草加の若手税理士 高橋輝雄 さん プロフィール

  •  
草加の若手税理士 高橋輝雄さん: 草加・八潮の税理士 高橋輝雄税務会計事務所
ハンドル名草加の若手税理士 高橋輝雄 さん
ブログタイトル草加・八潮の税理士 高橋輝雄税務会計事務所
ブログURLhttp://www.teruozeimu.com
サイト紹介文草加の若手税理士です。 税務に関する情報をわかりやすく解説いたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 152日(平均1.6回/週) - 参加 2016/10/05 08:17

草加の若手税理士 高橋輝雄 さんのブログ記事

  • ふるさと納税の申し込みはされましたか?
  • 2017年も残すところあと2ヶ月ほどとなりました。さて、お客様の動向を見ておりますと、ふるさと納税をされる方が増えました。すっかり一般的になった感はありますね。 ふるさと納税するなら楽天のサイトですると良い?かくいう私も楽天からからふるさと納税を行いました。ご存知でしたか?楽天からふるさと納税をするとポイントが付くのを。 単にポータルサイトから納税をするよりもメリットがありますよね。もし良ければのぞいて [続きを読む]
  • ふるさと納税の申し込みはされましたか?
  • 2017年も残すところあと2ヶ月ほどとなりました。さて、お客様の動向を見ておりますと、ふるさと納税をされる方が増えました。すっかり一般的になった感はありますね。 ふるさと納税するなら楽天のサイトですると良い?かくいう私も楽天からからふるさと納税を行いました。ご存知でしたか?楽天からふるさと納税をするとポイントが付くのを。 単にポータルサイトから納税をするよりもメリットがありますよね。もし良ければのぞいて [続きを読む]
  • 税務調査はすべて鵜呑みにする必要なし!
  • こんにちは。草加の税理士 高橋輝雄です。今年は税務調査が複数社で行われております。知り合いの税理士に聞いてみても、今年は税務調査がなかなか活発だそうです。 今日は税務調査の連絡が来た場合について、税務署の言い分は跳ね返せる!ということでお話したいと思います。 税務調査ははじまりの段階から交渉できるまず、最近は減りましたが、まだ税務調査の連絡がないまま急に税務調査が行われることがあるようです。しかし、 [続きを読む]
  • ふるさと納税の返戻品について。総務省が折れた形に
  • こんにちは草加の税理士 高橋輝雄です。 ふるさと納税の返戻品について、平成29年4月に総務省から通達が出たのは以前ブログに書いた通りです。ふるさと納税終了のお知らせ https://kokoro-tax.com/wp/furusatonouzeiend/ しかし、先日総務省が返戻品について緩和のコメントが出ていました。返戻品を寄付額の2割程度にしなさいといったことを言われていましたが、けっこうな反発があったため総務省の方が折れた形になりました。 ふ [続きを読む]
  • 顧問報酬料金だけで税理士事務所・会計事務所を選ぶのは危険
  • こんにちは。草加・八潮を中心に活動する若手税理士の高橋輝雄です。ありがたいことに新規の契約のお問い合わせを継続的にいただいております。 新規の設立での会社様もございますが、最近多いのは「税理士を変えたい」というご要望。なぜそのような要望が多いのかとヒアリングしてみますと、ほとんどの場合は理由が似通っています。 今の税理士のどんなところが不満なのか?よくお聞きする不満は下記のようなところです。税理士に [続きを読む]
  • 税理士を探すのに「税理士紹介会社」を使ってはならない理由
  • いざ税理士を探そうと思ったとき、あなたはどう探していますか?「税理士」とGoogleやYahoo!の検索に入れますと、様々な紹介会社が出てきます。しかし、本当のところ税理士紹介会社を使った場合には、様々なデメリットがあります。なぜ税理士紹介会社を使わず、他の方法で税理士を探した方が良いのかについてお話いたします。 税理士紹介会社を使ってはいけない理由期待したサービスが受けられないこともなぜ税理士紹介会社を使っ [続きを読む]
  • 経営者に必要な条件は「決断」すること
  • こんにちは。草加・八潮の税理士こと高橋輝雄です。税理士という仕事をしていますと、社長の性格も十人十色。様々な社長にお会いします。 会社の社風も本当に様々ですが、そうした違いの中でもそれぞれに共通するものがあると感じます。 良い経営者の条件は「決断」できるか否かあなたもしくはあなたの社長は「決断」していますか?その会社のトップである社長が決断をしないとどういう事が起こるか?それは自社の従業員が苦しむこ [続きを読む]
  • 配偶者控除の大改正の適用は平成30年の1月1日から
  • こんにちは。草加の税理士 ?橋輝雄です。この記事を書いている時、平成29年も半分が終わったところです。少し気が早いかもしれませんが、来年(平成30年)からは所得税の一部に大きな変更(改正)があります。具体的には「配偶者控除」と「配偶者特別控除」の取り扱いが変わります。 今までの配偶者控除・配偶者特別控除の取扱い配偶者控除の取扱いまずは、今までの配偶者控除の取扱いを見てみましょう。配偶者控除を受けるため [続きを読む]
  • 税理士事務所・会計事務所の当たり前を疑いましょう!
  • こんにちは。草加の税理士 ?橋輝雄です。 ありがたいことに新規のご相談(税理士変更含む)に多く乗らせていただいております。その中で感じるのは、今までいかにいい加減な(良い加減でありません)な事務所が多いかということです。 おかげさまで、こちらが普通に仕事に一生懸命なだけで評価される業界でもあるのですが…。 今日はそんなところの一端からです。 その申告期限の延長は本当に必要?本日の題材を書くもとになった [続きを読む]
  • 上半期源泉所得税の納期の特例に関する注意 納付書の取得方法等
  • こんにちは。草加の税理士 高橋輝雄です。 上期源泉所得税の納付もうすぐ源泉所得税の納期の特例を出している法人・個人事業主にとっては納付の時期です。納付期限は7/10となります。 お金の準備は大丈夫でしょうか?源泉所得税の納付は、従業員から給与を支払った時に天引きして「預っているお金」ではあります。ただ、お金自体には色がないため、納税資金が無い。ということも多々あります。 そのような事が起きやすい場合には [続きを読む]
  • 役員退職金の支払いにご注意を!
  • 役員の退職に合わせて退職金を出す創業から頑張ってきた社長も勇退の時期になり退職金を出したい。社長の貢献は当社にとって甚大なものだったからと青天井で支払おうとしてませんか?その支払いは相当危険です。過去にも税務署サイドと納税者サイドで多くの戦いが繰り広げられてきました。一般的な慣例の支払い方はこんな感じです。役員の最終月額報酬額×勤務期間×功績倍率=役員退職金額功績倍率は多くは1.0〜3.0の間と言われて [続きを読む]