金沢文庫 さん プロフィール

  •  
金沢文庫さん: 浮世かわら版
ハンドル名金沢文庫 さん
ブログタイトル浮世かわら版
ブログURLhttps://kanazawabunko.net/category/blog/
サイト紹介文復刻版手摺り木版画浮世絵のショップサイト「金沢文庫」のブログです。浮世絵やアート系記事を日々更新中!
自由文海外土産に最適な復刻版手摺り木版画浮世絵のショップサイト「金沢文庫」です。季節のセット商品やコラボセットもございます。
熟練の技術で版木に命を吹き込み、江戸時代の人々が手にしていたものと同じ、色鮮やかな浮世絵を販売しています。
彫師と摺師の技術を写し出す和紙は、人間国宝、岩野市兵衛氏が一枚一枚を手で漉いた越前生漉き奉書を使っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供141回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2016/10/05 12:58

金沢文庫 さんのブログ記事

  • 北斎さん、漢字を間違えた? いやいや、意図的か?
  • 今回とり上げるのは北斎さんが漢字を間違えたの? と物議を呼んだアノ作品です。真実はいかに。さぁ、『アート大好き青野カエル的解釈の北斎・富嶽三十六景の旅』へ、ご一緒に! ***************************** 北斎 富嶽三十六景「相州梅沢庄(そうしゅう うめざわのしょう)」 いい鶴です。 釧路湿原にタンチョウを、鹿児島県出水に越冬の群鶴を見に出かけた、鶴好きのカエルが言うのですから間違 [続きを読む]
  • 北斎さんの遊び心? 坊主頭の小僧さんの寄り道発覚!!
  • 秋なのに、春真っ盛りの作品をご紹介してしまいます!ジワジワと人気上昇中、『アート大好き青野カエル的解釈の北斎・富嶽三十六景の旅』へ、ご一緒に!今回のタイトル、坊主頭の小僧さんの寄り道は最後の方で発覚してしまいますよ! ***************************** 北斎 富嶽三十六景「東海道品川御殿山の不二」江戸近郊のキングオブ行楽地といえば、ここ、品川です。春は御殿山の桜、夏は潮干狩り [続きを読む]
  • 天上世界のように描いた、画狂老人 北斎の心を推理
  • 今回は、心がシーンと落ち着く静かな世界ですよ。さぁ、みなさま、『アート大好き青野カエル的解釈の北斎・富嶽三十六景の旅』へ参りましょう。 ************************** 北斎 富嶽三十六景「相州箱根湖水」 人の姿も動くものもない、山の中の静謐な湖水の風景です。描かれている湖は芦ノ湖、富士山にかかる左の低い山は三国山、右の大きいのが駒ケ岳です。駒ケ岳の奥には神山があって、古代からあ [続きを読む]
  • 画狂老人 北斎の目に映った佃島
  • 月日の流れの早いこと、早いこと。あっという間に夏は過ぎ、この頃じゃあ、街並みにハロウィンの飾りが目につくようになってしまいました。さぁ皆様、『アート大好き青野カエル的解釈の北斎・富嶽三十六景の旅』へ参りましょう〜! ************************** 北斎 富嶽三十六景「武陽佃島」隅田川の河口の三角州を利用して、埋め立てられた人工の島。石川島が先にあって、その南に作られた百間四方の [続きを読む]
  • 海外へのお土産に手摺り浮世絵木版画をお勧めする理由
  • 今回は、弊社から発信している「メルマガ」のバックナンバーをここでご紹介させていただきますね。***こんにちは!いつも『復刻版浮世絵木版画 金沢文庫HP』をご覧いただき、ありがとうございます。日本の伝統文化が色々なところで発信されている今日この頃ですが、弊社もその一端を担っていると自負しております。さて、「海外の方へのお土産に浮世絵を持って行きたいのだけれど」というお問い合わせを多数、頂いております。 [続きを読む]
  • 体操をしたくなってくる北斎さんの絵
  • 北斎さんがこの世にいたら今日はどのあたりにスケッチに出かけているんでしょう?今日の関東は雨降りなので、朝からずっと家にこもって絵を描いているかもしれませんね。さぁ皆様、『アート大好き青野カエル的解釈の北斎・富嶽三十六景の旅』へ参りましょう! ************************** 富嶽三十六景は好評につき、10図追加され、全部で46枚のシリーズです。追加された10図は俗に「裏富士」などと呼ば [続きを読む]
  • 富士に引き寄せられた人たちの幸せな後ろ姿
  • 登場人物のほとんどが背中を向けていますが、目を細め、笑顔で富士を眺めているのが想像できますね。まるで自分もさざえ堂に上がって富士山を眺めているよう、あぁいい気持ちだこと。さぁ皆様、『アート大好き青野カエル的解釈の北斎・富嶽三十六景の旅』へ参りましょう!**************************お江戸見物で深川の八幡様まで来たら、ぜひとも足を延ばしたいのがここ「五百羅漢寺」と「さざえ堂」で [続きを読む]
  • 富士のたもとで人間模様、北斎劇場のはじまり、はじまりぃ
  • あぁ今回も面白い!北斎さんの絵は景色だけではなく、登場人物の表情、仕草も必見です!さぁ皆様、『アート大好き青野カエル的解釈の北斎・富嶽三十六景の旅』へ参りましょう〜!**************************富嶽三十六景シリーズ中、愛知県からの作品は2図あります。「尾州不二見原」と「東海道吉田」です。 しかし、残念なことに「尾州不二見原」に描かれた富士山は、近年、南アルプスの山を見間違えた [続きを読む]