使い心地を一言でいうと、下記の通りです。「受信する分にはPDFで受け取るのでいい感じだけど、送信はいまいち」受信する機会は多いが、送信することはほぼないという方向けです。送信する方にはお勧めできません。インターネットファックスのjFAXとはインターネットファックスとは、送られたきたFAXをデータ(PDF)で受け取るデータ(PDF、Word、Excelなど)をプリント [続きを読む]
  • 銚子で食べる・観る・体験する。犬吠埼まで銚子電鉄で行きたい!
  • 高速道路がないので行きづらいなと思って、なかなか足を運べなかった銚子。ただ、調子で美味しい魚が食べたいという思いで、十数年ぶりに足を運びました。銚子で食べる魚を食べる銚子と言えば、日本一の漁獲量ということで有名です。それであれば、新鮮でおいしい魚が食べれるはず!宿泊したホテルでの夕食は、お刺身、焼き魚、煮魚とどれも美味しくいただくことができました。当日の朝、空いているところはないかと4件目の電話で [続きを読む]
  • 自動車保険はネットがお勧め!ネット自動車保険のメリット・デメリット
  • 私が利用している自動車保険は、SBI損害保険。ネット専業の損害保険会社なので、割安な自動車保険料が魅力です。ネット自動車保険のメリット車を購入したのが、2010年でした。二女が生まれ、子供二人を連れて電車やバスで移動するのが辛くなってきてしまい、車を購入しました。もちろん、もともと車が欲しくても買えなかったのが、なんとか買えるだけの収入が得られるようになったというのもありますが(^_^;)車を購入してから自 [続きを読む]
  • 働き方改革で長時間労働はなくなる?私が体験した長時間労働
  • TeroVesalainen / Pixabay長時間労働や残業は好きではないのですが、長時間労働を経験してきています。長時間労働を避けて、上司から嫌がらせを受けたこともありました。働き方改革で長時間労働をなくそうというポーズはとっていますが、残業は当たり前、長時間労働してなんぼという思っている方もまだまだ多いのが現状です。ところで、長時間労働って本当に必要なのでしょうか。辛い長時間労働私の最初の職場(税理士講座の講師) [続きを読む]